お風呂に入りながら保湿ケアができる!おすすめのボディソープ10選

普段から肌の保湿に気を遣っている女性は多いと思いますが、特に空気が乾燥する冬になると肌の乾燥が気になってしまいますよね。特に肌が乾燥しやすいのがお風呂上がりです。お風呂は気持ちが良く体も温まり血行も良くなりますが、肌が乾燥してしまうのは困ってしまいますよね。

お風呂上がりの乾燥に悩んでいる方は、お風呂で使用するせっけんやボディソープにこだわってみると良いでしょう。また、乾燥を防ぐためにはボディソープの選び方だけでなく、肌を根本的に改善していくということも必要になります。

ここでは、お風呂に入りながら保湿ケアができてしまうおすすめのボディソープ10選に加えて、体の洗い方や適切な温度といった正しい入浴法や乾燥を根本的に解消するための生活習慣などもあわせてご紹介していきます。

ボディソープは乾燥肌用のクリームタイプがおすすめ

乾燥肌とは肌のうるおいと油分が両方とも少ない事により、皮膚がカサついている状態を表しています。肌のうるおいと油分がともに少ないと、乾燥が起因となるしわなどの肌のトラブルも出現しやすくなります。また角質層のうるおいと油分には肌や皮膚を乾燥から保護する役割があり、不足すると肌が敏感に反応してしまうこともあり、敏感肌の原因にもなってしまいます。

すなわち水分と油分が不足気味の状態である乾燥肌は、そのままにしておくと様々な肌のトラブルが起きやすい状態になっているともいえます。乾燥肌で悩んでいる場合は、他の肌のトラブルに陥る前にしっかりと対策して、健康な状態に保つことが重要です。

乾燥肌は肌の表面が乾燥しており水分も油分も足りていない状態ですので水分と油分の補給、すなわち保湿を行い肌を保護することが最も重要なポイントです。スキンケアの特徴を把握し、自分の肌の実態に合わせたスキンケアを行う事が大切です。クレンジングや洗顔には様々な種類がありますので、乾燥肌にあったものを選んだほうが効果的です。

毎日のクレンジングや洗顔には、クリーム・ジェルタイプのボディソープをおすすめします。クリームやジェルの泡によって肌への負担となる摩擦が緩和できるからです。

水分不足も乾燥肌の原因となる

肌の汚れを落とす事を目的に、ボディソープを大量に使ってしまっている人は、肌の状態に合わせて使用量を調節していく事をおすすめします。すでに乾燥肌になってしまっている人が、ボディソープを大量に使用すると、それだけで肌の水分が更に失われてしまう可能性もあるためです。

多少は泡立ちが少ない状態であったとしても、丁寧に肌を洗っておけば毛穴の汚れを落とす事はできます。適量のボディソープを使って肌を綺麗にした後に、しっかりと泡をシャワーなどで洗い落としておくだけで、肌の水分を適量に保っておく事も難しくありません。

体内の水分量が減り過ぎないよう注意する事も重要で、入浴前に水分を補給しておかなければ、浴室で汗を流した際に体内の水分量が不足する場合もあります。どれだけ肌に優しいボディソープを使っていても、体内の水分が不足している状態では乾燥肌を防ぐのは難しいです。定期的な水分補給を心がけながら、肌を優しく洗う事を心がけてください。

化粧を十分に落とせていない女性も、肌が乾燥しやすくなってしまいますから、忙しい時でも化粧お年は丁寧に行う事を推奨します。肌のケアを丁寧に行ってさえいれば、品質の良いボディソープを使うだけで乾燥肌を防ぐ事は簡単です。

健康な肌と乾燥肌

健康な肌と乾燥肌はどこにあるのでしょうか。この違いを把握して、あなた自身がどちらに属しているのかを確認してください。まず、人間の皮膚は3つに分かれます。外側の表皮と言われる箇所は皮脂膜で覆われているのが特徴です。

皮膚が持っている水分が蒸発するのを防いだり、刺激を受けても大丈夫なのは表皮のおかえです。さらに雑菌が肌の奥まで入るのをブロックする働きもあります。健康な肌の人は、この表皮の働きが正常になっています。きちんと肌の水分が保たれているため、乾燥することがありません。

