なかなか痩せない!そんな方に試してほしいダイエット効果の高い運動を紹介

ダイエットに挑戦したものの、思うように痩せられないという方も多くいます。なかなか痩せない原因は、運動の種類にあるかもしれません。体を動かしているとしても、内容によってはダイエット効果があまり期待できないこともあります。

ではダイエット効果の高い運動には、どのような種類があるのでしょうか。実は選択肢は1つではなく、複数の種類が存在しています。そのためどのような運動の種類があるのか把握し、自分に合った方法を実践するようにしましょう。

自分に合った方法を実践することで、ダイエットを無理なく続けることにつながります。効果が期待できる方法でも痩せる前に辞めたら意味がないため、自分に合った運動を選択することが大切です。

より高い効果を得るための運動

単に運動をすると言っても、体への効果は行う内容により違いがあります。代表的なのが有酸素運動と無酸素運動です。ダイエットをするうえで、二つの効果がどう違うのか知るのは大変有効となります。

有酸素運動は、文字通り体が酸素を要する動きです。取り込まれた酸素で脂肪や糖を燃やし、エネルギーに変換します。イメージとして、焚き火に風を送っている感じに近いです。酸素を使い火力をあげ、脂肪という薪を燃やし熱を生みだす作業が体で起こります。

そのため、血行促進や代謝の増加などが見込まれます。動きの中で呼吸をしっかりするため、基本的に長時間続けられる程度の動きが特徴です。対して無酸素運動は、取り込む酸素の量が少ない動きになります。

意図して呼吸をしないというよりも、ゆっくりと呼吸できないくらい激しい動きをするものが多いです。エネルギーに変換されるのも糖が中心となり、短いスパンで高い負荷をかけるため筋肉の増強効果が高くなります。

全部の動きがはっきりと有酸素か無酸素か区別できるものではありません。しかし、このように違った特徴と効果を持った二つの動きを理解しすることで、どちらがよりダイエットに影響力が強いのか考え、柔軟に選択することが可能になります。

有酸素運動がダイエットに効果的な理由

有酸素運動は、運動でカロリーを消費することでダイエットしようとする方に適した方法です。筋トレや短距離走のような無酸素運動でもカロリーを消化してダイエット効果がありますが、長く続けられることに重点をおくのであれば、ウォーキングや水泳、ジョギングの方が効果が上がりやすいです。

有酸素運動を続けていると血中の糖分が不足していきます。身体は不足分を補うために脂肪組織を分解してエネルギーにしていきます。脂肪1グラムにつき9カロリー程度のエネルギーが消化されます。

筋トレや短距離走では疲れる原因となる乳酸が作られるため長時間続けることは難しいですが、ジョギングやウォーキングでは乳酸は作られにくいため長時間脂肪を燃焼してカロリーを消費させることができます。

この点が無酸素よりも有酸素の方がダイエットに向いているといわれる理由になっています。ダイエットを行っているときは食事制限やなかなか体重が減少しないことにストレスを感じることが多くなってきます。

有酸素でのダイエットの効果は、カロリーを消費することだけでなくこのストレスを解消するという面も大きいです。ストレスは、健康面でも悪影響を与えるため、運動することで心身をリラックスさせることで辛い食事制限も乗り越えることができます。

無酸素運動で得られるダイエット効果

ダイエットをするときは気軽に始められるウォーキングやランニングなどの有酸素運動に注目がされがちです。しかし有酸素運動と同じくらい、無酸素運動をすることによってダイエット効果を得ることができます。

無酸素運動は、筋力トレーニングや短距離を何回も走るといった、体の負荷がかかりやすい運動を短い時間で行う方法です。このような体に負荷がかかる動作をすることによって、消費エネルギーがかなり多くなり、筋肉量が増加したり心肺機能が高まるという効果を得ることができます。

