つけるだけで美しいくびれが手に入る!コルセットダイエットの4つの効果

近年、いろいろな場で耳にすることも増えてきたコルセットダイエットという言葉。ただコルセットを着用すればよいわけではありません。コルセットには医療用からファッションアイテムに至るまで、さまざまな種類があります。

また、形状や締める強さによって着ける位置や得られる効果なども変わるものです。そのため、使い方や種類、効果的な着用方法を正しく理解しなければ、コルセットを着けている意味がなくなってしまいます。いざダイエットを始めたとき困ることがないようにしたいものです。

そこで、ダイエットに適したコルセットの選び方や使用方法を詳しく紹介します。さらにメリットはもちろん、安心して取り組めるよう、デメリットや注意点についても見ていきます。

コルセットを1日6時間程度着けるだけなので簡単です

巷には色々なダイエット法がありますが、できるだけ気楽に継続できる方法が望ましいので色々と摸索している人も多いのではないでしょうか。そんな中注目を集めているのがコルセットダイエットで、コルセットをつけた状態で生活するという実に手軽なものです。

どのような方法で行うのかと言うと、自分のウエストより2、3センチくらい細いものを着用します。1日に3時間から6時間程度着けるだけで、慣れるまでは3時間くらいから始めるとよいでしょう。着けていると汗をかくので、水分補給をしっかり取るのがポイントですね。

このダイエット法はコルセットを着用するだけでスリムに見え、締め付けられた体は食べ物を食べた際、満腹を感じやすくなります。結果、腹8分目かそれ以下の食べる量で満足することができ、摂取カロリーを抑えることができるわけです。1日中コルセットを着けているわけではなく、背筋が伸びる程度に締めるだけなので気楽に始めることができますよ。

コルセットダイエットをすると開いていてしまった骨盤を矯正することができ、体が締め付けられるので姿勢が良くなって痩せやすい体になることが可能です。厚着をしていることになるので汗をかきやすくなり、デトックス作用により肌がつるつるに効果も得られますよ。

コルセットダイエットの口コミ調査

コルセットダイエットの口コミの割合ですが6:4で評価する意見が多く寄せられてました。良い口コミとして、付けているだけで脂肪を燃焼する効果が得られるので余分な手間をかけずに痩せられたとする意見がありました。その一方で、元から骨盤ががっちりした体格の人にとってコルセットダイエットは苦行としか言い表せないほどきつかったとする意見が見受けられます。

これらの口コミから人によって向き不向きがはっきり現れるダイエットであることが分かります。どうしてもこれで痩せたい人は自分の体型にあったコルセットを選びましょう。そうしないと大きすぎるとダイエットの効果がなく、一向に痩せません。余裕がありすぎて逆に油断を招くからです。それ以上に小さすぎるのは問題です。

対象者が若年層であれば成長を意図的に止めてしまうのでいびつな体型になってしまいます。一度固定してしまうと元に戻らない危険性もあるので出来れば成人後で明らかに身長の伸びが止まったと確信できるまではやめておいた方がいいでしょう。

ずれた骨を治すのに何年かかって接骨院に通わなければなりません。時に骨と骨がすり減る時に起こる痛みに我慢しないといけないことを思うと用心しすぎることはありません。自分の体と相談してできる範囲で取り組みましょう。

血流の変化には注意が必要

コルセットダイエットを始めてみたいけれど、自分の身体に合っているダイエット法なのか不安だという時には、まずは自分が貧血か確かめてみる事をおすすめします。身体を強く締め付ける事になるダイエット法なので、自然と全身の血流が悪化してしまい、貧血気味な人だと頭がフラフラしてしまう事もあるためです。

貧血気味というわけでもなく、普段から血流が良いという人であれば、身体を締め上げる効果の凄さを実感する事ができます。普段から貧血で悩まされている人が、このダイエット法をどうしても実践したいのであれば、まずは貧血を改善する事が最優先だと考えてください。

いつも便通に悩まされていない人にもコルセットダイエットは向いており、もし便秘気味なのであれば、腸の動きが悪くなる可能性もあるので注意が必要です。そこまで腸の動きに悪い影響を与えてしまう心配はありませんが、元々から腸の動きが悪い人がコルセットを巻くと、便秘が更に悪化してしまう場合もあります。

健康的な体質の人が行うのであれば、減量効果を実感しやすいという点も忘れずに、自分が身体にコルセットを巻き着けるべきか考えてみてください。食事内容を工夫する事も忘れなければ、短期間での減量を目指す事もできます。

やり方が簡単なダイエット方法

簡単に効果を得る事が出来るのがコルセットダイエットです。1つ目の効果は即効性が高い事で付けた瞬間から細いウエストを手に入れる事が出来ます。女性の贅肉は非常にやわらかいので簡単に型に収まって動かなくする事が出来るので型にそった体のラインに作り変える事が出来るんです。例えば結婚式などの出来るだけ綺麗に自分を見せたい時に簡単にライン補正出来るのは有難い効果です。