しかしながら乾燥肌の人は、この表皮の水分を保つ働きが弱っているのです。表皮の機能を補ってあげることによって、乾燥肌は正常な状態になります。乾燥が著しく進行すると、粉をふいた状態になります。あなたの肌に触ってみてください。モチモチとした状態になっていれば、十分に皮脂が出ていることになります。

まったくハリがないと、カサカサしてしまいますので触ってみると分かります。乾燥するのは冬が多いと考えがちですが、実は一年中ずっと乾燥している人がいます。これはエアコンの風などによって水分が奪われていることが考えられますので、空調にも注意しましょう。

ボディソープのおすすめ 乾燥肌の人に向いているもの

乾燥肌の人におすすめなボディソープは溜まった角質や毛穴汚れを取り除く洗浄力があって、皮膚を傷付けることがない保湿力があるものです。洗浄力も肌に刺激がある物ではなく弱酸性やアミノ酸系の肌に優しく、保湿力は植物性セラミドが含まれているものを選んでいくのがポイントです。

肌が乾燥するとかゆみが起きます。かゆいからといってそのまま強くかくと肌が赤くなったり、湿疹が出来たりと悪くなります。症状を軽減するにはかゆみに効果的な薬用タイプがよいです。体を洗う洗浄剤は固形石鹸と液体のボディソープがあります。固形石鹸の主な成分は脂肪酸ナトリウムで石鹸成分が液体よりも多く洗浄力は高いです。

配合されている成分で違いはありますが刺激は少なく、泡立ちにくいためネットなどが必要です。シンプルな作りが多くてコスパは良いのも特徴です。ボディソープは主な成分は脂肪酸カリウムで石鹸成分が増えると固まるので洗浄力は低めです。成分で違いはあっても肌への刺激は少なめで、泡立ちは良く泡で出るタイプもあり固形よりは少し高めです。

洗浄力や保湿力も大切ですが、洗浄してからの水分補給と保湿も重要です。体を洗ったあとは充分に化粧水などで水分を補い、クリームなどでしっかりと保湿をします。

せっけんの良い点と悪い点

せっけんといえば一般的には固形せっけんを連想するでしょう。固形せっけんは、脂肪酸カリウムを主成分とするボディソープと違い、脂肪酸ナトリウムを主成分としています。洗浄力を比較すると固形せっけんに軍配が上がります。ボディソープは液体状を維持するため、せっけん成分が全体の3割程度で残りは主に水で出来ているからです。

同じ重さで比較するならば、より多くのせっけんを使っているのが固形せっけんなのです。また、価格も一般的に見れば固形せっけんの方が安く手に入りますし、かさばらないので大量に買い置きできるのもメリットでしょう。ただ、使いやすさではボディソープが勝っています。せっけんを泡立てるためには、専用のネットやボディータオルを使ってこすらなければなりません。

泡立ちやすさもボディソープが上でしょう。最初から泡でポンプから出て来るタイプもあります。また、市販品のレパートリーに置いてもボディソープの方が豊富です。スーパーやドラッグストアの陳列棚を見れば一目瞭然で、より自分に適した香りや成分を探すことが可能です。

これは主に市販されている形態での話で、せっけんも通販を利用すれば同じように豊富な選択肢の中から選ぶことが出来るようになります。

ボディソープのここがおすすめ

ボディソープと石鹸の大きな違いは製品を固めているかいないかです。それによって製造の工程が違います。ボディソープは固める必要がありませんので、様々な成分を混ぜることが可能です。保湿成分や美白成分、そして様々な香料を混ぜて幅広いラインナップを展開することができます。

よって自分に合った商品に出会う可能性が高くなりますし、出会うまで沢山の商品を試すことができます。また、各メーカーさんが沢山のボディソープを開発・販売していますから、商品を探すだけでも楽しく、飽きることがありません。しかし、良い事ばかりではありません。何事もデメリットが付き物です。

