じゃばらジュースで花粉症改善!?

花粉の飛び交う季節になると花粉症で悩まされているという方、じゃばらジュースを試してみませんか。

薬と違って眠くなるといった副作用もありませんし、自然由来の飲み物なので安心して続けることができるでしょう。

「じゃばら」は柑橘類です

じゃばらジュースに使われる「じゃばら」。ゆずやすだちと同じく柑橘類です。「邪気を払う」から「じゃばら」という名になっています。

スーパーなどで見かけたことはないはずです。じゃばらは和歌山県北山村周辺地域が生産地。ゆずなどの交雑種からこの地域の気候にあった種が定着し、生まれたものです。この地域でしか作られないため生産量はほんのわずか。

北山村ではお正月料理に欠かすことができない身近なものながらも、全国的に見ると大変に希少価値の高い柑橘類なのです。

そして今、このじゃばらの果汁が花粉症に効果的であることが分かり、マスコミによってテレビ放映されたことで人気となり、更に手に入れるのが困難な柑橘類となっています。

じゃばら果実の栄養は?

ゆずよりも果汁豊富でゆずに似たすがすがしい香り。酸っぱくて後味には少し苦味を感じるという、いわゆる柑橘類独特の味です。種がほとんどないのが特徴で幻の果実とも呼ばれているじゃばら。その栄養成分としてはビタミンAやCがとにかく豊富です。カリウムやカルシウム・リンなどのミネラルも複数含まれています。

北山村の人々はお正月に口にすることで前年の疲れを癒し、新しい年の英気を養っていたのでしょう。これらの成分は粘膜やお肌を健康に保つ・骨や歯や筋肉の機能を維持するのに大切な役割を果たしてくれます。

そして、花粉症予防に関係すると言えば、「ナルリチン」という成分です。岐阜大学医学部の調査により抗アレルギー作用を持つことが分かったのです。

抗アレルギー作用の「ナリルチン」が豊富!

じゃばらには、フラボノイドの一種であるナリルチンという成分が、他の柑橘類に比べて非常に多く含有されています。このナリルチンがIgE抗体の産出を抑えてくれたり、マスト細胞からヒスタミンが放出するのを抑えてくれたりするのです。

花粉症だけでなくアトピー性皮膚炎の抑制効果も期待できるとされています。とはいえ、ナリルチンについては現在もまだ研究段階です。まだまだ注目を集めている成分というわけです。そんなナリルチンが多く含まれたじゃばら。

ジュース以外にもポン酢に入れたり飴にしたりとさまざまな商品が出てきています。北山村でしか作られていないじゃばらですがインターネット経由でじゃばら商品を手に入れることは可能です。

花粉症のメカニズムをおさらいしましょう

花粉が体内に入ると異物に対抗しようとIgE抗体が作られます。IgE抗体ができた後に再び花粉が体内に入ってくると、鼻や目の粘膜にある肥満細胞の表面にある抗体と結合します。その結合の刺激でヒスタミンなどの化学物質が分泌され、くしゃみや鼻水・涙などで花粉を体外に出すよう防御することになるのです。

異物を追い出すのは必要な体の働きですが、それが過ぎると日常生活を送るのも大変です。じゃばらを取ることでIgE抗体自体を作るのが抑えられ、ヒスタミン分泌も抑えられることで鼻水や涙などの防御活動・いわゆる花粉症の症状が緩やかになり、楽になるということです。

アトピー性皮膚炎も、体が異常に反応しすぎているという点では同じです。

モニターテストで実証!花粉症への効果

和歌山県北山村の特産品として売り出そうと思ったけれどそれほど人気が出なかったじゃばら。そんなじゃばらい花粉症抑制効果があるというのは口コミで広がっていきました。それを科学的・医学的に証明しようとしたのが岐阜大学です。

まだまだ研究中とはいえ、花粉症への効果についてはモニターテストで実証済みです。花粉症を発症している男女15人に2週間以上続けて飲用させたところ、確実にくしゃみや目のかゆみ・涙目など症状が軽くなったのです。

マスコミにも発表され、薬を使わない花粉症の効果ある対処法として今や多くの人々が注目しています。北山村が過疎化対策として8年の期間を費やして生まれたじゃばらですが、大成功に終わったのです。

