アレルギー体質の人は青汁を飲んで改善しよう

青汁には、アレルギー改善効果のある栄養素がたくさん含まれます。ビタミン・ミネラル・フィトケミカル(ポリフェノール、カロテン、ルティンなど)、食物繊維がそうです。

気長に飲み続け、体質改善を目指しましょう。

青汁とアレルギーの関連性

青汁の胃腸改善効果と、清熱作用、豊富なビタミン・ミネラルによって、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー体質が改善した人もいます。青汁は、抗炎症効果と止血効果に優れ、アレルギー改善が期待できます。

アレルギーが起きる時は必ず「炎症」が起こりますが、青汁にはこの炎症を鎮める作用があります。アレルギー予防にも効果的ですが、不快な炎症を鎮める方が、より効果的と言われます。

アレルギー体質改善で選ぶなら、「ステラの贅沢青汁」がおすすめで、体質改善に必要な栄養素が豊富に含まれます。主成分のケールには、アレルギーに効果的な「フラボノール配糖体」「糖脂質」が含まれ、豊富な食物繊維は腸内環境を改善するので、2つの効果から、花粉症におすすめです。

青汁の整腸作用がアレルギーに効くことも

青汁の整腸作用は、免疫力を高め、栄養素や薬の有効成分が腸からスムーズに吸収されます。すると、栄養素や成分がしっかり働き、体の調子が良くなるので、アレルギーも改善されやすくなります。また、青汁の食物繊維やカリウムによる整腸作用で、免疫システムの誤作動が抑制され、花粉症やアレルギーを抑えます。

例えば、明日葉が原料の青汁は、女性の愛飲者が多いです。明日葉の栄養素にも注目が集まっており、価格の安さも好評です。

明日葉には、抗アレルギー作用の「ルテオリン」という成分が含まれて、また、万能の力がある「カルコン」には、アレルギーとなるヒスタミンを90%阻害する力があり、アレルギーや花粉症の予防や改善をします。整腸作用にも優れた明日葉は、アレルギー、花粉に負けない体質を目指します。

清熱作用によって体の熱を下げてくれる

清熱作用は、アレルギーの炎症を鎮め、消炎、解熱、鎮痛、抗菌、抗ウイルス・止血などの効果があります。アトピーは体の表面では、暑がり、ほてり、むくみ、痒み、傷口のジクジク、出血、発熱等の熱の症状を持ちやすく、また、赤い発疹も、体内に熱がこもった状態です。これを清熱作用で改善することができます。

清熱の野菜には、例えばキャベツ・トマト・セロリなどがありますが、これらを含む商品に「グリーンハウスの天然青汁」があります。主成分はケールですが、配合率90%で、他の青汁より配合率は高いです。

緑黄色野菜が豊富に含まれ、野菜不足も解消します。食物繊維で胃腸も整え、清熱作用の相乗効果も重なって、アレルギー体質や肌荒れを改善します。

豊富な栄養素で体に足りない養分を補う

栄養価に優れ、野菜不足を補える青汁に、「極みの青汁」と言う、「ケルセチンプラス」が配合された最も人気の青汁があります。ケルセチンはタマネギに多く含まれるポリフェノールの一種ですが、そのまま食べても体内で吸収されにくいです。そこで、体内でしっかり吸収するよう改良されたのが、ケルセチンプラスです。

期待以上の飲みやすさと、美味しさに驚いたと評判で、しかも大手メーカー・サントリーの商品なので信頼・安心できます。飲み続けることで、体質改善にきっとつながるでしょう。

他にも、栄養価の高い商品に、1本で1食分の緑黄色野菜が補える「ファンケルの青汁」、「飲みごたえ野菜青汁」「大麦若葉青汁 キトサン」などたくさんあります。

青汁によってアレルギーが改善したとの報告も

アレルギー改善に、特に必要な栄養素は、カロテン(皮膚や粘膜を丈夫にする)、亜鉛(免疫を高める)、ビオチン(皮膚の炎症を鎮める)、食物繊維(毒素を排出・免疫を高める)があります。青汁には、これらの栄養素がたっぷり含まれるのでおすすめです。

また、ケールの青汁には、アレルギーを引き起こす抗体を減らす効果があり、特にアトピー性皮膚炎に良いと言われます。大麦若葉の青汁も、麦緑素と抗酸化力が、アレルギー体質を改善すると言われます。

