とにかくすぐに痩せたい!1日でできる超短期ダイエット方法

女性にとってダイエットは永遠のテーマと言っても過言ではありませんが、中には緊急に1日で痩せたい事情のある人もいます。1日で痩せることは可能なのか、可能ならどんな方法でダイエットできるのか等を知り、役立てていきましょう。

1日で痩せるにはどうすればいい?

一般的に身体に蓄積された脂肪細胞を落とす場合、何週間あるいは何ヶ月も時間をかけて少しずつ落としていくことになります。蓄積された脂肪細胞は頑固に固まっていることが多く、1日くらいダイエットした程度ではビクともしません。

美容整形外科などで、直接脂肪を切除したり吸引するでもしない限り、目に見えて脂肪を落とすのは難しいでしょう。少しでも良いから痩せたいという場合は、1日で痩せるために食事の摂取量を減らしたり、運動を長時間続けると言った方法もあります。

食事制限は栄養バランスが乱れがちなので身体に負担がかかってしまい、長期間続けるのは避けたいところですが、1日で痩せたい場合には効率も良く向いていると言えるでしょう。

ダイエットというよりは体の水分量を減らす

ダイエットと言うと、基本的には皮下脂肪や内臓脂肪を燃焼させて質量を落としていくことを目的にしています。脂肪の燃焼は非常に効率が悪く、どうしても時間がかかってしまいます。

このため、1日で痩せたいと考えるなら脂肪を減らすダイエットというよりも、体内に保たれている水分を減らして体重を減少させるという方法が現実的ということになります。私たちの身体は、実に体重の8割近くを水分が占めていると言われています。

この水分をできる限り減少させることができれば、脂肪が減らなくても体重自体を軽くすることは可能です。ただ、あくまでも水分が減っただけなので根本的な解決にはなりませんし、脱水症状など危険が及ぶ可能性もあるので注意が必要です。

1日で体重を減らすにはどんな方法がある?

1日で体重を減らしたい場合、上述したとおりまずは体内の水分量を減らすというのが現実的な方法になります。水分量を減らすためにはいくつか方法がありますが、汗や尿など身体から排出させる量を増やすといった方法と、摂取する水の量を減らすという方法に分けられます。

私たちがスムーズに生命活動を維持していくためには、摂取する水分は欠かすことができません。特に夏場など、水分補給を怠っているとあっという間に脱水症状や熱中症になってしまい、命に危険を及ぼしてしまう可能性もあります。

痩せるために健康を損なっては元も子もないので、水はしっかり飲みつつ、体外へ排出する水分量を増やすといった方法を積極的に実践したほうが良いでしょう。

長時間入る?半身浴?お風呂を使う

汗はごく僅かな量と言うイメージが強いですが、体中から流れ出す汗を全て集めると以外にも大量の水分となります。汗をかくのに最も手軽で効率の良い方法と言えばお風呂が挙げられますが、入浴方法にも注意が必要です。

少しでも多く汗をかくために長く熱いお風呂に入ったほうが良いと考える人が多いでしょうが、実はそれでは思うように汗をかかず、身体への負担ばかりが増してしまいます。そこでお勧めなのは、温めのお湯をお腹のあたりまで入れて長時間浸かる半身浴です。

これなら身体に負担がかかりませんし、下半身がぬるま湯に浸かっているだけでも驚くほど汗をかきます。一定時間ごとにお風呂から出るのと入るのを繰り返すと、より血行が促進されて発汗効果が高くなります。

とにかく走って汗をかく

半身浴は1時間から2時間程度行う人が多いですが、そんなに時間をかけられないしお風呂に浸かっているだけでは退屈だという人には、とにかくランニングをして汗をかくという方法もお勧めです。

走るというのは全身運動になるため血行も非常に良くなり、気温が高めな時期は特に汗を多くかくことができます。しかもランニングは手軽に高い消費カロリーを得ることができる運動なので、汗をかいて水分量を減らしつつ脂肪も燃焼させられるという一石二鳥の効果が得られます。