様々な成分を配合できるということはその成分が合わない肌質の方もいるということです。なんらかのアレルギー反応を起こす可能性もあります。沢山の製品がある分、自分に合わない成分が何か知っておく必要があります。当たり前のように配合されている香料にアレルギー反応を起こしている方も少なくありません。

また、メーカーさんごとに成分の配合量が違うため、その微妙な分量の差で肌に異常が起きることもあります。ただ無知に消費することはせずに、賢い消費者として常に最新の情報を入手し、肌質ごとのおすすめなどを頭に入れてメリットとデメリットを常に比較してボディソープを購入するようにしましょう。

保湿に役立つボディソープ

近頃では、多くの人が肌の乾燥に悩んでいます。しっとりとした手触りの潤いのある素肌を目指してさまざまな努力や工夫を凝らしているのです。その中でも絶大な信頼を寄せられているのが、保湿効果の高いボディソープです。自分の肌質に合ったものをじっくりと慎重に選ぶことによって、肌荒れなどのトラブルを未然に防ぐことにつながっています。

香りを楽しめる浸透型コラーゲンのソープは肌にツヤと潤いを与えてくれますので、リッチな気分でハリのある美しい肌を手に入れることができると喜ばれているのです。また、着色料や鉱物を一切含まないハチミツやアーモンド入りボディソープは、肌に刺激を与えずに優しく洗い上げて皮脂を取りすぎない点が、大きな魅力となっています。

泡立ちが良いものを求めている人にとっては、液体タイプのボディソープが熱烈な人気を集めているのです。このように、保湿に徹底的にこだわり抜いたボディソープを選ぶことによって、外部からの刺激や空気の乾燥から身を守りいつまでも健康的な素肌をキープすることが可能といえます。

きめの細かい透明感のある若々しい美肌に憧れている女性たちの間では、非常に高い満足度と信頼を誇っているのです。

お肌の保湿には入浴方法も大切

せっかくボディソープでお肌のケアをしても入浴方法が間違っていると乾燥を招いてしまいます。お肌を乾燥から守るためにおすすめの入浴方法をご紹介します。はじめに、ボディソープをスポンジや泡立てネットにつけて、きめ細かいホイップ状になるまで泡立て、泡でなでるように優しく体を洗います。

肌をこすると刺激を与えてしまい乾燥を招くため注意しましょう。洗い終えたら泡を残さないようにかけ湯や弱めのシャワーで流します。シャワーの水流も強すぎると肌への負担になります。最後は、柔らかいタオルで肌をこすらずに優しく水分を吸い取るように拭きましょう。

お風呂の温度や入浴時間も注意するポイントがあります。まず、お風呂の温度は38℃から40℃が理想的です。42℃以上にすると肌から必要な油分が失われ乾燥の原因になります。理想は10分程度で、長風呂することで保湿成分が奪われますし、長時間の入浴後の肌がふやけている状態は刺激を受けやすい状態です。

また、入浴後はすぐに保湿をしましょう。お風呂上がりは肌の表面から水分が蒸発するのとともに乾燥していきます。急激な温度変化も乾燥の原因になるので、暖かい部屋でお肌の保湿をするように心がけましょう。

正しい入浴方法でボディソープの効果をアップ

ボディソープでお肌のケアをしていてもお風呂の入り方を気をつけていないと乾燥の原因になります。まず、お湯の温度は42℃以上にしないようにしましょう。38℃から40℃が理想的で42℃以上になるとお肌に必要な油分まで流れてしまいます。

また、長時間の入浴も避けた方がいいです。長風呂のあとお肌がふやけた状態になっていると思いますが、その状態はお肌のバリア機能が低下している状態ですし、油分も失われています。入浴時間は10分程度をおすすめします。

また、水道水は塩素によって漂白や殺菌が行われていますが、この塩素が残留塩素となってお風呂のお湯の中に存在しています。残留塩素はお肌に刺激を与え肌荒れを引き起こします。塩素はビタミンCが配合された入浴剤を投入することで除去することが可能です。ビタミンCを含むレモン汁やミカンの皮、ゆずなどでも同様の効果を得られます。

