たるみの天敵は乾燥!肌のたるみに効く化粧品やエクササイズ

お肌のたるみは女性なら誰でも気になりますよね。頬がたるむとほうれい線ができたり口角が下がり実年齢以上にふけて見えます。たるみの原因は加齢によるものだと考えている方が多いのですが、実は乾燥も大きな原因の一つなのです。たるみを改善するイコール乾燥を改善することにもなります。

乾燥を改善するには、エイジングケアや保湿力に特化した化粧品を使うことで効果が見られます。しかし、化粧品に頼るだけでは十分ではないんです。顔の筋肉を動かすエクササイズをすることでもたるみに効果があります。

毎日少しの時間でもいいので続けるとフェイスラインがスッキリしてきます。ご自分に合った化粧品とエクササイズで若々しいお肌を取り戻しましょう。

原因の1つは加齢

肌がたるんでしまう原因の1つに挙げられるのが「加齢」です。10代・20代の肌がたるみもなく、ハリ感がキープされています。一方、30代・40代・50代と年齢を重ねるにつれ、肌がたるんできた・・と感じる方が増えていきます。これは加齢によって、コラーゲンやエラスチンの生成量が低下した事が要因です。

肌の奥には真皮層という部分があります。真皮層ではコラーゲンやエラスチンという物質が作られ、これらが網目状に張り巡らされた状態となっています。いわばネットのような役割をしており、コラーゲンとエラスチンが肌内部から支える事で、パンとハリのある若々しい肌をキープできるのです。ただコラーゲンとエラスチンの生成量は、年齢と共に低下していきます。

20代が生成量のピークで30代以降になると徐々に低下し、50代にもなるとピーク時の約半分にまで減ってしまうというデータもあるほどです。コラーゲンやエラスチンの生成量が加齢で低下し、肌のハリ感が失われる事によってたるみが生じます。

また年齢を重ねた事で顔の筋肉、表情筋が衰える事もたるみができる原因の1つです。表情豊かな方であれば歳を取っても、表情筋が鍛えられているので若々しく見えるかもしれません。

乾燥するとたるみが生じる

肌が乾燥するといろいろな肌トラブルが生じてしまいます。たるみもそうです。なぜなら、肌が乾燥するとターンオーバーが乱れます。肌の新陳代謝が悪くなるために、いつまでたっても古い角質が残ったままです。

古い角質をそのままにしていると肌のバリア機能も低下します。すると、紫外線などの刺激を受けるとダメージが大きくなります。肌のコラーゲンや水分がどんどん無くなってしまいます。

乾燥肌が乾燥を招いてしまい、悪いスパイラルに陥ります。コラーゲンが減少すれば肌の弾力も衰えてしまいますから、乾燥するとたるみが生じるというわけです。

顔の皮膚は特に薄いので乾燥しやすいです。目元や口の周りはより皮膚が薄いので頬がたるむとほうれい線が目立つようになります。また、フェイスラインもシャープではなくなりますから、より一層老けた感じがしてしまうでしょう。

肌質は個人差がありますが、自分が脂性肌であったとしてもインナードライの可能性もあるので油断は禁物です。肌の奥が乾燥しているために皮脂をたくさん分泌させて肌を守っているからえす。この場合も乾燥によるたるみの危険性があります。乾燥肌だと自覚している人以外も肌が乾燥しないようにしましょう。

紫外線でたるみが引き起こされる理由

たるみの原因として紫外線が挙げられるのは、それにより肌の弾力細胞が深いダメージを受けるためです。紫外線の内、A波は非常に波長が長く、窓ガラスなどを通過して室内にも到達していきます。そして更にその先、人間の肌の奥深くにまで到達すると言う性質を持っています。

そうするとそのダメージによって強い酸化力を持った活性酸素が体内には大量に発生します。その活性酸素により肌の真皮層にあるコラーゲンやエラスチンと言った肌の弾力を構成している細胞が酸化してしまい、傷つき、やがては破壊されてしまうことでたるみが出てくると言うのが一連の流れです。