筋肉量が増加することによって、基礎代謝が上がりますから、生きているだけで消費カロリーを増やすことが可能です。消費エネルギーが増加すると、体に蓄積された脂肪を燃焼してカロリーを摂取しようと身体が自然と働きます。

そのため沢山食べても消費カロリーが多いので太りにくくなりますし、すでに身体に蓄積された脂肪を燃焼しやすくなる体を作ることが可能になります。

ただ体に負荷がかかる動作だけをしても、筋力そのものはつきにくいので、ランニングやウォーキングなど筋力をつきやすい体にしてから、筋力をアップするように心がけると、さらに効果的なダイエットが可能になるでしょう。

これでダイエットの効果は倍増

効果的なダイエットを行うには有酸素運動であることが大事ですが、そのためには苦しくて息ができなくなるようなトレーニングをしてはいけません。呼吸ができないような苦しいトレーニングをしてしまうと無酸素運動になってしまい、これだと脂肪燃焼効果はほとんど期待できません。

最大心拍数の7割程度になるような有酸素運動を行うのが理想的で、さらにそれを20分程度継続して行うと効率よく脂肪燃焼を行えるのでダイエットに効果的です。ダイエットに最適な時間帯は、副交感神経から交感神経にスイッチが切り替わる朝だと言われており、このタイミングに体操などをすることにより効率よく脂肪を燃焼させることができます。

ただし起床直後にいきなりハードなトレーニングをするのは非常に危険で突然死などにも繋がりますから、ちゃんと朝食を食べた後にゆっくりと始めるのが望ましいです。朝は忙しくて無理という場合は、夕方に行うのがおすすめです。

夕方の時間帯は体温が高くなっており脂肪燃焼が促進されやすいです。ダイエットの頻度は毎日行えるのならそれが一番いいですが、毎日やるのがストレスになってしまうようなら隔日でも問題ありません。

ダイエットは長く続けることが大事で、連日行うのが苦痛になって止めてしまったのでは意味がありません。週に2~3日でも長く続けられるなら、それがベストの頻度です。

ダイエットの王道

ダイエットといえば定番とも言えるのがウォーキングです。全身の筋肉をバランスよく使い、有酸素運動によって体内の脂肪を効率よく燃焼させることが期待できるため、痩せたい人にぴったりな運動です。

太っている人はヒザや足首などの関節に負荷がかかりケガをする恐れがあるため、柔らかくクッション性のあるスニーカーで衝撃を和らげるようにしましょう。またウォーキング前後のストレッチを欠かさないことが大切です。

ダイエットに挑戦し始めた人はまず平坦なコースで体を慣らしていくと無理なく続けることが出来ます。ある程度慣れてきて体力もついた人はピッチを上げて大股で歩くようにしたり、アップダウンのあるコースにチャレンジするのもおすすめです。距離を伸ばして普段とは違う街並みを楽しんでも良いでしょう。

ウォーキングは運動経験が無い人でも手軽にチャレンジできるダイエット方法なので、老若男女を問わず体重を減らしたいと考えている人は自宅付近から歩き始めてみましょう。

有酸素運動は体を動かし始めて20分や30分程度経過したころから体内の脂肪を燃焼しやすくなるため、ダイエット効果を期待するのであれば最低でも一日30分程度は運動するようにしましょう。

ダイエットにお勧めの運動

ダイエットを効果的に行なうには食事内容を見直すとともに運動を行なうことが大切です。運動には筋トレなどの無酸素運動と有酸素運動がありますが、ダイエットを目的とするならば脂肪を燃焼させる効果が期待できる有酸素の方が適しています。

その種類としてはウオーキング、ジョギング、ランニング、水泳、ダンス、エアロビクス、踏み台昇降など様々なものがあります。その中でお勧めしたいのがランニングとジョギングです。

その理由としてはこれらはウオーキングや踏み台昇降より脂肪燃焼率が高く、また水泳・ダンス・エアロビクスのように特別な場所へ出かけたり、時間が限られているということがないからです。いつでもできるし場所を選ばないのです。

