お腹周りの脂肪を落としたい方必見|基礎知識から筋トレ・運動法まで詳しく紹介

お腹周りについた脂肪が気になるという人は多いと思います。実はこれは内臓脂肪で比較的簡単に落とすことができるものなのです。具体的にはどうすればよいかというと、先ず筋肉をつけて基礎代謝を上げること。これで脂肪が燃えやすい体となります。次にお腹周りの脂肪に集中して落とすエクササイズを行い、そしてマッサージで揉み出すことです。

それぞれと一緒に用いると効果的なサプリメントやジェル、電動ローラーも紹介しています。ストレッチも効果があります。また内臓脂肪は見た目がよくないだけでなく、メタボになることから生活習慣病につながる怖いものなのです。それがつく原因、防ぐための生活上の注意などあらゆる情報を網羅しています。

お腹周りに脂肪がつく3つの理由

手足やフェイスラインはほっそりとしてるのに、お腹周りにだけ脂肪がついてしまうと困っている人はいませんか。このようなぽっこりお腹には、れっきとした理由があるので、それを把握することで改善することが期待できます。お腹周りにだけプヨプヨになってしまう理由の1つに、お腹には内臓を守る骨がないことがあげられます。

胸には心臓や肺を守るために肋骨がありますが、お腹には内臓を守る骨がありません。そのため脂肪をつけて保護する必要があるのです。特に女性は子宮を守る必要があるので、男性よりもお腹周りがプヨプヨになりやすいという特徴があります。さらに脂肪は、筋肉があった部分がたるんだりすると、そこに入り込んで溜まるという性質があります。

お腹には腹筋という非常に大きな筋肉がありますが、これが運動不足や加齢によってたるんでしまうと、そこから脂肪がつきやすくなってしまうので気を付けましょう。これに加えて、一時的に大量にカロリーを摂取した時に消費しきれなかったカロリーも、一時的にお腹周りに蓄えられることも原因です。

この一時的に保管された脂肪が、そのまま消費されないことで定着してしまい、慢性的なプヨプヨお腹の原因となってしまいます。

様々な種類の脂肪がある

お腹周りについてしまう脂肪には内臓脂肪や皮下脂肪などの種類があり、水太りタイプの人や便秘タイプの人などもいます。お腹周りをスッキリさせるためには、自分がどの種類やどのタイプに当てはまるのかをきちんと特定しておくことが大切です。

内臓の周りについてしまう内臓脂肪がある人は糖尿病や高血圧や高脂血症や動脈硬化やメタボリックシンドロームなどの生活習慣病になるリスクも高くなってしまいます。動脈硬化が進行すれば脳梗塞や心筋梗塞などの重大な病気を発症させる原因にもなってしまいますので早めに食生活の改善や有酸素運動や筋トレなどで落とすことが大切です。

皮下脂肪がある人は落とすまでに少し時間がかかることがありますので、積極的に計画的に食事制限と運動でカロリーコントロールをしていく必要があります。燃焼や代謝を促進させる効果が期待できるビタミンB群やアミノ酸やカプサイシンやカフェインなどを積極的に摂取して消費カロリーを増やしましょう。

水太りタイプの人は、塩分を控えたり利用作用があるカリウムを積極的に摂取したり筋トレで筋肉量を増やしたりするのが効果的です。便秘タイプの人は、食物繊維や乳酸菌やビフィズス菌やオリゴ糖を積極的に摂取して腸内環境を整えましょう。

内臓脂肪の蓄積による危険性

内臓の周りに蓄積する脂肪は、糖尿病や高血圧などの生活習慣病を引き起こしメタボリックシンドロームなどを招きやすくなります。内臓脂肪が増えすぎると、傷ついた血管を修復したり、動脈硬化をおさえたり、血管を広げて高血圧を防ぐ働きが阻害されてしまいます。この働きが弱まると血管中に血栓ができやすくなり様々な弊害を引き起こすこととなります。

また、脂肪が増えすぎると、すい臓から分泌されるインスリンの働きが低下し血液中の糖を処理できなくなります。糖の処理能力が低下してしまうと糖尿病になる危険性が高まってしまいます。糖尿病は、様々な合併症を引き起こし、重症化すると失明する恐れもある怖い病気です。

