そろそろエイジングケアも始めよう!30代に人気の基礎化粧品TOP5

30代に入ったにもかかわらず、20代と同じスキンケアを行っているという女性は多いのではないでしょうか。しかし、女性は30代になると加齢による肌の衰え、女性ホルモンの影響により肌トラブルが生じやすくなってしまいます。

なので、エイジングケアを30代からきちんと始めないと、疲れが顔に簡単に出てしまう上にくすみやシミ、しわ、たるみなどの老化症状が肌に生じやすくなります。したがって、30代でもきれいな肌をキープするにはエイジングケアができる基礎化粧品を取り入れることが大切です。

そこで、ここでは30代の肌に補うべき必要なスキンケア成分、基礎化粧品を選ぶ際のコツ、人気の基礎化粧品について詳しく紹介していきます。

エイジングケアはいつから始める?

「アンチエイジングケア」の反対が「エイジングケア」で、しみやしわ・加齢などによる肌トラブルの対策をすることをいいます。一般的に同じような意味で使われていることが多いです。しかし、アンチエイジングケアという言葉は医薬品や医薬部外品のみ使用が許可されているため、基礎化粧品や化粧品などには「年齢に応じたケア」としてエイジングケアの言葉が使用されています。

肌が老化してきたと感じる年齢が30代前半といわれています。この年代の女性は、結婚や出産などの環境の変化や体の変化などの影響が大きくあわれます。そのため、肌が老化したと感じる人が多い傾向にあるようです。

紫外線による光老化や活性酸素による肌の酸化・肌の水分が減少しての乾燥・糖質とたんぱく質が融合することで起こる糖化・睡眠不足やストレス・食生活によるものが代表的な原因です。エイジングケアは老化を感じてからでも遅くありませんが、対策の意味でも普段から保湿やバランスの良い食事をするようにしましょう。

基礎化粧品をどれだけ高い効果のあるものにしても、普段の食事や睡眠をおろそかにしてしまうと意味がありません。エイジングケアは体の外からだけではなく、中からもケアすることが大切です。

エイジングケアは30代から始めましょう

女性ならば誰もが気になるのが肌のハリやシワです。しかし、若い頃はケアをしなくても何の問題もないことが多い肌の状態も、歳を取るにつれてケアが必要となってきます。ですのでよく聞く失敗談としては、ケアをしないまま気づいたら肌の状態が悪くなっていたということが挙げられるのです。では、エイジングケアはいつ頃から始めたら良いのでしょうか。

実はエイジングケアは早いうちに始めておくことが重要です。その中でも気を付けた方が良いと言えるのは、30代になった頃でしょう。もちろん人それぞれではありますが、30代になると肌の保湿能力がかなり落ちてくることが多いからです。

ただ、どんなことから始めたら良いのか良く分からないという方も多くいらっしゃいます。ではどんなことを行なえば良いのでしょうか。エイジングケアで必要なことは多くありますが、その最も基本となるのは肌の保湿です。肌は水分量が少なくなるとダメージを受けやすくなりますし、シワができる原因にもなってしまいます。

そこで肌の水分量を高く維持することが重要となってくるのです。そのために大事なのは基礎化粧品でしょう。お風呂上りなどにきちんと自分の肌にあった化粧水を使い、そして保湿クリームなどを塗ることが重要です。基礎化粧品には多くの種類がありますので、自分の肌に合うもので保湿能力が高いものを選ぶようにしましょう。

30代の基礎化粧品と肌の管理

30代から使用する基礎化粧品にこだわりを持っている人は少なくありません。しかし、こだわりを持った後に得られるものがわからずに、曖昧に感じている人も少なくないのではないでしょうか。そのような場合には、将来の自分の姿を思い浮かべてみると良いでしょう。

30代の頃から基礎化粧品にこだわって肌の管理をしているということは、将来の容姿に投資をしていると言っても過言ではありません。30代という若いうちから肌の管理を徹底して行なっていると、将来さらに歳を重ねた時に、肌の悩みを軽減させることができるかもしれないのです。

30代のうちには、まだ自分の肌に自信を持っている人がいることも珍しくありません。確かに、まだまだ若々しい肌を持っている人は多くいるものです。しかし、30代から基礎化粧品にこだわりを持って肌の手入れをしている人としていない人を比べると、将来の差があることは簡単に想像することができます。

