いろんな箇所で起こるむくみは青汁で解決できる

夕方になると足が一回り太くなっている、朝起きると目の上が重いなど、むくみトラブルは身体の様々な部位に起こります。

太って見えてしまったり、冷え性の原因にもなるといわれているむくみには、青汁が効果的だといわれています。

むくみはなぜできるのか

身体には大量の水分が含まれており、長時間立ち続けるなどすると、重力によって水分が下半身に溜まりやすくなり、むくみが生じるとされています。

適度に身体を動かしていると、足の筋肉によるポンプ作用で、体内の血液や水分が循環しやすくなりますが、ずっと同じ姿勢でいたり、あまり歩くことがないと、ポンプ作用が発揮されず、体の内側が滞ってしまうのです。

また、塩分には水分をためこむ性質があるため、塩気の強いものを食べると、むくみが発生しやすくなるといわれています。インスタント食品や外食など、味の濃いものを好んで食べる人や、運動不足であったり、日頃立ち仕事が多い人などは、むくみが生じやすいタイプだといえるでしょう。

内臓の異常によるむくみも

多くの場合、むくみの原因は生活習慣や食生活などにあり、身体を動かす機会を増やしたり、マッサージや食生活の改善などによって、解消するといわれています。しかし、むくみの症状によっては、肝臓や腎臓など内臓関係の異常が原因となっている場合もあるため、注意が必要です。

通常のむくみなのか、あるいは病気のサインなのかを判別するのは、難しいものです。むくみがなかなか改善しない、様々な対策をしても一向に解消できないという場合、病院で検査を受けたほうが良いでしょう。

また、急にむくみが悪化して体重が増加した場合や、息切れ、疲労感などを伴う場合にも、何らかの疾患が原因となっている可能性がありますので、注意が必要です。

お酒を飲むとむくみができやすい

定期的に運動をしている人であっても、お酒を飲んだ翌日には、むくみが生じやすくなります。お酒を飲んでいる最中にはいつも、何度もトイレに立ちたくなる、という方は多いのではないでしょうか。

これは、アルコールの分解が行われているためであり、飲酒によって体内にある水分を、排出しやすい状態となっているのです。水分の排出が進むことで、体内の水分量が一時的に低下し、脱水状態になるため、今度は喉が渇きやすくなります。

喉が渇きやすくなった結果、過剰に水分を摂取してしまい、翌日にはむくみが生じる、というわけです。アルコールによるむくみを予防するには、お酒を飲み始める前に、水分を摂取しておくのが、有効だといわれています。

体内の水分がむくみの正体

一般的なむくみの正体は、様々な理由から、体内に過剰な水分が溜まってしまった結果です。つまり、むくみを解消するためには、余分な水分を排出させる必要がある、ということになります。余分な水分がむくみの正体だというと、水分の摂取を控えれば良い、と考える人もいるでしょう。

しかし、喉が渇いているのに、我慢をして水を飲まずにいると、身体は水分不足を解消するために、さらに水分を溜め込みやすくなるといわれています。水は生命活動に欠かせないものですから、無理に我慢をすると、逆にむくみやすくなったり、健康を害してしまう可能性もあります。

身体に必要な水分はしっかりと摂取して、不要な水分の排出を、促していくことが大切です。

便秘もむくみの原因に

お通じが滞っていると、何となく身体が重く、むくみやすくなってしまう、そんな体験をしたことがある方は多いでしょう。腸は、排泄と関わる重要な部分ですから、ここにトラブルが生じていると、むくみが発生しやすくなります。

腸内に老廃物などが溜まったままになっていると、体内にある他の臓器へと圧迫が加わり、血行不良になりやすく、体内の循環も低下してしまいます。とくに下半身にむくみが生じやすいという場合、慢性的な便秘が、その原因であることも考えられるのです。

便秘を解消し、腸内をスッキリさせることで、むくみが解消する場合もあります。また、むくみと便秘、どちらのトラブルも、自律神経の乱れと深く関わっており、同時に発生しやすい症状だといえるでしょう。

