なかなか痩せない太もも!痩せにくい原因や対処方法について

体重は落ちるけど、部分的にここは細くなってほしいのになかなか細くならないと困っている方が多いと思います。

女性にとって細くしたい部分がウエストと太ももではないでしょうか。太ももを効率よく痩せていければ、全体として細く見えたりしますし、ファッションも今以上にレパートリーも増えて楽しくなることでしょう。

太ももが太くなるのはなぜ?

太ももが太くなるのは個人個人によって違いはありますが、主に4つに分かれて太くなっていきます。1つ目はむくみです。血液の流れが悪くなることでリンパの流れも悪くなり、新陳代謝が落ちてしまうと、老廃物も一緒に流れるはずが流れずに、ある一定の場所に溜まってしまうのがむくみです。

特に下半身は心臓より遠いので、心臓が押し出すポンプの勢いが届きにくく、老廃物が押し流されずにいたり、重力によって上手に上半身にある臓器などに流れ進まないことでむくみが発生します。老廃物が1か所にまとまってしまえば、その周辺にも脂肪がつきやすくなります。そして脂肪はどんどんと増えていく性質も持っているので、なかなか落ちにくいものとなってしまいます。

この脂肪は2つ目の太くなる原因となります。3つ目は筋肉です。筋肉が必要以上に付いてしまえば太くもなります。筋肉は脂肪と絡み合ってしまうので、なかなか落ちにくいものとなります。

4つ目が姿勢です。姿勢が悪いと骨盤の歪みとなり、その周辺の血行が悪くなりむくみの原因になります。また、姿勢の悪さをカバーするために、不必要な筋肉が付いてしまいます。

太ももが太くなる原因と対処法

この4つの原因を対処法はまずは姿勢を正しくして骨盤の歪みを整えます。骨盤が正しい位置になれば、血行もよくなり、老廃物もたまりにくくなります。また、猫背の改善にもつながりますので、姿勢も整えられます。最近ではスマホやパソコンなどの作業時間が長いことと思います。

無意識に猫背になったり、それに加えて頭が前に倒れこんしまって悪い姿勢を長時間とってしまっていることになります。意識をして姿勢を正しくしていきます。骨盤の歪みには腰をゆっくりと左右同じ回数を回したりするだけでも整うこともあります。

筋肉も姿勢を整えれば不要な筋肉も減ると思います。毎日の中で、気付いたときに姿勢を正すだけでも太ももが細くなるかもしれません。むくみには血行の流れをよくするために体を温める食品を食べたりすると効果的です。

年間を通して常温の水やお茶、温かい飲み物や食べ物で体を冷やさないようにしたり、服装もお腹を中心的に温められる腹巻などで温めると体温も上がり、基礎代謝があがるので太ももが細くなりやすい体質となります。

太もも痩せに効くマッサージ

むくみが軽減されると血流もよくなるので、太もも痩せに効くマッサージを紹介します。準備として、摩擦をなくすために足用のクリームやジェルを使用して肌の負担を軽くします。前太もものマッサージは膝から始めて太ももの付け根までを少しずつ場所をずらしながら指圧していきます。次に、膝上を両手を使って軽くねじります。

これを少しずつ太ももの付け根までずらしていきます。次に両手を使って膝上を軽くつかみ、太ももの付け根までずらしていきます。これを左右同じように行います。後ろ太もものマッサージは、まず、太ももの裏を縦にもみほぐします。そして両手を使って膝裏からお尻に向かってつまむようにもみほぐします。

次に両手をグーにして太ももの裏からお尻にかけてグリグリと強めになでます。仕上げに両手で膝から太ももの付け根まで老廃物を上半身に持っていくイメージでさすれば終わりです。これも左右同じように行います。

太ももの後ろは太いリンパが流れているので、強めに行い効果を出します。痛いかもしれませんが、マッサージを行います。体が温まっているお風呂上りに行うとより効果的で、毎日行うといいです。

太もも痩せに効率的な有酸素運動

太ももについた脂肪を落とすのに効果的なのは、適度な有酸素運動が必要です。会話ができる程度のジョギングを20分ほど行います。早歩きのようなスピードが適度な有酸素運動になります。始めは慣れなかったり、頑張りすぎてしまうので、無理をせずに時間に関係なく早めに切り上げても大丈夫です。

無理なく継続的に行うことで体力も付き、20分程度の運動でも楽に行えるようになります。毎日は行えないと思うので、できるなら週に3日できれば十分効果がでます。ジョギングでは天候に流されやすいので、フラフープや縄跳びでも充分有酸素運動となるので、自宅でもテレビなどを見ながら、ながら運動ができます。

気分を変えてジョギングをしたり、フラフープをしてみたり、縄跳びをしてみたりといった具合でもいいです。縄跳びはロープを持っていなくてもなんちゃってでも十分なので、気軽に有酸素運動ができそうです。

太もも痩せに効くスクワット

スクワットを適度に行うことで、太ももが痩せていきます。過度にやり過ぎると筋肉が付き過ぎて太くなるので注意したいところです。正しい姿勢と回数で、痩せるスクワットを行いましょう。
始めに、足を肩幅ぐらいに広げます。手は前にまっすぐ伸ばして地面と平行を保ちます。

