ウェディングドレスをレンタルする際の料金相場と注意点!

一生に一度の結婚式には気に入ったデザインのウェディングドレスを着たいという女性は多いでしょう。写真にも残りますし、その日の主役なので誰よりも華やかでありたいというのはごく自然な気持ちです。しかしたくさんのブランドやデザインがあるので白いドレスとは言えど種類が山のようにあります。

使用している素材などによって金額も大きく異なりますし、一度しか着ないので購入ではなくレンタルで考えている人も多いのではないでしょうか。そうなったときに気になるのがレンタル料金です。

結婚式にはお金がかかるのでできるだけ費用を抑えたいと思う反面気に入ったウェディングドレスを着たいという願望とのバランスを取ることが重要になります。後々後悔することがないようなドレス選びをするためには相場とレンタルだからこそ気を付けなければならない点を理解しておくことが大切です。

レンタル料金の大体の相場

華やかなドレスを着慣れている人なんてセレブで頻繁にドレスを着ているような人しかいません。日本はあまりパーティー文化がありませんし、ドレスそのものを着る機会なんてほとんどないでしょう。またパーティードレスとウェディングドレスは全くの別物なので素材の判断はできても相場の想像は難しいものです。

せっかくなので何着も着たいという女性もいるでしょうが、まずは相場を理解してから予算を見て考えていくことが重要となります。白一択のウェディングドレスでも純白なのかアイボリーなのかという白の中でも若干色合いが異なるものがありますし、デザインも様々です。

有名ブランドであればそのブランド名から全体的な相場を高めに設定している場合もあるでしょう。そのため相場を一概にいうことはできませんが、大体の平均を知っておくことが重要です。ウェディングドレスの平均相場として多いのは20~30万円程度です。

10万円台かそれ以下のものもありますが、非常にデザインがシンプルでドレスに華やかさを持たせるのが難しくなってしまいます。デザインも豊富で華やかさも感じられるようになるのが大体これくらいの金額になるので多くの人がこの価格帯でウェディングドレスを選んでいる傾向にあります。より華やかで有名ブランドのものなどになると30万円をこえるものもたくさんあります。

レンタルすることができる物

ウェディングドレスを着るためには様々な小物があります。プリンセスタイプやAラインタイプのものなどウエストから切り返しがついていて足元がふわっと広がるシルエットになるのであればその形が崩れないようにパニエと呼ばれるものをはかなければなりませんし、ドレス専用の下着も身につける必要があります。

新郎と横並びになったときのバランスを考えながらヒールの高さを調節した靴も用意しなければなりませんし、華やかさを演出するための装飾も必要です。様々なアイテムをすべて合わせて初めて花嫁さんという完成形に仕上がります。衣装レンタルでは価格が表示されていますが、それはドレスのみの価格の場合があります。

小物類をすべて合わせると数千円~数万円の上乗せが考えられるので事前に聞いておくと衣装選びもしやすいでしょう。もちろんお店によっては小物類すべてを合わせた価格表示がされていることもありますし、中には最低限の小物はレンタルして下着は購入という形をとっているところもあります。

どこまでレンタルすることができるのか、また何が含まれた上での価格表示なのかはすべてのお店が同じというわけではないということを理解しておきましょう。

衣装代=レンタル料では済まないことも

結婚式場で全体的な見積もりを出してもらう際には、ウェディングドレスやタキシードなどの衣装代はまとめて表示されます。その衣装代を払えば当日は希望の衣装を着て結婚式に臨むことができるというのは大間違いです。実は衣装関連で忘れてはならないポイントが2つあり、それは持ち込み料と着付け料です。

結婚式を挙げる式場で扱っている衣装をレンタルするのであれば持ち込み料は必要ありません。しかし人によっては好きなブランドや好みのデザインのものがないとなった場合に式場からレンタルするのではなく衣装レンタルの専門店から借りるという場合もあります。

そうなったら別のお店のものを借りて式場に持ち込むことになるので持ち込み料がかかります。自社で取り扱っているものではないためそれを管理するお金として考えられています。衣装だけではなく自分たちで用意した引き出物やプチギフトなどに持ち込み料がかけられる場合もあります。

