うどんは低カロリーでダイエットにピッタリ!食べ方の注意点まとめ

うどんは低カロリーなのでダイエットに効果的だと考えている人が多いでしょう。確かにうどんは非常に低カロリーでダシ汁にもほとんどカロリーがありません。しかし、とても食べやすいという点ではダイエットには不向きなところもあるのです。さらに、トッピングに天ぷらや揚げ物などがついてくるとも多く、天かすなどを大量に入れる場合には、高カロリーになってしまう恐れもあります。

シンプルにうどんだけを食べている場合にはダイエットにとても効果的であることには間違いないのですが、食べ方を注意しないと逆に高カロリーな食事となってしまうのです。付け合わせの食材などは自分が理想とするカロリーに合わせて選ぶことがすごく重要になります。

うどんダイエットで効果を高めるには

うどんダイエットの口コミで、体重に変化があった人が多く実践していたことがあります。1日1食、ごはんをうどんに買えるのが基本ですがトッピングにも工夫をしています。てんぷらやからあげなど、カロリーが高いものはさけます。トッピングにおすすめなのが、卵、わかめ、茹でた豚肉、ねぎです。

卵と豚肉は、ビタミンB1が含まれているので糖質をエネルギーに素早く変えて脂肪燃焼効果がアップします。うどんだけでなく、たんぱく質を取り入れることで筋肉の量を増やして基礎代謝を上げます。
わかめは海藻類で、食物繊維がたっぷり含まれているので便秘対策になります。ねぎには、アリシンという成分が入っていて効率よく内臓脂肪を減らしてくれます。

成功した人の口コミでは、ゆっくりとよく噛んで食べていた方も多いです。ゆっくり噛むことで、満腹感が生まれて食べ過ぎにならないですみます。毎日うどんを食べるので味も、みそやしょうゆだけでなくカレーやトマトスープに挑戦している人もいます。

自分が美味しいと思えるうどんのレパートリーを、増やすことが大切です。美味しくないと思ったら、毎日続けられないのでカロリーが低くても成功しません。ときどきは、外食で美味しいお店をのぞいてみるのも楽しいです。

うどんは低カロリーなのでダイエットに向いている

うどんを食べると太りやすいイメージを持っている人が多いでしょうが、実際には低カロリーで低炭水化物なのでダイエット中の主食として最適な食品です。主食をうどんに置き換えて少しずつ健康を維持しながら痩せていく為、摂取量を守ればリバウンドが起きにくいというメリットがあります。

また、100gあたりのカロリーが白米は160kcalなのに対して、うどんは105kcalしかありません。カロリーが低いイメージが強い蕎麦でも131kcalとなっているので、そのカロリーがいかに低いのかということが分かります。それまで主食にしていた白米をうどんに置き換えるだけで、摂取カロリーが約3分の2にまで抑えられるのです。

さらに、コシのあるうどんは消化スピードが遅く、炭水化物の分解吸収も遅いというのもポイントです。この特性により、カロリーは蓄えられるよりも消費されるというわけです。よく噛むことになるので、少量でも満腹中枢を刺激するという効果もあります。このダイエット方法の最大のメリットは、無理なく摂取カロリーを減らしていけるということです。

ダイエットの基本は「消費カロリー>摂取カロリー」とすることですから、生命維持に必須となる炭水化物をしっかりと摂取しつつもカロリーは抑えられるのは非常に嬉しいメリットであると言えます。

気になる炭水化物の量は?

