どのくらいのダイエット効果が得られる?10日間で痩せる方法まとめ

ダイエットは、長期間で行うことが必要としている方法が多く、10日で痩せられる量は少ないです。できれば短期間で痩せたいと思ってしまうのですが、ただ、そのような方法はあるのかどうかが疑問です。では10日で満足できるほど痩せるダイエットはあるのでしょうか。

10日でも効果があるダイエット方法

10日でも効果があるダイエット方法は数多く存在しています。ダイエットの基本となる、食事管理と運動をするだけでも、10日で痩せる効果を得られますし、食べるだけで痩せる方法の中でも可能としている場合もあります。

効果だけを見ると10日でも十分なのですが、ただ、満足できるほど痩せるのかどうかは別の問題となります。10日間でできるだけ多く痩せたいとしている場合、厳しいダイエットをしていなければいけません。

健康面に問題があるのかどうかは別としてなら、極度な食事制限と運動をすることで可能になります。しかし、ただ痩せれば良いというわけではありませんので、10日間で満足できるほど痩せるのは非常に難しいと理解しておくことが大事です。

10日でできるファスティングダイエットとは

10日で痩せられる方法の一つとして、ファスティングダイエットがあります。ファスティングとは、英語のfastからきていて、fastは断食する、絶食するという意味となります。ファスティングダイエットは、断食をして痩せようとする方法で、厳しいダイエットだけれども効果は高いです。

断食をすることによって、胃腸を休ませる効果があり、それにより本来の働きを取り戻してくれます。胃腸を休ませることで、消費に使われていたエネルギーが細胞の再生や修復に使われるようになります。今までとは違うエネルギーの使い方をすることにより、代謝が活発になりその結果痩せやすい体質にすることができます。

極度なカロリー摂取量を減らし、なおかつ脂肪燃焼しやすい状態になるため、短期間でも望むほど痩せることも可能となります。ただこのファスティングダイエットは、注意点が多く、闇雲に行うと健康面に問題がでますので、正しい方法を知ってから始めるようにしてください。

10日で痩せられるのは何キロまで?

10日で十分に痩せられるのなら痩せたいけれども、一体どの位まで痩せることができるのかが気になるところです。では10日間でどのくらいまでなら減らせるのかですが、多くても10キロほどになります。その人がどのくらい脂肪がついているのかにより異なりますが、脂肪燃焼にも限界はあり、人間ができることにも限界はあります。

極限の状態でダイエットすれば、1日に4キロほど減らすことは可能です。しかしいくら極限ダイエットを10日間行ったとしても、後半になると生命を維持するためにもエネルギー消費を抑えるようになるため、体重の減る量が少なくなり、20キロ以上痩せることは相当難しくなります。

さらに、極限ダイエットを10日続けることは困難となり、あらゆる限界を考えた場合、頑張っても10キロほどになります。10キロ痩せられれば良いと思うかもしれませんが、これはあくまでも健康を無視した場合ですので、その点を理解しておいてください。

10日で体重の5%を落とすには?

10日間で体重の10%落とすことは、相当難しく、健康面を考えた場合、避けなければいけない体重減少スピードです。では半分の5%を落とそうとした場合、どうしたら良いのかですが、断食が有効方法となります。

断食をすることにより、カロリー摂取量を大幅に減らすことが可能となります。カロリー摂取量を抑えることができれば、脂肪燃焼するスピードも早くなり、10日で5%ほど落とすことも可能です。ただし、断食は方法を間違えるだけでも健康面に問題がでますので気をつけなければいけません。

また、痩せる可能性を高めるためにも、カロリー消費にも注目して運動や日常生活で歩く量を増やすなどする必要もあります。危険性、そして辛いダイエットをする必要がありますので、その点を理解してから検討してください。

10日で痩せるために必要なこと

10日間で痩せるためにも必要としているのが運動です。食べるだけで痩せる方法でも、10日間で十分な結果になることもあります。しかし、その人の生活状況により可能性を大きく変えてしまうため、短期間で痩せる方法としては不十分です。不十分な方法を十分な方法に変えるためにも必要としているのが、エネルギー消費量を多くすることです。

エネルギー消費量を多くすることにより、脂肪燃焼する可能性を高め、さらに燃焼する量も増やすことができます。消費を多くするために効果的なのが運動になりますので、10日間で痩せるためにも効果が高い有酸素運動を取り入れてください。ただし、無理して運動をしてしまうと、怪我をしたりやる気を失いますので、その点を理解し、十分注意しながら行いましょう。