そして、糖の処理を助けようと大量のインスリンが分泌されてしまい高インスリン血症を引き起こしてしまうこともあります。適切に内臓脂肪に対応せずに放っておくと、動脈硬化などの症状が悪化し、心筋梗塞・脳梗塞・冠動脈疾患・狭心症などの進行につながることとなります。

このような症状が見られるとメタボリックシンドロームと診断され、心臓病や脳卒中など命に関わる危険な病気を発症する可能性が高くなります。脳卒中などは麻痺などの重い後遺症も残ってしまうケースがあるので内臓脂肪のつき過ぎは注意が必要です。

内臓脂肪のセルフチェック

内臓脂肪が多いかどうかは、セルフチェックで大まかに確認することができます。男性の場合はウエストが85センチ以上、女性の場合は90センチ以上となっている場合は、内臓脂肪が多い可能性があります。ただし、これはあくまで簡易的なチェック方法にすぎないため、正確に測定したい場合は医療機関で検査を受けなければなりません。

医療機関での検査では、内臓脂肪がどれくらいの免責であるかを、具体的な数値で表してくれます。厚生労働省によれば、面積が100平方センチメートル以上の場合は、つきすぎです。簡易的な判断方法としてはほかに、お腹周りの肉をつまんでどういう状態かをチェックする方法があります。

皮下脂肪のタイプならば、つまんでみた時に厚みと肉感がありますが、お腹自体はそんなに膨らんでいません。内臓脂肪の場合は、肉をつかむことができないのに膨らんでいることが多いです。

ただ、混合しているタイプもあります。その場合は、厚みのある肉が掴むことができて、さらにお腹も膨らんでいるという状態です。あくまでセルフチェックで確認することができることは大まかな上体です。正確ではありません。したがって気になるなら、医療機関を受診しておきましょう。

お腹周りの脂肪を落とすスクワットの効果とやり方

お腹周りの脂肪を効率良く落とすには、スクワットが効果的です。脚の筋肉を鍛えることができるだけでなく、お腹周りにも効きます。全身を使う運動なので消費エネルギーが高く、スクワットを15回するだけで腹筋500回に相当すると言われているくらいです。スクワットの正しいやり方は、まず両足を肩幅に開いて立ち、両手を頭の後ろに沿えます。

前かがみにならないように背筋を伸ばして、息を吸いながらゆっくりと腰を落としていきます。この時、つま先より前に膝が出るとあまり効果を得ることができませんので注意しましょう。腰をまっすぐ下ろすよう意識をします。そして息を吐きながらゆっくりと元に戻します。

スクワットでお腹周りの脂肪を落とすのであれば、しっかりと基本をマスターしなければもったいないです。お尻を突き出すように腰を落とすのがコツです。膝が前に出ると膝に負担がかかり傷めてしまうので、その点は気を付けましょう。

回数ですが、始めから無理をしてたくさん行うのではなく、まずは10回から始め、慣れてきたら自分のペースで増やしていきましょう。スクワットで筋肉を鍛えることで、基礎代謝がアップして脂肪燃焼につながります。筋肉のためには1日置きに行うことをおすすめします。

お腹周りの脂肪を落とすインナーマッスルを鍛える

お腹周りの脂肪を落とすにはいくつかありますが、そのひとつが体の中のインナーマッスルを鍛えることで基礎代謝を上げて、お腹周りの脂肪燃焼をしやすくする方法です。プランクというインナーマッスルのトレーニングは正しく行うことで腰から太ももにかけての筋肉が鍛えることができるので、骨盤のゆがみを整えることができます。

骨盤のゆがみは内臓が下がり下腹が出てしまうことにもつながり、骨盤が正しい位置の戻ることで下腹をすっきりさせることも期待できます。やり方は、うつ伏せになって握った手から肘までを床につけて、つま先を立てます。上半身を起こして腰を上げて床と水平になるようにまっすぐにして10秒間キープします。

トレーニングをする際には腰が上がり過ぎたり、お腹が沈まないように注意し、鏡があれば確認しながら行い、トレーニングになれたら回数を増やしていいきます。お腹周りの脂肪を落とすには、内臓脂肪を落とすことを考えます。内臓脂肪は筋力をつけて基礎代謝を上げることが良い方法です。

