にんにくダイエットで気になる臭いの消し方や取り入れ方について

毎日の食生活でにんにくを積極的に摂る事は、大変重要な事です。疲れを取り除いて元気に過ごせる他、美容面でも効果があります。そして最近では、にんにくに含まれるビタミンB1がダイエットを行う上で最適という事から、にんにくダイエットを実践する方が増えています。

とは言え、臭いが気になるという理由で敬遠している方もいるのではないでしょうか。ここでは、にんにくを摂る事で身体にどのようなダイエット効果が得られるか紹介していきます。

また、臭いを防ぐための食べ物や飲み物についても紹介しているので、参考にしてみると良いでしょう。上手ににんにくダイエットを行って、身体の代謝機能を高め痩せやすい体質を手に入れてみませんか。

にんにくはダイエットをサポートする成分が豊富

にんにくがスタミナ素材と言われる理由は、活力増強に役立つアリシンとビタミンB1を含んでいるためです。野菜の中では食物繊維が豊富ですが、大量に食べる食材ではないので食物繊維の補給にはあまり向いていません。ミネラル類はカリウムが豊富ですが、カルシウムはそれほど含まれていません。

ビタミン類ではビタミンB6も豊富であり、脂質の代謝を促進してくれます。代謝に関わるビタミンを多く含んでいるので、肥満を予防してくれるわけです。にんにくがパワーを生み出す仕組は、アリシンとビタミンB1の結合です。アリチアミンという成分に変化することで、ビタミンBの機能性がさらに活発になります。

肥満・糖尿病対策に役立つため、料理の香辛料としておすすめです。ニオイが気になる方は、サプリとして摂取するのがよいでしょう。サプリは栄養素が吸収されやすいように工夫されていますし、他の栄養素も追加配合していることが多いです。

にんにくはダイエットに役立つだけでなく、カリウムをたくさん含むので動脈硬化対策にも役立ちます。血液を綺麗にすることは細胞を活発にして、代謝低下を予防してくれます。値段も手頃なのでダイエットや生活習慣病対策として最適な食材です。

にんにくの成分も美容とダイエットと深い関係が

にんにくの成分も、綺麗なスリムな体を作ってくれます。多く含まれている成分は、ビタミンB1です。ビタミンB1は、糖質をエネルギーにかえやすいという特徴があります。ほとんどの女性は、ビタミンB1が不足しているので代謝が悪くなり脂肪が燃焼しにくくなっています。

ビタミンB1で、代謝を良くすると脂肪が溜まりにくくなるのでダイエットに効果が期待できます。ビタミンB1は、疲れを和らげる効果もあります。ダイエットのために運動しても、すぐに疲れると続かなくなってしまいます。また、疲れが激しいとストレスも溜まり血流が悪くなり老廃物が体に溜まるでしょう。
疲れをとることで、体が動かしやすくなり運動効率もアップできるのも魅力です。

ビタミンB1は、新陳代謝をよくして肌のターンオーバーを高めてくれる作用が有名です。ターンオーバーが正常に作用しないと、古い角質がいつまでも残りにきびや肌荒れの原因になってしまいます。そして、自律神経の働きもよくなるのでいらいらや落ち込みも緩和されます。いらいらすると、どうしても甘いものを食べ過ぎたり食生活が乱れたりするという方には、摂取してもらいたい成分です。にんにくをとることで、簡単にビタミンB1を体に入れることができます。

ダイエット効果を高めるビタミンB1

食事制限だけのダイエットに頼るのは危険で下手にやろうとすると失敗に終わり、結果としてリバウンドして元の体形に戻るというのはよくある話です。これは脂肪を燃焼させて痩せたかったのに、筋肉を燃焼させて体重を減らしたからに他なりません。

なのでダイエットを成功させるするためには脂肪を燃焼させて体脂肪率を減らしていく事をベースに考える事が重要になってきますのでどういった食材に脂肪燃焼効果があるのか簡単にメモをしておくといいでしょう。