うどんは小麦粉からできているので、ダイエットに大敵である炭水化物が多く含まれているから敬遠してしまいがちです。炭水化物は生命の維持にも必要で、摂取量を減らしすぎると基礎代謝まで減ってしまって上手く痩せられずに終わってしまう事もよくあります。

カロリーが低いのも魅力的なうどんですが、実は他の主食よりも炭水化物も低いのです。100gあたり約22gですが、そばだと約26g、パスタは約28g、白米は約37g、食パンが約46gというようにかなり低くなっているのが分かります。

炭水化物を極力減らしてダイエットに挑みたいという時にもうってつけの食材として活躍してくれます。最近のブームで糖質オフタイプのものも販売されているので、もっと減らしたいという時にはそちらを食べるのもおすすめです。

一日の食事の中で一食置き換えるだけでもいいのでとても簡単なうどんを使ったダイエットですが、栄養が偏りすぎたりしないように他の食事で肉や魚、野菜をバランスよく取り入れましょう。具材選びもなるべく不足しがちな栄養を補えるようにトッピングを選ぶようにすれば、ダイエット効果もアップします。食べやすく美味しいうどんで体重のコントロールを頑張って下さい。

リバウンドしにくい?

うどん(饂飩)ダイエットはリバウンドがしにくいことも大きな利点です。まず、饂飩はお店で買うととても安いです。1玉20円以下で売っていることもあります。ダイエットでは続けることが大切ですが、饂飩ダイエットの場合は一度はじめるとむしろお金が貯まっていくのでやめられなくなるという人すらいます。食費が節約できる分を他の楽しいことに使うことができるからです。

ずっと続けられるので、リバウンドをしにくいです。リバウンドをするのは、長い間我慢をした生活を続けてきたために、その反動でたくさん食べてしまうことが1つの原因です。饂飩ダイエットでは、たしかに我慢をしなければならない部分はありますが、その半面でお金が節約できるので、楽しいことも増えるでしょう。

精神面の負担はかなり小さいはずです。また、他の健康食品と比べても、饂飩は工夫次第で味もおいしくすることができます。卵をいれたり、ほうれん草やねぎを入れたり、いろいろと工夫をしてみましょう。

おいしいものを食べて痩せることができたら、精神面への負担はほとんどかかりませんので、リバウンドはしにくくなります。卵や野菜を入れることで栄養バランスをとれるので、健康面でもおすすめです。

コシが強い麺だからダイエットにおすすめ

うどんは他の麺類と比較すると太くコシがあります。コシがある麺はしっかり噛んで食べる事になりますが、この「噛む」という動作がダイエットに繋がるようです。

脳には満腹中枢という神経があり、ここが刺激されると「お腹がいっぱい」という指令が出て、食べる事を止めるようにできています。よく噛むと満腹中枢を刺激する「レプチン」の濃度がアップし、少ししか食べていなくても満足しやすくなるのです。

満腹中枢を刺激するのに大切な「良く噛む」という動作を促す太く、コシのある麺のうどんはダイエット中におすすめの麺類と言えるでしょう。また、ゆっくり噛むという点もうどんがダイエットに向いている理由の1つです。

弾力性のある麺なので、一気にすする他の麺類よりも食べるのに時間がかかります。ゆっくり噛んで食べるとエネルギーとして消費しやすくなり、カロリーが体に蓄えられにくくなるというメリットがあります。

食べた分のカロリーが身体に脂肪として、蓄積される量が少ないという点もうどんが、他の麺類よりもダイエット食として選ばれているのです。しっかり良く噛んで食べれば、胃腸に負担をかけずに消化できます。腸内環境のキープにもうどんは一役買ってくれる麺類です。

美味しく食べながら痩せるためには?

他の主食に比べると炭水化物も控えめなのが嬉しいうどんですが、とりあえず食べればいいのだろうとダイエットを始める前に種類をチェックしてみましょう。ゆでたものや冷凍、乾麺などがスーパーにはたくさん置いてありますし、各地で作られているうどんもありますが、ダイエット食材として食べるのであれば「コシがある」ものを選ぶようにするのがおすすめです。

麺類なのでするりとのど越しよく食べられるのはいいのですが、よく噛まないで食べると効果も半減してしまいます。太くてコシがあるのでその分しっかり噛みますから、少なめの量でも満足感が得られやすくなって全体の食事量も減らせますし、消化スピードも遅いので炭水化物の吸収もゆっくりになります。