早くから基礎化粧品をきちんと使って肌の手入れを行なっているという人は、肌の内側から丁寧にケアをすることができていると言えます。その積み重ねが将来への肌とつながっていくのです。早めのエイジングケアで、将来の安心を得られる可能性が高くあります。

30代の基礎化粧品の選び方とスキンケア方法

ふと鏡を見た時に、思っていた自分よりもちょっと老けていたという経験をする30代の女性は多いと思います。30代になると、20代と同じスキンケア方法で良いというわけにはいきません。30代の基礎化粧品の選び方とスキンケア方法は、今後のお肌を左右するものなので、間違って後悔のないようにしましょう。

30代の肌の悩みと言えば、ダントツで多いのがお肌の乾燥です。若々しいお肌に欠かせないセラミドの量が関係していると言われています。基礎化粧品ではセラミドなどの高保湿成分が配合されたものを選び、化粧水でしっかりと水分を補います。お肌の乾燥がひどい日はジェル状の美容液を使うと保湿力がぐんとアップします。そして、乳液や保湿クリームを必ず使用することが大切です。

エイジングケアのためには守るスキンケアだけでなく、攻めるスキンケアも必要です。例えばコラーゲンを増やしたり、ターンオーバーを高めるための積極的な方法も30代から始めたいスキンケアです。

コラーゲンを増やすレチノールが使われたアイクリームを使用したり、抗酸化作用のあるビタミンC誘導体が配合されている基礎化粧品を使ったスキンケアが最適です。特に、ビタミンC誘導体はマルチな成分だと言われていて、たるみ毛穴を引き締めたり、しみやニキビの予防もできますのでおすすめです。

30代の基礎化粧品と自分の肌

30代の人が基礎化粧品を買い揃えたいと思った時には、自分の肌質にこだわりを持っておくことが欠かせません。その理由は、肌質はそれぞれの人によって異なっているからです。人と比べた時に、自分の肌質は他人とは違っていると感じたことがある人もいるのではないでしょうか。

普通肌の人は多くいるのですが、その他にも乾燥肌や敏感肌という人もいるのです。個人のタイプを知っておくことは、基礎化粧品を使っていく上で非常に大切なポイントです。というのは、合わないタイプの基礎化粧品を使用することによって、本来得られるはずの効果を感じ取ることができない可能性が出てくるからです。

例えば、肌の質が敏感であるという人が、感想しがちな肌を持つ人の基礎化粧品を使ってもあまり意味がありません。悪い時には、合わないものを使っていることによって、肌が荒れたり出来物ができてしまうこともあるので注意が必要です。

肌質を知らないという人は、お店の美容部員に相談をすると良いです。美容部員に相談をすると、それぞれの人の診断をしてもらうことができるためです。肌質をきちんと心得ておくと、基礎化粧品を間違えずに手に入れることができるようになるのです。

基礎化粧品を選ぶ際に考慮すること

私たちの肌は30代ともなると、いくつかの老化現象が表面化するころでもあります。今まではそんなに気にならなかったシミや皺が急に目立つようになってきたり、肌のくすみやたるみのせいで実年齢よりも老けてみられてしまったり。それら老化現象の多くは避けては通れないものです。

例えばシミは、長年浴び続けてきた紫外線のメラニン色素の蓄積が原因です。それでも、効率よくエイジングケアを行うことで、状態を改善させたり、その進行を遅らせることは充分に可能です。

エイジングケアの一環として大切となってくるのが、毎日使う基礎化粧品の見直しです。20代のころの自分には合っていた化粧品でも、30代の肌の変化に伴って変える必要が出てきます。エイジングケア成分を取り入れることも大切ですが、何よりも重要なのは、自分の肌に合っているもの、刺激物の入っていないなるべくオーガニックのものを選ぶことです。

化粧品は基本的に高価なものになればなるほど、その分高価な成分もいろいろと入っている場合が多いですが、基礎化粧品を選ぶ際に最も重視したいのは、長い間使い続けることや、肌の保湿のために充分な量を使うことです。高価なものが良いとは限りません。コストパフォーマンスも考慮しつつお気に入りの商品を見つけましょう。

30代の敏感肌とニキビにおすすめの基礎化粧品

30代は敏感肌やニキビに悩む人が多いので、基礎化粧品の選び方は慎重にした方が良いです。30代の敏感肌は、これまでの間違ったスキンケアや洗浄力の強いクレンジングを長期間続けたことが原因の一つです。

