お酒好きでも痩せたい!ダイエット中のアルコールは禁止なのか

ダイエットに取り組んでい人は多いでしょうが、そんな中で悩みの種となるのがお酒です。お酒好きだったり付き合いで飲みにいかなければならない場合、アルコールを摂ると太るのではと心配になる人も多いでしょう。ダイエット中にお酒を飲んで良いのか、基礎知識を身に着けておきましょう。

飲む前の準備が大事!ダイエット中のアルコール

お酒を飲むと太るというイメージが強いため、ダイエット中にはアルコールの摂取を控えているという人も多いのではないでしょうか。しかし、実は飲み方にさえ気を付けておけば、太る心配なくお酒を楽しむこともできるのです。

そもそもお酒を飲んだら太ると言われているのは、アルコールが吸収されることによって代謝が落ちたり、酔いが回って判断力が鈍り、おつまみなどを大量に食べてしまうことが原因です。これを防ぐために、あらかじめお酒を飲む前に胃に何か食べ物などを入れて、アルコールの吸収を緩やかにすることが重要です。

腹持ちの良いチーズや牛乳、オリーブオイルなどを食べておくと、アルコールの吸収を遅らせて太る原因を取り除くことができます。

甘いお酒は美味しいけど太る?お酒の種類とカロリーを知ろう

アルコールは、実はそれ自体が太りやすい飲み物という訳ではありません。アルコールというよりも一緒に食べるおつまみなどのせいで太ってしまうことが多いので、正しく飲む分にはあまり太る心配はいらないのです。

ただ、お酒の種類によっては確かに太ってしまうものもあります。その代表的な種類が、女性が特に好む甘いカクテルです。カクテルにはベースとしてリキュールが使用されていますが、リキュールには大量の砂糖が含まれています。

カクテルばかりを飲めばジュースと同じようにカロリーを多く摂取してしまうことになるので、飲み過ぎには注意しておきましょう。カロリーの低いお酒としては、焼酎やブランデー、ウィスキーなどの蒸留酒が挙げられます。

お酒に含まれるエンプティカロリーって?

ダイエットをするためには食べ物や飲み物のカロリーに注意する必要があり、いかに摂取カロリーを低く抑えられるかが成功のカギとなります。

アルコールは太りやすいと誤解している人の多くは、お酒に含まれるカロリーの高さを気にしているのですが、実はお酒に含まれているカロリーはエンプティカロリーと呼ばれ、脂肪として蓄積されにくい特徴を持っているのです。

通常、私たちがお酒を飲むと次第に血行が良くなり、顔や体ポカポカとして赤らんできます。これは、アルコールが体内に吸収されて熱を発生させているためで、摂取後すぐに熱エネルギーへと変化している証拠となります。すぐに吸収分解されるということは脂肪として身体に蓄積されにくいということなので、太る心配はあまりないのです。

酔うと食欲が制御不能に?アルコールの吸収を抑えよう

アルコールを摂取すると、ほとんどの人が次第に酔っ払っていきます。中にはどれだけ飲んでもほとんど酔わない人もいますが、多くの人は気分が良くなったり逆に吐いてしまったりして、普段とは異なる状態になってしまいます。

このように酔ってしまうと、まず間違いなく判断力が低下してしまいます。こうなると、せっかくダイエット中でカロリー制限をしていたのに食欲が制御不能となり、どんどん食べ続けてしまうことになります。

摂取したカロリーを消費するのは非常に大変なので、食欲を暴走させてしまわないためにも酔いを予防することが重要となります。酔いはアルコールが急速に体内に吸収されることで起こりやすくなるので、ゆっくり飲んだり事前に胃に食べ物などを入れておくなど、吸収を遅くする工夫をしておきましょう。

お酒のカロリーが低くてもおつまみの選び方で台無しに

カロリーを抑えるためにお酒の種類に注意していても、太りやすいおつまみばかりを選んでしまっては意味がありません。おつまみには揚げ物や甘いもの、辛いものなど様々な種類がありますが、できるだけヘルシーで太りにくいおつまみを選ぶことが大切です。太り肉おつまみとしては、糖質や脂肪分、油分などが少なくアルコールの分解までサポートしてくれるようなものがお勧めです。

