わかめで格安ダイエット!実際の効果や食べ合わせについて

体重を落とそうとダイエットをしても、長続きせず悲観的になったりします。断食や過度な運動は行っても結果がついてこず諦めが発生してしまいます。そこで、無理なくできるダイエット。継続するには、負担を極力減らす必要があるからです。わかめを用いたダイエット法があり、経済的負担も少なくおすすめできます。どのような効果があるのか。

食べ合わせに最適な物を何かを紹介します。わかめを食べるだけで、続かなったダイエットが嘘の様に楽に継続され、わかめと食べ合わせる食材を、マッチさせるだけで効果の増大も期待できます。このダイエット法を試したら体に負担のかかる方法に嫌気がさしてきます。まず、わかめについて詳しく知る事が大切です。

ダイエットにも使えるワカメの基礎知識

ワカメは北海道から九州まで、広範囲で生息する海藻です。古代から日本人に食べられてきた海藻であり、縄文時代にも食べられていたといわれています。万葉集にもワカメに関する記述が見られ、献上品や奉納品としても扱われてきました。現代では栄養価の高いダイエットフードとも見られていますが、昔は貴重品だったようです。

食用のワカメは90%以上が養殖です。ワカメは寒い時期に成長するため、春に収穫されます。ですので一年中食べられる塩蔵ワカメや乾燥ワカメと違い、新鮮で歯ごたえやかおりのよい生ワカメは春にしか食べられません。スーパーなどで手軽に購入できる塩蔵ワカメの製造方法は、以下のとおりです。

水揚げされた後に、一度湯通しされます。その後水洗いをし、塩漬けにし製品として出荷されています。一方、調理が簡単な乾燥カットワカメは、水揚げされた後に、洗浄をし脱水します。それから切断されて製品となっています。

生きているワカメ、あるいは水揚げされたばかりのワカメを見たことがない人は知らないかもしれませんが、生のワカメは褐色で熱が入ることで緑色になります。そして、普通のワカメも茎ワカメもめかぶも一つの株から取れます。そこから切断され選別されることで別々の製品として流通しています。

ワカメの旬の時期と価格帯

ダイエットに最適な食材として知られるわかめは新物が出回るシーズンは3月から5月ごろで、このシーズンのものは新物として生の状態で販売されています。スーパーで1パック当たり200円から300円程度で販売されていますが、この時期を過ぎると乾燥させたものや塩漬けにしたものが多く出回ります。

販売されるわかめの形状は、主に生の状態と塩漬けのもの、乾燥させたものに分けられ、塩漬けのものの売価は100グラム当たり300円前後、乾燥させたものは10グラム当たりおよそ100円前後ですが、これは国産か海外産化によっても価格が大きく異なります。一般的に国内産で国内生産の製品は海外産のものに比べると価格は高めです。

春に出回る新物のわかめはさっと茹でてサラダにして食べたり酢の物にして食べるのが人気です。独特の歯ごたえや磯の香りは新物独特のもので塩漬けや乾燥させたものにはない食味が人気で旬の時期にだけ楽しめるのが特徴です。ダイエットに最適なわかめは一年中入手可能ですので、新物の出回る時期は新物を購入し、その他の時期は塩漬けや乾燥したタイプをじょうずにつかってサラダや和え物、汁物などに利用することで手軽なダイエットが出来ます。

わかめの価格が安い理由

わかめと言えば海草の中では知名度の高いものですが、世界的に見て海草を食材として扱う国はあまりありません。そのため日本近海で採ることができる分だけではなく海外からの輸入にも対応しているという特徴がありますので入手しやすいと言うのが大きな魅力になっています。

もう一つは乾燥させることにより長期保存が可能になると言う特徴もありますので、様々な食材の中でも保存がしやすいというのが特徴になっています。このような特徴がありますので生鮮食品のように管理が難しいばかりではないと言う魅力があるのです。このような点を魅力と感じることができる食材として注目を集めています。