その姿勢でゆっくりと腰を落とし、太ももと地面が平行になるぐらいまで落とします。この姿勢を3秒キープしてゆっくりと元の姿勢に戻します。これを15回程度を3セットします。これ以上行えば不必要な筋肉が付いて太くなるので、調子がいいからと言って回数を重ねないようにします。

このスクワットは毎日続けなくても十分効果が得られるので、2~3日空けてします。早い人では1週間ほどで効果が得られることもありますが、個人個人で体質も違いますので、脂肪の燃焼も異なります。適度に適度な回数を行えば、1ヶ月後には細くなった太ももとなるでしょう。

太もも痩せに効くウォーキング

太もも痩せに効くウォーキングの仕方もあります。普段の歩き方を今から紹介するようにするだけで十分なこともあるので、わざわざウォーキングの時間を作らなくてもいいかもしれません。立ち姿勢は全身の重心がまっすぐに、上へと引き上げられているような意識で立ちます。股関節が伸びて骨盤が立っているイメージをします。

そして骨盤と両肩が地面に水平になっているようにします。お腹を引き締めるように軽く力を加えます。この姿勢で歩きますが、歩き方にもコツがあります。足の付け根から踏み出し、かかとできちんと着地します。歩幅は大き目を意識します。着地しているときの両足はしっかりと伸ばします。

反対の足を前に出すときには後ろにある足でしっかりと地面を蹴って体を前に移動させます。歩幅を広めに、1本線の上を歩くように行います。所々に階段があるとより効果が得られます。慣れてきたら歩くスピードを早くしてみます。

太ももを細くする為に気を付ける食事

太ももを細くするためにより効果的な食事があります。むくみを解消すれば、基礎代謝も上がりますので、痩せやすい体になります。そのむくみを解消する食べ物にカリウムを含む食材をとり入れます。
野菜ではキノコ、唐辛子、ニンニク、パセリ、ホウレンソウ、キャベツ、アボカド、切り干し大根などです。海藻類は昆布、わかめ、ヒジキ、海苔などです。

魚介類では鰹節、煮干し、するめ、干しエビなどです。豆類ではピーナッツ、インゲン、アーモンド、松の実、大豆、小豆、えんどう豆なのです。果物ではキウイ、バナナ、プルーン、レーズンなどになります。

クエン酸の多い食材も効果的で、プルーン、レモン、トマト、グレープフルーツ、パイナップル、キウイ、イチゴなどです。梅干しやお酢も多く含まれています。これらの食材を上手に利用してむくみ解消をして血行をよくしていきます。

太もも痩せの為のむくみ対策

むくみはできてしまう前にむくまないようにする方法があります。まずは体を冷やさないことです。次に気を付けたいのが姿勢です。猫背をやめて、お腹を突き出すような姿勢も骨盤の歪みにつながるのでお尻を突き出すような姿勢にします。同じ姿勢をとり続けると血流が悪くなるので、定期的な体の移動を行います。

その場でできる軽めな運動を行います。座っている姿勢でも立っている姿勢でも行えるので、気付いたとに行いましょう。それはふくらはぎの運動です。ふくらはぎは第2の心臓とも呼ばれるほどなので、ふくらはぎが伸びていることを意識してつま先立ちになります。

足にダルさを感じたらリンパマッサージを行います。食事にも十分気を付けて、積極的にカリウムやクエン酸などをとり入れます。

太ももを短期間で細くする方法

太ももを短期間で細くする方法もあり、成功した方も多いので紹介します。まずは血行をよくするマッサージを行います。膝を立てて両手を使って行います。膝から足の付け根にゆっくり移動するように、揉んだり、つまんだり、さすったりします。1日の終わりに体が温まっているお風呂上りや、就寝前に毎日行います。

日常の移動では歩く時間を増やします。また、階段を歩くことでも適度な筋肉が付くのでいいです。太ももの内側の筋肉を鍛えることでも短期間で効果が得られます。方法は、肩幅より足を広げ、つま先を45°程度外に向けます。胸の前で腕を組み、背筋を伸ばします。ゆっくりを腰を落として膝が90°にまで曲がればそれを3秒ほどキープします。

そしてゆっくりと元の姿勢に戻します。膝を曲げるときに内ももの筋肉を使っているのを意識することを忘れずに行ってください。これを10回行い1日に3セット行います。

太もも痩せで気をつけるべきこと

太ももが痩せて喜んでばかりもいられません。必要以上に細くし過ぎるととても危険です。筋肉を落とし過ぎて細くなってしまえば、全身の7割程度も太ももに筋肉が付いているのですが、その筋肉が減れば筋肉を必要とする消費カロリーが減らずに脂肪の付きやすい体質になります。

さらには上半身を支える筋肉が減れば、背筋や腹筋衰え姿勢が悪くなります。すると胸にも影響をあたえ、胸が垂れてしまいます。

モデルの方の中で、男性の腕ほどの足をしている方がいますが、細ければ細いほどいいことではないので、決して理想の足の太さとして認識しない方がいいです。太ももの筋肉量はある程度備わっていないと生命の危険も生じるので、健康的に太ももを痩せさせていきましょう。