すぐ痩せたい!断食や有酸素運動を取り入れた短期間ダイエット法

何か目的のイベントがある、夏に向けて急いでいるなど、理由があって短期間でダイエットをしたい場合もあります。緩やかな効果ではなく、短い期間で一気に効果を出すためには、やはり適した方法もあります。リバウンドは注意ですが、ファスティングダイエットは有効です。

短期間ダイエット成功のコツ

短期間でダイエットを成功させるためには、鍵となるのはやはり食事です。消費カロリーが摂取カロリーを上回ることが出来れば、最終的には痩せることができます。ですから、たとえば運動をしなかったとしても、摂取カロリーを抑えていけば体重や見た目の変化は出していくことができます。

たとえばファスティングダイエットや、ダイエットシェイクなどを利用してカロリーカットが出来る方法、プチ断食などは即効性がある方法と言われていますので、短期間ダイエットでは用いられることが多いです。

しかし注意しなければならないのは、食事制限のみですと筋肉が減ってしまうということです。有酸素運動もそうですが、筋トレも行っていくと効果的です。

短期間ダイエットで効果的な方法

短期間ダイエットにおいては、ダイエットシェイク、酵素ドリンクを使ってプチ断食、置き換えダイエットを行うと即効性がありおすすめです。

摂取カロリーを大幅カットすることができるため、上手く出来れば効果的に体重を減らしていくことができます。もちろん置き換えしていない食事のとり方も糖質脂質を控えるというポイントがあります。

モデルさんなども撮影に向けてこういった方法で取り組んでいたりしますが、効果的に行うのでしたら、リバウンドのことも注意して、食事制限だけではなく、運動も取り入れていくことが大事です。食事制限のみですと、筋肉から減ってしまい、代謝が悪く太りやすい体質になってしまうリスクも生じてしまいます。

短期間ダイエットのための食事制限

短期間ダイエットでよく利用されるのが、酵素ドリンク、ダイエットシェイクなどを使ったファスティングダイエットです。この方法は、摂取カロリーを大幅に減らす事ができるため、即効性がとにかくあります。

最初は少し空腹との闘いが合ったりしますが、胃腸の働きをリセットすることができるため、消化機能が向上したり、また摂取カロリーが少ない事で余分な脂肪からエネルギーがつかわれていきますので体重にも変化が出やすいのです。

また、食事制限としては、夜は炭水化物をとらない、糖質と脂質を抑えて、高たんぱくと野菜を取り入れた食事にするというのも大事な事です。もちろん間食はできるだけしないように、さらに夜も遅い時間には食べないと言った制限も大事です。

断食は短期間ダイエットに向いている?

今、ファスティングダイエットといってプチ断食を取り入れたダイエット方法はとても注目されています。その際使うのが、酵素ドリンクやダイエットシェイクなのです。

酵素には、消化を助ける働きがありますので、脂肪をためこみにくくなりますし、食事を酵素ドリンクに置き換えていくことで大幅なカロリーカットができますので、短期間で効果が出やすい問う傾向があります。

断食、プチ断食と方法もいろいろあり、1食だけ置き換える方法や、1日を通してドリンクだけにすると言った方法も中にはあります。もちろん短期で成功させるなら、後者の方が効果はありますが、リバウンドのリスクもかかってきてしまうことがありますので注意が必要です。体質にも合わせて行っていきましょう。

有酸素運動で痩せよう!

脂肪、セルライトがあることで、リンパの流れが悪くなり、デトックス機能も悪くなって代謝が悪くなります。代謝が悪いことで、むくみ、冷えなども起こり便秘がちになり、さらに脂肪は燃焼しにくい状態になってしまいます。

そこで、有酸素運動をすることによって脂肪の燃焼をさせていきましょう。心拍数を上げるということをキープした状態ですとより効率よく脂肪燃焼をさせることができます。また、同時に有酸素運動の前には筋トレなどを行うと、より効果的に燃焼させることができるため、組み合わせていくことが重要です。