ビタミンB1にはダイエット効果を高める働きがあります。糖質を燃焼させてエネルギーの変えてくれる心強い味方こそがビタミンB1で、もし仮に不足していた場合は元気が出づらく代謝もよくなりませんし、その結果脂肪として体に蓄積されてしまいます。糖質がそのまま残りエネルギーに変換できないのですから当然と言えば当然です。

なのでダイエットをすると決めたのであれば、ビタミンB1を摂取して効率的に脂肪を燃焼させる事を心掛けるのが大切です。ただ一つ残念な事にビタミンB1は熱に弱く水に溶けやすい性質を持っていてなかなか体内に取り込みにくい栄養素でもあります。そのためなるべく多く含まれている食材を効率的に取り込んであげる必要があるので、その点注意が必要です。

アリシンの特徴をチェック

にんにくに含まれる「アリシン」という成分が、ダイエットに有効と言われています。にんにくを食べると強烈な臭いがしますが、この臭いの元となるのがアリシンです。炭水化物を分解してエネルギーに変える、ビタミンB1の吸収を高めるという効果があります。

食事で摂った炭水化物がエネルギーとして使われないと、糖質の取り過ぎで太る原因となります。アリシンを意識して補えば、エネルギー代謝がアップして結果、脂肪の燃焼効果を高めてくれるため、ダイエットににんにくは有効と言われているのです。

脂肪がどんどん燃えて行けば痩せやすく、また太り難い体質へと変化します。またアリシンはビタミンB1の体内持続性を、キープするという働きがあるのも特徴です。ビタミンB1が長く身体の中で活躍してくれれば、糖質がどんどんエネルギーとして変わるので、疲労回復効果やスタミナアップ効果が期待できます。

アリシンはまず炭水化物などに多く含まれる糖質をエネルギーへと変え、エネルギー代謝が高まる事で脂肪を燃えやすい身体へとしてくれる成分です。メラメラと身体の脂肪が燃える体質に変わるので、アリシンの含有量が多いにんにくはダイエットに有効な食品と言われています。

にんにくの摂取と代謝向上の関係

にんにくに含まれるビタミンB1は脂肪を分解したり、糖代謝を高める効能があります。そのため何もしていない時間でも消費されるカロリー、つまり基礎代謝をあげ、効果的にダイエットをサポートします。それだけでなくにんにくの代表的な成分のひとつとしてあげられるのがアリシンです。

硫化アリルの一種であるこのアリシンは体の疲労を取り除くだけでなくビタミンB1の体内吸収率を高める働きがあります。さらににんにく特有のアホエンは血流を促し、血液の質をあげる作用にすぐれており、体内に取り入れることで血液の循環をよくし、身体の細胞に栄養や酸素を効率よく届ける事で代謝を促しダイエットに最適な痩せやすい体作りに役立ちます。

また血行促進の副次的な効果として睡眠の質を高め、ダイエットに必要な成長ホルモンの分泌を促します。食べると体が温まりますが、これもダイエットの大敵である冷えを解消するには有効で、体温があがることで免疫力も高まり、その結果腸の働きが改善するため、便秘などの改善も見込めます。老化に直結する酸化を防ぐ成分のにんにくには豊富で、細胞の脂質代謝を高く保つため、適度に取り入れることで健康的なダイエットを後押しします。

にんにくダイエットと燃焼

にんにくダイエットをした時に、体重が減ったり体が細くなったという経験をした人は少なくないのではないでしょうか。体が痩せやすくなったと感じる時には、理由が伴っていることがしばしばあります。

例えば、食べるものに気をつけていると、代謝が良くなることがあります。特に、にんにくのように脂肪を燃焼させることができる食べ物を摂取すると、代謝が上がるようになるのです。

代謝が上がるようになると、体内に脂肪が蓄積される前にしっかりと脂肪を燃焼させることができるようになります。脂肪が燃焼されることによって、体に無駄な脂肪がつかなくなるのです。その結果、太りにくい体質を手に入れることができるようになります。太りにくい体質を保持していると、痩せやすくなることも期待できるのです。

