おすすめフルーツスムージーレシピ大公開

おすすめフルーツスムージーレシピを知ることで、気軽においしい健康ドリンクを飲むことができます。

普段から栄養が足りていない人などは、フルーツからミネラルやビタミンなどを、しっかりとスムージーで摂取ができます。

組み合わせ無限大の手作りスムージー

組み合わせ無限大の手作りスムージーが、飲みやすさが抜群のフルーツスムージーです。スムージーというと緑色をしていて、緑の野菜ばかりでドロドロしていて、になとなく苦みがあるというイメージです。

でもスムージーはすべてが、緑色の野菜だけで作るこのではないです。むしろグリーン野菜オンリーのスムージーは、独特の青臭さがあって、初心者などにとっては、lの醜さが来わたってしまいがちです。

グリーンスムージーには、果物を加えることができますし、フルーツスムージーは、メインが果物です。だから初心者にも、フルーツたっぷりのスムージーは、抵抗なく飲むことができます。自然の甘みがとろけるように美味しいですし、それでいてビタミンなどの栄養が最強です。

まずは基本の作り方を覚えよう

まずは基本の作り方を覚えておくことで、フルーツスムージーのレシピは、無限に広がることになります。季節の果物を好みで選び、組み合わせてオリジナル野ある、好みの味わいを発見することができます。

バナナにキウイ、オレンジにレモン水などを加えて、あとは好みの野菜す。最初はフルーツと水だけでも良いですが、栄養価を高めるのであれば、野菜を加えるのが良い方法です。野菜は葉物野菜は使いやすいですし、果物との相性もとても良いです。

小松菜にほうれん草など、グリーン系葉物野菜の使いやすさは便利です。ブロッコリーや、キュウリにトマト、使いやすい野菜はいろいろとあります。仕上がりをイメージして、あっさりしたスムージーが良いか、こってりが良いか、材料で考えてみます。

基本食材は野菜+フルーツ+ベースの水分

基本食材は野菜とフルーツ、ベースの水分というシンプルなものです。むくみを解消したいときには、大根とベリーを使う、レッドスムージーが向いています。バナナとマンゴー、大根も少し加えて作る、イエロースムージーも、無駄な塩分を排出してくれます。

コレステロールを下げたいときには、ニンジンとオレンジのスムージーです。美肌j効果を高めるのであれば、アサイーに大根、バナナを加えます。免疫力を高めたいときには、ラズベリーとトマトの、レッドスムージーです。

ダイエット効果を狙うなら、小松菜と柑橘類の果物を加える、グリーン系のフルーツスムージーが向いています。マンゴーとパプリカを加えた、フルーツスムージーも、ダイエットには良い組み合わせです。

腹持ちの良さにはヨーグルトが効果的

腹持ちの良さにはヨーグルトが効果的であり、フルーツたちとの相性も最高です。フルーツたっぷりのスムージーで、ダイエットをするときなどは、腹持ちの良さが決め手にもなります。空腹感がきついとダイエットも、大変だと感じてしまいます。

ダイエットのみではなく、フルーツスムージーを飲んで、お腹も満たされたいならば、ヨーグルトは大活躍です。乳製品には質の高い、たんぱく質にミネラル、ビタミンの栄養も含まれるので、腹持ちが良くなります。

ミルクを発酵してできるヨーグルトは、お腹の中の善玉菌を増やすことができます。善玉菌がお腹の中で増えることで、腸内の環境は整います。生活習慣病予防になりますし、悩みやすい便通を快適にすることができます。

美容効果を狙うときはアーモンドミルクを加えて

美容効果を狙うときはアーモンドミルクを加えて、フルーツスムージーを仕上げます。海外セレブたちの間では、すでに美しさのためにも、アーモンドミルクは好まれています。日本でもアーモンドミルクは、海外セレブたちの影響も受けて、着々と人気が高まってきています。

アーモンドより抽出できるミルクが、アーモンドミルクのことです。大豆から作る豆乳のような感じであり、アーモンドに糖質や水分を加えて市販商品は出来上がります。エイジングケアに大活躍のビタミンEも、アーモンドミルクは含まれています。