走る距離も自分で自由に変えられます。特にウオーキングでは飽き足らない、慣れてきたのでもう少し強度の高い運動をしたいという人にお勧めです。また最初からランニングするのがきついのであればゆっくりと走るジョギングから始めるのがよいでしょう。

それでも辛いのであれば最近注目されているスロージョギングを試してみてください。これは歩くスピードに近い速さで行なうジョギングで、足への負担も少なく走ることの初心者や高齢者にも向いているのです。

ダイエットにお勧めの運動

ダイエットを成功させるにはカロリー制限を行なうなど食事を変えるとともに運動が欠かせません。運動には大きく分けて無酸素と有酸素のものがあります。無酸素とは全く酸素を取り込まないで行なうのではなく、強度の高い運動であるため、息を止めて力を出すことが多いからです。

いわゆる筋トレなどがこれにあたります。それに対して有酸素は呼吸をして十分に酸素を取入れて行ないます。そうすると体内の脂肪が燃焼していくのです。この運動にはウオーキング・ジョギング・ランニング・ダンス・エアロビクス・水泳・自転車・エアロバイクなど多くの種類があります。

お勧めしたいのは自転車やエアロバイクです。ウオーキングやジョギング・ランニング・ダンス・エアロビクスもダイエットには最適の運動なのですが、膝を傷める可能性があります。特に既に膝に不安を抱えている人や高齢者、体を動かすことに慣れていない人には比較的膝への負担が少ない自転車やエアロバイクをお勧めします。

水泳は膝への負担は少ないのですが、水着に着替えないといけないし、場所や時間の制限があります。自転車もエアロバイクも脂肪燃焼を目的とするなら20分は続けて行なうことが大切です。またその前に筋トレなどをしておくと一層効果があります。

ダイエットにおすすめの運動として水泳がある

ダイエットにおすすめの運動として水泳があります。水泳は特に泳ぎが得意でないというような人であってもおすすめです。水の中にただ入っているだけでも体はカロリーを消耗しますし、疲れるものですから、体を動かすということが苦手な人であっても自然にダイエットができるものです。

ですが何日までに確実に体重を落としたいというようなダイエットをするのであれば、水泳を選ぶにしてもゆっくりウォーキングをするようにしても良いです。ウォーキングをすることによってカロリー消費できる量も多くなるものです。

ですが水泳はカロリー消費できることが多く、体の疲れも多いことからその後食欲が増してしまうというデメリットもあるものです。ですからダイエットとして水泳を選ぶような時は、水泳後に食べる量が増さないようにも注意しましょう。

水泳後は水分を取ってすぐに寝れる状態にしておくというのも良いです。また、冬であれば温室プールであっても水泳後は風邪をひいてしまうこともあるので注意でしょう。自宅近くや湯冷めしないようにすることも大事です。水泳は休日の日中、暖かい時に行うようにするのも良い方法です。

また、水泳をするにも効果的に体重を減らし、体を動かせるようにするとダイエットの効果も出やすくて良いです。

ダイエットに効果的な運動

ダイエットをするにあたって欠かせないのが運動です。通勤通学の際に一駅分歩くようにしたり、自宅で踏み台昇降をしたりと地道にコツコツ頑張っている方も多いと思います。ダイエットで下半身痩せをしたいなら、スクワットがおすすめです。

スクワットというと、ただしゃがんで立つということを繰り返すだけのものと思っている方も多いようですが、それは正しい方法ではありません。正しいスクワットのやり方を知っている方はあまりいないというのが現状です。

間違った方法を続けていると痩せないだけでなく変なところに筋肉がついてしまいボディラインが崩れてしまうこともあります。正しいスクワットの方法とは、足を肩幅に開き膝が前に出ないようにお尻を後ろに落としていくというものです。