青汁で便秘もむくみも改善できる

便秘に悩んでいる人は非常に多く、特に女性の場合、二人に一人が、お通じのトラブルを抱えているといわれています。便が固くなり、排出しづらくなる原因として、食物繊維不足を、挙げることができるでしょう。

食物繊維は、便に適度な水分を含ませ、腸の蠕動運動を助けることから、便秘の解消に効果的な栄養素だといわれています。むくみと便秘のトラブルに、効果的な対策として、人気を集めているのが青汁です。

青汁は、ケールや明日葉、大麦若葉などの緑黄色野菜を原料としているため、豊富な食物繊維が含まれており、自然で健康的なお通じをサポートしてくれます。青汁は、手軽にたっぷりと食物繊維を摂取できる、大変便利な製品だといえるでしょう。

カリウムが入った青汁を選ぼう

むくみ対策として青汁を飲むのなら、成分内容に注目して、比較をしましょう。体内に溜まりこんでしまった水分の排出を助けてくれる成分として、カリウムを挙げることができます。カリウムは、ナトリウムと結びつき、過剰に摂取してしまった塩分や、水分を尿として排出する働きを持っています。

青汁には様々なタイプの製品があり、使用されている原料も異なるため、成分内容にも違いがあります。ほとんどの製品に、食物繊維は豊富に含まれていますが、その他の成分については、差が大きいこともあるでしょう。

むくみ解消のために青汁を選ぶ場合には、カリウムが多く含まれている製品をチョイスすると、より高い効果を得られるのではないでしょうか。

むくみが治れば冷え性も同時に治ることもある

むくみは、体内に余計な水分が滞っている状態ですから、血行不良になりやすく、結果として冷え性を招くこともあるでしょう。特に女性の場合、手足や末端がむくみやすい、冷えやすいなどの症状に、悩んでいる方が多いといわれています。

むくみを解消することで、体内に滞っていた血液の流れが促進され、冷え性が改善される、といったこともあるでしょう。とくに膝下など下半身の場合、血行が良くなることで、血液が末端まで行き渡るようになり、暖かさを感じやすくなります。

また、冷え性だけでなくセルライトなどのトラブルも、血行不良が原因であることが多いといわれています。むくみを解消して、冷え性など様々な健康トラブルを、同時に改善しましょう。

水分とともに老廃物を排出してくれる

青汁でカリウムを摂取することは、ただむくみを解消してくれるだけでなく、老廃物の排出にも役立ってくれます。カリウムには利尿作用がありますので、過剰な塩分や水分とともに、体内の老廃物を排出させてくれるのです。

老廃物の排出を促すことは、むくみ解消に役立つだけでなく、ダイエットや美肌などにも、効果的だといわれています。健康や美容にとって重要な成分ですから、毎日しっかりと必要量を摂取していきたいものです。

カリウムが多く含まれている食品として、海藻類や明日葉、キュウリなどの野菜類を挙げることができます。お食事で十分なカリウムを摂取できない日には、明日葉などを使用した青汁を飲んで、必要な栄養素を補いましょう。

青汁でむくみにくい体づくりをしていきましょう

青汁には食物繊維やカリウムが豊富に含まれており、便秘の解消やむくみの改善をサポートしてくれます。お通じが滞りやすい方、むくみができやすい方は、毎日の健康習慣として、青汁を飲んでみてはいかがでしょうか。

青汁の多くは、粉状となっており、水に溶くだけで簡単に摂取できますので、忙しい方でも気軽に続けることができます。また、カリウムや食物繊維だけでなく、身体に必要なビタミン・ミネラルなど様々な栄養素を、摂取できる飲料です。

特に食生活が偏りがちな時には、一杯の青汁が、体の調子を整えてくれることを、実感できるでしょう。美容と健康をサポートする青汁を、継続的に飲み続けて、むくみや便通になりにくい、健やかな体づくりをしましょう。