お腹の贅肉を落としたい!体に負担をかけずに痩せる方法について

お腹の贅肉を落としたい!そう思っていてもなかなか難しいですよね。ちょっと早いですが、2018年の夏までには落としたいという方は多いのではないでしょうか。

そうは言いつつも美味しいものは食べたいし、激しい運動はしたくないですよね。今回はそんなあなたの為の、体に負担をかけずに痩せる方法についてです。

まず客観的にお腹がポッコリしてしまうという状況について確認していきます。その後、体に負担をかけずにお腹の脂肪を落とす方法の具体例を紹介していきたいと思います。様々な方法を紹介しますので、取り入れることができそうなものから始めてみてください。今年こそ痩せて可愛い水着を着て、海で楽しい夏の思い出を作りましょう。

生活習慣病のリスクが高まる

身体の中で最も余計な贅肉が付きやすい部位、それはお腹周りでしょう。お腹周りは皮下脂肪だけでなく内臓脂肪の増加によってもたるみやすくなったり、前に出た状態になってしまいます。内臓脂肪の増加はプロポーションを悪くさせてしまうだけでなく、健康にも悪影響を及ぼしてしまうため注意が必要です。

内臓脂肪がたまってしまうことによって、糖尿病や高脂血症などの生活習慣病を招いてしまう可能性があるといわれています。内臓脂肪の蓄積は活習慣病を招くとされる生理活性物質の増加を招き、血糖値や血圧が上昇しやすくなるといわれています。また血液中の中性脂肪が増加すると血液の循環が悪くなり、血栓が出来やすくなるのも問題です。

血栓によって血液の流れが阻害されると動脈硬化などの怖い病気を招いてしまうこともあるとされています。これらの他にも痛風や脂肪肝、心筋梗塞などの病気が内臓脂肪の蓄積によって引き起こされるといわれています。

生活習慣病は誰もがかかる可能性のある病気であり、予防のためには生活習慣の見直しが大切です。お腹周りが太ってしまった・脂肪が多くなったという場合には生活習慣病のリスクを低下させるためにも、ダイエットをスタートさせる必要があるでしょう。

お腹ぽっこりはだらしない・老けていると見られがち

中年世代になってお腹がぽっこりするのは仕方ないと思うかもしれませんが、すべての人がぽっこり体型になるわけではありません。体質管理をしっかりと行っておけば、何歳になってもスリムな体型を維持できるのです。

一般論としてお腹がぽっこりしている人は、だらしない性格だと思われがちです。ダイエットは本人がその気になれば可能なので、痩せられないのは体調管理がなっていないと思われてしまいます。内臓脂肪を大量に蓄えると生活習慣病のリスクも高めるので、早めに解消をしていく必要があるでしょう。

年齢を重ねることで太ってしまうのは、体脂肪が増えていくからです。若いころと比べて体重が増加した方は、体脂肪がそのまま増えたと考えてよいでしょう。お腹が張り出していると老けて見られやすいデメリットもあるので、30代以降からは特に体質管理を徹底してください。

お腹の脂肪を落とす方法は数多くありますが、お金をかけずに手軽に行えるのは食事制限と運動です。糖質制限をすれば体脂肪が溜まりにくくなるので、少しずつお腹は引っ込んでいくでしょう。運動は1日10~30分の範囲で行うのが好ましく、運動により新陳代謝が上がれば、肌ツヤがよくなるメリットが期待できます。

お腹の脂肪を落とす方法は長期的に行うことが重要

お腹の脂肪を落とす方法を実際に試したことがある人たちの意見や感想を知りたいという人は少なくないのではないでしょうか。というのも、実際に試してたことがある人たちの意見は貴重なものととらえられることがしばしばあるからです。

実際にお腹の脂肪を落とす方法として運動をした人の多くは、運動を継続して続けることの重要性を感じている人が少なくありません。というのも、継続して運動をしていると、次第にお腹の脂肪が減っていくことが期待できるからなのです。

一時的に運動をしていても、あまり効果を感じられなかったという人もいます。お腹の脂肪については、短期間で落ちるものではないと言っても過言ではないのです。お腹の脂肪を落とす方法を試す時には、じっくりと時間をかけて運動に定期的に取り組むことが欠かせません。

