しみの改善にお役立ち!おすすめの食べ物・飲み物・サプリ

しみを改善したい!これ以上増やしたくない!そんな女性におすすめな食べ物、飲み物、サプリ、ビタミンCについての情報をまとめました。また、アルコールの摂取について気を付けるべき点も書いています。

身体の中からもしみ改善

加齢によって増えてくる肌のしみ。各化粧品会社からも数々の対策化粧品がでています。日本人にとって白くてむらのない肌は美人の条件ともいわれるくらい大事なポイントです。しみの原因はたくさんありますが、最も大きく影響するのが紫外線です。紫外線に長時間肌がさらされると、肌を守ろうとメラニン色素が活発に働き、新陳代謝がおろそかになる年齢になるとしみとして肌表面にあらわれてきます。

このとき、メラニン色素を肌に残さないために役立つのがビタミンCだといわれています。気になる部分に塗布するタイプの化粧品も有効ですが、内服タイプのサプリメントや日々の食事で意識してとることでも効果が期待できます。しかし、喫煙をするとこのビタミンCが大量に失われてしまいます。

しみの改善には禁煙は大変有効です。他のビタミンやミネラル、亜鉛など、肌を健康に保つ栄養素をバランスよくとること、睡眠をしっかりとりストレスをためないことなども美容と健康を維持するうえで大切なことです。

新陳代謝を正常に保つこと、肌のターンオーバーを正常に保つことを心得ることで、できてしまったしみでも改善することがあります。諦めないで毎日実践することが重要です。

しみにおすすめな、飲み薬があります

しみ、しわは、年齢と共に必ず出来る肌トラブルです。紫外線を浴びる事によって、皮膚がたるみ肌が衰えていきます。しみ、しわを防ぐには、できるだけ紫外線を避ける、肌を保護する必要があります。太陽に当たる前に、日焼け止めを塗る、当たった後ケアするなど肌を癒す事が大事です。

しかし、しみは、紫外線だけが原因ではなく体調不良、ストレス、睡眠不足、ニキビなど様々と言えます。外部から表れるケースと皮膚の下から表れるなど、自分のタイプを知る事で対処法が分かります。例えば、しみに効く医薬品も多くあり塗り薬、飲み薬、貼り薬などが存在します。効果的な化粧品もありますが、おすすめとして飲み薬が挙げられます。

飲み薬では、体の中から消していく作用があり成分も豊富に含まれています。ビタミン、ミネラル、アミノ酸、コラーゲンなどは、肌トラブルに良く浸透していきます。飲み薬は、気軽に使用できる医薬品になり薬局で購入できます。錠剤を一日、2、3回服用するだけで少しずつ肌がきれいになっていきます。

ビタミン、ミネラルが多く含まっている商品は、カサカサを防ぎ潤い、ツヤを与えてくれます。シミ予防、そばかす、日やけケアなど、効能が多いのも魅力になるのでおすすめです。

しみ予防に効く食べ物

しみに効く栄養素としてもっとも有名なのがビタミンCです。ビタミンCは果物や緑黄色野菜に豊富に含まれています。ブロッコリー・ピーマン・トマト・キウイフルーツ・レモンなどの食べ物を取り入れると効率良く摂取することができます。

アンチエイジング対策に有効なビタミンEも、しみ対策に効きます。抗酸化作用に優れ、肌の代謝を促進させます。食べ物では、ナッツ類や植物油、うなぎなどに多く含まれています。緑黄色野菜に含まれるベータカロテンもしみに有効です。紫外線による肌のダメージを修復してくれたり、メラニンの生成を抑えてくれます。色の濃い野菜を積極的に摂取すれば、必要量を確保することは難しくありません。

食べ物としては、モロヘイヤ・小松菜・人参などがあります。美容に良いビタミンB6とB2を含み、抗酸化作用にも含まれているのはバナナです。食物繊維も含まれていますので、お通じを整えるのにも役立ちます。