またダイエットにおいて食事量が多くなってしまうのは大敵ですが、身に付ける事で胃の辺りを締め付ける事が可能です。当然締め付けられれば食事を大量に摂取するのはきつくなるので、総カロリーを減らす事が出来ます。コルセットを付ける事で血流を上げる事が出来て新陳代謝を上げる事が出来て、基礎代謝量も上がります。

使うエネルギーが増えますから食べる量が減ることの相乗効果で痩せる事が出来るのです。姿勢も良くなるので使う筋肉をきちんと使う事が出来て、余計な脂肪も付きにくくなります。身につけている事で通気性は悪くなり汗をかきやすくなります。痩せる上で汗をかくことは非常に重要で、血流も上がります。付ける時間は3時間から6時間程度で十分効果を発揮する事が出来ます。

コルセットダイエットの実践方法

コルセットダイエットでは初めからコルセットを長時間つけて行うのは難しいため、初めての場合は着ける時間は3時間ぐらいにするのがベストです。

それから徐々に、着用時間を延ばしていき6時間に到達したら夜間の間も着用するようにするといいです。ただし、6時間を超えてくるとかなり体に負担がかかりますから、6時間以上の着用に挑戦する場合は注意がいります。

また、就寝時にコルセットを着けるとうまく快眠できなくなって、成長ホルモンの分泌が妨げられ、その結果ダイエット効果が妨げられるという本末転倒なことにもなりかねませんから、調子をみながら着けてみる必要があります。それに、就寝時に着けているとあせもができやすくなるので美容の面でもあまりおすすめはできません。

コルセットを長時間着けていると、筋肉がどうしても衰えてしまうため美しいプロポーションをつくるのであれば、腹筋や背筋のトレーニングを積極的に取り入れる必要がありますし、着用時は背中からどんどん発汗していきますから小まめな水分補給も重要です。

以上のように、コルセットの着用はダイエットに効果がある半面で、つけかた次第ではデメリットも多数包括されているので少しずつ自分の体調と相談しながら着用するのがいいと思います。

コルセットの夜間着用に関する注意

コルセットを着用する際に、少しでもダイエット効果が上がることを期待して、夜間の就寝時でもコルセットを着用しようとする人はいると思います。確かに、長時間着用することになるので高いダイエット効果が期待できますが、そこには大きな落とし穴があります。

まず、就寝時に身体を締め付けるコルセットをしてしまうと睡眠中も苦しい感覚が続いてしまうので就寝時に分泌されるはずの成長ホルモンの分泌が妨げられます。その結果、脂肪の燃焼といったダイエット効果が期待できなくなるケースがありますし、肌荒れなどの美容の大敵にもなりかねないので注意が必要です。

また、コルセットは着けていると背中に汗をかいてしまうので、寝ている間につけていると背中にあせもができやすくなり、健康面でもよろしくありませんし汗かきの人なら最悪、脱水症状を引き起こしかねないので十分用心して着けることが大事です。

以上のように、夜間につけること自体には問題はありませんが、就寝時には着用してしまうと、ダイエット効果どころか最悪の場合脱水症状によって救急車で搬送されることにもなりかねないため、できることならば、コルセットの着用は昼間だけにするべきだと思います。

コルセットでダイエット

コルセットを装着した瞬間から細く見える効果だったり、食事量が減ったり姿勢が矯正されてリンパの流れが良くなり代謝が上がったり、それによって汗をかきやすくなったりと、ダイエットをしようと思っている方にとって良い効果ばかりです。そのような効果をしっかりと実感するためには、コルセットの巻き方に気をつけなければなりません。

はじめから効果をしっかり得たいからと強く巻きつけてしまうのは体を痛める可能性がある為良くありません。緩めに巻いて、徐々に慣れてきたら強く巻くようにしていってください。コルセットを装着する前にぴったりした下着をつけます。これは紐が血流を妨げるのを防ぐためです。

コルセットを上下に揺するように動かして、背中の編み上げ紐を楽に胴体に巻きつけられる程度まで大きく広げてください。そのまま体に巻いて、右手に持った側を左手に持った側にかぶせるようにしてフロントの留め金を1つとめます。

ウエストループを左右に引っ張って緩みがなくなるまで締めます。その状態で15分程度のウォーキングなどをして体を動かし、コルセットの紐にかかっていた張力を均等にします。そこで全体的に緩んできたら再度締め直してください。

サイズの合うコルセットを選ぶ重要性

腰のくびれを作りたいけれど、ウエストを痩せさせる運動法が効果を発揮しなくて困っている時に、コルセットを使ったダイエットを始める人が増えています。しかし腰を締め上げれば、必ず腰のくびれを作れるというわけではなく、器具の選び方を間違えてしまうと内臓に負担をかけるだけで終わりかねません。