そのためにはインナーマッスルのトレーニングを行うと良く、筋トレは1日おきにやるのが効率的に行うことができます。トレーニングで体の内側の筋肉のインナーマッスルを鍛えることで、基礎代謝は高くなり、太りにくい体を作ることができます。お腹周りなど鍛えたい部位を1回10分程度、週に2~3回行うことで効果は得られます。正しいトレーニングは内臓も正常に働くようになります。

お腹周りの脂肪を落とす2つのマッサージ

お腹周りの脂肪を落とすには「マッサージ」も一緒に行うと良いです。マッサージは2つあり、腸もみマッサージとリンパマッサージです。腸もみマッサージは、体内で作られる「脂肪を分解する作用を持つ胆汁酸」を新しくするために行います。胆汁酸は常に一定量で、排出されると新しいものが作られます。

この胆汁酸をどんどん新しくしていくことが、お腹周りの脂肪を落とすポイントです。腸をもむことで古い胆汁酸が便と一緒に体の外に出やすくなります。続けると便秘が解消され、お腹のお肉がスッキリしたように感じるという口コミが多数あります。やり方は、まず椅子に浅く腰かけて足を少し開きます。両手の指をおへその下3cmの部分に差し込み、息を大きく吸います。

そして息を吐きながら体をゆっくり前に倒し、指先を差し込んだ状態で時計回りに3回ほど回します。その後、息を吸いながら体をゆっくり起こします。入浴後は腸の動きも良くなっているので、お風呂上がりにすると良いです。あまり強く押し過ぎないよう注意して下さい。

もう一方のリンパマッサージですが、お腹周りの脂肪を流れやすくする効果が期待できます。お腹周りのお肉に効くだけでなく、冷え性や生理痛も緩和したという声もあります。やり方は両手の指でおへそ周りの肉をつかみ、左右交互に揉みほぐします。

次に、両手のひらでおへその周りを時計回りになで、両手のひらの指先を脚側に向けて、脚のつけ根の方に向かってリンパを流します。これを10回ほど繰り返すと良いです。リンパは優しくなでるだけでも流れるので、強い力で行わなくても大丈夫です。肌に負担をかけたくない人は、マッサージジェルを使うことをおすすめします。

お腹周りの脂肪を落とすリンパマッサージ

お腹周りの脂肪というのはなかなか落ちにくいものです。そこでおすすめな方法が、リンパマッサージという方法。お腹のリンパを刺激することによって、老廃物を体外に出すように働きますし、むくみ知らずのすっきりしたお腹周りになることを期待することができます。

実際にお腹周りのリンパマッサージをした人は、手軽な方法なのに、簡単ですぐにできてしかも効果が出たという人も多いです。またマッサージをすることにより、内臓の冷えが解消された、また便秘が解消されたという声も上がるほど。

そんなお腹周りのリンパマッサージの基本は、まず腹部全体を温めることから始めます。それには入浴後がおすすめ。しっかり温まるとリンパの流れもよくなっているので、更に効果的なのです。

腹部全体を温めた後は、お腹周り全体を揉みほぐして柔らかくします。そしてお腹を時計回りにマッサージ。この時には、自分の手でこぶしを作り、やや力を入れ圧を書けることが重要です。

最後の仕上げは、腹部にたまったものをリンパに流してしまうことです。へその上から、また脇腹から、両ソケイ部に向かって流していくようにしましょう。余分な水分や老廃物がリンパの流れと共に排泄されて、お腹がスッキリするはずです。

お腹周りの脂肪を落とす動き

太った時に、お腹周りの脂肪が気になって仕方がないと思う人がいるのではないでしょうか。一度お腹周りについた贅肉は、落とすことが難しいと感じている人がいることも事実です。しかし、あきらめる必要はありません。というのも、適切な方法で運動をしていると、無駄な脂肪を落とすことができることが期待できるからなのです。

実際にお腹周りの脂肪を落とすことができた人の間では、日々のウォーキングが効果的であったという意見が多く述べられています。時間がある時に歩くようにしていると、歩いている間に無駄な脂肪が燃焼されるようになります。しっかりと燃焼されるようになると、贅肉も自然と減っていくことになるのです。