次に着付け料ですが、自社の取り扱い商品であればこれを無料にしてくれる場合もあるのですが、他社からの持ち込みであれば着付けもスムーズにできるとは限りません。中には補正をしなければならないこともあるでしょう。そうなっては通常よりも手間がかかるので別料金として徴収されることがあります。

いつ頃までにドレス選びをすべきなのか

結婚式の準備が本格的に始まるのは招待状を送ってそれによってゲストの人数が正確に特定することができるようになる挙式2ヶ月前くらいです。早めに式場を予約しているという人もいますが、ゲストの人数が分からなければ予算とのバランスをとることが難しいのでなかなか準備も進められないのです。

しかし衣装はゲストの人数に左右されるものではないので早めに決めておくのが良いとされています。衣装代は全体的な費用の中でも大きな割合を占めるので、早めに決めておくだけでも大まかな予算を把握することができます。

また着たいドレスのためにダイエットをしたり体の歪みをなおしたりなどのボディケアに費やす時間も取ることができるのでより美しい花嫁さんに近づくことができます。あまりのんびりしていると他にもレンタルしたいと思っている人とかぶってしまい挙式日に借りられなくなってしまうケースも珍しくはありません。

たくさん種類があってなかなか絞ることができないというのも分かるのですが、見積もりを出すため、また確実に挙式日にレンタルをすることができるようにするためには早めに決めておくことが大切です。大体挙式6ヶ月前~3ヶ月前までには決定しておくと安心です。

担当プランナーの意見も聞く

結婚式にはカップルによってテーマが設けられます。季節を重視するのか、色を重視するのか、また雰囲気を重視するのかテーマは人によって様々です。大まかなテーマを決めることによってウェディングアイテムを決めることができたり、会場装飾を統一させることができたります。

逆にテーマを決めることができず気に入ったものだけで構成してしまうと雰囲気が合わなくなってしまったり何がテーマなのかが定まらないのでどこか違和感を感じさせてしまうような結婚式になってしまいます。衣装においてもただ気に入ったデザインのものを着るのではなく会場やテーマに合っているかどうかを見ることも重要です。

キラキラと輝く多くのドレスたちを目の前にすれば誰だって舞い上がってしまうでしょう。どれも素敵でなかなか候補を絞ることができずに頭を悩ませている女性たちもたくさんいます。しかし衣装選びを間違えてしまうと会場から新郎新婦だけが浮いたような状態になってしまうという危険性もあります。

自分たちの好みだけで選ぶのではなく、同式場内であれば担当プランナーに直接見てもらい、レンタルショップで選ぶのであれば写真を送るなどして担当プランナーの意見をきちんともらうようにしましょう。そうすれば正しい衣装選びをすることができます。

お得にレンタルする方法

衣装にこだわりたい、数着着たいというような願望がある人は新郎新婦どちらも合わせて数十万円という衣装代がかかってしまいます。1着のドレスで30万円をこえるようなものを選んでしまえば、カラードレスとタキシードを合わせても50万円くらいにはなってしまいます。

この出費をカバーするために料理のランクを下げたり引き出物の相場を下げたりして調整するのはゲストに対して失礼です。とは言え一生に一度の結婚式なので着たいものを着ておきたいというのが乙女心です。それを叶えるためにはお得にレンタルをすることができるように工夫をすることが大切です。

式場内の衣装であればブライダルフェアに参加した特典としてドレス1着を無料にしてくれる特典を受けられる場合がありますし、オフシーズンの挙式であれば全体的な費用を大きくサービスしてくれることも期待できます。

レンタルショップであれば複数着のレンタルで割引をしてくれたり、店舗が定期的に行っているイベントを利用するというのもお得にレンタルすることができるチャンスです。数万円~数十万円の割引を受けることができる可能性があるのでしっかりと情報をキャッチすること、そしてタイミングを見極めることが大切です。

予算とイメージを決めておく

一度にたくさんの衣装を目の当たりにしてスタッフにおすすめをされてしまうとどう選んだらいいのかがどんどん分からなくなってしまいます。

最終的にはどれも良いように見えてきて、値段で判断するしかなくなってしまう場合もあります。それでは後々後悔することにも繋がってしまうので、しっかりとドレス選びをするためにも大まかなイメージを持っておくことと予算をはっきり決めておくことが大切です。

