きのこの成分でダイエット!夕食にきのこを使って内臓脂肪を燃焼させよう

食物繊維が豊富で身体の腸内環境を整えてくれるきのこは、ダイエットを行っている方に最適な食材だと言えます。葉物野菜やお肉と比べて手頃な価格で購入出来る点もポイントです。

ここでは代表的なきのこ4種類(しいたけ・なめこ・しめじ・エノキ)の価格やダイエットに向いている理由、キノコキトサンの効能について紹介していきます。また、おすすめの料理法についてもいくつか紹介します。

きのこダイエットは、短期間で体重を落とすのではなくある程度の期間をかけて理想の体重を手に入れるタイプのダイエットです。無理のないダイエットを行いたい方は、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。内臓脂肪を燃焼させて、健康的に痩せる事が出来ます。

きのこダイエットと買い物

きのこダイエットを行っている時には、こまめに買い物に行って食材を買いに行く必要があります。種類が多く販売されていることから、選ぶ前に迷ったことがある経験のある人もいるのではないでしょうか。

きのこダイエットをする時には、様々な種類の食材を食べると栄養のバランスを取りやすくなります。一般的には、しいたけやなめこを始めとして、しめじやエノキが好まれることがしばしばあります。それらの品物はスーパーマーケットや八百屋に販売されています。たくさんの人に愛用されて消費されることからも、多くのお店で品揃えがきちんとされていることが多いです。売り切れていることもほとんどないため、心配する必要はありません。また、コンビニの一部でも、きのこ類を販売している場所も少なくありません。

忙しくて実際にお店に買いに行くことができないという場合には、オンラインショッピングを利用することも可能です。自宅や好きな場所から好きな時間に買い物をできるため、きのこダイエットをしている人の間でも利用されていることがしばしばあります。オンラインで買い物をすると、希望する日時に自宅に商品を届けてもらうことができるため、きのこダイエットに気軽に専念できるようになります。

きのこダイエットってどんなもの?

キノコダイエットというダイエット方法はご存知でしょうか?実はきのこに含まれているキノコキトサンをという成分はダイエットに大きな効果を発揮します。そのダイエット方法としましては、キノコを夜に200gぐらい料理に使用して食べることで脂肪を燃焼して体重を減らすことができます。また、キノコキトサンは冷凍することでさらに増やすことができます。そしてキノコの中でも、キノコキトサンを多く含んでいるのが「えのきだけ」です。

値段も安くて、量も多く、お財布にも優しいです。そのえのきだけを小さく切って冷凍し、お味噌汁やお吸い物に入れれば、腹持ちも良くてお米を食べる量も自然と減っていくでしょう。そしてキノコキトサンの効果によって血液はサラサラになるし、老廃物も排出するので健康にも非常にいいですし、口臭も予防します。きのこは様々な種類があるので、日によってキノコの種類を変えるのも良いでしょう。

ちなみにシイタケにもキノコキトサンが豊富に含まれています。冷凍すれば腐らないのでいつでも料理に使うことができるので便利だし、味もさっぱりしています。なので気軽に食べることもできます。運動をあまりしていない人や、ついつい多く食べてしまう人はキノコダイエットを試してみてはいかがでしょうか?

きのこを食べてダイエット

キノコはカロリーが少ないだけでなく、キノコキトサンというダイエット成分が含有されています。このキノコキトサンには内臓脂肪を燃焼させる効果があると言われている他、脂肪を排出する働きも兼ね備えています。1日に300グラムのきのこを8週間食べる実験では、内臓脂肪が50パーセント減少しているとのことです。白飯が100グラムで168キロカロリーですが、キノコは20キロカロリーしかありません。

ごはんと比べても低カロリーだということがはっきりと分かります。きのこはその他にも、においの消臭や美肌効果も期待できます。では、どのようにしてきのこを食べればよいのでしょうか。おすすめなのは、お鍋に入れて食べることです。お汁ときのこはとてもよく合うので美味しくいただくことができます。腹もちがいいので満腹感も得られるでしょう。