このような紫外線A波のダメージは、浴びた直後から出てくるものではなく、浴びてからある程度の時間が経過してから出てくることが多いです。よって若い時に紫外線を無防備に浴び過ぎていると数十年後にそのツケがたるみとなって出てくることも少なくはありません。

更に紫外線は肌弾力を構成している細胞だけではなく、肌の潤いに対しても深いダメージを与えます。紫外線を浴び過ぎると、肌は軽い炎症状態に陥り水分量は著しく低下します。そのため、そのことで肌の乾燥が進行すると言うのも紫外線がたるみの原因と言われている理由のひとつです。

ストレスによるたるみと化粧品による改善

エイジングのサインのひとつであるたるみは筋力の衰えと皮膚の弾力の低下が原因です。はりのある肌を保つには肌の下をはしる毛細血管から表皮が酸素と栄養をスムーズに受け取る必要がありますが、ストレスがかかると血管が収縮し、血行不良になるため、肌の表面はたるみがちになります。

またそうした肌はバリア能力が弱くなるため、肌を老化させる紫外線などの外的刺激の影響を受けやすくなり、さらにたるむという悪循環がおきます。またストレスは血行を阻害するだけでなく、血圧や血糖値を上昇ささせます。そのため肌も糖化反応がおき、弾力のもととなるコラーゲンが破壊されるため、表皮、保水能力を失いかたくなり、化粧品の浸透率も低下します。

このような直接的な原因の他に、ストレスを感じると眠りが浅くなるなどの睡眠障害が起きやすくなります。肌の回復は寝ている間に行われるため、良質な睡眠をとれないことでたるみが悪化する可能性が高まります。

ストレスによる低体温も肌のターンオーバーが乱れがちになる為、一見関係なさそうにみえますが様々な面から肌のたるみに影響があります。化粧品で改善するには肌を温めた後、優しくマッサージをすると効果があります。

たるみと化粧品と肌の管理

化粧品を丁寧に使いながら肌の管理をしているのにも関わらず、たるみができてしまって悩みを感じているという人は少なくないのではないでしょうか。そのような場合には、自分が常に行なっているお肌の管理の方法を振り返ってみることが欠かせません。というのも、肌の管理を行なっていたとしても、間違った方法で管理をしておけば良い効果を感じられなくなるからです。

良い効果をきちんと感じることができるようになるためにも、間違った方法は即座にやめる必要があります。例えば、化粧水を使ってケアを行う時に、肌質に適していない化粧水を使っていると肌に良くありません。たるみを進行させていく可能性もあるので、合わない化粧品を使っている時にはすぐにやめることが大事になります。

それから、化粧品を使う量についてもしっかりと吟味しておくことが欠かせません。化粧品を使う量が少なすぎてしまうと、肌に水分が行き渡ることがありません。それがきっかけとなり肌が乾燥すると、肌の老化が防げなくなってしまうのです。

たるみができることと肌の乾燥については、切り離して考えることが難しいと言っても過言ではありません。たるみの管理をする時には、正しい方法で肌管理をすることが必須です。

たるみやしわの改善に使いたい美容成分

水は我々が生きていくためには欠かせないもので赤ちゃんの弾力のある肌も、膝などの関節も水が豊富に含まれている事でクッションとなり元気な状態を保っています。その水を使って元気な状態にするのをサポートしてくれるのがヒアルロン酸で、その特徴は優れた保水力を持ち、水を逃さない事にあります。

この優れた保水力は様々な分野で活用され、膝痛緩和サプリや目薬、あるいはヒアルロン酸注射などに活用されています。私達の細胞は、それぞれが隙間の開いた状態で分裂を繰り返しており、この隙間を埋めるのがヒアルロン酸で、これがある事により保水や保湿をサポートし栄養成分の運搬の役割もあります。

しかし悲しい事に加齢とともにどんどん減っていってしまうのが現状で、ヒアルロン酸を含む食品やサプリなどを活用するのが現実的です。ヒアルロン酸はコラーゲンと同じように、肌の表面近くにある真皮層に多く存在しています。年齢を重ねると共に減少してしまい、肌の保湿や保湿力が低下し、乾燥してしまい、その結果しわが多い肌へと退化しまいます。

