ふくらはぎのストレッチでむくみやだるい症状を解消!簡単にできるストレッチまとめ

ふくらはぎのむくみやだるさで悩んでいる方も多くいるでしょう。このような悩みを持つ方の中には、症状の解決は無理だとあきらめている方もいるかもしれません。ですがむくみやだるい症状は、簡単にできる方法で解消できる可能性があります。

悩みを解消するための方法というのが、簡単なストレッチを生活の中に取り入れることです。ストレッチにも複数の方法があるため、ふくらはぎの調子を見ながら自分に合った方法を実践するようにしましょう。

またストレッチを行うときには、正しい方法で行うことが大切です。間違ったストレッチを実践すると、ふくらはぎのむくみやだるさが思うように解決できません。たくさん行えば、高い効果が期待できるわけではないので注意が必要です。

誰にでも見せたくなるふくらはぎに

女性にとって多いふくらはぎの悩みは、何といってもボリュームでしょう。特にスカートを履いた時にふくらはぎがむっちり逞しくなっていると気恥ずかしさを感じる人が大勢います。また、立ち仕事が続いてふくらはぎに痛みやだるさを感じる人がたくさんいます。

特に日ごろから運動をする機会が少ない人ほど立ち仕事が続いた時にむくみやすいので、ストレッチをして老廃物を取り除くことが必要になります。運動する機会が多いからと言って悩みが無くなるわけでもありません。

運動経験が多い人は発達した筋肉によってふくらはぎがごつく見えてしまうことも多いため、下半身が目立つようなファッションを避けてしまいがちです。

このように女性の大半はふくらはぎに対して何らかのコンプレックスを抱えていることが多いため、毎日ストレッチをして理想のボディラインに近づきましょう。

女性にとって自分のボディに関する悩みは尽きないものですが、特に年頃の女性はスカートを履いたり、水着を着てレジャーを楽しんだりしたいものなので、出来るだけコンプレックスが改善できるように自分で出来る努力は日ごろからしておくと良いでしょう。

そうすれば自分に自信を持って毎日過ごすことが出来るでしょう。

女性のふくらはぎの悩み

ふくらはぎに痛みやむくみ、だるさがある女性は多いものです。これらはすべてつらいものなので、なるべく早めに解消したいのは当然です。ストレッチをすることで、少しずつ改善できるのでふくらはぎに悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

ふくらはぎは下半身に溜まる傾向にある血液を心臓にポンプのように送ってくれる働きを持っています。ふくらはぎは第二の心臓なのです。心臓から体中に送られる血液が身体に循環するためには、ふくらはぎの高い機能が必要になります。

だからこそ、機能が衰えているときには痛みやだるさが出てきてしまいます。だるくなってしまうのは、疲労がたまっている証拠です。デスクワークや立ち仕事で血液の流れが悪くなってしまうのです。

同時にむくみも発生して非常につらい状態になります。疲れを少しでも取ってあげることで、だるさは解消します。では、どのようにストレッチをすればいいのでしょうか。布団に入りながら気軽にできるストレッチをご紹介します。

長めのスポーツタオルを脚の土踏まずにかけます。そして、タオルの両端を両手で持ちながら膝を上に伸ばしていきます。脚をきちんと意識しながら伸ばすことで、効果が期待できます。

3つの理由が考えられる

ふくらはぎが痛い場合には、3つの理由が考えられます。まず1つめは、むくみによって痛みが生じている場合です。ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれ、下半身の血液を心臓に戻すポンプの役割を担っています。

しかし、立ち仕事が多い場合などはこのポンプ機能が低下してしまうので、下半身の血液が滞りやすくなってむくみが生じてしまうのです。最初はだるさを感じるだけでしたが、悪化すると痛みが生じることもあります。

2つめは運動による筋肉痛です。普段は運動をしていない人が運動すると、筋肉痛が生じます。筋肉痛は数日も経てば自然に回復するものなので、あまり心配する必要はありません。しかし、運動中に激しい痛みが生じた時には肉離れを起こしていることもあるので注意が必要です。