安く購入することができる理由としてはこのような点が挙げられます。最近では養殖によって栽培される海草も増えてきていますので、安定した量を供給し続けることができるようになってきていることが安定した価格で供給することができる1つの理由になっているのです。この傾向は今後も継続すると考えられていますので、安価での調達がしやすい食材として扱うことができます。わかめのこのような特徴はダイエットに定期的に取り込みたい人にとっては嬉しい情報であると言えるでしょう。

わかめは体脂肪をコントロールしてくれる

ダイエット食として人気のわかめは、体脂肪を付きにくくしてくれます。ヨウ素が三大栄養素の燃焼を促進することで、エネルギー効率を活性化して体脂肪対策ができるわけです。代謝が低くなると脂肪をカロリーとして燃焼させる効率が下がるため、身体に脂肪を蓄えてしまいます。わかめダイエットを始めてから肌が整ったという方もいますが、これもカロリー代謝の促進が関係しています。食べたものが効率よく活用されれば、燃えカスが生じないわけです。

つまり体内に不要物質を溜め込まない体質に変えるデトックスが可能になるのです。体脂肪を抑えられる要因には、わかめ自体のカロリーも関係しています。生わかめ100gを食べても16kcalしかないので、これが原因で太ることはありません。ごはん100gだと10倍程度のカロリーになるので、ごはんをわかめに置き換えするだけでもかなりのカロリー制限ができます。

置き換えダイエットではいかに炭水化物を減らしていくかがポイントです。脂肪とたんぱく質は少し多く摂取しても、体重には反映されにくいのです。30代からは脂肪が付きやすい体質に変わっていくため、炭水化物の摂りすぎに注意した食生活を意識してください。

水溶性食物繊維の働き

わかめには、水溶性食物繊維やミネラル・ビタミンが豊富に含まれています。
水溶性食物繊維は、食品の水分を摂りこみ有害な物質を吸着させて外に出してくれるのです。有害な物質が外に出ることによって、体のなかに老廃物をため込まなくてすむので善玉菌が増えて腸内環境がよくなります。善玉菌を増やすだけでなく、悪玉菌を減らしてくれるのも特徴です。

いままで便秘や下痢に悩んできた方は、腸内の環境が整うことで悩みも緩和されてきます。便秘でストレスが溜まっていた方も、改善することにより自律神経が正常になります。自律神経の働きがよくなると、血流がよくなり体が温まり腸も元気になります。腸が元気になると、消化がスムーズに行われるようになるので代謝活動も活発になり脂肪燃焼効果が高まります。

そして、わかめには亜鉛が含まれています。亜鉛は、免疫力が正常になる働きがあるので腸も元気になります。腸内環境をよくするのに、わかめはとても役立つ食品です。毎日の食事に気楽に取り入れることができますし、お味噌汁に入れると大豆食品と一緒にとることができます。腸内環境をよくなれば、気分もすっきりしてダイエット生活も明るい気持ちで実践が可能です。

わかめダイエットと健康

わかめを食べながらダイエットをしている時には、たくさんのメリットを享受することができるようになります。体重を減らすためにダイエットを始めたという人であっても、体重が減って見た目が細くなったという以外にも良い点を実感できることが期待できるのです。

例えば、ダイエットをする時にたくさんのわかめを消費していると、腸内の環境がしっかりと整うようになります。腸内の環境がきちんと整うようになると、健康や美容にも良い影響を与えることになるのです。例えば、便秘がちである人の腸内環境がきれいになっていくと、便通が良くなることが期待できます。

便通が良くなると体内の循環も良くなり、摂取した栄養がきちんと体の中に行き渡るようになります。それに、体の中で不要になった老廃物をきちんと除去することができるようになるのです。

その他にも、美容の面に影響を与えることができます。例えば、肌荒れに悩んでいる人がわかめダイエットを行うと、肌をきれいに改善できる可能性が高くなります。体内からきれいになることによって、肌を改善できるようになるからです。このように、わかめダイエットには体重を減らすだけではなく、健康や美容にも効果が出ることが期待できるのです。