慣れていないと後ろに倒れ込んでしまう人もいますが、それは体幹が鍛えられていないためです。正しい方法で行えば、お尻や太ももの筋肉に効果があるためヒップアップや太もものシェイプアップに繋がります。また、体幹も鍛えることができるので基礎代謝量がアップし痩せやすい体を作ることができます。

スクワットの魅力的なところは、他のことをしながらでもできるという点です。テレビを見ながら行うのも効果的です。

縄跳びとエア縄跳びの方法

ダイエットにおすすめできる縄跳びとエア縄跳びの方法として、まず、縄跳びは1分間に60回程度跳ぶことを目安にして、3分間続けて行います。これを3~5分の休憩をはさんで3セット行いますが、始めの頃は慣れていないので、1分間に60回跳ぶということを意識して感覚をつかむことが望ましいです。

有酸素運動では、運動を開始してから20分ほど経過後に体内の脂肪燃焼効果が高くなるとされているので、20分以上行いたい場合は、トータルで20分ほどの運動ができるように工夫します。ただし、ハードなダイエットになるので、慣れないうちは10分ほどの縄跳びを頑張ることが大切です。

また、縄跳びには様々な跳び方がありますが、慣れるまでは通常の両足跳びで行う方が良いです。そしてエア縄跳びは、縄跳びを使用せずに、1分間に60回跳ぶ真似をするという方法で行うもので、縄跳びと同様に3~5分の休憩をはさみながら3セット行います。

エア縄跳びは、跳びながら紐を回すことをイメージして手首を回したり、ふくらはぎを使い、両膝を折り曲げて衝撃を吸収することを意識しながら行うことがポイントです。いきなり長時間行ったり大きく跳び過ぎると膝を痛める可能性があるため、自分のペースで行い、段々とセット数を増やしていくことが望ましいです。

バランスボールダイエット

バランスボールは基本的に座っているだけで運動を行う事ができるので、初心者向けのダイエットにお勧めです。屋外で行うウォーキングやジョギングと違って、室内で運動が出来るので、外で行う運動と比べて怪我をするリスクも低いのが特徴です。

またバランスボールはホームセンターなどで安価で販売されており、高額の費用を支払う必要がなく手に入れる事ができます。

バランスボールを使うダイエットは体のインナーマッスルの部分を鍛える事ができるので、見た目変化をすぐに感じる事はありませんが、基礎代謝が上がって、筋肉量も増えるので、ダイエットを行う上ではお勧めです。

基本的には座る動作が多いのですが、慣れてくると腹筋に使ったり、他の筋トレにも使用ができるので、使用用途が多く、バランスボール一つさえあれば、様々な運動を行うことができます。

注意点としてバランスボールを行う場合には弾力性が強いので、転倒しないようにしましょう。周りに家具があるところでバランスボールを使うと危険なので、スペースがある場所でバランスボールを使用する様にして下さい。

初めて使用する場合はなかなかうまく座る事ができない場合がありますが、その時はボールを固定するなどの方法をとると便利です。

ダイエット効果を期待できるフラフープ

フラフープは子供の頃なら一度は使って遊んだ経験のある方も居るでしょう。遊び道具と思われがちですが、フラフープは1日10分程度、利用するだけでダイエット効果のある有酸素運動と同じ働きがあります。

10分で約100kcalの消費が可能であり、雨などの天候が悪い日でも自宅でダイエットを継続できるメリットがあります。フラフープを使った運動は腰回りを中心に使用しているため、ウエストだけが痩せると勘違いする人も居ますが、腰だけではなく腕や足にフラフープを使用すれば部分痩せにも最適です。

基本的に腰で利用する方が多く、体幹を鍛えることで骨盤が正常の位置に戻り、ぽっこりお腹などの悩みを解消できます。骨盤の歪みが戻ることで便秘解消にも繋がり、ダイエット効果だけではなく健康面でも問題が解決できてフラフープは一石二鳥のアイテムです。

