ついにドレッシングもスムージーの時代が!?

スムージーと言えば、ダイエットや健康、美容のために摂取する飲み物というイメージがあります。しかし、スムージードレッシングというドレッシングまでスムージーが活用されるようになっています。

ただの味付けから進化したドレッシングを味わってみましょう。

ここ最近スムージーが大人気!

スムージーは、ダイエットから健康、美容まで様々な用途で活用されています。これは、スムージーには多くのメリットがあるからです。まずは、色々な野菜や果物を使用しているため、多種類のビタミンや栄養素を含んでいるということです。

また、それに伴い食物繊維も豊富に含まれています。現代人は食生活が偏りがちですので、食物繊維が特に不足してしまいがちです。それを代用するために、スムージーが有効活用されているケースがあります。

さらに、最近はスムージーに含まれている酵素にも注目が集まっています。酵素の働きにより、体内の臓器などが活発に作用することにより、美容だけでなくアンチエイジングそのものにも有効に働くということが分かっています。

スムージーダイエットはもはや定番

少し前までは、野菜スープダイエットが流行していました。野菜スープダイエットは、野菜に含まれる栄養素と、スープによる水分を摂取することにより、他の食品の代用をするものです。そのため、トータルでの摂取カロリーが少なくなるというものでした。

こういったダイエットは、食事量を減らすのではなく、無理なく摂取カロリーを減らすことができるので人気を集めていました。ただし、野菜スープを毎日作るのは面倒だというデメリットもあります。それを解消してくれるのがスムージーダイエットです。

スムージーは手軽に作ることができるうえ、野菜スープよりも食物繊維が豊富にあり、さらに凝縮されているので、より多くの栄養素を取り入れることができるので最近の主流になっています。

最新ではドレッシングがスムージー

スムージーはもともとは野菜ジュースのように健康のために飲むことから始まっています。その後、野菜スープのように食事の代替としてダイエット目的で活用することも始まりました。

スムージーを味噌味にして温めると、まるで味噌汁のように味わうことができますので、一品料理としてもとりいれることができます。スムージー関連の商品は多く開発されており、最新の製品ではスムージードレッシングまであります。

スムージードレッシングは、ドレッシングにスムージーを取り入れたものです。ドレッシングはオイルベースで、玉ねぎやニンジンなどは味付け程度に入れていましたが、スムージードレッシングでは、多くの野菜から作られているので、サラダをさらに栄養豊富なものに仕上げることができます。

新発売!日清オイリオのドレッシングが話題

最近ではスムージードレッシングが話題となっています。スムージードレッシングでは、数多くの野菜や果物を使用していることが特徴で、従来のドレッシングにない味わいがあります。

ドレッシングは本来、酸味を強調したもので、サラダに使用することが用途でした。しかし、スムージードレッシングは、豊富な味わいがあるため、サラダだけでなく、色々な食品に味のアクセントをつけるものとして活用することができます。

日清オイリオのスムージードレッシングでは、現在三種類のドレッシングが発売されています。トマトとレモン、キャロットとオレンジ、チーズとグリーン野菜をそれぞれベースとしていて、他にも色々な食材が使用されていて深い味わいがあります。

オリーブオイルと15種類の野菜のスムージードレッシング

日清オイリオのスムージードレッシングでは、香り豊かなバージンオリーブオイルと、野菜や果実などの15種類の素材を使っています。それにより、どの製品も深い味わいがあることが特徴です。

スムージードレッシングは自宅でも作ることはできますが、これだけ多くの食材を取り揃えることは大変です。野菜や果物は日本では高いので、15種類もドレッシングのために購入することは現実的ではありません。

このように、多くの食材から栄養素を摂りいれたい場合は、市販のスムージードレッシングを購入するといいでしょう。このドレッシングを使用することで、普段より食事がより豊かになるはずです。たかがドレッシングですが、味を際立たせる重要なツールです。

公式サイトにはアレンジレシピも豊富

日清オイリオのホームページを開き、スムージードレッシングのページを表示させると、現在では3種類のドレッシングの情報を見ることができます。さらに、それぞれのドレッシングに対応する参考となるレシピが掲載されています。

例えば、トマトとレモンのドレッシングの場合、パンケーキに活用したり、また、豆腐料理に活用したりしています。なかなかドレッシングでこのような食材で活用することは想像できませんが、参考レシピを見てみると、イメージが湧いてくるのではないでしょうか。

他にも色々なレシピが掲載してありますので、ぜひ参考にしてみてください。これらからヒントを得て、自分なりのアレンジレシピを作ってもいい一品ができるでしょう。

ミキサーに食材を入れれば自分でも作れる!

スムージードレッシングはミキサーがあれば自宅でも作ることができます。確かに市販のスムージードレッシングでは多くの食材を使用しています。このような多くの食材を自分で用意するのは労力ばかりでなく金額的にも現実的ではありません。

しかし、スムージードレッシングは、多くの食材を摂りいれなければいけないというわけではありません。数種類の食材でも良いのです。自宅でスムージードレッシングを作るメリットは、新鮮な野菜をその日のうちにドレッシングとして味わうことができることです。

作り方は簡単で、オリーブオイルに食材をミキサーに入れるだけです。ポイントとしては、酸味を入れるためにレモンを加えると、ドレッシングぽく仕上がります。

大根や玉ねぎと青じそドレッシングでサッパリ風味のドレッシング

ここで、自宅でのドレッシング作成の参考としてレシピを紹介します。使用する食材は、大根または玉ねぎと青じそです。大根や玉ねぎは、癖が無い食材で、口に入れてもさっぱりとしています。季節によっては、辛みがあるかもしれません。

できるだけ甘みのある大根や玉ねぎを使用しましょう。そうすることで、ドレッシングにも旨味が出てきます。作り方は簡単で、上記で説明した通り、ミキサーの中にオリーブオイルと食材を入れて混ぜるだけです。

この時、青じそを少し入れることで、風味が出てきます。大根や玉ねぎだけだと、甘みがあったとしても、鼻にくる辛みはどうしても取り除くことができません。それを消し去る効果がある青じそを取り入れることで、完成度が高くなります。

冷蔵庫に常備できるのも魅力

市販のスムージードレッシングは、冷蔵庫に保管することができます。賞味期限も通常のドレッシングとほぼ同じですので、焦って使うことはありません。ですから、普段のサラダに少量使いながら、長期間で続けて使用することもできます。

自分で作ったスムージードレッシングも、その日のうちに使い切らないといけないわけではありません。だいたい1週間程度は冷蔵庫に保管していても大丈夫でしょう。それは、オイル付けにしてあるため、痛みにくいからです。

自宅で作った場合には、どうしても余ってしまうことがあります。特に少ない家族でしたら、一回に使用する量が少ないので、数回に分けて使うしかありません。そのような場合でも冷蔵庫に保管すれば十分日持ちはします。

野菜にはもちろん魚などにも使ってみて

スムージードレッシングはドレッシングですので、基本的にはサラダに使うものです。しかし、参考となるレシピを見てみると、色々な食材に使用されていることが分かります。サラダだけでなく、肉や魚にも使うことができるのです。

例えば、魚にドレッシングを添える場合、フランス料理のソースのように使用することもできます。このように、スムージードレッシングの使用用途は無限大にありますので、色々なアイディアを自分自身で発見してみましょう。

参考レシピでは、味付けのソースとして使用していることが多いのですが、場合によっては調味料として使用できるかもしれません。それは、スムージードレッシング自体に多くの種類があるからで、色々試してみるのもいいでしょう。