バナナはおやつとしても取り入れることができますし、値段も安価ですので、摂取しやすい食材だといえます。食べ物からしみのケアを行えば、効率良く予防も行えます。しみはできてしまってから改善するよりも、予防の方がはるかに楽です。

しみに効く飲み物とは

しみには外側からと内側から両方からのケアが必要です。内側からのケアを行う場合には、食べ物や飲み物を利用します。飲み物でシミケアを行う時には、人参ジュースがおすすめです。人参にはベータカロテンが豊富に含まれており、優れた抗酸化作用を期待することができます。抗酸化作用の働きにより、紫外線のダメージを帳消しにできたり、しみやしわを効率良く防ぐことができます。

1日の摂取目安量は、中くらいの人参を1本ほどですので無理な量ではありません。人参に含まれるビタミンAには肌のターンオーバーを正常化させる働きもありますので、肌細胞に蓄積されたメラニンを排出することができます。

また、しみにはハトムギ茶も効果的です。ハトムギは美白用化粧品によく利用される成分ですが、お茶として飲むことで皮膚の新陳代謝を促進させて、メラニンを含む肌細胞の排出を早めることができます。皮膚の生まれ変わりが活発になりますので、予防にも効果的です。新陳代謝が良くなると、しみ以外の肌トラブルも起こしづらくなります。

健康な素肌を維持しやすくなりますので、日々のケアに取り入れたいところです。ハトムギ茶は苦味が気になる商品もありますので、飲みやすいものを見つけることも大切です。

しみの解消にはハトムギを摂取するのが有効!

しみの原因となるメラニン色素は皮膚の奥のほうにできますが、新しい皮膚の細胞がつくられるたびに外側にどんどん押し出されていき、最終的に垢として排出されるため、やがて肌は元のキレイな状態に戻ります。
しかし、こうした皮膚の生まれ変わりのサイクルが遅くなると、メラニン色素の排出が滞りがちになるため、しみがいくつも肌に残ったままになってしまいます。

イネ科の植物であるハトムギには、細胞の代謝をスムーズにするビタミンB群や肌をつくる材料となる良質なたんぱく質、血流の安定に不可欠な鉄・カルシウムなどのミネラルが豊富に含まれており、皮膚の新陳代謝を活発にして皮膚の生まれ変わりを促進する作用があるので、積極的に摂取することでメラニン色素の排出をスムーズにしてしみを改善する効果が期待できます。

ハトムギはお茶で摂取するのが一般的ですが、しみの改善には種子に含まれる豊富な栄養素も一緒に摂るのが効果的なので、できれば生のハトムギを調理してまるごと食べましょう。また、ハトムギの皮を取り除いた種子の部分は漢方ではヨクイニンとも呼ばれており、現在ではヨクイニンを効率よく摂れる錠剤タイプの漢方薬もドラッグストアなどで市販されているので、忙しい方にお勧めです。

ヨクイニンの漢方薬は第三種医薬品なので、用法・用量を守って正しく利用し、妊娠中の方や持病のある方は主治医に相談の上で利用しましょう。

しみの改善に効果的なお茶

しみの改善に効果的なお茶には色々なものがあります。美白で有名なハイビスカスティーにはビタミンCが豊富に含まれており、しみの予防にとても効果的です。酸味のある独特の味が特徴的であり、疲労回復にも役立ちます。同じくビタミンCが豊富に含まれているお茶としては、ローズヒップティーも有名です。紫外線を多く浴びる季節には、普段飲むお茶として取り入れるとお肌の回復に役立ちます。

また、抗酸化作用に優れたハトムギ茶も効果的です。ハトムギは美白で有名な成分であり、多くの化粧品に取り入れられています。それをお茶として飲むことで体内から美白ケアを行うことができます。新陳代謝を改善する働きもありますので、肌荒れにもよく効きます。

代謝が良くなると古い細胞がはがれ落ちやすくなりますので、生まれ変わりが促進されてメラニンを含む肌細胞がいつまでも留まることがなくなります。食物繊維が豊富に含まれているごぼう茶もしみ対策に有効です。