そして、30代のニキビは乾燥が大きな原因で、水分と油分など肌環境のバランスが崩れることで毛穴が弱くなりニキビが発生するとされています。基礎化粧品は、これらを解消できる作用を持つものを選ぶべきです。敏感肌は健康的な肌の人では何ともない成分でかぶれたり、赤くなってピリピリします。

合成界面活性剤や合成着色料、合成香料などの「合成〜」や防腐剤は避けたい成分です。また意外に思われるかもしれませんが、油分として使われる鉱物油や爽快感を出すエタノールでニキビが出ることもあります。できれば鉱物油とアルコール類もフリーの基礎化粧品が良いです。

30代のニキビは保湿をしっかりと行うことで改善することが多々あります。肌を騙すような肌の表面だけを潤す保湿成分よりも、セラミドなどの乾燥を根本から改善できるような保湿成分を選ぶことをおすすめします。低刺激性で高保湿であれば、30代の敏感肌とニキビをこれ以上ひどくすることはないと思います。

30代の基礎化粧品 毛穴タイプごとで選び方も違う

30代になると毛穴に関して様々な悩みが出てきます。毛穴で悩んでいるときはタイプによって選ぶ基礎化粧品も違っていて、毛穴が詰まっていたり開いているときは収れん化粧品、たるみやクレーターはハリを増やす化粧品、メラニン毛穴だとビタミンC誘導体配合されているものがよいです。

毛穴の詰まりや開きが気になるときは、肌の引き締め効果がある「収れん化粧水」を部分的に使います。毛穴の開きは生まれつき皮脂腺が大きくてオイリー肌の人が多く、収れんタイプで毛穴を引き締めるのがむいています。
テカリが気になる部位に使い、清涼感があるので夏の暑い季節もおすすめで、肌が弱い人は必ず先にパッチテストを行なってから使うのが望ましいです。

たるみやクレーターの毛穴はコラーゲンが減って肌のハリや弾力がなくなるためにおきます。肌の内部のハリを増やす基礎化粧品がよいです。肌のハリを増やす成分は、ビタミンC誘導体やレチノール、コラーゲンやセラミドがあります。肌のハリやコラーゲンを生成するには適度なピーリングも効果的です。

メラニン毛穴は毛穴のくぼんだ部分や炎症部分が色素沈着しているので、高い美白効果があるビタミンC誘導体が配合されている基礎化粧品がおすすめです。ビタミンC誘導体は、美白効果と抗酸化作用がありメラニンを除去する働きがあって、水とも相性が良くて化粧水で使うことで効果も高まります。

30代の基礎化粧品 ニキビに有効な成分

思春期だとニキビが出来ることも多いですが、実は30代でも大人ニキビで悩んでいる人は多いです。大人になって出来るニキビの原因は乾燥が殆どで、Tゾーンはテカっていてべたついていても、皮膚は乾燥すると肌を守るために皮脂を過剰に分泌します。皮脂が多すぎてニキビができていると勘違いして保水や保湿をしないと、皮脂はさらに分泌されてニキビが出来る原因になります。

Tゾーンはテカっていても洗顔後にツッパリ感があるときは、皮膚の奥が乾燥していると考えたほうがよいです。洗顔後には直ぐに化粧水で保水をして、潤いを逃さないために乳液やクリームの油分で蓋をします。ニキビに良い基礎化粧品を選ぶときは、肌質に合わせてさっぱりやしっとりなどタイプだけでなく、配合されている成分も重要です。

ニキビに有効な成分はビタミンC誘導体やサリチル酸、グリチルリチン酸ジカリウムがあります。ビタミンC誘導体は抗酸化作用があり、新陳代謝を促す作用もあって皮脂の分泌を調整できます。毛穴に詰まった皮脂を溶かしてくれるサリチル酸、抗炎症作用があって炎症をしたニキビを鎮める効果があるグリチルリチン酸ジカリウムなどもおすすめです。

逆にニキビに良くない成分はアルコールとオイルです。皮脂が多くてニキビが出来ているときは、オイルが含まれている基礎化粧品だとアクネ菌のエサになって増殖したりします。アルコールも肌を乾燥させる危険があるためニキビには良くないため、アルコールやオイルが含まれてない基礎化粧品を選んだ方がよいです。