痛みが続くようであれば、速やかに医療機関を受診して診察を受けなければいけません。肉離れを起こしている時は、応急処置として冷やすのが効果的です。

3つめは動脈硬化の初期症状が起きたり、静脈血栓症などの病気によってふくらはぎに痛みが生じることがあります。動脈硬化は血管が詰まってしまう病気で、静脈血栓症は同じ姿勢をとり続けていることで血栓ができてしまう病気です。

静脈血栓症はエコノミークラス症候群とも呼ばれています。

ストレッチによるふくらはぎのむくみを改善

一日仕事をしていると、足がパンパンになったり、ふくらはぎがむくんでしまう人は少なくありません。立ち仕事をしていると当然なりますし、座っているデスクワークでも足がむくんでくることはあります。

この原因としては心臓から遠い足の部分ですので、血液、リンパ液などの体液の流れが滞りやすくなったり、重力の関係で水がたまりやすくなっているからです。同じ姿勢で仕事をしたりすることで水分が細胞にたまりやすくなるからです。

血液、リンパ液は栄養、酸素を体の隅々に供給するだけでなく、体の老廃物を体の外へ排出するために内臓へ老廃物を送る役目をしています。体液の流れが滞ると老廃物がたまり、体の疲れが解消できなかったりしてむくみ、疲れが発生します。

むくみを解消するには適度の運動、マッサージが効果的ですすが、日々の仕事の中でマッサージ、運動にまとまった時間を割くことことはできないでしょう。そんなときは簡単なストレッチを行うことで解消できます。

ストレッチは寝る前に数分行います。ストレッチは専門サイトへアップされたりしていますし、How to本なども販売されているので参考にするとよいでしょう。ふくらはぎのストレッチはむくみの解消だけでなく美脚の効果も期待できます。

ふくらはぎが固い理由

普段から運動をしっかりおこなっているのに、ふくらはぎがカチコチで太くなってしまい見栄えが悪いと悩んでいる方の多くは、ふくらはぎのストレッチやマッサージを行っていない可能性があります。

まず筋肉が固くなってしまうことの原因の一つに、血行が悪い状態が続いていることにあります。一般的に健康な筋肉は適度に柔らかさがあり、触ってもカチカチになっていることはありません。

これは毎日のストレッチやトレーニングによって全身の血流が正常に流れているからであり、良い筋肉ほど適度な柔らかさを併せ持っています。

しかしふくらはぎはジョギングやランニングなどを行った際に、血流が蓄積したり乳酸が溜まりやすくなるため運動をした後にストレッチやマッサージをしないと、溜まった血液はそのままとなりむくみや筋肉が固くなる原因となります。

むくみが長時間続くと、ふくらはぎに痛みを感じやすくなりますし、見た目も太くなってしまうので運動を行った後は必ず最低10分はマッサージを行うことをおすすめします。ケアをする際には乾いた状態でマッサージを行うと筋肉を痛める恐れがあるので、専用のマッサージクリームを利用して滑りを良くし、丁寧に下から上にマッサージを行うようにしましょう。

老廃物をデトックスする方法

ふくらはぎが太いことで悩んでいる女性も多いと思いますが、その太さの原因は老廃物がたまってパンパンになっている可能性があります。

ふくらはぎのむくみをとって老廃物を落とし、血流とリンパの流れを促進することが大切です。デトックスの方法としては雑巾を絞るように足首から膝下までをマッサージすることでリンパの流れを促進して、老廃物を取り除くことができます。

効果的なストレッチ法は仰向けの状態で右膝を曲げて手で太股を支え、足首を時計回りに10回転します。次に手で太股を支えた状態のまま足首を反時計回りに10回転します。その後はかかとをしっかりと押し出して甲を思い切り反らし、膝下の筋肉の収縮を感じながら足の指をしっかりと丸めて甲をのばしてしきます。