「保湿効果」と書かれている入浴剤も色々ありますが、保湿成分が入っていても化学物質はお肌への刺激になる可能性があります。また、お風呂上がりのお肌は乾燥しやすくなっているため、肌のバリア機能が低下し敏感になっています。そこへ化学物質で刺激を与えるのは避けたいところですので、天然成分のものを選ぶようにしましょう。

正しい入浴

正しい入浴をしたあとは、湯上り後の保湿が大切です。ホイップのような泡をつくって体を洗う正しいお風呂を実践したとしても、入浴が終わったあとの保湿の方法を間違ってしまうと元も子もありません。入浴後は、すぐに水分を補給してげてください。そのままにしておくと、身体にある水分が蒸発して乾燥してしまうからです。

水分があるうちに保湿してあげましょう。顔はスキンケアの方法の順番にしたがって載せていってください。身体の保湿は、顔よりも面積が広いので伸びるタイプのものがいいでしょう。まずは自分の肌の合っているのかどうかを試してみることをおすすめします。乾燥が軽い人はローション、乾燥が中くらいの人はクリーム、乾燥がとても強い人はワセリンを使ってみてください。

それぞれを自分の肌の乾燥の度合いによって使い分けると、肌が健康な状態に戻りやすくなります。ボディソープも保湿力の強いものを使ってみると乾燥肌が改善される可能性が高いです。

洗浄力が強いと皮脂がすべて取られてしまいますので、洗浄力よりは保湿力を重視して選びます。ボディソープの商品欄に乾燥肌用と書いてあるものがベストです。入浴後はとにかく、10分以内には保湿しましょう。

ボディソープはスキンケアと相性の良いものを

ボディソープはスキンケアと相性の良いものを選ぶことも大事です。ボディソープは体の汚れを落とすのに必要なものですが、あまりにも刺激の強いものであれば肌を痛めてしまう事もあるものです。また、泡立ちの悪いものであれば肌への滑りが悪かったり、洗い流すときも綺麗にサッパリと洗い流せないような事もあるものです。

ですから、ボディソープを選ぶときは洗い流しやすいものかどうかも注目していくと良いです。洗い流し忘れがあるとそれが肌に残って、刺激となって吹き出物や痒みになってしまうこともあります。場合によっては乾燥してしまう事にもなるでしょう。ですからボディソープは肌荒れにないものを選ぶということが大事です。

また、ボディソープはスキンケアとの相性が良いものを見つけるという事も必要です。洗い流した後、ボディクリームなどをつけて肌がより保湿を感じられるようになれば良いでしょう。

洗った後にクリームなどのスキンケアをつけて肌がしっとりとすればスキンケアとの相性も良いということになりますし、肌への弾力を感じる事が出来れば、アンチエイジングにもなって良いです。洗った後スキンケアで整えるという意味でもスキンケアは相性の良いものを見つけましょう。

乾燥肌にならないために食生活に気をつける

乾燥肌になると痒みがでたりアレルギー性皮膚炎になってしまうこともあるので悩んでいる人も多いです。全身がカサカサして痒いという場合は、身体全体が乾燥している可能性があり、乾燥が原因で痒くなっているケースが多いです。

乾燥肌をケアする方法としては、入浴後のボディケアが大事ですが身体を洗う時のボディソープ選びも気を使うことが大事です。乾燥肌になる原因としては、皮脂の分泌が減少していることが挙げられますが、家庭やオフィスで使用しているエアコンから肌の水分は奪われて乾燥を招くことも多いです。

最近は冬だけでなくオールシーズン乾燥肌に悩まされる人もいます。乾燥肌になる原因として食生活が大きく関係します。特にタンパク質が不足すると角質細胞の生まれ変わりが正常に行われずターンオーバーが遅れがちになります。亜鉛も不足すると肌の健康を維持するのに欠かせません。無理なダイエットをしていると亜鉛を食事から摂取できなくなります。

ビタミン類が不足するとお肌に悪影響があります。特に乾燥肌にとってはビタミンがとても大事になってくるのでしっかりビタミンを摂ることが大事です。ボディソープの選び方も乾燥肌には大事で、できるだけ洗浄力と保湿力に気をつけて選ぶことが大切です。