その結果、カロリーの高いごはんを食べる量を減らすことができ、一石二鳥でダイエット効果になるのです。夕飯としてきのこを食べると、次の日の朝、腸が良く動いて便秘が解消されたという報告があります。便秘が治ると体内の毒素も外に輩出されるため、特に運動をしていなくてもダイエットができ、肌も美しくなったということです。

酵素の一つ

きのこダイエットで非常に重要な成分のキノコキトサン。何となくこれのおかげで痩せられると想像が付くかもしれませんが、キノコキトサンとは何なのか詳しく説明できる人は少ないでしょう。一体何なのでしょうか。

キノコキトサンとはキノコ由来の植物性キトサン、β-グルカン、複合糖質などで構成される複合食物繊維のことで酵素の一種です。植物性キトサンとβ-グルカンが食物中の脂肪分を吸着、複合糖質が体の脂肪細胞を活性化して、脂肪燃焼を促進します。そのため代謝が上がってダイエット、内臓脂肪・体脂肪対策に効果的な成分なのです。

キトサンと混同しがちですが、こちらはエビの殻やカニの甲羅に含まれる多糖類の一種で、動物性の食物繊維で、脂肪分の排泄を促す効果が期待できます。
キノコキトサンのみ摂取したいなら成分を凝縮したサプリが販売されているので、それを利用してもいいかもしれません。

毎日きのこ料理を食べ続けるのがつらい場合、たまにはサプリで済ますというのもアリですし、そもそもきのこが苦手な方はサプリであれば苦なく飲用できるはずです。ただ、サプリはあくまで日常で摂りにくい成分の補助が目的です。サプリありきの食生活は間違いなので、できるだけきのこ本体から摂取するように心がけましょう。

きのこを食べて健康的にダイエット

キトサンというとカニなどの甲殻類を思い起こしますが、実はきのこにもキトサンは含まれています。キトサンは多糖類の一種、グルコサミンのことです。きのこはダイエットに効果があるといわれていますが、ダイエットだけではなく、血圧やコレステロール値をコントロールしたり、腸内環境を整える効果もあります。また、免疫機能を高め生体機能を維持したりする作用があります。
その他、ガン細胞への働きや抗がん剤を包みこんで徐々に放出する作用があり、抗がん剤の副作用に効果があるといわれています。

化学物質を吸着して体外へ排出するデトックス効果が高いという特徴があり、脂質や塩分の排出を促し食物繊維の中でもプラスイオンを持つ動物性食物繊維です。きのこは組合わせ自由な食品ですので、毎日の食事に幅広く利用して健康的なダイエットに活用出来ます。脳の神経伝達物質にも影響を与え、情緒を安定させ睡眠や衝動を適切にコントロールする作用もあるので、毎日取り入れたい食品のひとつです。

特に、冬場のダイエットは免疫が下がると風邪をひいたりしやすいので、きのこをとって免疫を上げて健康的に乗りきりたいものです。腸内環境を整えてくれるので便秘がちの人にもおすすめの食品です。

キノコキトサンのおかげ

きのこを食べると内臓脂肪を燃焼しやすくなると言われています。きのこというと美味しいのに低カロリーだから、ダイエット中の空腹感を紛らわすために食べる物と思われがちですが、実は内臓脂肪の燃焼を助ける効果がある事がわかってきました。きのこにはキノコキトサンという成分が含まれていますが、これが内臓脂肪の燃焼を助けてくれるというのです。ちょっと前にキトサンのサプリが流行ったことを覚えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

こちらはエビやカニの殻などから抽出される成分で脂肪を包んで体外に排泄させる効果が知られていましたが、キノコキトサンはこの脂肪を排泄させる効果だけでなく、今体の中に付いている内臓脂肪にアプローチする事もわかってきました。内臓脂肪が多めの54人を対象にした実験では8週間で50%も内臓脂肪面積が減少した方もいたそうです。