このストレッチを行うことで血液の循環を改善することができ老廃物をため込まないふくらはぎにしていくことができます。

ふくらはぎの老廃物は目でみることはできませんから、自分の足にどの程度老廃物がたまっているのかはわかりません。これを知るためにはふくらはぎを触ってみてゴリゴリとしたものを感じたら老廃物がたまっているといえます。

マッサージをしてゴリゴリする部分は痛みを感じることもありますから、優しくマッサージを続けていくとよいでしょう。

ふくらはぎがだるい原因とは

1日中立ち仕事だから疲れるという人もいるかと思うが、中には1日中座りっぱなしなのに疲れが溜まっているという人もいるでしょう。

では、このふくらはぎのだるさの原因とは何なのかというと、普段立ちっぱなしの人は筋肉を使い過ぎてだるい場合が多いですが、座りっぱなしでだるい場合には反対に筋肉を使わな過ぎて筋肉が固まり、その結果だるくなるというものです。

そもそも、足のだるさを感じる原因の多くは男女問わず足に溜まった老廃物が原因です。老廃物は血液やリンパの流れによって流れを作り体外へと排出しますが、心臓から最も遠い場所にあるふくらはぎは血流やリンパの流れが滞りやすくなります。

その流れを促すには筋肉を使って促すしかないのですが、1日中座り続けていると当然筋肉は使われないので、血液やリンパによって流れてきた老廃物はふくらはぎで止まってだるさや重さを引き起こしてしまいます。

つまり、ふくらはぎのだるさを解消するには、老廃物を流す役割を担っている筋肉を使って心臓へと送り返してあげることです。

生姜と腹巻がおすすめ

体が冷えていると血流が悪くなってしまうので、疲労が蓄積しやすくなったりむくみやすくなってしまいます。特に女性は、冷え性の悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。夏の暑い時期でもエアコンが効きすぎているなど、体は冷えてしまいがちです。

体の冷えを解消するには、体を温めて血行を良くすることが大切になります。例えば、生姜は冷え性に効果的な食材としてよく知られています。生姜にはジンゲロールという辛み成分が含まれており、ジンゲロールは熱が加わるとショウガオールという成分に変化します。

ショウガオールには体の深部から熱をつくりだす作用があり、血流を良くして体を温めてくれます。ですから冷えを解消する方法としては、生姜を料理に使ったり、紅茶やスープに加えて飲むのがおすすめです。

それから冷え対策には、温かい服装をすることも大切になります。お腹周りを冷やさないことが重要なので、腹巻をするのが効果的です。また、夏や冬など空調が効いているところにいる際には、薄手の服を重ね着するなど調節しやすい服装をしておく必要もあります。

夏にエアコンが効いたオフィスで働く場合には、カーディガンなど羽織れるものがあるととても重宝します。

寝ながらできるふくらはぎのストレッチ

ふくらはぎストレッチの中には、寝ながらの姿勢でできるものがあります。まず、タオルを使って行うストレッチです。仰向けの状態で片方の足の土踏まずの部分にタオルを引っかけるようにし、タオルの端と端を両手で持つようにします。

膝を軽く曲げたまま上に伸ばし、タオルを使い脚を下に引っ張ります。太ももの裏やふくらはぎを伸ばした状態にし、20秒間そのままの状態をキープします。もう片方の脚も同様に行います。タオルはスポーツタオルなど長めのタオルを使うとストレッチしやすくなります。

ゆっくりと呼吸をするのがポイントです。それからふくらはぎがだるかったり、痛みがある時に効果的なストレッチもあります。仰向けになって片膝を立て、もう片方の脚を立てた方の脚の膝に乗せるようにします

。乗せた状態のふくらはぎを膝の上でマッサージすると、血行が良くなり痛みを緩和する効果が期待できます。反対側の脚も同様に行うようにします。寝ながらできるふくらはぎのストレッチは、寝る前や朝起きた時など布団の上で行うことができます。