睡眠不足やストレスも乾燥肌の原因に

保湿タイプのボディソープを使っても肌が乾燥したまま…という方は生活習慣が原因かもしれません。規則正しく生活を送り睡眠時間を確保すると、肌の細胞の生まれ変わりが活発に行われます。ですが、睡眠不足が続くと肌の潤いを保つセラミドが不足し、肌本来のバリア機能も低下してしまいます。

バリア機能が低下している肌はターンオーバーも乱れてまっているため、セラミドが更に不足して乾燥が進む悪循環が生まれて乾燥肌を引き起こしてしまいます。また、ストレスも乾燥肌の原因になります。ストレスを受けると、女性ホルモンの「エストロゲン」が減少してしまい、このエストロゲンは肌を美しく保つために必要なホルモンです。

エストロゲンは肌の潤いを保つ役割も果たしていますが、分泌が減少してしまうと肌の潤いが失われ、乾燥の原因となります。ストレスを受けている状態だとホルモンバランスの乱れだけではなく、新陳代謝も悪くなります。

新陳代謝が悪くなると睡眠不足と同様ターンオーバーが乱れ、肌が乾燥した状態になってしまいます。睡眠不足とストレスはお肌への悪影響しかないため、規則正しい生活を送って十分な睡眠をとり、ストレスを溜め込まないようにすることをおすすめします。

エアコンや寝具も乾燥の原因になり得ます

ボディソープを気をつけても日常の環境が乾燥肌を招いていることもあります。日常的に屋内ではエアコンを使用しているという方も多いと思いますが、エアコンもお肌の乾燥の原因です。お肌だけでなく、喉も乾燥してしまうため風邪やインフルエンザなどの体調不良も招くため乾いた空気は良くありません。

加湿器などを利用して、湿度を50~60%前後で維持すると快適に過ごせるとされています。家庭では加湿器を用意していても、オフィスではエアコンが効いていて乾燥しているという方もいるでしょう。最近では、ペーパータイプで繰り返し使えて気軽に持ち歩ける加湿器もあります。

デザインも色々な種類がありますし、水で濡らして置いておくだけなのでオフィスのデスクに置いても邪魔になりません。お仕事中、乾燥が気になる環境にいるかたは、このような便利グッズもおすすめです。

また、普段着ている衣類や寝具の素材がお肌に刺激を与えて乾燥の原因になっていることがあります。ウールなどはお肌への刺激が強いです。化学繊維も着用した時に摩擦が生じるため、お肌への負担が大きいです。

刺激や負担が強い繊維の着用はなるべく控え、肌触りの良いものを選ぶようにしましょう。お肌への刺激が少ない素材はコットンやシルクです。特にお肌に密着する肌着はこのような素材を選ぶようにしましょう。

ニキビには薬用ボディーソープ

敏感肌の方などは頻繁に肌にニキビや毛穴の炎症を引き起こしてしまう事が多く、特に背中などは角質層が薄くシャンプーやトリートメントの汚れが毛穴を塞ぎやすいため、ニキビが常に出来てしまい困っている方は少なくありません。

市販されているボディソープは洗浄力が高く、香料などの化学成分が配合されていることから、ニキビが出来てデリケートな状態になっている肌に直接使用すると、肌トラブルが悪化してしまう可能性があります。そこでデリケートな肌にも安心して利用することができるのが、薬用ボディソープを利用する方法です。

薬用スキンケアアイテムなので、ニキビの原因となる雑菌などを排除する殺菌効果が高く、アトピー肌などの炎症が起こっている素肌でも使用することができる低刺激タイプなことが大きな特徴があり、赤ちゃんからお年寄りまで安心して利用することが出来ます。

ドラッグストアで手軽に手に入るので普段から継続して利用することが出来ますし、長期間使用することで肌の調子を整えて健やかな肌質を取り戻すことが可能です。使用する際には泡立てネットを利用し、ボディソープをしっかり泡立ててから手のひらで優しく撫でるようにケアをすると刺激を与えません。