体内にヒアルロン酸が十分にあると、しわの発生や乾燥肌などの予防や改善に効果を発揮してくれます。また顔だけでなく、手の指や足裏の角質にも効果がありますので積極的に使いたい成分です。

肌をバリアして潤いを保持してたるみを改善

セラミドは角質層にある肌の大敵でもある紫外線などの刺激から肌を守りつつも保湿をしてくれる美容成分で細菌からも肌を守ってくれます。皮膚には厚みがほとんどなく約2ミリほどしかありません。

皮膚は外側からそれぞれ表皮層、真皮層、皮下組織という3段構造になっていますが、この表皮層をさらに分解していく表面から角質層、顆粒層、有棘層、基底層と呼ばれる4つの層に分解するできますが、その表皮層にある角質層はわずか0.02ミリしかありません。それなのに肌の潤いを保持し、肌を外部からの刺激から守る重要な役割を担っているのです。

この角質層にある細胞こそ、ケラチンと呼ばれるたんぱく質で、角は丸まっていますがイメージとしてはお城の四角い石垣のような形で並んでいます。そしてその石垣のように並んでいるケラチンをより頑丈なものにするために、石垣同士を固める役割を果たしているのが細胞間脂質です。セラミドは細胞間脂質の約半分を占める成分です。

このセラミドの量はとても重要で、肌を外部からの刺激から守る機能や水分を逃さない効果に作用し、その結果として肌に保湿や弾力など、量が多いほど改善してくれる幅も大きくなります。

セラミドは油の一種で水と油のように油と馴染みやすい部分と水と馴染みやすい部分があるため、水分を逃さない特徴があり、ミルフィーユのような構造を形成することで、角質層は保湿とバリアの機能を発揮してくれるのです。

たるみを防ぎたいなら、コラーゲンを摂取。

年齢を重ねてゆくと肌も老化してゆきます。その原因としては、年齢と共にコラーゲンを作り出す力が減少することが考えられています。ですから、化粧品にはコラーゲンが入ったものをお選びになるとよいでしょう。コラーゲンには、肌に弾力を与えてふっくら見せる効果がありリフトアップが望めます。

コラーゲンが少ないと肌がふっくら持ち上がらないのでたるみの原因となるわけです。コラーゲンは30代から40代にかけて急に減少されてゆきます。肌にハリを与えるだけでなく、肌の水分量を調整してゆくので乾燥を防ぎます。肌が乾燥してしてしまうと潤いがなくなることで、シワやくすみができやすくなります。乾燥していることで、肌が危険を感じて皮脂を出そうと働きます。

そうしますと毛穴が開きやすくなり、きめが細かい滑らかな肌にはなりません。メイク崩れもしやすくなりますし、メイクのノリも良くません。ですので、積極的にコラーゲンが配合されている化粧品をお選びいただくことをお勧めします。

年齢と共に減少してしまうなら人工的に補充してあげることが肌のためによいでしょう。そのままにしておくと、肌がたるんでゆくばかりです。地球には重力がかかっているので、普通に生活していても下に下がるとする力が加えられていることを忘れない事です。

たるみにビタミンC誘導体が効果的な理由

ビタミンC誘導体がたるみに効果的とされているのは、以下のような理由からです。まずひとつはビタミンCには強い抗酸化力があるためです。たるみの原因のひとつには紫外線による活性酸素の大量発生、そしてその活性酸素による肌弾力を構成している細胞へのダメージが挙げられます。抗酸化力と言うのは、活性酸素を抑制する力のことです。

ですからビタミンC誘導体を化粧品などから取り入れると、抗酸化力によって活性酸素による細胞のダメージを抑制することが期待できます。そしてそのことはたるみの予防、改善にも効果が期待できると言うのが理由のひとつです。そしてもうひとつ、ビタミンCには肌弾力を構成している成分のひとつ、コラーゲンの生成を促進する作用も持っていると言うのも理由です。

コラーゲンは体でも作られる成分ですが、より効率よくそれが行われるためにはビタミンCの存在が必要不可欠です。そのためビタミンC誘導体を化粧品で利用することは、コラーゲンがより作られやすくなる環境作りにはうってつけだと言え、そのことにより肌弾力が維持されやすくなりたるみの予防、改善が期待できると考えられます。