にんにくダイエットをしていると、痩せにくい体質を目指すことができます。痩せにくい体質を手に入れる時には、代謝を良くすることが欠かせません。代謝を良くするためには運動を行うこともできるのですが、運動に取り組むことに気後れをする人もいるのです。

そのような場合には、にんにくのような食品から栄養素をしっかりと摂取することができます。継続していれば、体質を改善させられる可能性があるのです。

にんにくを使用したダイエットのメリット

にんにくには疲労回復に役立つアリシンとビタミンB1という栄養素が含まれています。アリシンはにんにく特有のニオイの元となる成分ですが、非常に高いパワーをもっています。硫黄化合物の一種であり、食欲を増進したり代謝を促進したりさせます。消化力が活発になれば脂肪が燃焼しやすくなり、同時に老廃物の排出も促進されるわけです。

慢性疲労に悩んでいる方にとってまさしく最適な食材と言えるでしょう。しかも副作用の心配はまったくないので、毎日食べても問題ありません。今は無臭タイプのサプリメントも登場しているので、ニオイを気にせずにんにく成分を補給できます。

ビタミンB1は糖代謝を活発にしてくれるので、炭水化物の摂り過ぎによる肥満解消に役立ちます。現代人は多くの炭水化物を摂取しており、脂肪以上に肥満の原因となることが判明しているのです。主食であるご飯・麺類・パンなどを控えるだけでも、お腹のぽっこりを軽減できるほどです。

しかし炭水化物をゼロにするわけにはいかないので、ビタミンB1を含有するにんにくを使用したダイエットをおすすめします。ビタミンB1はアリシンとの相性がよいため、代謝を促進して肥満体質を変えていくのに最適なのです。

強烈なにおいがするのはなぜ?

にんにくはいろんな有効成分が含まれていますが、強烈なにおいが気になってダイエットにも取り入れ難いと感じてしまうものです。元々無臭のアリインという成分は、かじったり刻んだりするとアリナーゼという酵素と反応してアリシンに変化を起こします。

このアリシンが特有の強烈なにおいを発生させる原因です。アリシンに変化をした後、さらにいろんな成分と反応を起こして最終的には硫黄系のにおいのスルフィド系になります。酵素自体は熱に弱いので、加熱するとややにおいは和らぎますから、食事をする際にすりおろしたり刻んだものをそのまま使う時には前後の予定に注意しておくといいでしょう。

食事の時ににんにくを食べると、まずは口の中からにおいがし始めます。豊富な栄養成分と共ににおい成分も腸から吸収されることで体中を巡っていきます。肺からも放出されると呼吸の際ににおいがでますし、体の隅々までにおい成分が行き渡ると毛穴からもにおいが出るようになります。

単なる口臭として気になるだけではなく、体臭としてもにんにく臭さを感じてしまうのはこのためです。食べた直後と1~2時間して落ち着いた後も長くにおいが続くので、上手くにおわないように工夫しながら活用しましょう。

にんにくのにおいが消えるのには個人差があります

にんにくのおいしさや効果を味わいたいのけれども、においを気にしてなかなか食べられないという人も多いものです。またにんにくを食べた後に誰かと会う用事が出来たなどの際には、においがどれくらいで消えるのかが心配になります。にんにくのにおいは大きく二つに分かれ、にんにくが発する口臭と、体内に吸収されて体臭として発生するものの二つが挙げられます。

においは食べた後にだんだんと増え、成分を変えて体内を巡ることになります。そのため息だけではなく、全身の毛穴からもにおいが排出されることになります。においが消える時間については個人の代謝によって変わるといわれていますが、口臭によるものは3時間ほどでほとんどなくなるといわれています。

しかし体臭として発生するものは消化吸収された後に血液を通して全身を巡ることになるので、そう簡単に消えることはありません。体から発生するにおいが消える時間は、摂取量や個人の代謝によっても異なりますが、一般的には16時間ほどは体内に残るという報告がなされていて、完全ににおいが消失するまでには48時間ほどもかかるといわれています。そのためにおいを早く消したい場合には、におい対策を行う必要があるでしょう。