朝晩の習慣にすると、より効果的です。準備するのはタオルだけなので、簡単に行うことができるのが嬉しいポイントになります。

ふくらはぎ痩せのストレッチ方法

多くの女性の痩せたい箇所ナンバーワンといえば、脚なのではないでしょうか。その中でも、特に他人の目についてしまうのがふくらはぎです。スカートはもちろん、細身のズボンのファッションやブーツを履く際にも、脚の綺麗さは大切なポイントになります。

食事制限の、ダイエットをして体重を落としたとしても脚が綺麗に痩せるケースは少ないです。そんな時に必要になってくるのが、ふくらはぎのストレッチなのです。痩せるために一番必要なことは、継続していくことです。

そのためには、簡単にいつでもできることが重要になってきます。ストレッチのなかでも、座ったままできるものがあるのです。まず椅子に深く腰をかけ、背中と直角になるように足を前へ伸ばします。

そして、つま先を上に向けてふくらはぎが伸びていることを確認し、次はつま先を前へ向けて伸ばします。このストレッチを交互に10回ほどします。この他には、同じように椅子に腰掛けて、足を直角に伸ばして足首を回すストレッチもあります。逆回りもしっかりしましょう。

デスクワークの人や勉強の合間、食事の後になど色々なタイミングで続けることができます。むくみをしっかりとるだけで、見違えるほどすっきりするので実践する価値ありです。

ふくらはぎのストレッチ方法

ダイエットをしてもなかなか痩せられないのが脚です。なかでもふくらはぎは、体重が減っても見た目の変化はあまり得られないものです。過度な食事制限をしても健康面やつやのある肌を犠牲にしてしまうだけで、綺麗なラインの脚は手に入りません。

ふくらはぎのダイエットで一番効果があるのは、ストレッチなのです。ジムに通ったり、毎日ランニングをするより手軽に挑戦できますし、空いた時間や、ながらでできるストレッチもあるので継続しやすいのです。

例えば椅子に座ってテレビを観ながら、足を上下に動かしたり、パソコンをしつつ足首を回したり色々なタイミングでできるので、毎日の習慣にしやすいです。歯を磨きつつ、ドライヤーをしている間背伸び運動をするのもいいですね。

料理を作っている時でもできます。学生、主婦、OLどんな環境の人にも取り入れやすいです。アキレス腱を伸ばすストレッチは、友達と電話しながらもできますね。短期間では痩せることはできませんが、無理なく続けられることによりリバウンドなく綺麗なプロポーションが手に入れられます。

ふくらはぎを綺麗なラインにするには、ストレッチが一番効果的なのです。ながらでできるストレッチを自分で習慣にして理想の脚を手に入れましょう。

深い呼吸を心掛ける

ふくらはぎストレッチの効果を上げるには、しっかりと呼吸することが重要です。ストレッチに集中していると、意識せずに呼吸を止めてしまっているという人も多いのではないでしょうか。また、浅い呼吸で行っているという人もいると思います。

呼吸を止めていたり浅かったりすると、酸素が身体の隅々に十分行き渡りません。すると、筋肉がしっかりと伸びなくて、せっかくストレッチをしてもその効果が減ってしまいます。深く呼吸をすることで体に酸素を取り入れることができ、筋肉も緩んでしっかり伸びてくれるのです。

それからストレッチをする時は、ゆっくりと行うことも大切になります。筋肉は反動をつけて急に伸ばされると筋線維が切れてしまうこともあるとされています。それを防ぐために筋肉は収縮してしまうので、ストレッチの効果は半減してしまいます。

また、リラックスした状態で行うことも必要です。心と身体は密接に繋がっているため、心が緊張していると筋肉も緊張してしまいます。それとは逆にリラックスした状態だと筋肉も緩むので、柔軟性を高めることができます。