皮下脂肪と違って内臓脂肪は食生活の改善などで比較的落としやすいと言われていますが、そうはいっても献立の見直しはなかなか難しいところ。そこで利用したいのがきのこなのです。スーパーで一年中安価で入手できますし、どんな料理にも合わせやすいので簡単に毎日の食卓に上がりやすいです。

そのまま食べるだけではもったいない

食卓にも上がりやすいきのこの一つのエノキ。ダイエット効果はそのかさまし作用だけからではありません。脂肪を燃焼させつつ代謝をアップできるような成分が含まれているのです。そんなエノキの有効活用法をいくつかご紹介します。

まずはサラダです。蒸したエノキをサラダの具として食べてもいいですが、ダイエットしたいならペースト状です。ペースト状にすることで栄養が溶け出し体内に吸収されやすくなりますし、加熱によってダイエットと栄養効果がさらに高まるのです。エノキをペースト状にしてからフライパンで加熱し、オリーブオイルと黒コショウで味を調えれば特性エノキドレッシングの完成です。ささみや鶏むね肉などヘルシーなサラダにこのエノキペーストドレッシングをかけて食べるといいでしょう。

エノキ氷もおすすめです。エノキと同量の水を入れミキサーなどでペースト状にし、それを鍋に入れて沸騰寸前まで加熱、その後保温状態の炊飯器に入れて1時間放置、冷めたら製氷皿に入れて凍らします。スープやみそ汁などに入れるだけで風味がアップするのと同時にダイエット効果が得られます。この過程が面倒なら、そのまま冷凍庫で凍らすだけでも大丈夫です。細胞壁が壊れることで、成分が身体に吸収されやすくなります。

ダイエット中に必要な栄養素が豊富

シイタケは炒め物や煮物、天ぷらやそのまま焼いて食べたりと色々な食べ方ができるきのこです。一年中比較的安価な値段で入手できると手に入りやすいですし、味も美味しい、もちろん低カロリーということがダイエットに向いていると思っていませんか。確かにきのこなので低カロリー、つまりたくさん食べても太りにくいわけですが、実はそれ以外にもダイエットに向いている理由があるのです。

それはミネラルが豊富ということです。ダイエット中はどうしても栄養が不足しがちになり、体重は減って理想の体型に近づいても、お肌がかさついたり髪がパサついたりなど美容面でのトラブルが起きやすくなります。美しくなるためのダイエットですから、それでは意味がありません。シイタケには免疫力アップ効果のあるβ-Dグルカン、がん細胞のぞうしょくを抑制するレンチナンと言う栄養成分が含まれています。

免疫力が上がれば風邪もひきにくくなりますし、ケガをしても早期回復が見込めるのです。また骨粗しょう症予防にシイタケは効果があると言われています。シイタケを食べる前に30分から1時間天日干しすることでビタミンDが倍増すると言われています。カルシウムの入った食材と一緒に摂取するといいでしょう。

きのこでおいしくダイエット

なめこのぬめりパワーは他のどのきのこよ類よりも栄養価が高くダイエットに効果を発揮すると考えられています。なめこはお味噌汁や何を作ってもおいしく食べられるので、食べておいしく痩せられるのは最高だと最近密かなブームとなっています。なめこのぬめり成分は「ムチン」「ペクチン」と呼ばれ、体内の粘膜を保護したり、疲労回復、消化吸収を高める働き、老化予防などの働きがあります。

そしてムチン・ペクチンと並んでダイエット効果で注目できるのは「パントテン酸」です。なめこはきのこ類の中ではパントテン酸が比較的多く含まれています。一番大事なのはダイエット効果のある「ムチン」を体内に無駄なく取り込むことです。ムチンはペクチンとともに、コレステロール値改善や血糖値の上昇をゆるやかにし、肥満を防止します。ムチンを効果的にとるためには丸ごと食べてしまうのがおすすめです。

ほとんどのなめこは栽培きのこなので生食できなくもないですが安全のためにも最大限水洗いをして、なめこをさっとゆでた後お醤油やポン酢をかけて食べるのが一番効果的です。また、調理する場合はきのこ類の甘み成分の素であるグルタミン酸は加熱することで甘みが増しますが、なめこの栄養を壊しかねないので調理するのであればぬめりが取れないよう焼きすぎ、茹ですぎに注意しましょう。