景色を楽しみながら汗をかくことができますし、早く走れば時間もそこまでかからないので試してみると良いでしょう。雨の日や猛暑の日などは無理に走ると危ないので、ジムなどでランニングマシンを使うのも良いでしょう。

短時間で汗をかくならサウナが効率的

仕事や予定が詰まっていて忙しく、運動や半身浴に時間をかけられないという人は、サウナを使ってみましょう。サウナはスポーツジムや岩盤浴施設、スーパー銭湯などによく設置されているので意外と手軽に入ることができます。

言うまでもなく、サウナの中は非常に高温多湿に設定されており、その中にじっと座っているだけでも自然と大量の汗をかくことができます。30分もかけずに服がぐっしょりと濡れるほどの汗をかくので、時間が無い人でも効率的に実践することができるでしょう。

ただ、サウナの場合は一気に汗をかいたり体温が上昇してしまうので、体調不良を起こしやすいという問題もあります。実践する場合は適度に水分補給をしたり休憩を取るなどして、安全に行いましょう。

溜まったものを出す!排泄効果のあるものを飲む

体内に溜まった水分をまとめて排出するのに最も役立つのが、排泄です。誰でも多くの水分を摂れば自然とトイレに頻繁に行きたくなりますが、水分をそこまで摂っていなくても排泄したい場合は利尿作用のある飲み物を積極的に飲むようにしましょう。

高い利尿作用で知られる飲み物としては、コーヒーやアルコール、緑茶などが挙げられます。直接利尿剤などの医薬品を飲むよりも体への負担が小さいですし、ごく一般的な飲み物なので副作用の心配もありません。

ただ、いずれも1日に10杯近く飲むなど過剰に摂取すれば、身体に別の悪影響が現れてしまう可能性もあります。あくまでもトイレに行きやすくするために多めに飲むという意識に留め、飲み過ぎには注意しておきましょう。

1日なら食べない!水だけ飲む

脂肪の他に体重に大きな影響を与えているものと言えば、毎日の食事が挙げられます。食事は意外と重量があり、3食しっかり食べてしまうとかなりの重さになってしまいます。1日で痩せたいとダイエットを頑張っている人なら3食しっかり食べることはないでしょうが、徹底的に取り組みたいなら丸1日絶食してみましょう。

人間は、1日くらいなら何も食べなくても栄養失調になってしまうことはありません。むしろ1日断食することで体内の代謝や消化機能が良くなり、便秘が改善したり肌の調子が良くなるなど嬉しい効果もあります。

単純に考えても、摂取するはずだった重量を増やさずに済むので非常に効果的だと言えます。ただ、脱水症状にならないよう、絶食しても水分だけはきちんと摂取するようにしましょう。

1日で何キロくらい痩せることが可能なのか

1日だけ食事を摂らず、汗や尿などを積極的に体外へ排出する努力をした場合、前日までと比べて1キロから2キロ程度は痩せることができます。もともとの体質や太り具合にもよりますが、そこまで劇的に痩せることはできないでしょう。

水分をため込みやすく浮腫みやすい体質であった場合、水分の排出を促すことで3キロ以上痩せることができる可能性もありますが、稀なケースだと言えます。また、あくまでも水分や胃の中身を減らしただけなので見た目はほとんど変わらず、体重に変化が出るだけです。

とにかく体重を減らしたいという場合はそれでも良いのですが、見た目を変えたい場合は長い時間をかける必要があるということを覚えておきましょう。

体調を崩さないようアフターフォローをしっかりと

1日とは言え、水以外何も食べなかったりきつい運動をする、サウナに長い時間入るといった行動は身体に想像以上のダメージを与えてしまうこともあります。いざ目的を果たしたとしても、その後に何らかの体調不良を引き起こしてしまう可能性もあります。

せっかく痩せても体調を崩しては元も子もないので、1日ダイエット後も体調管理には十分注意しておくようにしましょう。絶食後はいきなり食べるのではなく、おかゆやスープなど消化の良いものから始めたり、ゆっくり睡眠を摂って体を休めるなどのアフターフォローを行うようにしましょう。

1日で痩せるのは難しいうえに身体への負担も大きいので、出来れば日ごろから体重管理をしっかり行っておくと良いでしょう。