なかなか落ちない背中の肉の落とし方を伝授!簡単にできるストレッチや日常生活で気を付けたい事

「最近、体型が変わってきたな」と感じたら、それは背中の肉が原因かもしれません。体の正面しか見ることのできない鏡では背中の肉の付き具合が分かりにくいですが、加齢や日ごろの姿勢、運動不足によって知らず知らずのうちに背中に脂肪が付いてしまうことがあります。

背中の肉は老けて見える大きな要因のひとつですが、いったん付いてしまうと落ちにくい厄介者です。背中の肉をしっかり落とすには、背中にターゲットを絞ったエクササイズを取り入れることが大切です。

手軽に始められるストレッチやヨガ、筋トレなどのエクササイがありますので、日々の生活に取り入れることをお勧めします。また、日ごろ気をつけたい生活習慣もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

背中の肉と印象

痩せている体を目指している時に、背中の肉が気になって仕方がないと感じた人は少なくないのではないでしょうか。若い頃には背中の肉が気にならなかったという人でも、年齢を重ねていくうちに脂肪が蓄積されてしまったということもあるのです。

脂肪が蓄積されていると、印象があまり良いとは言えません。特に、背中に贅肉がたくさん蓄積されていると、年老いた印象を人々に与えてしまう可能性すらあるのです。実年齢よりも老けて見られてしまうこともありえます。

背中の贅肉は自分ではあまり見る機会があるとは言えないために、意識をして鏡を使って確認をしておくと良いです。確認しておかずに放っておくと、気付いた時に驚いてしまう可能性もあります。鏡を使って見る代わりにも、信頼できる人にコメントをしてもらうことも効果的です。

他人の目を意識していると、自分の体を客観的に眺めることができるようになります。背中の肉は落としにくいこともあり、そのままにして放っている人も少なくありません。

しかし、その結果、若々しい印象とは程遠くなってしまうことも事実であるのです。若々しい印象を手に入れたいと思った時には、背中の肉をきちんと見直しておくことが欠かせません。

背中の肉は年齢と共に衰える

背中の肉は年齢と共につきやすく、ついてしまった脂肪を取るのに苦労する方が多いです。そのため、日頃から背筋をしっかりと鍛えておく事が大事です。なお、背中を意識して鍛えている方は年齢よりも若く見られる傾向があります。

見た目はとても綺麗なのに鏡越しでみると背中がたるんできているのがわかると答える方もいます。また、体重はさほど変わっていないのにワンピースのファスナーがうまく閉まらないというケースもあります。

これは加齢が原因とはなりますが、しっかりと日頃から鍛える事で改善される部分であるため、背中のエクササイズを始める方が増えています。もともと猫背の方もいますが、猫背で背中にも脂肪がつくと綺麗な洋服を着てもシルエットが良く見えません。

また自分で背中を確認するのは難しいため、ある日ふと見たときに衝撃を受けたと答える方も多いです。見えない部分だからこそ、気を使ってケアをするという事も大事になります。今からエクササイズの仕方などを詳しく説明していきます。

今からでも加齢のせいだと諦めるのではなく、年齢よりも若く綺麗な背中を目指してみる事で、ファッションの幅も広がります。また、姿勢から見直す事が大事です。

背中の肉の落とし方

背中に肉がつく原因としては、加齢や運動不足などいろいろあります。背中の肉は顔やお腹に比べて自分では見えないところです。その為気がつかず放っておいてしまいさらに肉が増えてしまうこともあります。

また背中の肉はほかの場所に比べ一度つくと落としにくい場所でもあります。気がついた時から、今から早速背中を落とすことを始めましょう。最も効果的なのはストレッチです。主に肩甲骨を動かすように、肩を回したり、左右に動かすことストレッチです。

これは場所も時間も必要ありませんので、気がついた時にこまめにやるのがおすすめです。あとは背筋を鍛えることでも効果があります。うつ伏せになって、背中を反るようにして頭を持ち上げます。
これは慣れないとかなりきついので、初めは20回くらいを目標に始めましょう。