ヨウ素不足解消に役立つわかめダイエット

太ってしまう原因にも様々な種類がありますが、そのひとつにヨウ素不足があげられます。ヨウ素は主に甲状腺に存在しており甲状腺ホルモンを作る成分として大切な役割を果たしています。そして新陳代謝のコントロールや栄養の吸収、エネルギーを作るなど様々な働きを持っていますが、不足してしまうと代謝が落ちて太りやすくなる疲れが取れない、さらに甲状腺腫ができるなど様々な問題が出てきます。

それゆえダイエットを成功させるためにはヨウ素不足にならないことも大事ですが、手軽にヨウ素を取り入れるのであればわかめダイエットがおすすめです。わかめは手軽に入手でき、しかも低カロリーでミネラル分も豊富とヘルシーな食材です。サラダ、みそ汁、酢の物など様々な料理に利用でき価格も安価ですので無理なく続けられるのも嬉しいところです。

不足しているヨウ素を補うことは代謝アップにつながり燃焼効果も高まります。とはいえ、わかめはたくさん食べれば良いというわけではありません。ヨウ素は体に欠かせない大事な成分ですが摂り過ぎることも必要以上に食べ過ぎないよう注意しましょう。そして大豆にはヨウ素中毒を防ぐ働きがありますので豆腐や味噌などと一緒に摂るとより安心です。

1日のヨウ素摂取基準

ヨウ素はもともとナポレオン戦争が起きた際に、海藻から火薬を作っていた過程で偶然に発見された元素で、「ヨード」と呼ばれる場合もあります。生体内においては殆どが甲状腺に存在している元素として知られ、甲状腺ホルモンを構成する成分として大事な役割を担います。

また、ヨウ素は海水の中に沢山存在していますので、海藻類あるいは魚介類などに豊富に含まれる元素です。海産物をメインにしたヨウ素摂取の伝統的な食習慣がある日本では、ヨウ素の摂取量は必要量を大きく上回っているので、不足が問題視されることはありません。ただし、過剰摂取によって健康障害が起きる可能性があるため、ヨウ素を摂取する目的でサプリメントなどを利用する際には注意が必要です。

先ほど触れた通り、ヨウ素はワカメや昆布といった海藻類やそれを餌にしている魚に多く含まれます。日本人は元来海産物を沢山食べてきたので、世界の他の国と比べると日常的にヨウ素を沢山摂取しています。

甲状腺を満たす目的で必要とされるヨウ素の摂取基準は、一番沢山必要な12歳から17歳の男女や、授産婦で1日に140マイクログラムです。なお、日本人における平均的な食事でのヨウ素摂取量は、1日あたり1000から3000マイクログラムと言われています。

甲状腺ホルモンの分泌に影響

人の身体に必要不可欠な栄養素であるヨウ素が不足してしまうと、健康に良くない様々な症状が身体に現れやすくなります。例えば肥満になりやすくなったり、甲状腺にしこりができる甲状腺腫が発生してしまったり、体に溜まった疲れがなかなか取れないなどの症状です。

また、低血圧の症状や身体がむくみやすい、何をするにも気力が沸かずに気分が落ち込む、妊娠しづらくなるといった症状が出る場合もあります。ヨウ素は体内で、そのほとんどが甲状腺に存在していると言われています。ヨウ素は甲状腺ホルモンの元になる重要な物質で、不足してしまうと甲状腺ホルモンがきちんと生成されなくなってしまいます。すると、下垂体から甲状腺ホルモンの分泌を促す甲状腺刺激ホルモンの量が増えて甲状腺の一部が肥大化する甲状腺腫ができるのです。

甲状腺ホルモンの量が少ないことで甲状腺の機能が低下して、肥満やむくみ、低血圧など様々な症状が引き起こされます。特にヨウ素は、子供の成長にも欠かせない物質です。ヨウ素が不足すると、発育が遅れてしまうこともあると言われています。女性の場合には、不妊の原因となることもあるのでヨウ素が不足しないように気を付ける必要があります。

ヨウ素を摂取するとどんな良いことがあるの?