元々から腰が太くないという人は、SサイズではなくXSサイズなどの更に小さな器具を選んでおけば、コルセットダイエットの効果を高めやすくなります。締め付けが十分ではないと感じた時にはXSサイズを選ぶだけでなく、器具を巻き付ける高さを変えてみる事も重要です。

コルセットを装着する位置が低すぎたせいで、上手く固定する事ができなくなって、ダイエット効果が実感できなかったという人も珍しくありません。すでに腹部に大量の脂肪が付いている人は、Lサイズの上のXLサイズなども試しながら、血行が悪化しないよう注意が必要です。

腹部を締め付けすぎたせいで肌が紫色になったり、気持ち悪く感じるようであればサイズを少し下げてみる事をおすすめします。温熱効果を期待できるコルセットを選んでおく事でも、発汗作用による脂肪燃焼効果が期待できるので、腹部を温めやすいものを選んでみてください。

コルセットは通信販売で購入しましょう

ダイエットで使用するコルセットは、どこでどのようにして購入すればよいのでしょうか。購入の際には専門店で店員に相談をするのがおすすめなのですが、地方に住んでいる人が実店舗で購入することは難しいかもしれません。そのような場合にはインターネットなどの、通信販売を活用してください。

インターネットで「コルセット」を検索をすると、コルセットを取り扱う様々なショップが見つかります。それぞれのショップをじっくりと比較・検討して、自分の希望に合致する最適なショップを選択しましょう。サイズ選びについては現在の自分のウエストサイズから、10cm~15cmを引いた数値が目安となります。

ダイエットが目的の場合にはサイズが小さいものを選びたくなるかもしれませんが、あまり小さすぎると苦しくて長時間装着することができなくなりますので、くれぐれも適正なサイズのものを選んでください。

実際に購入をする際には、返品や交換が可能なショップを選ぶのが重要なポイントになります。コルセットはそれぞれサイズが異なりますし、目安となるサイズに合わせて購入をしても個人差により体に合わない場合などがあります。体に合わないコルセットは様々なトラブルの原因になりますので、違和感を感じる場合には返品や交換を申し込むようにしましょう。

様々な種類のコルセット

コルセットをダイエットのために選ぶのであれば、自分のウエストサイズの−10cmから−15cm程度のものを選ぶのが普通ですが、初めて使う人や筋肉質の人は−10cmほどのコルセットを選ぶと無理がなくいいと思います。

また、誰でも簡単に入手できるコルセットと同じようなダイエット効果をもたらすダイエットスーツに関しても、商品の種類も様々で効用も異なっています。

まずは、Vアップシェイパーですが、この商品は着けていると本場のコルセットのようにすごくきついという状態にはならず、ちゃんと自分のウエストに合ったサイズを選べば適度な圧迫感を得ることができるので食事量が減ってダイエットにつながります。それに、締め付けによって姿勢もよくなるので猫背の人が着用するのもいいと思います。

次にシェイプスーツですが、この商品も適度な締め付けを与えてくれる品物で、特にお腹の横の筋肉が鍛えられるので、腹横のぜい肉を落としたい人におススメです。また、このスーツは発汗効果を促すサウナスーツとしても使えるので、これを着ながらエクササイズをすれば汗をしっかりかいて脂肪燃焼効果をさらに高めることができるので便利です。

以上のように、コルセットと同様の効果が期待できる有名な2つのダイエットスーツはどちらを選んでも効果的面であると判断できます。

コルセットとダイエットスーツの違い

しっかりとしたサポート力とくびれ作りの力で評判が高いコルセットですが、なかなか市販されていないのが辛いところです。そこで、何か他のもので代用できないかと考える方も多いでしょう。そんな時、多くの方が閃くのが『ダイエットスーツで代用してみてはどうだろう?』というアイディアではないかと思います。

ダイエットスーツとは、補正下着の一種です。形には色々な種類がありますが、キャミソール型やボディスーツ型など、ウエストやお腹周りなど引き締めたいところをカバーする形のものが多く市販されています。コルセットとの大きな違いは、その素材にあります。

コルセットは全く伸びない硬めの素材でできており、ウエストをぎゅっと締め付けるのに適しているのに対し、ダイエットスーツはそこまで硬くなく程よい伸縮性のある生地で作られていることがほとんどです。これは一日中装着していることを考慮し、体調や血行に配慮した作りになっているためです。

しかしその結果、コルセットほどの矯正力や締め付け感は得られないということがお分りいただけると思います。従って、ウエストをぐっとくびれさせることに特化したコルセットの代用品として、ダイエットスーツでは少し役目不足だという結果になります。