コシがあるものを選ぶのが鉄則ですが、冷凍のものだとでんぷんを添加してコシを出している場合もあるので、パッケージの原材料を見るのも大切です。生のものを購入していつもより硬めに茹でて食べると程よい硬さでしっかりかんで味わえます。

使うときの出汁やトッピングもいろんな種類がありますが、塩分や油分は控えめにしながら、程よく肉や魚、野菜を組み合わせて美味しく食べられるようにすると、うどんを楽しみながらダイエットが進められるでしょう。

このダイエットが向いている人

「うどんダイエット」が向いているとして挙げられるのが、「食事制限のダイエットが続かない」という人です。食事を減らせば当然、痩せますが無理に減らしてしまうと、ストレスによって暴飲暴食してしまうケースもあります。食事制限と暴飲暴食を繰り返した結果、リバウンドしやすい体質になってしまうと元も子もありません。

このダイエット法はうどんを主食として食べる事ができ、無理な食事制限をしなくても痩せられます。食事を我慢するのは辛い・・という人にとっては最適な方法です。

また「お金をかけずに痩せたい」という人にも向いています。うどんは価格がリーズナブルです。毎日食べたとしても金銭的な負担は少ないでしょう。スーパーであれば必ず置いてあるので、手に入れやすいのも魅力です。

また「料理が苦手」という方にも向いています。麺をゆでるだけで食べられるので普段、料理をしないという人でもチャレンジしやすいダイエット法です。うどんは時間をかけずに食べられる麺ですので、時間をかけずに痩せたいという人にもおすすめです。

トッピングを変えれば見た目や味も変わり、毎日続けても飽きにくいですので、飽き性という人も続けやすいのではないでしょうか。

置き換えの方法

うどんダイエットの置き換えの方法はとても簡単です。1日3食のうち、1食もしくは2食をうどんに置き換えるだけです。とてもカロリーが低いので、ただ置き換えをするだけでも痩せることにつながります。おにぎりやパンを1個食べるよりも、摂取するカロリーが減少します。注意点としては、合わせる食材に気をつけることです。

天ぷらなどのカロリーの高い食材を合わせてしまうと、総合的に熱量が多くなって意味がなくなることがあります。うどんが好きな人なら、1日2食を置き換えてもよいでしょう。あまり好きではないという人は、1食だけを置き換えるようにしましょう。痩せるためにはストレスを溜めないことも重要です。精神面でも落ち着いた状態にあるほうが、痩せやすくなります。

ストレスを溜めてしまうとリバウンドもしやすくなるので注意をしましょう。置き換えダイエットの方法には1つの決まりがあるわけではないので、工夫をしながら自分に合った方法を見つけるとよいでしょう。

たんぱく質を補うために卵を、ビタミンを補うために野菜をトッピングすることはおすすめができます。うどんだけでは栄養が偏ってしまいがちになります。合わせる食材を選ぶときは、揚げ物などの熱量の高い食材を選ばないように気をつけましょう。

うどんダイエット

うどんダイエットは簡単にカロリー計算を行うことが出来るので、お薦めです。何も具材を入れない素うどんを作る場合には簡単にカロリーを割り出す事が出来るので、手間がかかりません。素うどんのカロリーの割り出しが出来る様になると後はトッピングごとのカロリー計算をするだけで、済むので簡単に長期間でも行う事が可能です。

つゆに関してはほとんどカロリーはありませんが、濃厚なものを選ぶ場合に注意が必要です。特に全部飲んでしまうと計算が間違ってしまうこともありますので、市販品を購入する際にはよくカロリーを確認する様にして下さい。自家製の物を作る時には使用する調味料ごとの計算を行うことで割り出しを行うことが出来ます。

出来るだけ正確にカロリー計算する為にはきちんとグラムを測る事も大切です。目算で測ると計算方法が曖昧になってしまうので、きちんと計量する様にして下さい。

うどんは重さによってカロリーが異なりますので、1食あたりの量を決めておくと毎回測る必要も無くなるので、便利です。毎日食べる分を冷凍して置くことで何時でも好きな時にうどんダイエットを行う事が出来るので、カロリー計算をする為にも小分けして冷凍保存する事をお勧め致します。