また、普段の生活では、姿勢にも気をつけることが大切です。猫背の方は意識をして常に姿勢を正すようにし、椅子に座るときも、出来るだけ背もたれに寄りかからないようにしましょう。背中がすっきりすれば、おしゃれも今まで以上に楽しめますし、姿勢が綺麗だとそれだけでスタイルが良く見えます。

毎日の少しの努力で体は変わります。諦めず、体の変化を楽しみながらエクササイズをしましょう。

背中の肉と悩み

太っている時には、体の見た目が気になってしまうものです。太っている体に自信を持つことができない時には、人目が気になってしまい悩んでしまうという人もいるのではないでしょうか。体が太り始めた時に気になる体のパーツとして、背中の肉を挙げる人が多くいます。

背中の肉は自分では目につきにくいものなのですが、周囲の人からは簡単に見えてしまいます。そのため、自分では気にならないものの人から指摘されてショックを受けたという人もいるのではないでしょうか。

背中の肉が増えていくためには、原因が必ずあります。様々な原因が考えられる中でも、外すことができない原因の一つは運動不足です。日頃から定期的に体を動かしていない多くの人々は、背中に肉が増えていくことになるのです。

運動をしない結果、運動不足が起きてしまい贅肉が背中に蓄積されていくのです。気付いた時には、背中に分厚い肉が付いていることも珍しくありません。エクササイズをきちんと行なっていないということは、体にその状況が表現されることに繋がっていくのです。

背中の肉がとても気になった時には、運動不足に陥っているかもしれないと疑ってみても良いと言っても過言ではありません。

背中に肉がつく原因

なぜ、背中に肉がついてしまうのかというと、猫背などによる姿勢の悪さが原因です。日頃仕事場などでパソコン操作や資料作成をする際に思わず姿勢を悪くしがちですが、その時に背中の筋肉を動かさず猫背になり背中が歪んでしまい結果的に脂肪が付きやすくなるのです。

なぜ、猫背や背中の歪みが脂肪をつけやすくしてしまうのかというと、猫背で長時間過ごすことで血行が悪くなり、脂肪が燃焼されにくくなるからです。燃焼されない脂肪はその後、老廃物と絡み合ってセルライトとして体に蓄積されていくことになります。

一度できてしまったセルライトは、なかなか落とすことができません。猫背や背中の歪みを改善しないままの状況で過ごすと、体中にセルライトがついてしまいます。しかし、自分が歩く姿や立っている姿を見る機会は日常的にはあまりなく、自分が猫背になっている自覚が無い場合があります。

姿勢が悪いとよく言われる・歩くときに首が前に出てしまう・長時間のデスクワークやパソコン操作をする仕事に関わっている・日常的にエクササイズや運動を行っていない・姿勢を正しくしようとしても疲労感を感じてしまい長時間保つことが出来ない・肩こりの症状がひどい等という人は猫背に注意しましょう。

背中の肉を落とす

背中の肉を落とすのは大変なのですが、背中が太ってしまうとスタイルが悪く見えてしまうので注意が必要です。老けて見られることもあるため、若返りをしたいい人は背中の肉をすっきりとさせませしょう。

背中ががっちりしてしまう原因は、加齢や運動不足によるものが考えられます。人は年齢と共に退社する力が落ちてしまうのです。そうなると、運動が不足しがちな背中に肉がついてしまうことになります。

また、前傾姿勢をずっと取っていると背中に贅肉がつきやすくなります。常に姿勢を正しくするのがポイントです。それでは、どのようにして背中のダイエットをすればいいのでしょうか。おすすめしたいのが、肩甲骨をしめるだけの運動です。

最初に顔を前に向けて首を横に倒します。その状態で30秒くらい保ってください。右の倒したのであれば、次は左も同じように倒します。そのあと、両腕を肩まで上げてください。手のひらを上にむけ、肘を直角に曲げます。そのままの状態で肘を後ろにひきます。