お腹の脂肪が減ったことがあるという人の意見を参考にすると、失敗を防ぐことができる可能性もあります。それから、失敗を防ぎながら運動に取り組むようになることから、効率的に脂肪を落とすことができるようになるのです。そのため、過去にお腹の脂肪を落とす方法を試した人々の意見や感想を大事にすることは非常に重要なポイントであるとも言えるのです。

お腹の脂肪を落とす方法に成功した後

お腹の脂肪を落とす方法を試す時には労力が必要になりますが、ダイエットに成功した後について興味を持っているという人はたくさんいるのではないでしょうか。お腹の脂肪を落とす方法を試し始めたら労力や時間がたくさんかかってしまうものなのですが、しっかりと取り組むことによって脂肪を減らすという目標を達成することができる可能性が高くあるのです。

お腹の脂肪を落とす方法を試して成功した後には、それぞれの人は自分の取り組みを褒めてあげると良いです。頑張った自分に対して、ご褒美をプレゼントするという人も少なくありません。プレゼントとして、我慢していた美味しいものを楽しく食べるという人もいれば、着用したいと思っていた洋服を着て出かけるという人もいるのです。

実際にお腹の脂肪を落とす方法を試して成功した人の中には、自信を取り戻すことができたという人も少なくありません。お腹の周りに脂肪がついていると、自信を持つことができずに不安を感じてしまうという人もいます。しかし、お腹の脂肪を落とす方法に成功すれば、自分自身の身なりを好きになることができるのです。心身ともに、満足することができることが期待できるようにもなります。

お腹にぜい肉がつきやすい人の特徴

お腹の脂肪を落とす方法を実践するに当たり、効率良くお腹痩せができるよう、お腹にぜい肉のつきやすい人の特徴を知ることが大切です。お腹には内臓を守るための骨はありません。ぜい肉がお腹に集中してついてしまうのは、骨がない代わりに内臓を守るためのものなのです。

言い方を変えれば生体防御システムのようなものでしょう。それはそれで大事なのですが、ぜい肉は多過ぎると健康に影響します。まず、ぜい肉を作ってしまう原因は当然ながらカロリーオーバーな食生活です。要するに「食べ過ぎ」ということになります。間食の多い人はぜい肉がつきやすいです。

カロリーの過剰摂取だけでなく、デスクワークなどで消費する機会があまりない生活では、お腹にぜい肉がつき放題となってしまいます。運動が嫌いでカロリーが消費されなければ、食べれば食べるほどぜい肉に変わるのは当然です。

その他には、かつて腹筋などを鍛えて筋肉があった場所が、鍛えるのをやめてたるんだり弱くなることで脂肪が入りやすくなり、ぜい肉が増えるというパターンもあります。そして、猫背の人は体の前面に力を入れない状態が続きますのでお腹にぜい肉がつきやすくなります。椅子に座る時に深く腰掛け、背中がまるくなるような座り方をする人も要注意です。

お腹の脂肪を落とす方法

お腹の脂肪を落とす方法を行う上で欠かす事の出来ないのが、習慣を変える事です。特にぜい肉がつくような習慣で挙げられるのが、食べた後にすぐ寝てしまう事です。食べて寝てしまうとカロリーを消費しなくなりますし、お腹に肉がつきます。胃の中で消化もされないので、そのまま脂肪の増加につながるので、絶対に避けるようにしましょう。

また食事の後に間食を行うのもいけません。だらだらと食べ続けてしまう事で、メリハリが無くなってしまい、満腹感を得る事が出来なくなってしまうので、食べ過ぎに繋がってしまいます。特にお菓子や甘い物が好きな方は要注意です。小さい物でも多くの砂糖が使用されているので、直ぐにカロリーオーバーしてしまい、ぜい肉の元になります。

甘い物を食べる習慣を持っている方はダイエット期間中は我慢する様にしましょう。最後は移動する時に車やバイクを利用する習慣を持っている方は運動不足によりお腹に脂肪がついてしまいます。

