その調味料はNGかも?!ダイエット中の正しい調味料の選び方

ダイエットで大切なのはカロリーの摂取で、食事に気を遣っている人は多いです。この時に注意したいのは調味料で、それぞれ向き不向きがあります。正しく知って利用することで、サポート効果が高まるので覚えておくと安心です。

ダイエット食を作るときには調味料も気にしたい!

ダイエットを成功させるために大切なのは摂取エネルギーよりも消費エネルギーを高めることで、普段の食事を見直すのが第一歩になります。お菓子やジュースを良く飲んでいる方はやめるとカロリーの摂取を抑えることができますし、炭水化物や脂肪を見直すのも大切です。

ただここで気を付けたいのは調味料で、料理をしない人はほとんど気にすることはありませんが、それぞれカロリーが異なっています。中でも好きな人が多いマヨネーズやソースはカロリーが高く、ダイエット中は気を付けたいものです。

それぞれの特徴やカロリーを知ることで、ダイエット食を作る時に役立ちます。知っておくと健康や美容にも効果的ですので、チェックして活用してください。

どんな調味料がダイエットに適しているのか

調味料というのは大量に食べるものではなく、料理の中に使われている、醤油やソース、マヨネーズなどは食品に付けて食べるので、ついカロリーを忘れがちになってしまいます。ここでささやかですがダイエットを成功させるカギとして調味料の選び方があり、適したものを知っておくと役立ってくれるはずです。

おすすめの調味料は醤油や塩、お酢、良質なオイルなどになります。体のことを考えると天然成分由来のものがよく、また使いすぎなければそれほど過剰に気にすることはありません。

ただ食材に付けて食べることを考えた時に、カロリーや糖質を知っておくとどれにすべきか選びやすくなります。知識を蓄えておくのは悪いことではなく、役立ってくれます。

料理のさしすせそ!ダイエットに効果的な選び方は?

調味料の基本として「さしすせそ」というのがあり、それぞれ砂糖、塩、酢、醤油、味噌になります。これらをカロリーや糖質の点から見てみると、もっとも避けたいのが砂糖で、次が味噌、安全性が高いのが塩や酢、醤油です。

ただ塩や醤油の場合、摂取しすぎると塩分の取り過ぎでむくみが酷くなるの注意して下さい。またカロリーや糖質が高いといっても、調味料として使用する場合は僅かな量なのでそこまで神経質になる必要はありません。

最近は塩分控えめの醤油や味噌があるので、そういったものを活用するといいです。また和食の場合は出汁をしっかりときかせることで、その他の調味料を控えめにしても味わいは豊かなままなので、おすすめの方法です。

逆に適さない調味料とは?

料理の基本となる調味料でダイエット中に控えめにしたいのが砂糖で、糖質がかなり高いので糖質制限ダイエットを行っている方は要注意です。ただ甘味というのは料理を作る、味付けを決めるために必要不可欠となり、完全に除くのは難しくなります。少量なら使っても問題ありませんが、徹底したい方には代価アイテムを利用するのがおすすめです。

少しでもカロリーや糖質を減らしたい場合、砂糖に関してはオリゴ糖やハチミツ、メープルシロップを使う、またはカロリーゼロ甘味料を利用してください。これらは同じ甘味でも構造が異なり、ダイエット中でも使えます。砂糖はダイエットの点から考えると適しませんが、料理の味を決めるために必要なので代価を考えることが大事です。

糖質ダイエットも調味料がポイントに

正しく行えば効果の高い糖質ダイエットですが、こちらも調味料がポイントになってきます。こちらの場合はカロリーではなく、食材の糖質を中心に考えていくので調味料の使い方もやや異なってくるのが特徴です。

おすすめの調味料は糖質の低いもので、油や塩、出汁は糖質ゼロでおすすめ、カロリーを中心に考えた時に避けたいバターやマヨネーズも問題なく使えます。逆に使用を避けたいのが砂糖やハチミツ、ケチャップ、ウスターソースなどで、甘味が必要な時はカロリーゼロ甘味料などを使うと安心です。