健やかな肌状態を維持する、オレイン酸も胡麻よりも多く含有しています。鉄分やカルシウムなど、ミネラルも豊富なのがアーモンドミルクです。

夏にぴったりフローズンフルーツでスムージー

夏にぴったりフローズンフルーツでスムージーは、さわやかで気分も南国にいるような楽しさがあります。暑いシーズンにもピッタリなのが、冷蔵庫でクールに凍らせるだけでよい、フローズンスイーツです。

もとから味も濃いマンゴーは、凍らせておいてスムージーに加えると、甘みが濃厚な味わいになります。フローズンバナナを作るときには、レモン汁を塗布して固まらせると、黒ずみ防止でスムージーに加えることができます。

ぶどうは皮をむかないで冷凍補へ入れて、スムージーに使うときにも、皮付きのままスムージーにします。ただ種のある種類は、凍らせる前に種を抜いておきます。冷凍したブルーベリーは、特に美味しさが増すので、フローズンフルーツでのスムージーにはぴったりです。

市販の冷凍フルーツで賢くお手軽に

市販の冷凍フルーツで賢くお手軽に作ることができるのも、フルーツスムージーのメリットです。果物は新鮮なものを、常にスーパーなどに買いに行くのは、面倒で続かないという人でも、冷凍を使えば問題はないです。

市販の冷凍フルーツを使うことができますし、ラズベリーなどは冷凍フルーツの市販商品の定番です。でも市販の冷凍フルーツだけではなく、普通にスーパーで購入したフルーツを、使いやすくカットしておいて、小分けして冷凍をしておくのも良い方法です。

使う分をラップに包み、チャック付きのジッパーのビニールの袋に入れて、冷凍庫に入れて保存をします。冷凍庫に入れておいても、いつまでも冷凍しておかないで、できるだけ早めに食べきります。

慣れてきたら食材の組み合わせも考えよう

慣れてきたら食材の組み合わせも考えてみることで、果物たちの持つ栄養素の相乗効果が期待できます。フルーツスムージーであれば、何の果物をすきなだけ加えてよいというものでもないです。逆に組み合わせるほどに、スムージーの栄養価を底上げする素材もあります。

果実をスムージーに使うのであれば、バナナにミカンにイチゴにスイカ、ほかにも梨や桃にマンゴーやグレープフルーツなどは、組み合わせても大丈夫です。アボカドにパパイヤやラズベリー、パイナップルにラズベリーなども、組み合わせには良いです。

さわやかにスムージーを楽しむならば、グレープフルーツやオレンジなど、柑橘系をメインにします。スイートな甘みを堪能するのであれば、バナナやマンゴーなどを使います。

冷房で冷えた日にはあったかくて甘いホットフルーツスムージー

冷房で冷えた日には、温かくて甘いホットフルーツスムージーで、心も体もポカポカです。ホットにしてもおいしくいただける素材を吟味して、スムージーに加えます。ホットにするならば、南国の果物は体を冷やす作用があるので、身体を温める果物を使うとよいです。

生姜やシナモンにりんご、ナッツや黒砂糖などは、身体を温めてくれます。常温状態の果物をミキサーにかけて、そのあとでなべて過熱をすると、ホットフルーツスムージーの出来上がりです。

加熱により栄養が半減をする食材もありますが、トマトやりんごなどは過熱をすると、逆に栄養価が高まります。加熱をするにしても冷たいままではなく、常温の果物を使うようにします。水分は水以外にも、豆乳などでホットにしても良いです。

体調や目的に合わせて上手に取り入れよう

フルーツスムージーのレシピにチャレンジをするときには、体調や目的に合わせて上手に取り入れることです。おなかにも満足のダイエットをしたいとき、ストレスを解消したいとき、お酒をよく飲む人など、バナナは最適です。

飲酒へのサポートはバナナの、アルコール分解のナイアシン、消化液分泌のビタミンB1が役立ちます。免疫力を高めたいとき、風邪を予防したいときなどは、オレンジの柑橘類です。生活習慣病の予防をしたいとか、エイジングケアを食品でしたいときには、アボカドを使うことです。

美肌効果や、お通じをよくしたいときなどは、キウイフルーツが適任です。疲労回復をしたいなら、驚くべき酵素を持つ、パイナップルをスムージーに使います。