おからダイエットで健康的に痩せよう!効果や方法などご紹介

おからダイエットで健康的に痩せることができるのは、不溶性食物繊維を含んでいることや、健康に良い栄養が含まれる食材だからです。お腹の中で水分を吸収して、おからを食べるとお腹が満足感を感じやすくなりますし、太りにくくなる秘訣でもあります。

おからの食べるタイミングはいつ?

おからダイエットでの食べるタイミングはいつかですが、食事をする際はじめにおからを食べるようにします。おからを食べて水を飲むことで、おからの成分がお腹の中で膨らみ、いつもよりも少ない食事の量で満足ができます。不溶性食物繊維がおからには含まれるので、そのあとで食べる食事に含まれる、糖質や脂質の吸収を、穏やかなものとしてくれる効果もあります。

食べることで急激に血糖値を上げることは、体重を増加させることにもつながりやすいので、穏やかな血糖値の食事は大事です。食事の中でおからは食べますが、おからクッキーやおからバーなど、お菓子感覚で食事に取り入れることもできます。その場合もたっぷりの水分と一緒に、よく噛んで食べます。

おからは栄養満点の食材!

おからは栄養満点の食材ということもあり、ダイエットにもおからは大活躍をします。大豆を使い豆腐を作る過程でできるのがおからであり、豆乳の搾りかすがおからです。おからは素朴な味わいと見た目ですが、内に秘めたる栄養は素晴らしいです。

おからには大豆イソフラボンが豊富であり、エストロゲンという女性ホルンに似た作用を持ちます。女性らしいボディを作るためにも必要ですから、美しいボディラインや、美肌の効果もあります。ダイエットの味方にもなる、サポニンも豊富なのがおからであり、過酸化脂質の生成を抑制する働きをしてくれます。

血行を良くしたり、肥満を予防するのも、おからのサポニンの働きです、血腫コレステロールを溶かすのは、おからのレシチンの栄養です。

おからのカロリーはどれくらい?

おからのカロリーはどれくらいかですが、水分を含む50gのおからのカロリーは56kcalほどです。空煎りしてからの、水分を飛ばした状態のおからになると、50gで100kcalほどのカロリーです。おからは食べることで、かなり腹持ちが良い食材です。

レシピとしても卯の花以外に、意外と使える食材でもありますので、ハンバーグのつなぎにもなりますし、お味噌汁の中に入れることもできます。水分を含むおからと、おからパウダーでは、水分用の違いから、カロリーにも違いが出てきます。

ですがダイエットで食べる量としては、ある程度の数字が決まっていることから、おからを食べることで太るという心配もなく、ダイエットに活かすことができます。

おからダイエットの効果について

おからダイエットの効果について、食物繊維がたくさん入った食材なので、満腹感のあるダイエットでの成功が期待できます。水と勝ることで食物繊維は膨らむので、乾燥おからを食べたとしても、胃の中で飲んだ水分とまさるので、過食をしなくてもおなかが満たされやすいです。

おなかの中をきれいにする食物繊維が多いために、おからは便秘を解消する効果もあります。老廃物が滞る状態は血行を悪くさせますし、新陳代謝の低下は、カロリーの消費も悪くさせます。

効率的なダイエットに代謝アップは欠かせない要素であり、おからはそれをお腹の中から助けてくれます。おからは腸内の油分も吸収をして、体外へと排出をしてくれますので、ダイエットにおからは最適な食材です。

おからダイエットの方法は?

おからダイエットの方法は、1日のうちに50gを食べるという方法であり、3回の食事に入れるのが理想的です。食事をする際に最初のほうに、おからを食べておくことにより、お腹にはおからと水分の働きで、満腹感を感じやすくなります。

おからを食べることで満腹感を感じやすいので、そこからの食事は食べすぎることがなくなります。おからの量を50gと守るのが大事なので、おからを使ってクッキーやバーを作り、置き換えダイエットとして利用しても良いです。おからクッキーを置き換えにするときには、水分をたくさん飲みことです。

またおからの置き換え食以外は、栄養バランスの良い献立を考えて、炭水化物も食べすぎないようにします。おからのおかげで、食事の過食を予防ができます。

おからで満腹感を得ながらダイエット!