また肌の油分と水分のバランスを整えることで、肌の乾燥を防ぎ潤いを理想的なバランスに保つと言うのもたるみに効果的な理由です。

たるみを防ぐレチノールはナイトケアで使用

肌のたるみには、年齢と共にコラーゲンの減少が原因と考えられます。その他にも肌のターンオーバーの乱れが考えられます。肌のターンオーバーが乱れると肌の生まれ変わりが上手くいかなくなります。そこで役立つのがレチノールです。レチノールはビタミンAの一種であり、肌のターンオーバーをサポートして肌の状態を安定させてくれるのです。

また、レチノールはコラーゲンやエラスチンを生み出す「繊維芽細胞」を活性化させる働きがあります。ですのでレチノールが含まれた化粧品をお使いいただくと、肌にハリと潤いを与えたるみを防止してくれるのです。化粧品に含まれる際は「ビタミンA誘導体」と形を変えたものとなって使用されています。

しかしレチノールは光や熱によって分解されやすい成分ですので、紫外線の影響を受けない夜のスキンケアでお使いいただくと良いでしょう。皮膚を剥離させる働きもあるため、肌がある程度丈夫な方はツルンとなります。

ですが肌のデリケートな方は赤く炎症してしまうおそれがあるので様子をみながらの使用がおすすめです。季節の変わり目も肌は敏感になりやすいので使用は控えた方が良いでしょう。肌の状態を見ながら使用する事とトラブルなくすみます。

たるみを悪化させない正しいスキンケアの方法

お肌のたるみを改善することが期待できる化粧品を使っていたとしても、正しい使い方をしていなければあまり効果が感じられないどころか、たるみが悪化することにもなりかねません。潤いを与えハリのある肌によみがえらせる化粧品をせっかく使うなら、最大限たるみを改善させられるような使い方を心がけましょう。

たるみを悪化させてしまうようなスキンケアは、知らず知らずのうちにしていることも少なくありません。例えば顔を洗ったあと肌を引き締めるために冷水を浴びせたり、コットンに化粧水を含ませてパッティングするなどといった行動は、一見肌を引き締めるために良いと思われがちですが実は効果的とはいえません。たるみを改善させるためには避けたほうがよいでしょう。

肌を傷めないスキンケアのためには顔を洗うなら、ぬるま湯を使ってやさしく洗うようにします。化粧品を使う順番は化粧水・美容液・クリームの順番で油が多いものが後になります。

化粧水や美容液などの化粧品をつけるときには手に適量とって体温で温めてから肌に染み込ませるイメージで手を顔に押し当てるようにつけます。横に移動させる動きなどで擦ったりしないのがポイントで、これはクリームの場合も同様です。

たるみは下から上へ流すのが基本です。

年齢と共に肌にハリや弾力が失われてくると、たるみが生じてくるとスキンケアに力が入りがちになります。特にたるみにはマッサージが効果的と思って、ついつい顔を強く引き上げたり伸ばしてしまうと逆効果になる場合があります。気持ちが焦るのは分かりますが、力まずに優しくマッサージしてゆきましょう。

また、何もつけずにマッサージを行うと肌に刺激を与えてしまうので、クリームを用いて行う事が大切です。クリームを使用するとで肌と指との間にクッションが出来るで肌を傷めません。滑りも良くなるので、力を加えなくてもスムーズにマッサージが行えます。普段使われている化粧品を使用する際も上から下へ付けない事も大切なポイントです。

必ず下から上へ引き上げる様につけてゆきましょう。他にも日常の生活で、髪の毛を洗う際に下を向いて洗わない方が顔のたるみ対策になります。当たり前ですが、下を向くと顔のお肉は下に下がります。その回数や時間が長い事で顔のたるみにつながるので出来るだけ避ける様にしましょう。枕の高さも重要です。

高さがあっていないものは寝返りがしにくく、ある一定の方向ばかりで寝ている可能性が高くなります。偏った寝方をしていると、お肉も片一方に移動しやすくなりたるみの原因につながります。