車やバイクはどこにでも移動できるので便利ですが、その分歩く事が無くなってしまうので、運動不足に陥りやすくなります。歩く習慣をつける為にも普段から交通機関を利用するなどを検討するようにして下さい。

酵素ドリンクでの置き換えダイエットがお腹痩せに最適

置き換えダイエットでお腹痩せをさせるためには、酵素ドリンクを用いるのがおすすめです。1日3食のうちの1~2食を酵素ドリンクに置き換えるというダイエット方法です。

酵素ドリンクでの置き換えダイエットがお腹痩せに最適な理由としては、酵素の力で代謝を落とさずに摂取カロリーを減らすことが出来るのでリバウンドの心配が無い。酵素ドリンクは甘くて美味しいものが多いので無理なく続けることが出来る。酵素には腸内環境を改善させて便秘を解消させる効果があるので体の中からお腹をスッキリさせることが出来る。

消費カロリーを大幅に減らすことが出来るので効率的。酵素ドリンクは栄養価が高いので栄養不足を補うことが出来る。デトックス効果やむくみ解消効果や血行促進効果も期待できる。短期間で健康的に美しく効果的に効率的にお腹痩せをすることが出来るなどがあります。

酵素は加齢によってどんどん減少していき、それに伴い代謝もどんどん低下して巡りの悪い痩せにくく太りやすい体質になってしまいます。不足しがちな酵素を積極的に補って代謝をアップさせながら置き換えダイエットをすれば、簡単にスピーディーにお腹痩せを成功に導くことが出来ます。自分のペースで無理せずに行うことが大切です。

お腹の脂肪を落とす方法

お腹の脂肪を落とす方法として、カロリー計算を行うと効率よくダイエットする事が可能です。カロリー計算を行う際は食べた物を日記やアプリなどでメモをしていくと良いでしょう。一日に摂取しているカロリー計算をする事で、どれだけ多くオーバーしているのか自分自身で確かめて感じる事が出来るので、食べ過ぎの防止にも繋がりますので、お腹の脂肪を落とす方法としてはお薦めです。

カロリーオーバーしている場合には何が原因なのか突き止める事が出来るのが、カロリー計算ダイエットの良い所とも言えるので、毎食必ずチェックするようにして下さい。特に外食の際にはメニューにカロリーが表示されている所も多いので、利用してみると良いでしょう。飲食店のホームページにもカロリーや栄養素の表示がされている所もあるので、事前に調べてから行くのもお薦めです。

自炊をする場合には調味料を含めた計算をする事がとても大切になります。調味料には案外多くのカロリーが含まれているものがあるので、ラベルを確認してカロリー計算を行うようにして下さい。少量でも調味料によっては多くのカロリーがある物があるので、毎日食べる食材選びと合わせてよく確認する様にしましょう。

糖質制限は効果的にお腹の脂肪を落とすことができる

お腹の脂肪を落とす方法で抜群の効果を発揮するのが「糖質制限ダイエット」です。特に中性脂肪でお腹が出ている人におすすめです。糖質は中性脂肪に変わりお腹周りにつくので、摂取する糖質を制限することで中性脂肪の量も調整できるというわけです。糖質をたくさん食べて血糖値が急激に上がると、それを下げるためにインスリンが分泌されます。

インスリンは血糖値を正常に保つなどの大切な役割があるのですが、同時に糖質を脂肪にする働きをもちます。糖質を制限すると血糖値の上昇を穏やかにすることができるので、インスリンが過剰分泌されずお腹の脂肪を落とすことにつながります。糖質制限することで、糖質ではなく脂肪をエネルギーとして使うことになるので、お腹の脂肪を燃焼することもできます。

糖質制限はやり方を間違えると健康を損ねることもあるため、行うのであれば正しい指導のもとで行いましょう。糖質制限は筋肉量にも影響することがあるので、やり過ぎると基礎代謝が下がりお腹の脂肪を落としにくくなるかもしれません。

また、野菜だけ食べていればいいと思われがちですが、野菜にも多めの糖質が含まれているものがあります。健康的にお腹の脂肪を落とすには、いきなり全ての炭水化物をやめるのではなく、まずは夕食の主食を控えることから始めてみましょう。