肩甲骨が自然と下がってくるので、5秒程度キープします。少し肩甲骨に負荷がかかっているくらいでが丁度いいです。このエクササイズを1日に10回くらい繰り返せば背中の肉が落ちていきます。

背中の肉のとり方は

綺麗なプロポーションの女性のイメージを思い浮かべると、背中の肉とは無縁な気がします。下着に乗りかかるお肉や、Tシャツから透けて見える贅肉は、少し見苦しいものがあります。背中がすっきりしているだけで上半身は細く見えるものですし、メリハリがあると胸も綺麗に見えます。

しかし背中の肉は、ダイエットをして体重を落としたとしても、思っている以上に取れていないものです。そんな背中の肉を落とすために効果的なのが、ヨガです。家でも空いた時間に簡単にできるものがいくつかありますので是非挑戦してみてください。

例えば、ヨガの中でも有名な、ねこのポーズというものがありますが、これは背中の肉を落とすのにオススメです。姿勢も良くなるので、一日一回はやっておくと良いでしょう。また背筋を伸ばすコブラのポーズも効果的です。凝りや猫背のせいで、背中のラインが崩れている場合も多いので改善しなければなりません。

ヨガのポーズは、姿勢も良くなり、血行を良くする働きもあると言われているので、代謝が良くなり痩せやすく、太りにくい体づくりにも最適です。なにより誰でも簡単に始めることができて、継続もしやすいという利点もあります。背中の肉は、ヨガのポーズを取得してきっぱり落としてしまいましょう。

背中の脂肪を燃焼させるツボ

夏になると、海などに行って水着になる人も多くいると思いますが、夏場に熱いからと家にこもって寝てばかりいると背中に無駄な脂肪がたまってなかなか人前でみせられるような状態ではなくなっている人もたくさんいるはずです。

そこで、そういった無駄な背中の肉を手軽に誰でも落とすことが可能な方法としてツボの刺激が考えられます。具体的には、膏肓という肩甲骨の縦のラインの真ん中の内側、肋骨のヘリにあるでっぱりにあるツボを押すことで背中に刺激を与えます。

これによって、背中の代謝がよくなって背中についた脂肪を落とす作用があると言われています。また、指間穴という手の甲側の人差し指と中指の股、中指と薬指の股、薬指と小指の股にあるツボを刺激することで、老廃物を流す働きがあり、代謝をアップして背中の脂肪を落とすのに役立つとされています。

以上のように、背中の代謝をあげて少しでも脂肪を落とすためには膏肓や指間穴といったツボを押して刺激することが効果的で、背中という自分ではなかなか痩せづらい箇所でも手軽にかつ簡単に痩せることができるのでおすすめですし、半信半疑の人でも、ツボを押すのに大した時間はかからないので一度やってみるのがいいと思います。

背中の肉を落とすならエクササイズを

体についている脂肪で気になることが多いのはお腹周りの脂肪です。お腹周りというのは目につくことが多いですし、自分で掴むこともできることから、まずはお腹の肉が気になるようになったらダイエットに励むようにするということもあるものです。

ですが下着が窮屈になったり、水着を着た時に背中の肉が気になるような時は背中の肉を落とすダイエットをすることも大事です。背中の肉を落とす体操などは筋肉をつけることにもなります。

背中エクササイズは肩こり改善にもなりますし、肩甲骨を回すだけ体操なので寝る前のリラックスタイムや、仕事の休憩中にも行うことができるものです。仕事も毎日デスクワークをしている人であれば肩こりも万年化していることも多いので定期的に肩甲骨を回すだけ体操をしていくと良いです。

肩こりを放置して筋肉にも無関心になってしまうとどんどん肩こりや背中の肉のたるみが悪化してしまうので注意も必要です。肩こりの悪化は頭痛にも繋がりますし、冷えにもつながるので、マッサージや体操を行うのは必須です。