しめじはダイエットの強い味方

きのこがダイエットに有効とされる理由としては、きのこに含まれている栄養分に効果的な成分が多いことが挙げられます。食物繊維が豊富に含まれているので、腸の働きを活発にして便通を良くしてくれます。きのこに含まれている食物繊維には不溶性のものが多いということが判明している為、体内の有害物質を絡めとり体外へと排出する効果も期待できます。

そんなきのこの中でも、しめじには肥満防止効果のあるビタミンB2が豊富に含まれていて、脂肪の代謝をサポートしてくれるのでダイエットに向いています。さらに、しめじに含まれるレクチンという成分には、食欲を抑えて暴食を予防する効果があります。このレクチンの働きが、ダイエット中の食事制限に役立つのです。

また、しめじにはアルコールの分解で有名なオルニチンが、しじみの5~7倍も含まれているという特徴もあります。このオルニチンはアルコールの分解だけでなく、脂肪を燃焼させる効果もある為、ダイエットの強い味方となってくれます。しめじは100gあたり約18kcalと低カロリーで食物繊維が豊富に含まれていて、脂肪を燃焼させる成分や食欲を抑える成分が含まれているので、ダイエットに適している食品であると言えます。

茹でたり蒸したり

きのこを食するだけで痩せられるきのこダイエット。きのこの種類は沢山ありますが、効率よく食べたい所です。どんなメニューがいいのでしょうか。まず大原則として揚げ物はNGです。いくら低カロリーとは言っても油で揚げることで油の分のカロリーが追加されてしまいますのでダイエット中には避けた方がいいです。もちろん絶対に駄目という訳ではなく、たまに食する分には問題ないですが、毎日天ぷらやフライは避ける事です。

効率よく食べるには蒸すのがベストです。茹でるのと似ていますが蒸す方が絶対お勧め。というのは茹でてしまうとせっかくの成分が茹でたお湯の中に流れ出てしまってもったいないからです。蒸す方法は蒸気でじんわりと温めて火を通す方法なので成分が流れ出ることはありません。蒸したきのこをそのまま食べるのがベストですが、味気ないので塩やポン酢で美味しく頂きましょう。

ただ、塩分の摂り過ぎはむくみの原因に、ポン酢は意外と糖分が高いので味の付けすぎには注意です。蒸し器がないなら電子レンジでチンすると蒸した状態とほぼ同じになります。蒸したきのこをサラダに乗せたヘルシーなサラダもいいでしょう。エクストラバージンオリーブオイルをかけて食べると、オリーブオイルの美容効果も得られてダイエットと美容に一石二鳥です。

栄養バランスを考えて

きのこダイエットにも注意点がいくつかあります。まずは食べ過ぎないことです。低カロリーで体に良いビタミンなどが豊富だから好きなだけ食べていいと食べ過ぎるのはNGです。カロリー過多になるからではなく、豊富な食物繊維のせいで下痢をする恐れがあるからです。1日200gを上限に食べるといいでしょう。

また、早く痩せたいからときのこばかりの食生活にするのは大変危険です。食事の量を減らせば痩せますが、代謝が落ちてどんどん痩せにくい体質になります。きのこはビタミンやミネラルが豊富ですが、たんぱく質や糖分など生きていく上で欠かせない成分が圧倒的に不足しています。偏った食生活はリバウンドを招くだけでなく、健康にも悪影響を及ぼす恐れがあるため、他の物もきちんと食べてきのこも追加という食生活にしましょう。

それと睡眠や運動などの生活習慣も大事です。いくら三食栄養バランスよく食べていても、夜遅くまで起きていて十分な睡眠がとれていなかったり、ほとんど運動できていなかったりするとせっかくのきのこのダイエット効果も期待しにくいです。できるだけ寝られる時は寝るとか、エスカレーターではなく階段にするとか立って化粧をするなど生活習慣の中にとり入れるといいかもしれません。