消費カロリーの高い運動とは何か

ダイエットを成功させるためにも運動をして、消費カロリーを多くすることが必要となります。ただ、運動には消費しやすい方法と消費しにくい方法があり、運動していても思うように痩せられない場合があります。そこで知っておいてほしいのが、消費カロリーが高い運動です。

消費カロリーが高い運動となるのが、ウォーキングです。ウォーキングよりも消費カロリーが高い運動は数多くあるのですが、安定して消費できるため、トータルの消費量が高いです。水泳はウォーキングよりも消費量は多いけれども、泳ぎ方により大幅に異なり、更に毎日継続しておこなうことが難しいため、トータルで考えるとウォーキングよりも少ない場合がでてしまいます。

短期間でダイエットする場合でも、継続してでき、なおかつ安定して消費できる運動が適しています。1度の消費量で考えるのではなく、トータルでどのくらいなのかを考えて運動を選ぶようにしてください。

リバウンドのリスクが少ない食事法

極度な食事制限をしてしまうと、リバウンドしやすい体となってしまいます。リバウンドのリスクを少なくするためには、食事法を考えなければいけません。ではリバウンドリスクを軽減できる食事法は何になるのかですが、それは栄養バランスを考えた食事法です。栄養バランスを考えて食事すると、極度な食事制限に比べてカロリー摂取量が増えてしまいます。

カロリー摂取量が増えてしまうことで、ダイエットが難しくなると思ってしまいますが、それは違います。栄養バランスを考えて食事するほうが、痩せにくい体にすることを防止でき、停滞期が来ないようにすることもできます。

また、カロリー摂取量が増えてしまった分消費を多くすれば痩せる可能性が十分あります。カロリー摂取量だけを考えダイエットするとリバウンドしやすいので、バランスが取れているダイエットをしていくことがおすすめです。

10日ダイエットのメリットは?

10日ダイエットでは、得られるメリットがあります。得られるメリットとなるのが、ストレスを少なくして成功率を挙げられる点です。ダイエットは、簡単な方法だとしても、今までの生活とは違うことをしていますので、ストレスを感じやすいです。

長期間辛いと感じてしまうことをしていると、やりたくない気持ちが高まり、その結果挫折して失敗します。短期間になればなるほど、辛いダイエットだとしても我慢できる可能性が高く、その分成功する可能性も高められます。

また、短期間で終わらすことができるため、急に痩せる必要が出た場合に対応できることもメリットなります。これらのメリットがあることにより、目的によってはオススメできる場合もあります。しかし、デメリットもありますので、始める際は、デメリットもよく理解してからにしましょう。

10日ダイエットのデメリットは?

10日ダイエットは、メリットよりもデメリットが多く、注意しなければいけないポイントもあります。ではどのようなデメリットがあるのかですが、注目しなければいけないのがリバウンドと健康害です。短期間でダイエットする場合、食事制限が通常のダイエットよりも厳しくなってきてしまいます。

食事制限がきつくなることにより、必要な栄養が十分に摂取できなくなります。栄養不足の状態になることで、太りやすい体になり、その結果リバウンドしやすくなります。更に、栄養不足になることで、健康にも問題が発生してきてしまいます。

免疫力が落ちるだけではなく、めまいがでてしまったり、時には動けなくなるほどになることもあります。病院のお世話になる可能性も考えられますので、十分に注意しなければいけません。

出来れば長期的なダイエットがオススメ

短期間でダイエットしたい気持ちはわかりますが、しかしできれば長期間ダイエットを選ぶようにしてください。短期間ダイエットは、健康面で大きな問題を抱えてしまうことが多い方法です。さらに美容の面でも問題発生することが多く、痩せられた代償が大きすぎるのが欠点です。

なおかつ、一度痩せられたとしても、リバウンドする可能性が高いため、無理した意味がなくなることが多いです。長期間ダイエットなら、あらゆる問題を解消しつつ痩せることが可能になりますので、痩せるだけを考えるのではなく、健康面そして美容面を考えてからダイエットを選ぶようにしてください。

もし、短期間ダイエットするのなら、あらゆるリスクを承知しつつ、リスク軽減できる方法でおこなうようにしてください。