筋肉が少なくなってしまうことで、実は太りやすい体質になってしまうということにもつながってしまいますので、筋トレも行うと良いでしょう。

短期間で痩せるには夕食に気をつけよう

夜は寝るだけですので、カロリーはあまり必要ありません。さらに、寝る直ぐ前に食べてしまい消化ができていない状態ですと、胃腸は眠ることが出来ず睡眠が妨害されてしまったり、脂肪も付きやすくなってしまうということが言えます。

ですから、まず夕食の時間帯にも注意が必要です。20時を過ぎたら食べないというのも成功の鍵です。

寝るときにはカロリーはあまり必要ありませんので、脂質、糖質を控える、また炭水化物は夜とらないといった方法も有効です。3食すべてにおいて炭水化物をとらないという食事制限のあるジムもありますが、偏ってしまいますし、体質に合わない方もいます。朝や昼は良いですが、できれば夜は食べない方が良いかも知れません。

ダイエットのための夕食とは?

ダイエットを行っている際の夕食は、炭水化物はできるだけ取らないようにすると良いでしょう。夜はそのまま寝るだけですし、あまりカロリーは必要ありません。脂質や糖質を控えて、量も調整していきましょう。

太りにくい体質にしていくということにおいても、夕食は特にカロリー調整が必要です。お付き合いなどで、飲む機会がある場合にも、から揚げなど、脂質の高いものはできるだけひかえるようにしましょう。夜の脂っこいものは一番脂肪をつけやすくなってしまいますし、他の食事でカロリーセーブをしていても意味がなくなってしまいます。

また、糖質も夜は特にひかえるメニューにしていくとダイエットのためにはよいでしょう。短期間での成功のための秘訣です。

短期間ダイエットに効果的な夕食レシピ

短期間ダイエットで効果的な夕食は、糖質と脂質を控えるというのは朝も昼も変わらないのですが、夜は特にそれが言えます。寝るだけですので、エネルギー消費ができないためです。

ちなみに、野菜を中心として、鶏のささみ、皮なしの胸肉、マグロの赤身など、脂質の少ない魚は低脂質で高たんぱくですので理想的です。空腹感が気になるようであれば、野菜や海藻類をたくさんとったり、また豆類などを食べるとイソフラボンも摂取できますので理想です。

たとえば野菜にしても、油を使った炒め物よりも、蒸したり、ゆでたりといった方法ですと、カロリーをおさえていくことができますので、調理方法も工夫していくと良いでしょう。しかし、カロリーをおさえるだけではなく、栄養のバランスも考えていくことも大事です。

短期間ダイエットの注意点

短期間ダイエットで一番注意しなければならないことは、リバウンドです。とにかくこの期間集中してカロリー制限をされている方が多いので、それをやめてしまったり、我慢ができずに糸がきれてしまったときに、ドカ食いをしてしまう方、一気に通常の食事に戻してしまったため、吸収率が高まっていて、一気にエネルギーを取り込んでしまうといったデメリットもありますので要注意です。

ファスティングダイエットなどもやり方がありますし、同時に普段の食事にしても、摂取カロリーを減らしすぎていますと、脳も餓死状態になってしまうことがありますので、あまりカロリーを減らしすぎないということも大事です。栄養バランスのとれた食事を取り入れていきましょう。

生活習慣を見直すことも大事

ダイエットをしようと思っているということは、それまでの生活習慣によって脂肪が蓄えられてしまったということが言えます。ですから、まず今までの生活習慣を見直すことから始めていきましょう。たとえば、不規則な生活スタイルで、ご飯も食べたり食べなかったりとなると、吸収率もたかまってしまいます。

また、夜遅い時間に食べてしまっていた方も、脂肪はつきやすくなっていますし、運動をほとんどしないということも、よくありません。会社のデスクでついつい甘いものを間食してしまったりと、普段の行動を思い返してみましょう。

ポイントは食事と運動です。カロリーカットすれば短期間での効果が出ますが、それ以降の生活習慣も元に戻さないように気を付けましょう。