アセチルグルコサミンの効能と他の成分との違い

アセチルグルコサミンはグルコサミンに比べると聞き馴染みがないかもしれませんが、人間の体にとって大きな効果をもたらす成分です。

肌に良いことで知られるヒアルロン酸の素にもなっている成分なので、摂取するメリットは豊富にあります。

アセチルグルコサミンが促進するのは軟骨の再生

アセチルグルコサミンとはコンドロイチンやヒアルロン酸などの生成を促す有用な成分です。特にコンドロイチンは関節や軟骨を構成する成分であり、そのコンドロイチンが生成されるということは関節機能の向上や関節痛の改善などの効果をもたらします。

そのため、関節に悩みを抱えている方や将来的な関節のケアを行っておきたいという方にお勧めです。軟骨は年齢の経過に従って、すり減った分が補修されにくくなります。それゆえにアセチルグルコサミンの必要性も増していきます。

関節痛になってからそれを改善するためにアセチルグルコサミンを摂取するということもできますが、後々に関節を傷めるリスクを下げるために予め摂取しておくことも大切です。

グルコサミンとアセチルグルコサミンの違う点

アセチルグルコサミンとよく似た成分にグルコサミンがあります。この2つは分子構造が異なっているものの、基本的な働きに大きな差はありません。グルコサミンを摂取すると体内でアセチルグルコサミンに変換される仕組みとなっています。

つまり、アセチルグルコサミンを直接摂取した方が変換する手間がかからないというメリットがあります。そのため、アセチルグルコサミンとグルコサミンをどちらも摂取できるという状況ではアセチルグルコサミンを積極的に選択することをお勧めします。

ただし、カニやエビなどの食材にはアセチルグルコサミンとグルコサミンの両方が含まれており、食生活においてはどちらか一方を摂取するよりも両方を一度に摂取するケースが多くなっています。

アセチルグルコサミンの過不足がもたらす症状

アセチルグルコサミンが不足すると軟骨を生成したり、補修したりする機能が低下するので、関節では骨と骨が直接ぶつかってしまうリスクが発生します。これは関節痛に直結することなので速やかな対処が必要となります。

アセチルグルコサミンは摂りすぎよりも、不足の方が問題が発生しやすい物質です。少し多めに摂ったとしても即座に不具合が現れることはほとんどありません。何故ならアセチルグルコサミンは体内から生成される物質だからです。

とは言え、極端に摂りすぎてしまうことは人体の持つ自然な軟骨再生能力を低下させてしまう恐れがあります。そのため、アセチルグルコサミンのサプリを飲む場合は用法や用量をしっかりと守ることが大切です。

肌の保持力はヒアルロン酸よりも上

アセチルグルコサミンは軟骨への効果がよく話題になりますが、実は他にも優れた効果を持っています。その一例が肌に水分の保持能力を与える効果です。肌に水分が欠かせないということは一般によく知られていますが、ただ水分を与えるだけでは肌が水分を放出させてしまうことがあります。

そこでアセチルグルコサミンを摂取することで肌に水分を保持させることができます。この能力に関してアセチルグルコサミンはヒアルロン酸を上回っています。肌の水分保持力を向上させると肌が水分のバリアを纏うことになります。

この水分のバリアが紫外線から守ってくれることにより、乾燥肌や敏感肌の方も肌荒れなどの肌トラブルを予防することが可能となります。

アセチルグルコサミンが持つ効果

アセチルグルコサミンは肌や関節に存在する成分ですが、軟骨のすり減りや肌のターンオーバーなどの際に使用されるので得てして不足してしまいます。そこでアセチルグルコサミンをしっかりと摂取すれば様々な効果が期待できます。

具体的な内容としては軟骨の再生、肌の潤いの保持などが挙げられます。肌の表面が水分を保持することは美肌に繋がり、肌の内部が水分を保持することは運動機能の改善に繋がります。つまり、アセチルグルコサミンを摂取することで皮膚環境を全般的に整えることが期待できます。