脂肪燃焼効果が期待できるウォーキングはお腹痩せに最適

ウォーキングは脂肪燃焼効果が期待できる有酸素運動なのでお腹痩せにも最適です。

有酸素運動による脂肪燃焼効果を得るためには、体に酸素を取り入れながら長時間体を動かし続けることがポイントとなります。歩き始めてから脂肪が燃焼し始めるまでには20分程度かかりますので、少なくとも30分は歩き続けることが大切です。早歩きをし過ぎて息が切れてしまうと無酸素運動になってしまいますので注意しましょう。

ウォーキングのポイントとしては、運動の前後にしっかりとストレッチをして怪我や筋肉痛を防ぐこと、歩きやすいスニーカーや服装を選ぶこと、姿勢を正しく保ちかかとから足をついてつま先を残すようにして歩くこと、体内にたっぷりと酸素を送り込むような感覚でリズミカルに歩くこと、自分のペースで無理をしないようにすることなどがあります。

ウォーキングによるお腹痩せ効果は脂肪燃焼だけではありません。歩くことで腸の蠕動運動を活発にさせることが出来るので、便秘解消効果も期待できます。ウォーキングによる脂肪燃焼効果を高めるために、アミノ酸を摂取するのもおすすめです。アミノ酸を摂取する場合は、ウォーキングを開始する30分前の摂取がベストタイミングです。

ストレッチでお腹の脂肪を落とす方法

知らず知らずのうちに、悪い姿勢をとっていると、体が歪んでいる状態になってしまいます。このような状態が続くことで、筋肉が凝り固まってしまいます。特に背中の筋肉が固まってしまうと猫背の状態になり、お腹がポッコリと出る原因となります。そこで、おすすめなのがストレッチをするということです。

ストレッチをすることで、体の歪みを改善する効果を期待することが出来ますし、姿勢を良くする・代謝を高めるなどの効果も期待することが出来るのでおすすめです。ストレッチであれば特別な道具も必要ありませんので、気が向いた時にすぐに行いやすいのではないでしょうか。ストレッチの方法としては、まず右向きに寝た状態で、膝と股関節を直角に曲げます。

この時に両手と肘は前に伸ばすようにしましょう。その姿勢から左腕を天井・左側へとゆっくりと動かします。この時、胸周辺が伸ばされていることを感じるはずです。腕を元の状態に戻します。腕を上げる時に息を吸い、戻す時に吐くという呼吸を意識し、左右両方15回ずつ3セットを目安に行うことをおすすめします。

同じ姿勢でストレッチも行います。右向きの状態で寝て、下にある脚は直角、上にある脚は左手でつま先を掴み後ろに引っ張ります。痛みなどがなければ、かかととお尻が触れるまで手で引っ張り上げるようにします。この時、背中が丸まらないように気をつけるようにし、1回30秒から60秒を3セットを目安に行うようにしましょう。

お腹周りの脂肪にはひねる運動が効果的

お腹の脂肪を落とす方法でおすすめなのがお腹をひねる運動です。ひねることでお腹の前面だけでなく横側の脂肪も落とすことができ、ウエストにくびれを作ることも可能です。通常の腹筋はお腹の前側の筋肉だけが鍛えられますが、腹筋をねじりながら行うことで通常よりも広い範囲の筋肉にアプローチでき、お腹周りの脂肪は落ちやすくなるので、効率良くお腹を引き締めることができます。

腹筋で起き上がる時にひねりを入れるのも良いですし、シャドーボクシングも最適です。ワンツーと左右にパンチを繰り出し、腰をひねることでお腹周りの脂肪燃焼につながります。激しい動きが苦手であれば、立ったままできるひねり運動がおすすめです。両脚を肩幅に開いて立ち、左右にゆっくりひねるだけの簡単な動きでOKです。

行っている間はお腹に意識を向け、力を入れるとより効果的です。ずっと力を入れるのが難しい場合は、ひねり切った時の5秒間だけ力を入れるようにして下さい。一番おすすめなのは、ひねりながらスクワットをする「スクワットひねり」です。通常のスクワットで腰を落としたら、左ひじと右ひざをゆっくりタッチします。

