ひざ下脱毛の際の服装・日焼けやほくろ部分への脱毛効果は?

ひざ下脱毛をする際気を付けなければならないのは服装です。なぜ服装かと言うと、日焼けと脱毛の意外な繋がりがあるからなんです。さらにほくろがある場合も気を付けなければなりません。さらに、細い毛がある場合の脱毛効果についての情報もまとめました。

ひざ下脱毛と服装について

ひざ下脱毛を始めたら、施術が終わるまでの期間は、脚を露出しない服装を心がける事がお勧めです。制服等で、脚を露出する機会が多いという場合は仕方ありませんが、それ以外の時間は、露出は減らしておく事で脚の日焼けを防ぐ事が出来ます。

現在、主流になっている脱毛の施術は、毛の中のメラニン色素に吸収される特性があるレーザーや光を照射して、毛根を発熱させる事で行う方法です。この際、肌が日焼けしていて、メラニン色素が多くある状態になっていると、肌の中のメラニン色素にも影響が出る可能性があります。

その為、日焼けした肌は、火傷等の危険性がある為、施術を行えなくなってしまう事があり、施術を受け始めたら、日焼け止めを塗る、服装でひざ下を隠すようにする等、日常的なケアが大切になってきます。日焼けをしてしまうと、日焼けがおさまるまで、施術を行えなくなる可能性もあり、その場合、施術完了がより遅くなってしまう事になります。

日焼け止めを塗るだけでも、メラニン色素の発生を軽減させる事が出来ますが、よりしっかりと日焼けを防ぎたいと考えたら、ひざ下の露出を減らすように意識しておく事がお勧めです。それにより、順調に、そして安全に施術を行えるようになります。

ひざ下脱毛は日焼けに注意する

ムダ毛が気になった時、自己処理ではなくエステや医療機関で脱毛を考える人も多くいます。自己処理では表面の毛を処理しているだけなのですぐに生えてくるため、毎日のように処理しなければならないので大変です。また、正しく行わないと皮膚に負担をかけ、肌トラブルを起こすのです。

範囲の広いひざ下の場合、ほとんどの人がカミソリで処理をしますが、繰り返す刺激で色素沈着を起こしたり、表面の皮膚を削り取ることで乾燥や傷の原因にもなります。エステサロンなどでの脱毛はレーザーで行われます。

広範囲を短時間で処理でき、肌の奥の細胞にダメージを与えるため毛が生えてこなくなります。光を当てる方法なので肌にかかる負担が少なくて済みます。しかし、黒い部分に反応するレーザーは日焼けに気を付けなければなりません。

軽いやけどの状態になっている場所にレーザーを当てると肌に炎症を起こしたり、日焼けの色にレーザーが反応してしまう可能性があります。ひざ下のように太陽に浴びる可能性が高い場所は特に注意が必要です。サロンによっては日焼けをしていると施術ができないところも多くあります。ひざ下の脱毛を始めるのなら、紫外線が弱い季節から始めるのも一つの方法です。

ひざ下脱毛と、細い毛について

エステ等で、ひざ下脱毛をはじめる場合、毛の状態によって、効果の出方が変わります。施術の効果は、細くて弱い毛の方が出やすいと考える人も少なくないでしょう。ですが、現在、エステで行われている施術は、ムダ毛の中のメラニン色素に光を吸収させて行う施術です。この施術は、毛の中のメラニン色素が多い程、効果が出やすくなります。

太くてしっかりとした毛の方が、毛の中に含まれているメラニン色素が多く、その為、光がしっかりと吸収され、効果が出やすくなります。それに対して、細い毛の場合、含まれているメラニン色素が少なければ、太い毛よりも効果が出にくくなってしまいます。

ひざ下に、しっかりとした毛が生えている場合、効果が出にくいのではないか、料金が多くかかるのではないかと不安に感じる事は珍しくありません。ですが、太い毛の方がよりしっかりとした効果を実感しやすく、太い毛だから、なかなか施術が進まないという事はありません。

ひざ下脱毛の施術を始める際、毛が太い場合、効果が出ないのではないかと不安を感じる人は少なくありません。ですが、効果はメラニン色素の量によって変わる為、細い毛の方が、効果が出にくい事が多く、毛が太い方が効果が出やすくなります。

ほくろがある場合のひざ下脱毛

春から秋にかけて露出の機会が多いひざ下はツルツルでスベスベの肌でいたいですよね。よくされている自己処理では毛を抜くことやカミソリやクリームを利用する方法があります。毛を抜くと埋もれ毛になり、カミソリを使うと肌が痛んだり濃い毛や時間がたつと青いプツプツが見えてしまうことがあります。

クリームは毛を溶かすほどの強力なものなので、お肌への負担の不安があると思います。しかし、脱毛をしてしまえば、日々の脱毛処理の面倒くささもなく、肌への負担も減らすことができます。脱毛は光を黒い部分を狙って当てることで処理をしています。

そのため、ひざ下にほくろがある方は、ほくろの部分を傷ませてしまうのではないかと不安になる方もいます。しかし、ほくろの部分は、白いシールを貼るなどして保護すれば問題ありません。脱毛は毛の周期を考慮して行わないといけないため、どのような店舗や種類でも一回では完全に毛をなくすことはできません。

数か月おいて何回か行う必要があるため、早めに行うことをお勧めします。回数が足りないと完全になくすことはできませんが、それでも細い毛になったり量が減るため、ずいぶん自己処理の手間は減ります。
ぜひ、脱毛でツルツルでスベスベのひざ下を手に入れましょう。