実際に、青汁を習慣として始めた人の中に、アレルギー体質が改善したという話もよく聞かれます。豊富なビタミン、ミネラルを含むフルーツ青汁では、鼻づまりが治り、花粉症が改善されたという報告もあります。

青汁がアレルギーの対象になることもある

どの食べ物でもそうですが、青汁もアレルギーを引き起こす可能性があります。稀に重篤なアレルギーを引き起こし、発疹などの症状が出るので、服用後に異常を感じたら止めましょう。

原因は、青汁に含まれる「脂溶性ビタミン」です。これは体内にたまりやすい成分で、摂取しすぎるとアレルギーなどを引き起こし、かえって体に良くないです。なので、初めて飲む場合は、体調の反応を見ながら飲みましょう。

体に合わない場合は飲む量を減らし、お腹が弱い人は、冷たい水や牛乳ではなく、常温の水などで飲みましょう。それでも、症状が治まらない時は、販売元に相談するか、症状がひどい時は、近くの病院に相談しましょう。

また、小麦粉や大麦アレルギーがある人は、大麦若葉の青汁は摂取は可能ですが、念のため、少量から始めてみましょう。

息苦しさはアレルギーのサイン

息苦しいアレルギー症状と言えば、気管支喘息・食物アレルギー・ハチ毒アレルギー・アレルギー性鼻炎などがあります。ひどい場合は、アナフィラキシーショックを起こし、じんましん、息苦しさ・喘息、血圧低下、意識障害などの症状が現れます。

例えば、青汁には多くの種類の野菜が含まれますが、人によっては特定の野菜にアレルギー症状が出る場合もあります。少量では出なくても、大量に飲んだり、続けて飲むと、じんましんなどの症状が現れることがあるので注意が必要です。

また、大量摂取することで、新しいアレルギーが発症することもあるので、異変を感じたら、飲むのを休み、様子を見ましょう。青汁を飲まない方がいい人もいるので、副作用についても学びましょう。

成分を確認してアレルギーを防ごう

アレルゲン物質が、青汁に含まれていないとは言い切れないので、成分を確認する事も大切です。しかし、アレルギー体質改善に青汁を飲む価値は十分あるので、しっかり確認して注意すれば、とても有効活用できます。

青汁を選ぶ際は、自然の野菜成分以外の物質を含まず、完全無添加の青汁がおすすめです。例えば、ソルビン酸・安息香酸などの防腐剤、ペクチンなどの安定剤、カラメル色素・クチナシ黄色素などの着色料を含む青汁には注意しましょう。

また、原料の野菜が無農薬で栽培され、残留農薬の検査を行っているかも確認しましょう。フルーツ青汁は、アレルギーの原因となりやすい、大豆・小麦・リンゴ・バナナ・オレンジなどを含むので、不安な人はかかりつけ医に相談しましょう。

下痢を誘発することもある

青汁は液体なので、急に食物繊維が腸に入ると、腸がびっくりして下痢を誘発することもあり、また、青汁を溶かす水や牛乳の温度も大切です。青汁の飲み過ぎに気を付け、1日の適量を守りましょう。冷たいまま飲んでも、お腹を壊す場合があるので、適度に温めて飲んだり、温かいスープに混ぜるのも良いでしょう。

ただし、60度以上だと、ビタミンCなど壊れるので、温めすぎに注意が必要です。牛乳が原因の場合は、牛乳やヨーグルトに混ぜて青汁を飲むのをやめ、水や豆乳・アカディで飲むこともできます。

アレルギー物質を含む青汁を飲んでも、下痢が起こる場合があるので、アレルギー物質を含まない青汁を探してみましょう。適量や用法を守って、青汁を上手に飲めば下痢の心配はなくなります。

異変を感じたら無理に飲まないようにしよう

青汁は、体に良いイメージがありますが、副作用を学ぶことも大切です。例えば、腎臓が悪い人が飲むと、体外に排出されるものが排出されず、血圧低下や不整脈を起こす場合があるので、青汁を飲む前に、医師に相談しましょう。

また、商品によっては、添加物が含まれ、添加物にアレルギーを起こす可能性もあるので、異変を感じたら、量を減らしたり、休んだりして無理に飲まないようにしましょう。また、飲み始めの頃は無理しないで、少しずつ量を増やすようにしましょう。

アレルギーがある人もない人も、青汁を飲んだ後、体調不良や湿疹などが出た場合は医師に相談して下さい。青汁が体質に合わない人もいるので、異変を感じたら無理に飲むのを止めましょう。