腰を落としたまま反対のひじとひざをタッチして、ここまでを1回とします。全身を使って行いますし、お腹周りの脂肪にとても効きます。

サプリを併用するとダイエット効果はアップする

お腹周りの脂肪をスムーズに落とすには、ひとつのダイエットに偏らず、いくつかのダイエット方法を併用する方が断然良いです。ダイエットの中心となるのは食事制限や有酸素運動になると思いますが、プラスαでサプリメントを利用するととても効果がアップします。

ダイエット系のサプリメントは、普段の食事では摂取しにくい成分が含まれていますので、ぜひサプリメントで補うことをおすすめします。例えば脂肪の分解と燃焼をサポートしてくれるタイプでは、L-オルニチンやトウガラシ、カテキン、L-カルニチン、キノコ由来の植物性キトサン、葛の花イソフラボンなどが使われています。

ダイエット系サプリメントには、その他にも食欲をコントロールするタイプや脂肪や糖の吸収を抑えるカロリーカット系があります。このようなサプリメントを併用すると、とても効率良くお腹周りの脂肪を落とすことができます。また、最近注目されるようになったアミノ酸ダイエットも良いです。

ただ、アミノ酸をサプリメントで摂取してすぐにお腹周りの脂肪が落ちるというわけではありません。アミノ酸を摂取することで筋肉が形成されやすくなり、筋肉量が増えることによって基礎代謝量が増え、脂肪燃焼量がアップします。要するに痩せやすい体質になれるということです。

コルセットを使ってお腹の脂肪を落とす方法も

お腹の脂肪を落とす方法は他にもありコルセット等を使う人もいます。今のコルセットは中世のヨーロッパで使われていたような強く締め付ける苦しそうなものではなく生地等を考えて設計されているので正しく使えば効果的な方法の一つです。

コルセットは寝ている時間以外の3~6時間がよくサイズは自分のウエストより10~15cm細いものがベストですが初心者や筋肉質の人であればもう少し、自分のウエストに近い10cm以内から始めるのもいいでしょう。基本的には肋骨の下から腰骨の上を締めるのがいいとされています。コルセットを装着することでウエストが細く見えるので痩せていなくても見た目には痩せて見えます。

胃の辺りを締め付けるので胃の許容範囲が狭くなり満腹を感じやすくなる人もいます。姿勢もよくなるので血流が良くなり新陳代謝が上がったり、バランスが鍛えられたりします。汗をかきやすくなるというメリットもあります。コルセットをつけている状態は緊張状態なので寝るときにははずすようにします。

寝るときに装着すると交感神経が刺激され良質な睡眠が取りにくくなる事と汗をかきあせもなどができるので良くないとされています。正しい装着方法を守ることでお腹の脂肪を落とす事ができます。

お腹の脂肪を落とす方法

お腹のぜい肉は性別・年齢に関わらず気になるものです。脂肪のつき方によって、簡単にい落とすことが出来る場合もあれば、サイズダウンするのに時間が掛かることもあります。しかし、いずれの場合でも無理な方法を行っても長続きしないということでしょう。お腹にぜい肉がついてしまうのは、それなりの理由があります。

それは乱れた食生活であったり、消費カロリーが少ないなどがあげられますが、せっかくぜい肉を落としても、同じような生活を続けていたのではすぐに元の状態に戻ってしまうことが考えられます。そこで、お腹のぜい肉を落としたいのであれば、まずは自分の生活スタイルや食生活について考えてみることをおすすめします。

その上で、無理のない範囲で行うことが出来る方法を試してみると良いでしょう。お腹のぜい肉を落とすことにより、スタイルが良く見えるようになりますし、ファッションの幅も広がります。また、健康上の問題も解決することが出来るかもしれません。

短期間で落とすということを考えるよりも、ある程度長期的に考えることにより、心に余裕も生まれますので、ストレスを感じることも少なくなるはずです。試しやすい方法から行ってみると良いかもしれません。