たるみ防止は表情筋を動かす事

老化と共に肌にたるみは生じてきます。それは地球に住んでいる限り、重力があるため肌も下に下がろうとするのです。そんな時は、顔にあるたくさんの表情筋を使ってエクササイズしてあげると良いでしょう。顔にはとてもたくさんの筋肉が存在するのですが、使われているのはほんの一部だけです。出来るだけ筋肉を動かしてほぐしてゆきましょう。

筋肉は使わなくなると堅くなり重くなって、下に下がろうとするのでたるみの原因となります。口に空気を入れてほっぺたを膨らますだけでもほうれい線が薄くなります。また、顔を上に抜け舌を上につき出すだけでもフェイスラインや首のラインが引き締まります。また両目をギュッとつぶったり、大きく見開いたりするだけでもむくみやすいまぶたをスッキリさせたるみを防止できます。

黒目を上に下に、右に左に動かすことも目も周りの筋肉を使う事になります。他にも口をとじた状態で口の周りを舌で押し上げてあげると口周りの筋肉がほぐれます。口角を左右に交互に上げるだけでも頬の筋肉を使いほぐすころが出来て、リフトアップにもつながります。

以上のように、普段使わない顔の筋肉を使ってあげる事で筋肉が柔らかくほぐれてゆき、筋肉が動きやすくなり状態になってゆきたるみ防止につながるのです。

小じわは伸ばすことが効果的

肌が加齢と共にたるみだし、小じわが出来てしまった時はその部分を伸ばしてあげると良いです。伸ばしながら化粧水やクリームを肌に馴染ませてあげると小じわが段々と薄くなってゆきます。またその小じわの部分だけでなく、スキンケアをする際はとにかく下から上に持ち上げるように行ってください。決して上から下に下げるような方向でスキンケアを行わないように注意が必要です。

また小じわ部分を清潔なスプーンでマッサージをするように伸ばしてあげるのも効果的です。スプーンの湾曲部分が肌にフィットしやすく、小じわを伸ばすのに最適です。しわはクセが付いてしまうとどんどんと深くなります。しわの形状が付かないようにフラットに伸ばすことがポイントです。

また、乾燥するとしわになりやすいのでたくさん潤いを与える必要があります。小じわが目立つ部分は、たっぷり目の化粧品を使って潤いを与えて下さい。そしてたるみを防止するには顔ヨガが良いとされています。

顔の表情筋を動かして顔自体をシェイプアップをはかると、重力により垂れ下がるのを防ぐ事が出来ます。顔の筋肉は普段は一部分しか動かされていません。筋肉が凝り固まらないように、積極的に顔全体の筋肉を動かすためには顔ヨガが効果的です。

ほうれい線は口の周りの筋肉を伸ばしほぐす

ほうれい線があると、途端に老けた印象を与えるのでなくしてゆきたいものです。ほうれい線は主に肌のたるみが原因で出来ています。ですから、口周りのリフトアップが必要とされるでしょう。口周りのリフトアップに効果的なのが、とにかく口角をあげて笑う事が良いとされています。口をへの字にしてしまう癖がある方は口角が下がりやすくほうれい線もできやすいです。

他にも頬を両手で持ち上げ、肘をつく癖がある方、片肘をつく方もほうれい線が付きやすいです。意外に朝にほうれい線がクッキリついている事もありますよね。それは寝ている間にどちらかに顔を傾けていたりすると付きやすくなります。枕の高さによってもほうれい線が付きやすくなる事もあるので、寝返りがしやすく高すぎない枕が好ましいとされています。

毎日歯を磨き終わったら、歯ブラシのブラシの反対側で口の周りの筋肉を口の内側から持ち上げてほぐしてあげると筋肉がほぐれますし、伸ばすこともできるのでほうれい線が薄くなります。口の周りの筋肉や頬の筋肉は普段はあまり動かされていません。

ですので、筋肉を使っていかないと堅くなり下に下がろうとします。それがたるみの原因となりほうれい線となってゆくので、普段から積極的に筋肉を動かしほぐし、伸ばしてゆくとシワが付きにくくなりリフトアップも望めます。