おからで満腹感を得ながらダイエットができる方法は、おからの持つ特性をうまく生かしています。おからは大豆食人であり、豊富なたんぱく質を含む食品です。白米やパンなどの高カロリーになりやすい炭水化物は、糖質が多いために太りやすいですが、代わりにおからに置き換えると、カロリーは大幅に控えやすくなります。

ダイエットで求められる高タンパク質でありながら、低糖質な食生活をサポートすることができます。パンや白米、パスタなどの炭水化物の摂取量は、ダイエット時には特に気を付けないといけないポイントです。

炭水化物を食事の中から少しだけ減らして、おからを混ぜることで、白米やパンよりもお腹いっぱい食べられます。白米やパンより低カロリーですから、カロリーカットにもなります。

おからは冷凍保存できるの?

おからは冷凍保存できるので、たくさん作りすぎても、保存がきくのも助かります。冷凍をしたとしてもからのカルシウムも、食物繊維も、壊れてしまうとか、失われることはないです。長期冷蔵保存をする場合は、しっかりとパラパラになるまで、しっかりと乾煎りをしておきます。

生おからは水分がとても多く、そのまま冷凍をしてしまうと、ブロックのまま固まってしまいます。生おからを購入して来たら、小分けにします。生おからは水分量が多くて、水分がありますので、風味が落ちやすいものの、1週間から2週間ほどであれば、冷凍保存も大丈夫です。

長期的な保存や風味を落とさないためには、乾煎りをすることはとても大事であり、そのうえでの冷凍保存は、風味を良い状態で維持しやすくなります。

おからは食べ過ぎても平気?

おからは食べ過ぎても平気かどうかですが、食べ過ぎてしまうと体重が増えてしまうので、食べ過ぎないようにする必要があります。たくさんの食物繊維を含むのが尾からであり、過剰に食べすぎてしまった場合、おからの食物繊維の働きで、お腹を下すことも考えられます。

普段からお腹の弱い人などは、適量を必ず守る必要があります。ダイエットでおからを食べるとき、毎食の摂取量は必ず守ること、過食にならないようにします。おからは大豆からできていて、低カロリーといわれていますが、おいしいので食べ過ぎては、ダイエットにはならなくなります。

食物繊維は多いですが、すべての人がお腹を下すわけではなく、おからの食べ過ぎで、そのまま太るということは、考えられることです。

おからダイエットで気をつけることは?

おからダイエットで気をつけることとしては、おからを食べる量を制限することです。不溶性食物繊維たっぷりなので、おからは食べすぎてしまうと、便秘を起こすことがあります。だから1日あたりのおからを食べる量は、50gほどに届けておく必要があります。

おからはその性質ゆえに、お腹の中へ入ると、腸内にある水分を吸収します。だからおいしくて食べすぎてしまうと、水分を吸収しすぎて便が硬くなりやすいためです。元から便通に悩みを抱えなすい人などは、意識をして水分を飲むようにします。

おからは過食しないことと、水分をしっかりと取ることを忘れないようにします。おからじたい乾いた印象があるので、食べるときには水分を求めることになります。

おからを使ったおすすめレシピ

おからを使ったおすすめレシピをマスターして、起きることなくおからを、ダイエットに生かしていくことです。豆腐とおからを使い、低カロリーグラタンを作ることもできます。ホワイトソースは太りやすいですが、これをおからパウダーと豆腐、薄口しょうゆに、コショウに味噌で味付けて作ります。

おからを使った、オムライスを作ると、おからが入るので、ライスの量を減らすことが可能です。おからと豆腐のみで作る、チャーハンのレシピもダイエットには役立ちます。白米を使わないので、大幅にカロリーダウンのチャーハンです。

チャーハンの具材には、ネギにシメジにマイタケなど、きのこや野菜もたくさん入れて、ボリュームをアップします。クッキー感覚で、おからバーを作るのも、おいしく食べることができます。