軟骨のすり減りを再生できることもアセチルグルコサミンの重要な効果であり、既に関節痛を患っている方も摂取することで改善を期待できます。

アセチルグルコサミンはヒアルロン酸の素となる成分

肌に良い成分としてよく知られている物の1つにヒアルロン酸があります。ヒアルロン酸には肌の保持力を高めたり、肌ツヤを整えたりする効果があります。実はヒアルロン酸を体内に取り入れるとアセチルグルコサミンに分解されるという特徴があります。

つまり、アセチルグルコサミンはヒアルロン酸の素となっている成分と言えます。ヒアルロン酸を摂取すると体内ではアセチルグルコサミンに分解する手間がありますが、アセチルグルコサミンを摂取すればその必要がないので効率的です。

また、分子の大きさから考えてもアセチルグルコサミンは吸収しやすく有用です。摂取した量のうちアセチルグルコサミンは使用される割合が非常に多いこともメリットです。

アセチルグルコサミンが効果をもたらすメカニズム解説

アセチルグルコサミンを体内に取り入れると軟骨成分、保湿成分としてすぐに使用されます。これは普通のことのように思えるかもしれませんが、ほとんどの栄養素は体内で分解という過程を踏む必要があります。

この分解が上手く行われないと吸収できる量が限定的となってしまい、効率的な吸収とはなりません。しかし、アセチルグルコサミンは体内にある成分と同じ形なので分解の手間が不要です。そのため、摂取した分の多くはそのまま使用されます。

複雑な過程を踏むことなく、軟骨成分や保湿成分として利用されるので極めて無駄が少ないです。この効率の良さが大きな魅力です。分解による人体への負荷も基本的にはほとんどかからないのも魅力です。

アセチルグルコサミンを研究して分かったこと

昨今では関節痛で悩む方が増えているのでアセチルグルコサミンの研究がどんどん進められています。その研究の中で分かったのが、通常のグルコサミンやヒアルロン酸を直接摂取した時に比べて、アセチルグルコサミンとして摂取した時の方が使われる割合が非常に多いということです。

グルコサミンやヒアルロン酸では分子が大きく、吸収できずに排出されてしまうケースでも、アセチルグルコサミンならばしっかりと使用されるということです。また、これは軟骨を生成する能力が衰えてくる年齢の場合、特に顕著となります。

通常のグルコサミンやヒアルロン酸と比べて、アセチルグルコサミンは分子が非常に小さいので吸収しやすいという利点を持っています。

アセチルグルコサミンとヒアルロン酸の異なる点

ヒアルロン酸は肌に良い影響を与える成分としてよく知られているので、アセチルグルコサミンよりもヒアルロン酸をたくさん摂取した方が良いのではと考える方もおられるかもしれません。確かにヒアルロン酸が肌に良いというイメージは一般に浸透しています。

しかし、ヒアルロン酸は体内に入るとアセチルグルコサミンになるので、アセチルグルコサミンよりもヒアルロン酸の方が良いということはありません。アセチルグルコサミンとヒアルロン酸の最も大きな違いは分子の大きさです。

ヒアルロン酸に比べるとアセチルグルコサミンの方が分子が小さくなっています。体にとっては分子が小さい方が吸収しやすいので、分子が小さいことはアセチルグルコサミンの明確な長所と言えます。

食事やサプリから摂取できるアセチルグルコサミン

アセチルグルコサミンはカニや牛乳などに含まれていますが、それほど含有量が多くないのが特徴です。また、アセチルグルコサミンをいくら含んでいると言っても、自身のアレルギーに該当している食材ならば回避せざるを得ません。

そこでお勧めなのがサプリを活用する方法です。サプリならば成分に気をつけておけばアレルギーのリスクを回避でき、効率的な摂取が可能となります。また、1日あたりの摂取量が明確に示されることにより、不足したり摂りすぎたりする問題も発生しません。

アセチルグルコサミンのサプリを選ぶ際には成分表示表の示す量と、他に配合されている原料に着目しておく必要があります。長期的な視点で考えると価格も大切なポイントです。