30代の基礎化粧品 敏感肌の保湿

30代で敏感肌の人だと基礎化粧品を選ぶときもかなり慎重になります。元々肌が弱くなっていて少しの刺激でも肌へダメージが起こるため、使用している成分や必要な成分なども大切です。敏感肌の人の基礎化粧品でも保湿が基本ですが、バリア機能が乾燥肌よりもかなり低下しているためバリア機能回復と炎症を鎮めるケアを同時に行なっていく必要があります。

バリア機能のポイントはセラミドで、細胞と細胞を繋ぎとめる働きがあって細胞間脂質を構成するには欠かせない成分です。セラミドが不足しているとバリア機能が弱くなります。敏感肌の保湿ではセラミドの補給から行なって、それと一緒にヒアルロン酸とコラーゲンも補っていくのがおすすめです。

既に肌が炎症を起こしているときは乾燥肌用化粧品だと効果が出にくいこともあります。乾燥肌用だと殆どは低刺激で作られていますが、抗炎症成分も配合されているかは基礎化粧品によって違っています。

炎症が起きているとターンオーバーの乱れも加速してバリア機能も充分に働いてくれません。そんな状態で化粧水で潤いを補給しても炎症が邪魔になって浸透も出来ません。先に炎症を沈めてからバリア機能が回復できる環境を整えていくことが大切です。

乾燥肌と敏感肌は大変密接な関係にあり、そのときの肌の状態によってケアを変えていく必要もあります。加齢などで行なう保湿だと乾燥肌ケアでもよい場合もありますが、生理など肌が敏感になっているときは敏感肌ケアが出来る基礎化粧品を使うなど、肌の状態に合わせて見直すのもよいです。

ビタミンC誘導体やハイドロキノン配合がおすすめ

30代のシミや美白の悩みにおすすめの基礎化粧品についてついてですが、ビタミンC誘導体やハイドロキノンなどの成分が配合されているものがおすすめです。

ビタミンC誘導体には強力な抗酸化作用があるので、メラノサイトから生成されるメラニンの色素沈着を抑制してシミを予防することが出来ますし、ハイドロキノンには強力な漂白作用があるので、出来てしまったシミやくすみにアプローチして薄くしたり消したりする効果が期待できます。

ビタミンC誘導体やハイドロキノンの美白効果をアップさせるためには保湿ケアが必要不可欠です。保湿ケアをすることで角質のバリア機能がアップし、ターンオーバーが活発になり肌細胞の生まれ変わりがはやくなるので、ビタミンC誘導体やハイドロキノンを効果的かつ効率的に肌に作用させることが出来るようになるからです。

ですので、美白ケア効果が高い基礎化粧品と保湿効果が高い基礎化粧品の併用がおすすめです。保湿効果を期待する場合は、コラーゲンやヒアルロン酸やセラミドやプラセンタなどの成分が配合されているものがおすすめです。効果的なスキンケアを目指すためには、それぞれの成分が高濃度で配合されているものを選ぶということも大切です。

30代の基礎化粧品 コスパがよいコスメ

30代向けの基礎化粧品は、高級なブランド品から手ごろな価格なものまで幅広く販売されています。毎日使うものですから経済的に負担がかかるものだと継続がしにくいため、価格は重要になります。
ここでは効果が期待できて、プチプラでコスパがよい30代向けの基礎化粧品を紹介します。

高品質でリーズナブルがコンセプトなアクアレーベルは、保湿と美白、エイジングケアの3つのタイプから肌の悩みに合わせて選択が出来ます。30代だと青の美白ラインが人気があって潤いを蓄えるベビーアミノ酸と美白有効成分のm-トラネキサム酸が配合されていて、保湿とシミ対策が期待できます。

次におすすめなのたちふれです。乾燥によるシワを目立たせない潤いが出来ます。ちふれは適正価格に拘っていて、全成分の配合量まで公開しているメーカーの中でも信頼出来るブランドです。

どの商品もリーズナブルな価格設定でたっぷりと気になる部位に使うことが出来ます。ベーシックな保湿シリーズもよいですが、30代には濃厚シリーズがおすすめで芍薬エキスとヒアルロン酸を配合していてリッチで濃密な使い心地が魅力です。

色々な雑貨などを置いている無印良品にも良い化粧品があります。農耕テクスチャーでハリを実感できるコスメで、大容量なのでたっぷり使えるため女性だけでなく男性にも人気が高いです。