ビタミンCの働きによって、肌を健やかに保つことができます。アンチエイジング対策として取り入れている人も多いようです。このように、お肌に良い成分は食べ物からだけでなく飲み物からでも効率良く摂取することができます。

アルコールもしみの原因に

食生活が乱れている人や偏食の人はしみができやすいので注意が必要です。新しい肌細胞を活発に生成するためには、バランスのとれた食生活を送ることが重要です。食生活が乱れると肌細胞の活動に必要な栄養素が供給されなくなり、ターンオーバーが遅れがちになります。ターンオーバーが遅れるとメラニンを含む細胞がいつまでも残ってしまいますので、しみのリスクが大きくなります。

飲酒の習慣がある人も、過度な飲酒はしみの要因になりますので気をつけなければなりません。アルコールを摂り過ぎると体内に活性酸素が発生し、肌トラブルを引き起こします。アルコールを摂ることをストレス発散の材料としている人もいますが、飲み過ぎには様々なリスクが伴います。

活性酸素の増加は、メラニンの生成量を増やしたり、メラニンを含む肌細胞の排出がスムーズに行われなくなったりします。アルコールの摂り過ぎは内臓にも負担をかけますから、体のことを考えても望ましくありません。

アルコールと同様に、刺激の強いものは活性酸素を増やす危険性があります。日頃から好んで摂取している人でも、量を控えたり、刺激の少ないものにかえるなどの工夫が必要です。食べ物から改善することができれば、予防へとつながります。

しみに効果的なサプリ

お肌にできたしみを緩和することが期待できる成分としては、ビタミンAがあります。すでにできてしまった色素沈着を薄くしたり、予防にもつながります。老化予防にも効果的です。また、ビタミンB2は、粘膜の保護や皮膚を健やかに保つのに有効な成分ですので、合わせて摂取することをおすすめします。

そして、ビタミンCはメラニンの生成を抑える作用や、抗酸化作用が期待でき、美白に働きかけることができます。その他、コラーゲンは、お肌の代謝を促すことができるため、ターンオーバーを正常に導く作用も期待できます。古くなった皮膚を排出することで、色素沈着する前にお肌を生まれ変わらせる作用が期待できます。

これらの栄養素は、食事からも摂取することができますが、サプリメントからも摂取することができます。しみ対策用のサプリメントもあり、効果的な成分が配合されているので、是非試してみてはいかがでしょうか。

皮膚の代謝を促すLシステインは、ビタミンCと共に摂取することでより効果を発揮しますので、合わせて摂取すると良いでしょう。サプリメントは薬ではないため、即効性はないのが通常ですが、続けることによって効果を実感することが期待できます。

しみ改善にはビタミンCと水分が必要

年を取ると様々な肌トラブルは生じます。特にしわやしみ、たるみは女性にとって大変な問題です。高いクリームを購入したり、フェイシャルエステに行く方もいらっしゃいますが、一番重要なのは日々のお手入れです。しみに効果的なスキンケアの方法は2つあります。

1つは化粧品、もう1つは水分摂取です。しみに効果的な化粧品はビタミンC誘導体が入った化粧品です。ビタミンCにはメラニン色素を還元する力があります。メラニン色素が角質に溜まって、それが何層にも重なることでしみが濃くなってしまいます。ビタミンCを肌になじませることでメラニンを分解してくれます。

もう1つの水分摂取は一日2リットル以上の水が必要です。水分を摂取することで新陳代謝が活発になります。すると肌のターンオーバーも正常になり、古い角質が剥がれ新しい角質に生まれ変わります。そうすることでしみがどんどん薄くなります。

また水分を摂取することでビタミンCも吸収しやすくなるので一石二鳥です。肌の細胞にも水分が行き渡るので、美白の効果だけでなく美肌効果やアンチエイジングの効果にもつながります。水分は2リットルと聞くと多く感じますが、一時間にコップ1杯飲むだけでも2リットル以上飲むことができます。トイレや入浴後、食事中なども意識して水を飲むようにしましょう。