歩き方にこだわるのであれば、普段歩いている速度よりもやや速めに歩くと良いです。速めの速度で歩くことによって、より脂肪を燃焼させられるように目指すことができるためです。最低でも1日15分間歩くようにしていると、お腹周りをすっきりとさせられる可能性が高くなります。また、継続して続けていくことも欠かすことができません。

毎日のように続けていると、ウエストのサイズが小さくなることも期待することができるのです。常に運動することを意識づけることも欠かせません。

お腹周りの脂肪を落とすなら、ながら運動が効果的

運動を義務付けてしまうと、やらなければならない、やらなかった場合は罪悪感のみが残ってしまってダイエットのモチベーションが下がるということがあります。そのためお腹周りの脂肪を落とすためには、ながら運動をするのがおすすめです。

日常生活に結びつけた運動をすると、意識しなくてもお腹周りの脂肪を落とすことができた!またダイエット終了後もお腹周りの維持ができるという口コミが多いです。一旦その方法を覚えてしまうと、日常生活の中で簡単に取り組むことができますし、それが習慣化するので、ダイエットに効果的なのです。

そんな方法の1つが、お腹をひねるということ。この場合は、下半身を固定させて上半身をひねるわけではありません。上半身と下半身を固定させて、骨盤部分を前後左右に揺らす、ひねるといった動きをするのが重要です。例えばトイレに行ったときに、10回程度骨盤をひねるというもの効果的です。習慣づけると簡単に行うことが出来るようになります。

また次の運動は、まっすぐ立って下腹部と肛門に力を入れ、30秒間過ごすという方法です。下腹部と肛門をしめるように意識すると、腹筋に力が入るのがわかるはず。それを一定の時間維持することにより、筋肉を刺激してお腹周りの脂肪を落とすことができるのです。

お腹周りの脂肪を落とすと姿勢がきれいに

お腹周りの脂肪を落とすことには、メリットがあります。まず、無駄な脂肪が減っていくために、ウエストが細くなるのです。ウエストが細くなることによって、好きなファッションを着用して楽しむことができるようになります。

それから、お腹周りの脂肪を落とす過程においてインナーマッスルも鍛えられるようになります。インナーマッスルが鍛えられると、体に良い影響を与えることができるのです。まず、インナーマッスルを鍛えると姿勢が良くなる可能性が高いです。良い姿勢を保つためには、程よい筋肉が必要となります。

体を鍛えていない場合には、普段の生活の癖が原因となって猫背に悩まされてしまうことも珍しくありません。しかし、運動をしていると、自然とインナーマッスルも鍛えられるようになるのです。運動をし始めてから、姿勢が少し良くなったと感じたことがある人もいるのではないでしょうか。

お腹周りの脂肪を落とすことでインナーマッスルを鍛えていくと、脂肪がつきにくい体つきにもなります。筋肉が鍛えられている時には、無駄な贅肉がつきにくくなるのです。その結果、太りにくい体つきになることも可能になります。お腹周りに筋肉があることには、メリットがたくさんあります。

お腹周りの脂肪を落とす方法と注意するポイント

お腹周りについてしまった脂肪を落とす最も一般的な方法は、摂取したカロリー以上をエネルギーとして消費するダイエットです。具体的には、摂取カロリーを減らすための食事制限と消費エネルギーを増やす有酸素運動の組み合わせが効果的で、消費カロリーから摂取カロリーを引いて残った数字が大きくなるほどスピーディーなダイエットが可能となります。

ただし、あまり短期間で大幅なダイエットを行ってしまうと、栄養不良により健康を損ねてしまうので注意しなくてはなりません。また、体重や皮下脂肪を減らすことだけに集中すると、筋力の低下を招いてしまうのでこちらも注意が必要です。

ちなみに、筋力が低下すると基礎代謝も低下するので、痩せにくい状態になってしまいます。さらに、食事制限により身体が飢えた状態になっているので体重も増えやすくなっており、ダイエットに失敗した場合はかなり大きなリバウンドに見舞われることになります。

それでは、このようなデメリットが生じないためにはどの様にすればよいかというと、タンパク質を充分に摂取することと筋力トレーニングを行うのがおすすめです。この内で筋力トレーニングというと重いバーベルを使用する方法を思い浮かべがちですが、アイソメトリックトレーニングであれば器具を使わずに筋力をアップすることが可能です。