にんにくダイエットと調理方法

にんにくダイエットに励んでいる時に、にんにくのきつい臭いを減らしたいと思ったことがある人がいるのではないでしょうか。そのような人には、悩みを解決することができる方法があります。

にんにくの臭いを減らしたいと思っている時には、食前に工夫をしておくことが大事になります。その工夫とは、食材を加熱しておくことです。生の状態で食べる時には、臭いや辛さが際立って目立つことが少なくありません。しかし、加熱しておくと臭いが自然と薄くなっていくのです。また、辛みも減って食べやすい状態にもなるのです。

加熱の方法には、様々な方法があります。フライパンで焼くこともできれば、揚げ物にすることもできます。焼いたり揚げ物にする時には、油を使用しておくと焦げを防ぐことが可能です。また、健康を維持していくためにも、オリーブオイルやごま油で調理をすると健康にも良いです。

にんにくダイエットに取り組んでいる時にはにんにくを食べる機会が多いために、事前に食材を準備しておくことも賢明な方法であると言えます。多めに加熱して調理しておき、それらを常備しておくのです。そうすることによって、毎回食べる前に調理をする手間を省くことも可能になります。

臭い対策におすすめの食べ物

にんにくを食べた後にする、強烈な臭いを抑える食べ物としておすすめなのが「りんご」です。なぜ、にんにくを摂取すと臭いが強くなってしまうのかというと、にんにくに含まれる「アリシン」という物質が原因と言われています。りんごにはこのアリシンの臭いを抑える成分が含まれているので、食べると口臭対策になるという仕組みです。

りんごに入っているポリフェノールがアリシンに効きます。ポリフェノールはアリシンが身体へと吸収する前に反応し、口臭を抑えるという効果を発揮するのが特徴の成分です。特にりんごの皮にポリフェノールは多く含まれているので、皮つきの生のりんごを食べるのがおすすめです。

では口臭対策として、どのくらいりんごを食べるのがベストなのかも確認しておきましょう。皮のついた生のリンゴを4分の1個くらい摂れば、りんごのポリフェノールと酵素の働きで口臭を軽減できるようです。効果が持続するのは約6時間程度と言われています。6時間も口臭を抑える事ができるのであれば、にんにく料理を食べた後はすぐ、りんごも食べた方が良いでしょう。

お腹いっぱいの時にりんごを食べるのは難しいから、りんごジュースで試してみたいという方もいるかもしれません。残念ながらりんごジュースだと、口臭抑制効果は期待できないので皮つきの生のりんごを食べましょう。

にんにくダイエットを無理なく行うには

にんにくを積極的に食べる事でダイエット効果を得る事が出来ますが、そこで気になるのが臭いです。独特の強い臭いを放つため、痩せるために食べ続けようとしてもその点が厄介でにんにくダイエットに挑戦出来ないと考える人は少なくありません。しかもにんにくは単純に口臭だけの問題ではなかったりする点が、厄介です。実際に口臭を消すために食べた直後に歯磨きをしたりマウスウオッシュしても、独特な臭いは取れなかったりします。

口の中だけでなく、もっと奥から臭いがやって来るので対処が難しいです。そんな風に厄介なにんにくの臭いですが、りんごを食べる事により消す事が出来ます。口臭だけでなく胃の中から臭ってしまうのが厄介ですが、摂取した後にりんごを摂る事で胃から臭うのを防ぐ事が可能です。というのもそもそも臭いの原因となるのはアリシンと呼ばれる成分ですが、りんごに含まれているポリフェノールと酵素にはその成分を抑える働きがあります。

なので摂取した後にりんごを食べる事で、胃から発生して来る厄介な臭いを防ぐ事が可能です。だからこそにんにくダイエットを成功させたいなら、同時にりんごも用意しておく事をおすすめします。摂取した後にりんごを摂る様にすれば、臭いを気にせずダイエットを続けて痩身効果を得る事が期待可能です。