うどんダイエット

うどんダイエットで美味しく食べて痩せる為にはトッピングを出来るだけ無くしたうどんが良いですが、それだけだと飽きてしまうので、出汁を変えてみるのもお勧めです。うどんの出汁は関東風や関西風の味付けをする事が出来るので、濃い味が好きな方でも薄い味が好きな方でも好みの味付けのうどんを作る事ができます。

またトッピングを選ぶ際ですが、炭水化物が低いものを選ぶほうが良いでしょう。特に卵は栄養素が豊富に入っており、炭水化物もほぼ入っていませんので、ダイエットに向いている食材と言えます。うどんに入れると美味しいのは天ぷら系のものになりますが、衣が炭水化物だらけなので、美味しく食べる事が出来てもダイエット向きとは言いにくいです。

お肉は卵と同じく炭水化物が入っていませんので、肉を豊富に入れてみるのも良いでしょう。トッピングを増やす事で腹持ちも良くなりますし、満足度が上がります。

またダイエット効果を出すためには七味などを入れて食べるのもお勧めです。身体を熱くさせる事が出来るので、発汗作用を促す事が可能になり、ダイエットに繋がります。七味自体のカロリーはほとんどありませんので、美味しく食べて痩せたい場合にはかけてみると良いでしょう。

さまざまな具材と合わせよう

ダイエットに効果的なうどんレシピとし、まず第一にしらたきとろとろうどんが挙げられます。材料はしらたきとマイタケ、エノキと味付けメカブ、生モズクです。作り方はマイタケ以外の材料をスープと一緒に入れて沸騰させます。

生モズクはたれは使わずにそのまま鍋に入れ、メカブはたれごと入れるとおいしく仕上がります。材料に火が通ったら、マイタケを入れてさらに煮込みましょう。最後に麺を入れてしっかりと煮込み、どんぶりに盛りつけネギをのせれば完成です。

2番目のレシピはキムチ肉うどんです。材料はローストビーフの細切り、ニラともやしとエリンギとピーマンです。だし汁に麺を入れて温めたら、材料のもやしとエリンギ、にらをのせて蓋をした状態で少し待ちます。輪切りにしたピーマンとローストビーフを細切りにしたものをのせ、さらに1分ほど温めましょう。どんぶりに入れて上からゴマ、キムチ、黒コショウをのせれば完成です。

最後は酸辣湯うどんです。使うものはうどん風のコンニャク、好みの野菜、カニカマ、卵です。こんにゃくは軽く水洗いをして熱湯をくぐらせてざるで水切りをしましょう。好みの野菜、カニカマを一口大の大きさにそろえておきます。なべに野菜の材料と調味料を入れて煮えたら、かたくり粉を入れてとろみをつけましょう。最後にとき卵を流し入れふわっと浮いてきたら完成です。

関西と関東のうどんでダイエットに最適はどっちか

日本の小麦粉の調理法として日本中に広く愛されているのがうどんです。日本各地にはさまざまなうどんが作られていますが、その根本は主に2種類のだし汁に分かれています。その2種類のだし汁というのが関東風と関西風です。関東風は鹿児島県特産の鰹節をベースにして濃い口しょうゆで味付けをした濃厚な味わいをしています。

そして関西風は貿易拠点だったこともあり、遠く北海道から輸送されてきた特産の昆布をベースです。そして味付けは昆布だしの色彩を大事にするために薄口しょうゆを使用して上品な見た目となっています。そんな違いのある関東風と関西風ですが、ここで気になるのがどちらがダイエットに向いているかという点です。

一般的な印象では昆布だしを使って薄口しょうゆを使っている関西風のほうが向いていると思う人が多いですが、実は関東風のほうがダイエットに最適です。なぜ最適なのか、それは醤油とうまみのベースである出汁に関係しています。濃い口と薄口の両者の違いは塩分濃度です。