例えば、肝臓の働きを高めてアルコールの分解を促す大豆製品や、胃の中で膨らんで満腹感を与えてくれる食物繊維が豊富に含まれた海藻類や野菜、歯ごたえが良く腹持ちの良いスルメやナッツ類などのおつまみが最適です。できるだけこういった種類のものを選び、積極的に食べるようにしましょう。

自分の適量を知って飲む量をあらかじめ決めよう

お酒に強い弱いには個人差が大きく影響しますが、それはその人が生まれつき持っている肝臓の機能による部分が大きいです。肝臓の働きが弱く、アルコールの分解や体外への排出までに時間がかかる体質の人は、同じ量を飲んでも太りやすくなってしまうので注意が必要です。

肝臓の機能をスムーズに働かせるためにも、自分の適量というものを知っておくことが大切です。こればかりは飲酒を繰り返して自分で量を学んでいくしかないのですが、一般的にはビールなら約500mlほど、焼酎などは約約200ml、アルコール度数の高いウィスキーやブランデーなどはグラス1杯までとされています。

これが一日当たりに適した量なので、ダイエット中の人はこの量を超えないように注意しながら飲みましょう。

チェイサーがアルコールの解毒を手助けする

太りにくくするためには、摂取したアルコールをできるだけ早く体外へ排出することが欠かせません。そのために役立つのが、お酒を飲んだ後にノンアルコール飲料などを飲むチェイサーというものです。

チェイサーは日本語では和らぎ水などと呼ばれ、アルコール度数の高いお酒を飲んだ後に飲むことで血中のアルコール濃度を薄め、吸収を緩やかにする作用があります。強いお酒を飲む場合などはチェイサーと一緒に飲むことで、肝臓にかかる負担を小さくして解毒機能を高めることができるのです。

焼酎やウィスキーなど、水で割らずにそのまま飲むのが好きな人は肝臓への負担も大きくなりますし、血中濃度も高くなりがちなので必ずチェイサーを利用するようにしましょう。

自制も大事!〆のラーメンは禁止しよう

ダイエット中でも、飲む量やおつまみの種類などに注意すればお酒を楽しむことは十分に可能です。ただ、そこで注意したいのが酔っ払って自制心が効かなくなり、うっかり飲み過ぎたり食べ過ぎてしまうことです。

アルコールが入ると判断力が低下し、それまでダイエットで我慢してきた反動から暴飲暴食に走ってしまうこともあります。一度でも箍が外れてしまえばダイエットを失敗してしまうことになるので、自制心を保てるだけの飲酒量に抑えておくことが大切です。

お酒の〆にラーメンなどカロリーの高いものを食べたくなるところですが、夜中にお酒と一緒にラーメンを食べるなど言語道断です。これまでの頑張りを一瞬で無駄にしてしまうので、絶対に止めましょう。

脂肪の蓄積を助長?アルコールはエネルギーを蓄えてしまう

アルコールはエンプティカロリーだと上述しましたが、これはいくら飲んでも太らないという意味ではありません。飲み過ぎてしまえば急激に増えたアルコールが肝臓に影響を与え、脂肪酸という物質が盛んに生成されてしまいます。脂肪酸は中性脂肪を作る際に材料となる物質であり、大量に作られた中性脂肪は肝臓にそのまま蓄えられてしまいます。

中性脂肪は体の様々な部分に運ばれて次第に脂肪細胞へと変化していくため、最終的には肥満へと繋がってしまいます。このように過度の飲酒は脂肪の蓄積を助長してしまうため、エンプティカロリーだからと言って安心してはいけないのです。ダイエット中は特にこのことを忘れず、お酒の量と種類に十分注意するようにしましょう。

ダイエットもアルコールもやりすぎには注意しよう

お酒は太るものというイメージが強いですが、適度に飲む分にはストレス発散や美容に役立つなど、私たちの健康にメリットをもたらしてくれることもあります。ワインには抗酸化作用の高いポリフェノールが豊富に含まれているのでアンチエイジングに役立ちますし、日本酒にはビタミンやミネラルといった美肌成分が豊富なので肌の新陳代謝を高めてくれます。

熱エネルギーによる血行促進効果で冷え性を改善することもできますし、うまく飲むようにすれば嬉しい効果も与えてくれるのです。お酒好きな人などは、ダイエット中だからと言ってお酒を控えると大きなストレスを抱え、代謝やモチベーションが下がってしまうこともあるので、やり過ぎないように適度に嗜むと良いでしょう。