きのこダイエットはこんな人におすすめ

夕食メニューにきのこを取り入れて健康的な食生活をすることで、内臓脂肪の燃焼効果のアップが期待できるきのこダイエットは、無理な食事制限をすることなく、適量の美味しい食事を摂りながら痩せることを目指す人におすすめのダイエット法です。

脂肪の排出や内臓脂肪の減少に期待ができる成分・「キノコキトサン」が入っているのに加えて、もともとカロリーが低いため料理に使うと、少ないカロリーでもたくさんの量を食べられるきのこは、ダイエット中でも比較的罪悪感なく食べることができる食材です。

えのきやしいたけ・エリンギなどをスープ・味噌汁などの汁物や炊き込みご飯をはじめ、炒め物・和え物などにまでほとんど何にでも使えるので、簡単に普段のメニューに取り入れたり、材料の置き換えもしやすいので自炊して食生活の改善をしたい人にも向いているでしょう。

また食物繊維が豊富なため少ない量でも満腹感が得られやすいきのこは、便秘の改善が期待できる食材でもあります。そのため便秘がちなため下腹もぽっこりしているという人も、このきのこダイエットを取り入れて食生活の質を改善するだけで自然にお通じのリズムが整い、お腹周りもスッキリする可能性があります。

きのこダイエット

きのこダイエットをして結果が出るまでには人それぞれ差はありますが、きのこ自体のカロリーは低いので、続けている事で必ず結果は出てきます。かかる時間としてはきのこダイエットを毎食行っているのか、もしくは1日1食をきのこダイエットとして食べているのかによっても変わってきます。

毎食の場合であれば、ほとんどカロリーを摂取していませんし、食物繊維が多く含まれているので、便通も良くなり、短期間で結果を出すことが出来るはずです。効果を実感するまでに1ヶ月もかからないでしょう。1日1食の場合では、直ぐに交換を実感するのは難しいかもしれませんが、半年以内には何かしらの結果を出す事が可能なはずです。

きのこダイエットはカロリーを抑えてくれますし、体の中から綺麗にしてくれるので、時間がかかっても続けて行うようにして下さい。結果がすぐに出したい場合には毎食食べる様にしましょう。毎食食べる事ができれば、どんなに結果が出るのが遅い方であっても1ヶ月はかかりません。

早い方なら1週間以内には身体の変化や体重の変化を感じる事が出来るはずです。どれくらいの時間で結果が出ているのか知るためには毎日体重計に乗ってデータをとるようにして下さい。

美味しくキノコダイエットを続けるには

しいたけやなめこ・しめじ・エノキなど、きのこの種類はたくさんあり、それぞれ色々な調理方法で使うことができるため豊富なバリエーションの料理を作ることができます。

内臓脂肪を燃焼しやすくするこれらがダイエットに効果的だと分かっていても、毎日の夕食がきのこ料理だと飽きてしまいそうに思う人もいるかもしれませんが、毎日同じ食材・同じメニューを食べ続けるのではないためメニューを工夫すれば続けられるでしょう。

味噌汁やスープ・また鍋物の具としてはもちろん、ご飯と一緒に炊き込んでもキノコキトサンと食物繊維たっぷりのきのこを汁まで美味しくいただけるほか、お腹に溜まるのでお米の食べすぎ防止にもなりダイエットに役立ちます。また野菜と一緒に中華風に炒めたり、豆腐と一緒にマーボー豆腐にしても味わい深い料理になり良く合うほか、ホイルで包んで加熱すれば気になる油分もひかえめにできるシンプルな蒸し物になります。

シャキシャキとしたきのこならではの歯ごたえを楽しみ、良く噛んで食べればダイエット中の食事でも満足感が増すでしょう。1パックで大体200グラム前後のいろいろなきのこを、その日によってさまざまな料理に使ったり、何種類かを毎日少しずつ食べる方法でも摂れるので、美味しく無理せずに食べ続けることができます。