薄口は京料理を代表するように食材の色を変えたくないときに使うのですが、そのため熟成期間を短くする代わりに少ない量でも味がつくように塩分を多めにしています。

塩分が多いということは使いすぎればむくみの原因となるので向かないということになります。関東風は体を作るアミノ酸の多い濃い口と鰹節はたんぱく質を含むので、これらを摂取すると脂肪燃焼効果があるのでダイエットに最適です。

メリットとデメリット

お金をかけることなく痩せることができることがメリットです。食事も3食しっかりと食べるので、お腹が減ることもありません。このダイエット方法はうどんの炭水化物量が少ないことに目をつけた方法です。ご飯やパンをうどんに置き換えするだけでも効果があり、手軽に実践できるということも良い点でしょう。

お店にもよりますが、1玉あたり20円前後で売っています。おにぎりが1個100円前後するのに対して、お金の節約にもなります。デメリットとしては、うどんが苦手もしくは嫌いな人には向いていないということです。嫌いなものを食べ続けていると精神的なストレスが溜まってしまい、かえって良くありません。逆に大好きという人も注意が必要です。

おいしいからといって何回もおかわりしてしまっては、いくらカロリーが低いからといって総合的に摂取する量が増えてしまって意味がありません。また、スープには塩分もたくさん含まれているので、出汁を全部飲んでしまわないように注意をしておきましょう。

メリットが大きいダイエット方法ですが、気をつけておかないとデメリットのほうが大きくなってしまいます。利点と悪い点を両方理解して、利点のほうを大きくするように工夫しましょう。

うどんダイエットで気を付けたいこと

うどんがダイエットに効果的なのはわかりましたが、ただ食べるだけではその効果を引き出せません。その食べ方や食べるタイミングに気を付けて上手に実践することが重要なポイントになります。例えば、物足りないからといってお代わりをするのはNGです。これをやってしまうと摂取カロリーを大幅にオーバーしてしまうので、かえって太ってしまうこともあります。

またトッピングを増やし過ぎたり、高カロリーな具を使用するのも同様の理由でおすすめできません。それではせっかく低カロリーな食事にした意味がなくなります。あくまでもうどんダイエットは、麺がメインとなることで成立するやり方です。なのでこれに使う具材は脇役として、邪魔にならない程度の低カロリーの物だけにしましょう。

それ以外でよくやりがちなのが、早く効果を出したいがために1日の食事をすべて麺だけにしてしまうことです。うどんダイエットは具材を控えめにするため、食事をそれだけにしてしまうと必須栄養素が不足する可能性があります。

そんなことにならないように、1日の食事のせめて1食か2食は普通のごはんをとるようにしましょう。このことを守るだけでも、ずっと安全で健康に良い痩せ方ができます。

運動前にうどんを食べるとダイエット効果あり

うどんは消化が早いので、食べてからすぐエネルギーに変わります。運動する前に少しうどんを食べておくと、エネルギーを消費しやすく、脂肪も燃焼して効率よくダイエット効果が期待できます。手軽に始められる運動ではウォーキングがおすすめです。

代謝を上げ、脂肪を燃えやすくする有酸素運動であるウォーキングは、道具もいりませんし、スポーツジムに入会し通うといった手間もなく、簡単に始められます。また自宅近辺や公園など、周囲の景色を楽しみながら実施できるので気分転換にも良いです。まずは5分程度から始めて、少しずつ距離を伸ばしていきましょう。

この時、背中が丸まっていたり反対に反っていたりすると効果が半減してしまいます。正しい姿勢を心がけ、腕を90度に曲げ、前後にリズムよく振って歩きましょう。腕を後ろへしっかり引くことで二の腕のシェイプアップも期待できます。

寒い時期、外に出るのが億劫であれば、自宅でストレッチしても良いです。硬くなった筋肉を柔らかくほぐすことで、基礎代謝を上げ、睡眠前に行うことで質の良い睡眠をとり、ダイエットの大敵と言われる骨盤のゆがみも直りますし、簡単な動きをゆっくり、深呼吸と共に行うことでリラックス効果もあります。