ただし注意する点はフラフープ選びです。自分の身長やウエスト回りは他人と異なるため、購入をする際には自分の体型に合ったものを選ぶ必要があります。フラフープは直径が異なるサイズが複数販売されているため、使い始めは安くてあまり重さのない物を選びましょう。徐々に慣れてから、負荷を付けてウエストを鍛えるのがフラフープダイエットのコツです。

ダイエット運動

自宅で手軽に出来るダイエット運動としては向いている運動になります。マンションに住んでいる場合にはどこにでも階段がありますので、利用する事ができますし、戸建ての方でも2階建ての方なら階段を利用する事ができます。

場所を選ばずに行う事が出来るので、職場の休み時間にも階段さえあればできるので魅力的です。専用の踏み台を購入するとテレビを見ながらや音楽をききながらのながら運動としても踏み台昇降は行う事が出来るので、飽きる事がない運動ダイエットと言えます。

踏み台は購入するだけではなく、自分でも手軽に作る事が出来るので、ダンボールとガムテープさえあれば、費用をかける事無く踏み台を作れるのも魅力的です。自分で作ってしまえば、愛着も湧くので、長く踏み台昇降に取り組むことが可能になります。

また踏み台昇降をする時にはゆっくり行うと有酸素運動として脂肪を燃やすことが出来て、速度を速めると筋肉を刺激する事が出来る筋トレに変わるので、自分の好きなダイエット方法を選ぶ事ができます。

踏み台を高くすれば、高くする程、筋力をあげる事が可能になり筋トレには効果的です。筋肉を付けたいと考えている方にはおすすめのダイエット方法になります。

今度こそ成功するお風呂ダイエット

健康的で美しいボディラインを手に入れたいとダイエットに励んでみたはいいが、いつも長く続かないと諦めている人も多いのではないでしょうか。食事に気を使ったり運動に励んだりするのは、自分の理想とする体型に近づくためとはいえ、決して楽ではありません。

そんなあなたがお風呂時間もダイエットになると聞いたらどうですか。今度こそダイエットに成功できるような気がしてきませんか。お風呂は実はカロリーを消費するのにとても有効なのです。入り方を一工夫するだけで、痩せやすい身体を手に入れることができます。

それは高温反復法というもので、42度ぐらいの高温のお風呂に5分浸かったら5分休憩というのを3回繰り返します。こうすることで交感神経が高まり、脂肪燃焼を促進するのです。

この方法で痩せやすい身体を作ると同時に、栄養バランスの取れた食事を心がけたり、適度な運動を取り入れることでより効果的に痩せることが可能になります。体重を減らすには有酸素運動が効果的です。ウォーキングやランニングなど、短時間でも外に出て心身ともにリフレッシュする時間を作ることをおすすめします。

また、筋力を強化することもダイエットには欠かせません。お風呂ダイエットと上手くバランスを取りながら無理なく痩せましょう。

運動の注意点って?

ダイエットには運動が必要不可欠になりますが、普段からあまり運動をしていない方が急に激しい運動にとり組むと痩せるどころかからだに悪影響を及ぼしてしまいます。ダイエットにためにはウォーキングやランニングなどの有酸素運動が適していますが、これらは取り組む時間が長いので初めから無理するのはよくありません。

人によっては少しのウォーキングで大量の汗をかく人もいますし、普段からランニングなどの運動をしていない人が急に走ったりすると足に負担がかかってしまったり、最悪の場合は心臓麻痺を起こすこともあります。

からだを動かしていない人は基本的にからだが硬くなっているので、ウォーキングやランニングなどを行う際は必ず十分なストレッチを行ってからだに柔軟性を持たせてから取り組むようにすることです。取り組む時間も初めは近所を散歩する程度の強度から初めて慣れてきたら10分、20分と時間をのばしていくことです。

少しずつ強度を上げていくことが鉄則なので、はやく痩せたいからといって焦ってはいけないのです。また、初めから無理をしてしまうと長続きしません。ダイエットは継続することが大切なので、自分に無理のない範囲で行うことを心がけることです。