背中部分の肉というのは自分では見ることができないですが、たるんでいると老いを感じることにもなってしまうので自分の時間がある時にケアしていくと良いでしょう。

背中の肉のストレッチ

肩甲骨の動きが悪いと、肩こりや背中の贅肉の原因になる内巻肩の原因にもなります。パソコンの操作やスマホの使用で猫背になっている方が多いと思われます。上半身を順番にほぐしていきましょう。まずは、胸や腕の付け根のストレッチです。

壁に手をつき、片側の腕を斜め上に伸ばします。体を対角線上の斜め下に引きながら、体を壁に近づけていきますます。左右2回ずつ2セットから4セット行います。腕の付け根の可動域の広がりを感じる事ができると思います。

と同時に背中までもがすっきりしているのを感じる事ができると思います。次に肩甲骨の動きを良くする運動をしてみましょう。背筋をしっかり伸ばしてください。その時座っていても立っていても構いません。

右手を後ろにいたくない程度に引きます。次にその腕を上に上げていきますが、必ずいたくない程度にとどめて下さい。そうしたらその手を左右に10回ひねる動作を繰り返して下さい。ゆっくりと元の位置に戻し、左手も同様に行ってください。

仕事場でもご家庭でも簡単にできるストレッチですが、ストレッチを行う上でより高い効果を得るためには姿勢と呼吸を意識して行う事が大変重要です。背筋をしっかり伸ばす事を心がけましょう。

背中の肉を落とす手軽な筋トレ

背中の肉を落とすためには、回数にこだわるよりもじっくりゆっくりとするスロートレーニングが効果的です。反動をつけて無理に反らすと腰を痛めますので注意して下さい。簡単に背筋を使って背中の肉を落とせる筋トレがあります。

まずうつ伏せになった状態からゆっくりと上半身を反らしていきます。この時、息を止めないように意識をしてゆっくりと呼吸をしながら、上半身の上げ下げを繰り返します。また同じようにうつ伏せになった状態で、両手を頭上に伸ばします。

上半身と足先は少し床から離す程度に反らし、片手ずつクロールをするように手を動かし、それと同時に足はバタ足をするだけです。この筋トレでは背筋だけではなく腹筋も使うため、背中から腰周りのダイエットにも期待ができます。

寝たままできる筋トレでは、同じように手を伸ばした姿勢で、右手と左足、左手と右足を交互に上げるのも効果的です。慣れていくに従って上げる時間を長くしていくと、より背筋に原木欠けることができます。

腰痛の人でもできる背中の肉を落とす筋トレもあります。床に四つんばいになった姿勢で、お尻を後方へ引っ張りつつ顔は上を向くように反らします。その姿勢を5秒キープしたら元に戻すことを繰り返すだけです。

このとき腰を反らさないように気をつけて行うようにしましょう。

背中の脂肪を燃焼して筋力アップ

お腹回りのぜい肉は落とせても、背中の脂肪は中々落とせないダイエットが上手くいかないと感じている人も多いのではないでしょうか。背中の脂肪を落とす、そして背中の肉を作り出す、いわゆる筋トレに最適とされているのがダンベルを使ったエクササイズです。ダンベルは鉄の塊のような道具を使ったエクササイズ、鍛えたい部位に応じて色々な筋トレ方があるのが特徴で、背中の肉の場合にはデッドリフトを初め、デッドローイングやワンハンドローイングなどが一般的なやり方と言われています。

デッドリフトは。足を腰幅から肩幅程度に広げてから、膝とつま先が真っすぐに向いている状態で、頭からお尻までが一直線になるように姿勢を作ります。背中が丸くならないようにするのがポイントで、ダンベルが太ももから膝にかけてスムーズに降りるように下げてお尻を引いてかがみます。息を吐きながら上半身を起こして立ちあがる、これを繰り返すのがデッドリフトです。デッドローイングやワンハンドローイングなども同じで、正しいフォームでトレーニングを繰り返す事で脂肪を燃焼させて筋力をアップ出来るようになります。また、ダンベルを使ったエクササイズは家の中でも出来るので正しいフォームを取得するのがお勧めです。