コルセットダイエットは男性にも最適

コルセットというと女性的なイメージがあるかもしれませんが、医療的なコルセットの場合は、当然男性も使用します。ではダイエットに使用するコルセットというのはどうでしょうか。実は男性にも十分な価値がある方法の1つです。

腹部というのは、力を入れないでいるとどんどんたるんで行きます。しかしベルトでしめるとお腹がきつくなり、たくさん食べたくても食べられないこともあります。食べられない状態を作ることにより、食事からの摂取カロリーを減らし、ダイエットの成功へ導くのですね。

男性の中には、暴飲暴食をするという人やお酒を飲むという人も少なくありません。そのためついつい胃袋は大きくなりがちです。しかしながら、コルセットでしっかりと腹部を保持、またしめることにより、胃袋もある程度しめることができるのです。その結果、お酒の飲み過ぎや暴飲暴食を抑えることが出来るようになります。

またコルセットを着用すると、姿勢が良くなりますね。腰の曲がりを防いで、正しい位置に保持してくれるので、自然と姿勢が強制されるのですね。その結果姿勢を正することによって体幹を刺激し、インナーマッスルを鍛えることができるのです。
つまり女性だけではなく、男性にも効果的なダイエットの1つといえるでしょう。

コルセットダイエット

寝ている時も起きている時も24時間付けておく事が出来るのが、コルセットダイエットの大きなメリットです。服の下に付けるので、付けていても他人からは見えませんし、コルセットダイエットを行うと身体が引き締まって見えるので、細身なシルエットになるのも魅力です。特に激しい運動を必要とする訳でもないので、挫折する心配もありません。

姿勢も自然と正しくなるので、綺麗な姿勢を自然と保つ事が出来るようになります。姿勢が良いと周りからは良く見られるので、見た目の印象が更にあがります。食事制限を行う必要もないので、好きな物を我慢する必要もなく、ストレスを溜める事もありません。普通のダイエットに比べるとストレスを感じずに続けていく事が出来るのがコルセットダイエットです。

更にコルセットダイエットはコルセットを購入するだけで直ぐに始める事が出来るので、初期投資があまりかかりません。運動とは違うため、ジムに行く必要もないので、自分の時間を持つ事が出来る為、時間を拘束される心配もありませんので、安心です。更に身体を締め付ける事により、くびれが出来るようにもなるので、メリハリのある体つくりを行えるのも魅力の一つになります。

コルセットでダイエットするのにデメリットは?

コルセットによるダイエット方法には、二つのデメリットがあります。

一つ目のデメリットは、コルセットの締め付けにより肌がかぶれたり、色素沈着を起こす可能性があることです。コルセットというのは、腹部を締め付けるために行います。締め付けることにより、胃の許容量を小さくすることができ食事摂取量を抑えることができるのです。また腰部も保持することができるので、姿勢が良くなり体幹を鍛えることができます。

しかしコルセットを締め付けることにより、布地が皮膚を圧迫し、かゆみが出たり、赤くなることもあります。それがこすれると皮膚に傷がついてしまうことも!そのためコルセットを着用する時のデメリットは、肌への負担がかかるということなのです。

二つ目のデメリットは、外した時に反動がでて、リバウンドをする可能性があるということです。装着しているときには、胃部や腹部が締め付けられているので、圧迫感があり、食事摂取量を抑えることができます。しかしながら、それを外した途端に、腹部の圧迫がとれるので、食欲が出る、また食べると止まらないという可能性もあるのです。

いかに装着していない間自己コントロールすることができるかということがポイントです。

コルセットダイエットで気を付けたいこと

コルセットダイエットをする際の注意点は、締め付けすぎる点が挙げられます。コルセットというと中世ヨーロッパのようなウェストを極端に細く見せるためのものと考えられがちですが、無理に締め付けすぎてしまうと血流を阻害したり皮膚トラブルになることもあります。適度な締め付け感で無理のない楽な付け心地の製品を使うのがポイントです。

コルセットダイエットをすると食べ過ぎを防ぐことが出来ますが、着けていない時に食べ過ぎてしまうリバウンドが起こることがあります。又、着用しているときに頼りすぎると外した時に姿勢が悪くなるケースが見られますので、コルセットに頼りすぎない生活が重要です。

通常寝ているときには外して生活するスタイルですので、着用しているときに動かすことのない部分のストレッチをするなどして筋力が低下するのを防ぎましょう。コルセットダイエットの注意点としては、着用する際に一枚内に肌着を身に着けると皮膚への刺激を防ぐことが出来ます。

特徴としてつけ心地が固めですので、柔らかい肌着などを一枚中に着ておくと、肌への着用感を和らげることが出来ます。締め付けすぎも良くありませんが、緩めすぎても効果が得られませんので適度な締め付け感を意識しましょう。