全て岩手県釜石の洞窟からくみ出した天然水を使っていてベースとなる水に拘っています。30代だと美容液のようなとりみが心地よいエイジングケア化粧水が人気で、ハリを与える10種類の天然成分と乾燥から肌を保護する5種類の潤い機能成分が含まれています。

おすすめの基礎化粧品5選

30代の人の肌は揺らぎやすいので、自分に合った基礎化粧品を選ぶことが大切です。絶対に失敗したくないという人は、トライアルプランが用意されている基礎化粧品がおすすめです。シミやそばかすを予防するという化粧品は多いが、すでにシミやそばかすができてしまっている人は予防では間に合いません。そんな人におすすめしたいのが、強い還元作用があるハイドロキノンという成分です。

ビーグレンのホワイトケアはハイドロキノンが配合されており、初回価格はお得になっているのでおすすめです。敏感肌の人におすすめしたいのは、オルビスのアクアフォースです。初回価格は送料無料で1,200円、30日間の返金・交換保証付きなので安心です。

30代でもニキビで悩んでいる人はいますが、20代の頃と一緒に考えていると取り返しのつかないことになることもあります。30代の人のニキビには、ノブACアクティブが良いでしょう。毛穴の悩みは黒ずみだけではありません。たるみ毛穴や乾燥毛穴も悩みの種となります。

毛穴の問題でお悩みの人には、ビューティーモールのオールインワンジェルが初回限定でお得な値段で試すことができるのでおすすめです。エイジングでお悩みの方には、メディユースパワーエッセンスゲルもおすすめができます。

30代になったら始めたい手肌のエイジングケア

老化というものは誰にも訪れるものですが、一方でその現れ方は人それぞれです。50代になっても若々しい状態を保っている方もいますし、まだ若いのに老化と思われる症状が始まってしまう方もいます。

そして、その影響が顕著に出るのが肌です。特に30代ともなると肌の老化が始まってきてしまいます。では、人によってその現れ方が違ってくるのはなぜなのでしょうか。それはもちろんその人の体質などにもよりますが、もっとも大きいのはお肌のケアをしているかしていないかということです。そう、30代からはエイジングケアをしっかり始めることが重要なのです。

実際、30代から基礎化粧品などでお肌の手入れをこれまで以上にしっかり行い始めたという方は多くいます。特に顔の手入れはしっかりと行う方が多いようです。ただその時に忘れがちなのが手肌のエイジングケアとなります。顔の皮膚のハリが素晴らしい方でも、手を見ると意外にもしわがあったりという話はよくあるのです。

そういったことを防ぐためには、やはり手肌を意識したエイジングケアが必要となります。そして手肌のエイジングケアに必要なのもやはり基礎化粧品をしっかりと選び、使うことです。一般的なのはやはりハンドクリームを使うことでしょう。ただハンドクリームにも様々な種類のものがあります。自分の肌にあったものを試しながら見つけていくことが大事だと言えるでしょう。

30代は基礎化粧品と生活の質が重要

10代や20代の頃と違い、30代は一度肌が荒れてしまうと元に戻るのにも時間が掛かってしまいます。些細なことで影響も受けやすいためできるだけ肌に負担の掛かる生活スタイルは改善していく必要もあるのです。

特に気をつけたいのが睡眠時間であり、寝ている間は肌の再生に必要な成長ホルモンがたくさん分泌されます。主に夜の11時から夜中の2時までに分泌されることもあって、できればこの時間に睡眠を取るように心掛けなければいけません。夜更かしや昼夜逆転した生活を送っている人は改善するようにし、肌にも悪影響が出ると認識しましょう。

次に食生活も肌に影響を及ぼすことが多く、特に脂質や糖分が多く含まれた食べ物はよくないとされています。ビタミンやミネラルが含まれた食材も食事に取り入れるようにし、バランスよく栄養を摂取することが肌には大切です。栄養バランスの偏った食事や食事の量などにも注意して、健康的に生活することがきれいな肌を保つ秘訣です。

どんなに素晴らしい基礎化粧品を使っていても生活スタイルが崩れてしまっていては、理想的な肌を手に入れることはできません。スキンケアと合わせてお肌に悪いとされることをやめていくことで、美肌を保つことを目指せるのです。