呼吸が止まってしまったりすると自律神経の交感神経が優位になり、緊張しやすくなります。深く呼吸をし、リラックスすることが大切です。

入浴してからストレッチをすると効果的

ふくらはぎのむくみやだるさが気になる人も多いですが、痛くでよく眠れないなど深刻な悩みを抱える人もいます。ふくらはぎは第二の心臓とも言われるほどすごく大事な部分なので、悩みを解決することで健康に暮らすことが可能です。

ふくらはぎの悩みはストレッチを行うことで簡単に悩みを解消できますが、自宅や会社でも簡単にできるので試してみてください。ストレッチをする前にしておくといいのが入浴です。入浴をすることで身体が温まるので血行がすごくよくなっています。

筋肉も緩んでいて身体が伸びやすく足がつりにくくなるのでストレッチの効果が格段にアップします。お風呂に入った後30分以内がベストです。特に身体が固い人は入浴後に行うことがおすすめです。

身体が冷えている状態では筋肉が縮こまってしまい柔軟性も無くなります。そんな状態の時に無理にストレッチをしてしまうと効果が出にくいだけでなく筋肉を痛める危険性があります。入浴ができない時は軽くマッサージをして身体を温めてからストレッチをするようにしましょう。

ただしあまり強くマッサージをしてしまうと筋肉が萎縮してしまうので逆効果です。マッサージは軽くしてリラックスしておこなうことが大事です。

ストレッチの後の入浴が効果的

カモシカのような脚を手に入れるためには筋トレが欠かせないものですが、筋トレの前後にはストレッチを行うことが鉄則です。ストレッチを行うことで筋肉を伸ばすことで怪我のリスクを減らすことができますし、疲労回復を狙うことができるので必ず筋トレの前後には取り入れることが大切です。

多くの方は筋トレ後にストレッチを行って終了だと勘違いしていますが、実はストレッチをしたあとに入浴をすることで疲労回復が早くなります。入浴は浮力と重心がかかるので筋肉をリラックスさせることができます。また水中では水圧がからだにかかります。

ほどよい水圧によって血管を収縮させることができるので血の巡りがよくなります。血行がよくなることで疲労回復はもちろんですが、精神的な疲労や脳疲労も取り除くことができるので、筋トレをしてストレッチをしたあとは汗を流す意味でもゆっくり湯船に浸かることをおすすめします。

適した水温は38℃から40℃のややぬるめの温度です。あまりお湯の温度が高いと入眠を妨げる原因にもなるのでぬるめのお湯にじっくり浸かることが大切です。全身浴でもよいのですが、全身浴は心臓に負担がかかるので半身浴と交互でお湯に浸かるようにしましょう。

ふくらはぎのストレッチ

ふくらはぎは、むくみやすい部分です。足には血流が行きにくくなる場合が多く、長時間の立ち仕事をしている人や、また長い時間同じ姿勢をしているとむくみやすくなります。そのような場合は、ストレッチをすることで改善が期待できます。

ふくらはぎのストレッチと言えば、最も簡単で有名なものがアキレス腱のストレッチです。部位で言うとその名の通りアキレス腱のストレッチですが、ここを伸ばすことで自動的にふくらはぎを伸ばすことになります。

そして、ストレッチと同時に重要なのが、マッサージです。お風呂の時など、湯船に浸かりながらやさしくなでてあげると、血流がよくなりむくみなどの症状が改善されていきます。忙しくてゆっくり湯船に浸かれない人などは身体を洗う際に足首から膝に上がっていくように手で洗っていくと、同じような効果が得られます。

お風呂上りに、セットでアキレス腱を伸ばすとより良いでしょう。この時点でだいぶスッキリしてきていると思いますが、最後の仕上げに道具を使ってふくらはぎを柔らかくしていきましょう。マッサージ用のコロコロがあるととても便利です。

また電流を流せるパッドや、振動のある機械などを取り付けると、ふくらはぎにとてもやさしく効果を得ることができます。