じゃばらの効果的な摂り方

果汁がたっぷりのじゃばら。ゆずやすだちのように絞って使ってもいいでしょう。果汁100パーセントジュースも販売されています。ただし、ナリルチンは果汁よりも果皮の方が多く、6倍以上と言われています。そのため生のじゃばらを手に入れて、果皮まで食べたほうがより効果的です。

とはいえ、果皮にはリモネンも含まれています。これはアレルギー誘発成分に変わりやすい成分のため、食べ過ぎるとナリルチンの効果が薄まってしまう危険性も。となると、果汁を利用した方が安心です。

果汁も5mlを朝晩2回摂取する程度で十分効果は出てきます。そのままだと酸味が強いので、薄めたりハチミツを入れて飲みやすくして服用するようにしてください。

酸っぱいじゃばらジュースのお勧めの飲み方

果汁100パーセントの原液のままだと酸っぱすぎるじゃばらジュース。水に溶かして飲むのがおすすめです。水だけでなくお湯や炭酸水などその時々でバリエーションを替えてみるといいでしょう。ヨーグルトに混ぜても使えそうです。酸っぱさをそのまま生かして、お酢の代わりにポン酢やドレッシングに活用してみてもいいのです。

とにかく継続して飲み続けるのがおすすめです。飽きが来ないようにいろいろと試してみてください。酸っぱさを軽減するために甘味を加えるのもいいですが、はちみつやカロリーの低めの甘味料を少量入れる程度にしておいてください。

毎回砂糖たっぷりで朝晩飲んでいると、今度は体重も心配になります。じゃばらそのものが手に入ったら、はちみつ漬けやじゃばら酒にしてみるのもいいでしょう。

こんな人はぜひ「じゃばらジュース」を!

薬だと効果が高い一方で副作用の心配もあります。鼻水や鼻づまりはなくなってもその代わりとにかく眠くてしょうがないというのであればやはり日常生活を送るのは困難になってしまいます。

最近ではお子さんでも花粉症に苦しむ子が増えてきましたが、子どもたちに薬はちょっとという方もぜひじゃばらジュースを試してみてください。アトピーで苦しんでいるお子さんにもぜひどうぞ。

すっぱくて少し苦味のある果実ながらも、ヨーグルトに入れたりはちみつや炭酸水を入れたりしてやればお子さんでもおいしく服用することはできます。朝晩の習慣にして花粉が飛び交う季節を乗り切るようにしましょう。

効果を得るためには、ぜひ本物のじゃばらジュースを手に入れてください。

飲む前に心得ておきたいポイント

アマゾンなどの通販サイトで何でも手に入る時代ですが、じゃばらジュースは販売していません。和歌山県北山村という日本でもほんの限られた地域でしか作られていない柑橘類だからこそ、それを使った商品も限られた数しか存在しないのです。

話題となっているからこそ同じ名前や似た名前の商品は検索するといくらでも出てきますが、じゃばらが使われていなければナリルチンはたっぷり入っておらず、いくら毎日飲み続けても花粉症やアレルギー性皮膚炎への良い影響は現れてこないので注意してください。

安さだけで選ばず、信頼できるところで手に入れるようにしましょう。今のところ、北山村でしかじゃばらは作ることができません。この地域の専売特許なのです。

自然由来の体質改善を試してみてください

昔から伝わる民間療法の中には眉唾物のものだってたくさんあります。しかしながら、じゃばらの花粉症への効果はきちんとモニター実験がなされ、科学的に実証済みのものです。効果が得られるメカニズムについても判明しています。

ぜひ自然由来の体質改善を試してみてください。薬ではないので即効性はないですが、毎日朝晩続けることで、あなたを苦しめていたさまざまな花粉症の症状は確実に軽くなっていくはずです。

薬を飲むのはちょっとという方や、お子さんに薬ばかり飲ませたくないという方は、ぜひ北山村の人々が丹精込めて作ったじゃばらをお取り寄せしてみてください。ジュースやドレッシング・飴・果汁を練りこんだパンなどいろいろあるので試してみましょう。