最近はケチャップやソースも糖質オフ製品が販売されていますので、そういったものを活用してください。大切なのはカロリーではなく、糖質の量で考えることです。

炭水化物や糖質を多く含む調味料

調味料の中で最も注意が必要なものは砂糖で、糖質量は100グラムあたり99.2グラムでかなり高いです。ハチミツやメープルシロップ、オリゴ糖なども同様といえますが、分子構成が異なりいわゆる白砂糖、上白糖よりはダイエット向けと言えます。

またミリン、コチュジャンやテンメンジャン、カレールー、ケチャップや中濃ソースも多く含んでいるので、使用料には注意が必要です。ただ料理によっては味の決め手として必要になるものも多く、その時は糖質オフの製品を探してみるのもいいかもしれません。

健康が常用視されている昨今では、カロリーオフだけではなく糖質オフ商品も多く販売されています。ただ少量なら、控えめにする程度で問題はないです。

こんな調味料は使わないほうが良い?

調味料は料理の味を完成させるために必要で、美味しく食べるためには避けて通ることは難しいです。ただ世の中には美味しさに拘った品も多く、そういった調味料類はダイエット中は避けた方がよく、使わないという選択肢も重要になります。

それが料理の元やピザソース、マーガリンなどです。市販品の料理の元は入れるだけで味付けが完成する万能性がありますが、美味しさを追求するためには糖質やカロリーが高くなるので、ダイエット中は避けた方がいいです。

ピザソースも同様で、マーガリンはトランス脂肪酸など体に良くないと言われる成分ででてきているので、使わない方が安心と言えます。ダイエット中は余計なものは避ける、これが基本になります。

マヨネーズもOK?糖質制限ダイエット向きの調味料

一般のカロリーを気にするダイエットと違い、糖質制限に関しては糖質を減らす食事内容にするので、普通のダイエット食とはやや内容が異なります。調味料に関しても同様のことが言えて、カロリー制限中の時には使えない調味料も、問題ないのが特徴です。

そのひとつがマヨネーズやバターで、油脂には糖質が含まれないので積極的に利用してください。油そのものも問題ありませんが、体のことを考えた時にオメガ3脂肪酸など役立つ成分が含まれている良質なオイルが良く、オリーブオイルや亜麻仁油などがおすすめです。

また糖質オフ製品も多数販売されているので、活用すると使える調味料が増えます。探せば役立つ調味料が多いので、比較的楽に使うことができます。

それでも使たいときは代替アイテムでカロリーオフ

料理を作る、食べる時に調味料は欠かせないもので、使わないとまさに味気なくなってしまいます。カロリーや糖質を気にすることはダイエット中だけではなく、健康を考えれば当然ですが、美味しく食べるというのも大切になってくるはずです。

ただ糖尿病や肥満解消を考えた時には代価アイテムを利用すると良く、好きな人が多いマヨネーズはカロリーや脂質の低いものに、砂糖はオリゴ糖やカロリーゼロ甘味料を代価アイテムとして使うことができます。

一つずつはささやかですが、毎日積み重なっていくとダイエットの進み方に大きな違いが出てきます。美味しく食べることは大切ですが、代価アイテムを使ってカロリーオフを考えるのも、成功のために必要です。

市販のとろみ調味料やソースには注意

今は料理の味付け用に市販されている料理の元やソースを使うことが良くありますが、これらには注意が必要です。人の味覚は油脂類など高カロリーのものほど美味しいと感じるので、市販品は自分で調合するよりも多く油脂類が含まれている場合が多く、想像以上のカロリーになります。

ソースも同様で、単品で販売されているものよりも美味しいのは油脂類が含まれているからで、カロリーも高いと覚えておくと使い分けができるので安心です。

調味料は大量に使うわけではありませんが、ダイエット中の時には少しでも減らしたいと考えます。それだけに余計なカロリーは摂取したくない、そういった人は市販品の使用をやめて自分で調合するのがおすすめです。