臭い対策におすすめの飲み物

にんにく臭が気になるという方には、飲み物での口臭対策をおすすめします。にんにくの臭いが気になる時におすすめなのが、牛乳・青汁・緑茶といった飲み物です。にんにくを食べて口臭が強くなるのは、アリシンという物質が原因です。牛乳に含まれるタンパク質には、このアリシンの臭いを抑制するという作用があります。

あるテレビ番組の実験では、10倍のにんにくが入った餃子を食べた後に牛乳を飲んだ場合、臭気センサーの臭気計測の数値が下がるというデータが出ていました。食べる前の臭気センサーの臭気計測の数値が300だったのに対し、にんにくを食べた後すぐの数値は1900でした。そして牛乳を飲んだ後に再度計測を行うと、数値が700までに下がっていたのです。完全に臭いを抑えるという事は難しいようですが、牛乳を飲む事によってある程度、口臭軽減に繋がります。

また青汁や緑茶に含まれるカテキンという成分も、アリシンの臭いを抑える効果を発揮します。カテキンとアリシンが結合して強烈な臭いを抑える働きをするようです。青汁に緑茶といった飲み物は、どんな食事でも合いやすいので食後に飲む飲み物としてもおすすめです。上手く臭いを抑える飲み物を活用して、口臭対策を行いましょう。

カテキンでにんにく臭を改善

にんにくはダイエットにも有効な食材と言われていますが、「あの臭いが気になる・・」という方も多いのではないでしょうか。強烈な臭いがするので、食べたいけれど頻繁には食べられない食材として挙げられるにんにくですが、「カテキン」という成分を摂る事であの臭いを消し去る効果が期待できます。

臭いの原因となるのはにんにくに含まれる「アリシン」という物質です。カテキンはアリシンと結合して強烈な臭いを、抑制するという効果を発揮します。カテキンは緑茶に多く含まれていると言われていますが、実は青汁も含有量の多い飲み物です。青汁には緑茶の5倍から6倍のカテキンが含まれているので、アリシンが原因の口臭対策として効果が期待できます。青汁はカテキンだけでなくビタミンB1の含有量も多いのが特徴です。ビタミンB1には健康増進効果が期待できます。

青汁が苦手という方の場合は緑茶での対策がおすすめです。最近はカテキンの含有量を増やした緑茶も販売されています。緑茶を選ぶ際にはカテキン量をチェックしてみましょう。緑茶・青汁どちらも食後に飲みやすい飲み物です。にんにくを使ったダイエット料理を食べた後は、口臭対策として食後に緑茶や青汁を活用してみましょう。

にんにくは美容とダイエット両方に効果がある食材

にんにくの特徴はその特有の臭いがあり、嫌いな人には敬遠されがちですがこの臭いにダイエットのヒントがあります。それはアリシンといいますが、この臭いをもつニンニクには抗菌力や殺菌力がありたんぱく質を分解して消化吸収を促す作業があり、更にこれをつぶすとビタミンB1の吸収力向上が期待でき、唐の代謝を上げ、発汗作用があるので食べると汗をかきやすくなります。

また交感神経という元気の元となる神経を刺激してアドレナリンの分泌を促すため、新陳代謝を活発にするとともに、脂肪の燃焼を促す作業があります。こうする事で体温を上げ熱を体外に放出する事で新陳代謝を活性化しますので、ダイエットにものすごく適した食材なのです。これはにんにくの効果の中でもっとも顕著な効果です。またにんにくオイルを常に用いれば余分な体脂肪を燃焼させて体を引き締めるダイエットの効果が期待できます。

しかしにんにくを多めに食べようとするならば胃や腸を、にんにくの刺激から守るためにたんぱく質も一緒にとってあげる必要がありますので忘れずに実践する事が大切です。そしてもう一つ有難い事に、血管からも体温をあげるアプローチがあり、血管を広げて血流をよくしてくれる効果がありそこからも脂肪燃焼を促し、代謝をよくします。また血流がよくなればアンチエイジングも実現できるため。ダイエットと美容のどちらにも効果があるためおすすめの食材なのです。