わかめに含まれているヨウ素は、炭水化物や脂質の吸収を穏やかにして代謝を高めます。ダイエットの時には糖質の多い炭水化物や脂質カットが効果的ですが、きつい食事制限はなかなか続きません。ヨウ素を摂ることで炭水化物や脂質の吸収が穏やかになるため、主食のお米やカロリーの高い肉料理などの食事制限をしなくてもダイエットの効果に期待ができます。

またヨウ素は交感神経を刺激して代謝を高めてくれるため、同じ運動量の場合でもヨウ素を摂っているほうが消費カロリーがアップするということです。ダイエット効果を上げるためには、ただヨウ素を摂るだけではなく運動をするほうがさらに消費カロリーも高まります。代謝が上がって摂取した脂肪分が体に蓄積しにくくなりますので、いつも通りの食生活でも太りづらくなるのです。

またヨウ素はタンパク質の合成にも働くため、運動をした場合に筋肉をつけやすくなります。筋肉は脂肪よりも重たいので、表面的には痩せていないようにも感じますが全体を引き締めてメリハリあるボディには筋トレは欠かせません。筋肉がつけば基礎代謝も上がりますので、同じ食生活を続けていても太りにくく痩せやすいリバウンドに負けにくい体作りが目指せるのです。

上手に食事に取り入れたい

わかめは安くて美味しい食材でなおかつダイエットにも活躍してくれます。いろんな料理に使えるので、乾燥タイプを常備してスープや味噌汁などに使っていると思いますが、食べ合わせも考えていくとより効果的にダイエットに活躍させられます。

定番の味噌汁ですが、厚揚げや油揚げなどを入れるのもおすすめです。ただ、葱や玉ねぎを入れるとわかめの持つカルシウムの吸収を妨げてしまうので、気になる時には避けた方がよいでしょう。きゅうりと組み合わせての酢の物も定番小鉢で常備しておくと便利ですが、疲労回復なども期待できるので理に適った食べ方といえそうです。人参や青梗菜、たけのこなどもよいので、まとめて煮物にしておくのと食べやすくていいでしょう。

もやしも相性がいいので、手軽に副菜として作っておくと後一品ほしい時に活躍してくれます。秋刀魚やあじもよいですし、豚肉と組み合わせていけばメインのおかずとしても使うことが出来ます。せっかくダイエットをするためにわかめを使うのですから、どんな風に食べればいいのかにも目を向けてみましょう。毎日食べることで効果も発揮されるので、少しずつ食べられそうなおかずを用意しておくと続けやすいです。

ダイエットでわかめの効果を上げる食品とその理由

格安な上にダイエット効果も抜群のワカメですが、ワカメの栄養素をしっかりと吸収したい場合は、酢あるいは油と合わせて摂取するようにしましょう。実際に、わかめを料理する際に酢を利用すれば、カルシウムなどのミネラルの吸収率がアップして効果の倍増が期待できます。

また、ワカメには粘膜および皮膚を丈夫にし、抵抗力を高めたり視力を改善する効果が期待されるβカロテンが沢山含まれています。βカロテンは、油とともに摂取すると吸収率が高くなる栄養素。さらに、ワカメに含まれているヨウ素およびカロチン(ビタミンA)も油と一緒に摂取すると吸収率が上がります。

ダイエット中だとしても、良質な油を適切に摂り入れることは大切です。色々な油の中でもオリーブオイルがおすすめ。サラダとしてわかめを食べる際にドレッシングとしてオリーブオイルを使ってもいいですし、オリーブオイルに塩こしょうをプラスして軽くソテーしても良いでしょう。

また、わかめを使用した定番料理として知られる酢の物も、カルシウムおよびミネラルの吸収率を高めてくれます。酢と合わせることによってわかめが柔らかくなり、血圧を下げたりコレステロール値を下げる働きもあります。色々なメニューに取り入れながら、わかめダイエットで健康的になりましょう。