背中の肉を無理なく落とす方法

日常生活の中で背中の筋肉を使うシーンというのはほとんどないため、背中には余分な肉がついてしまいがちですし、贅肉がついている背中はなんとなく老けた印象を人に与えてしまうため、背中に贅肉がついていると感じたらエクササイズをして余分な背中の肉を落とすように心がけることが大切です。

背中の贅肉を落とそうと思ったらジムなどに通ってマシンを使わなければ無理なのではないかと感じる人も多いでしょうが、実はどの自宅にもあるタオルを利用することで無理なく背中の肉を落とすシェイプアップを行うことができます。

タオルを利用したエクササイズ方法について詳しく確認していきましょう。まずエクササイズに利用するタオルのサイズについてですが、肩幅程度の長さがあれば大丈夫なので一般的なフェイスタオルを利用すると良いでしょう。

両足を肩幅程度に開いて両手でタオルの両はしをもってタオルを頭上まで上げたら呼吸を止めずにゆっくりと肘を後ろに反らします。その後は再び上体を起こしてタオルを持った両腕を頭の上にあげることで1回分のエクササイズが完了します。

この動作を10回程度繰り返すことで1日分のエクササイズが終りとなります。この運動を繰り返すことで無理なく背中の肉を落とすことができるのです。

背中のぜい肉と姿勢の関係

背中のぜい肉は姿勢を正す事で改善出来ます。きちんとした姿勢を維持し続けるのは難しいものです。きちんとした姿勢をしようと思うと背中の筋肉も緊張して背中痩せに繋がります。姿勢を正してその状態を保つ事と背筋の関係は深く、悪い姿勢でいるとそれだけで背筋は衰えていきます。

その逆に姿勢をきちんとして正すようにすると背筋が鍛えられ、筋肉がついた分基礎代謝も上がり痩せやすい体になります。正しい姿勢を保つためには息を吸ってお腹の中の内臓を持ち上げるようにします。肩を下に押し下げて首の後ろを伸ばし、お尻を力を入れて締めます。

この状態を歩く時もずっと続けるようにします。また、猫背はいけません。猫背は背中の筋肉が衰えてぜい肉がつきやすくなりお腹のぜい肉も増えやすくなります。

デスクワーク、スマートフォンやゲーム等現代社会は猫背が加速化されるようになっていますが、だからこそ意識して猫背にならないようにしましょう。猫背は骨盤の歪み、血行不良やコリにも繋がります。

机で事務作業を行う際にも思い切り背もたれに寄りかかるのではなく浅く座って常に背筋に緊張感を保たせるようにします。常に背筋を上に押し上げるように意識する事が正しい姿勢作りをして背中のぜい肉落としに役立ちます。

背中の肉はいらない肉

綺麗な女性や、憧れのスタイルの人に、背中の肉はついていません。なんとなくダイエットしないといけないなぁと思う時は、お腹や腕、顔のお肉が気になる人が多いものです。とくに普段全く目につかない背中のラインの変化には、自分ではなかなか気がつかないのです。

しかし、後ろ姿の大部分が背中のため他人からは意外としっかり見られている箇所でもあります。知らずしらずのうちに、下着の上に背中の肉がたっぷりのっていたり、Tシャツからしっかりとお肉が透けていたりするのです。

いくらお腹がへこんでいても、胸が大きくても背中に肉があるスタイルは綺麗とは言えません。自分では見えない場所だからこそ、念入りにケアをできるのが、素敵な人になるための不可欠な要素なのです。

お風呂の時や着替えの時、鏡で確認したり簡単にできるストレッチを続けてみたり、歩く時の姿勢に気をつけてみたりと、日々できることはたくさんあります。簡単な習慣で、背中の肉と無縁になれるなら頑張れますね。

本物の美人や女子力美意識の高い人は、背中も必ず綺麗なものです。メイクやヘアスタイルも大切ですが、自分が見えない箇所にこそ気を配りケアをしてあげることが、男女問わず素敵な人へ近づく一歩になるのです。