お腹周りの脂肪を効率良く落とせる人の特徴

お腹周りは一番脂肪がつきやすい部分なので、この部分のお肉を落とすことに成功するとほぼダイエットは上手くいったと言えます。お腹周りが太りやすい主な原因は、腸がゆがみ下の方へ垂れ下がってしまうことや、お腹には内臓を守る骨が無いので骨の代わりに内臓を守ろうとするため、カロリーの取り過ぎなどが挙げられますが、一番は「筋肉」が関係していると考えられます。

お腹周りが痩せやすい人と痩せにくい人の差は「筋肉の量」の多さが影響します。筋肉は1kg増えるとおよそ20〜30kcalの基礎代謝量がアップすると言われていますので、筋肉の量を増やせば代謝が上がり消費エネルギーが増えます。しかし、筋トレをしてもなかなか痩せにくいという人もいます。その場合は、インナーマッスルを鍛えることで成果が上がることがあります。

筋肉以外では、猫背気味の人や腰で椅子に座っている人は、普段からお腹に力が入らないため腹筋が緩んで伸び、代謝が下がり脂肪がつきやすくなります。

また、デスクワークが多い人はほとんどエネルギーを消費しないので、お腹周りの脂肪が落ちにくいです。後、便秘中は内臓の働きが鈍るので栄養の吸収がうまくできず、脂肪の燃焼効率も落ちてお腹周りの脂肪に変わることがあります。

ぽっこりお腹解消メニュー

ぽっこりお腹を解消するためにおすすめなのは食物繊維が豊富な食材を利用したメニューです。特にカロリーがほとんどないキノコはダイエットに理想的な食材です。えのきやしめじ、なめこなどは年間を通して価格も安定しており安値で購入可能なので、節約をしつつお腹も膨れて、ぽっこりお腹も解消できるという夢のような存在と言えるでしょう。

例えば冬場におすすめなのはきのこをたっぷり使った鍋が効果的です。白菜や根菜類などと一緒に食べられるため、豊富な栄養素を吸収することが出来て美容はもちろん健康にも良いでしょう。きのこを毎日しっかり食べていると便通も良くなり便秘の解消が促されます。その結果ぽっこりお腹をスリムにシェイプアップすることが出来るでしょう。

また納豆やヨーグルト、みそなどの発酵食品も腸内環境を改善してくれるため便秘解消でぽっこりお腹解消メニューにおすすめです。特に体を温めてくれる味噌汁や甘酒などを毎日の生活に取り入れると冷え性改善効果も期待できるので女性にぴったりです。

ヘルシーな便秘解消メニューを続けているとお腹周りの脂肪を簡単に落とすことが出来るため、ダイエットに悩んでいる人は自分の食生活を見直し、出来るだけ自炊で栄養満点のメニューを考えましょう。

お腹周りの脂肪を落とすにはサプリメントがおすすめ

食事や運動などの生活に気を付けていても、なぜかお腹周りの脂肪を落とすのが難しい人がいます。ある程度の年代になると太りやすくなったり、お腹周りにお肉がつきやすくなると同時に落ちにくくなることが原因です。お腹周りのダイエットが思うようにいかない場合は、サプリメントの手を借りると良いです。

サプリメントであれば、これまでの生活を大きく変えず、プラスαとして活用するだけで効果が実感できるようです。暴飲暴食はいけませんが、しんどい運動やきつい食事制限をしなくても良いというわけです。おすすめのサプリメントは、脂肪を燃焼して分解・排出を促進する生薬が配合されているもの、内臓や皮下の贅肉に効果的な葛の花イソフラボンなどが使われているものです。

サプリメントは継続することでその効果が発揮されてきますので、「一袋飲んだのに効果が…」と思わず、せめて3ヶ月は続けてみましょう。個人差にもよりますが、効果が出るまでに3ヶ月程度はかかると言われています。

言い換えれば、たった3ヶ月で悩みとなっているお腹周りの脂肪がスッキリするのですから、試さない手はありません。サプリメントにはどちらかと言うと筋トレ寄りのものと、脂肪燃焼系のものがありますので、自分に合う方を選んで下さい。