ダイエットに向くわかめの美味しい調理法

乾燥させたタイプや塩漬けされたタイプなどがあり、どちらもスーパーなどで簡単に手に入れることができるわかめは、塩漬けされたものは比較的肉厚なものが多く水で洗って塩を落としてから使いますが、乾燥させたものは保管に便利で汁物なら戻さずそのまま使えるため、手軽に少しずつ使いやすいという特徴があります。

どちらのタイプのわかめも様々なダイエット中の料理に使うことができますが、代表的なものといえば味噌汁やスープなどではないでしょうか。これらの汁物に使うと、汁に溶け出した水溶性の栄養素まで丸ごと摂れるメリットがあります。

また朝の忙しいときでもスピーディー・手軽にできるのがスープで、カップに顆粒タイプのスープの素や昆布茶と乾燥わかめ・炒りゴマを入れてお湯を注げばダイエット中にもぴったりの立派な食事の1品になります。さらにちょっとごま油を加えると香ばしいごま油の香りがプラスされるだけでなく、ヨウ素やビタミンAなどの栄養素の吸収もよくなるのでおすすめです。

またサラダに加えても美味しく低カロリーなのに満足感が得られダイエット向きであるほか、酢との組み合わせは血圧やコレステロールを下げる効果が期待できるでしょう。そのほか麺類の具や酢の物などとしても美味しくいただけます。

ダイエット中のわかめを食べる時に気を付けたい事

わかめはカロリーが微量なので、どれだけ食べても体脂肪が増える心配はありません。とは言え、食べ過ぎに注意しなければならない点もあります。まず、塩分が多いということ。5gに対して0.84gの塩分があります。せっかくカロリーが少ないのに、塩分の摂りすぎはむくみの原因になってしまいます。食べる前に塩抜きをしっかり行いましょう。

また、わかめには食物繊維が多く含まれています。これは便秘解消に役立ち、ダイエットの味方とも言えますが、食べ過ぎる事により、消化不良による下痢を発症してしまいます。体に必要な栄養素がすべて流れてしまい、不健康になってしまっては元も子もありません。お腹がいつもより緩くなっていると感じたら、少し量を減らすなど工夫が必要です。

わかめにはヨウ素も含まれています。これは自律神経の安定や代謝を促す効果もあり、ダイエットには嬉しい効果といえますが、食べ過ぎる事によって甲状腺機能拮抗進症のリスクが高まってしまいます。これは動機、息切れ、手の震えの他に疲れやすくなったり大量の汗をかくようになったりどんなに物を食べても痩せてしまうといった症状が現れます。

食事にわかめを取り入れるだけでなく、野菜中心で炭水化物を控え、タンパク質をしっかり摂る等、バランスの良い食生活にわかめを加えてみて下さい。

手軽なダイエットの食材にはわかめが最適

わかめがダイエットに向いている理由としては、低カロリーで食べることによって満足感を得やすく、脂肪の燃焼を助けたり油っぽい食事の前に食べることで脂肪が体内に蓄積されるのを防ぐ役割があるためです。わかめには様々な調理法がありますが、特に油と一緒に摂取することでよりダイエット効果がアップしますので、サラダや和え物などにオイルを数滴たらすのがおすすめです。

わかめにはヨウ素やミネラル分が豊富に含まれており、毎日摂取することで必要な栄養素の多くを摂取することが出来ます。炭水化物やや脂質を多くとると肥満の原因になりますが、わかめを一緒に食べることでその吸収を穏やかにする効果がありますし、ご飯やパンなどの糖質や脂っぽい食事の食べ過ぎを防ぐのにも役立ちます。

スーパーやコンビニエンスストア、ドラッグストアなどで安価に購入することが出来る食材ですので手軽に食生活にとりいれることが可能ですし、乾燥タイプならカットする手間も省けて水で戻すだけで使うことが出来ます。含有されている栄養素は肌や爪、髪の毛を美しく保つことが出来ますしカロリーも少なくたくさん食べて満足感を得ながら太りにくい成分で構成されているため、ダイエットに最適な食材です。