ウェディングドレスは純白であったりアイボリーであったり白さが若干異なることはあっても基調としているのが白であることに変わりはありません。そのため決めるべきはデザインになります。

体型カバーを考えてAラインにするのか、パーティーっぽさを出すためにスレンダーラインにするのか、またかっこよく着こなすためにマーメイドラインにするのかなど結婚式のテーマも加味しながら大まかなイメージを決めておきましょう。ラインだけでも決めておけば候補も絞りやすくなります。

また結婚式そのものにどれだけのお金をかけることができるのかを考えながら衣装に費やす費用も計算しておきましょう。この2つのバランスを考えれば衣装選びも比較的スムーズになります。

レンタルショップに行くなら事前予約をしておこう

衣装選びをする際に必ず取り扱い衣装の全てが用意されているとは限りません。レンタルショップであればどこかの式場に貸し出しをしているものがある可能性もありますし、別店舗に移動している可能性もあります。少しでも品ぞろえが良い時を狙うためにもレンタルショップを訪れる際には必ず予約をしてから行きましょう。

電話をしたときに「現在は品ぞろえが悪い」と言われた場合には「いつ頃であれば見ることができるのか」と尋ねると安心して衣装選びに行く日を決めることができます。結婚式場の衣装とは違い、レンタルショップは衣装を専門として扱っているためいろんな場所に貸し出ししています。

ブライダルの繁忙期である春や秋、またジューンブライドの6月などは商品が品薄になってしまいやすいので特に注意が必要です。品薄なときに妥協して選んでしまうと後々後悔することに繋がります。

完全予約制のお店ではないかぎりいつでも来店可能だとは言え日によって試着ができるかどうかも変わるので事前予約はとても重要です。事前予約をする際にどんな服装で行ったらいいのか、また何を持っていけばいいのかなどを確認しておくと当日試着をするのがスムーズになります。

新婦1人ではなく複数人で行くこと

ウェディングドレスを着るのは新婦のみです。そのため着る本人が納得するようなものを選ぶというのが大前提なのですが、試着をしてみて自分が感じた印象と周りの人が感じた印象は違います。「お店のスタッフに聞くからいい」と1人で行ってしまう人もいますが、お店のスタッフも販売員ですから少しでも単価が高いドレスを売りたいのです。

プロとして的確なアドバイスをしてくれるというメリットはありますが、営業トークで高い物を売られる可能性もあります。純粋に自分に合った衣装選びをしたいというのであれば必ず新郎や家族など身近な人と一緒に行くようにしましょう。プロのような知識はありませんが新婦の人柄や雰囲気なども加味して似合うドレス選びを手伝ってくれるでしょう。

また自分の衣装選びとなると盲目になりやすい女性がたくさんいます。少人数で広々とした会場ではないのに大きく広がるプリンセスラインを選んでしまったり、新郎の身長が低いのに新婦が高いヒールを履いてスレンダーなドレスを着たりなど新婦だけ浮いてしまうようなドレス選びをしてしまう可能性もあります。それを阻止するためにも1人では行かず必ず誰かと一緒に行くようにしましょう。

借りているものだということを忘れない

結婚式は幸せな儀式です。一生の思い出になりますし、たくさんの祝福を受けて非日常感を味わうことができます。そのため冷静な判断がしづらくなってしまうこともあるのですが、衣装に関しても気をつけなければならないことがたくさんあります。中でも一番忘れてはならないのが「借りているもの」だということです。

自分のものであれば好きなように扱えば良いのですが、レンタルをしている以上使い終わったら返さなければなりませんし、それをまた他の人がレンタルするという可能性もあります。綺麗な状態で借りたのであれば綺麗な状態で返すのが当たり前です。

前撮りでロケに行った際にドレスを汚すようなことをしたり、当日のファーストバイトなどの演出で衣装に食べ物をこぼしたりなどを平気でしてしまう人がいますが、汚してしまえばクリーニング代がかかるので衣装代だけでは済まなくなってしまうことも頭に入れておかなければトラブルの原因にもなります。

万が一破れてしまうようなことがあれば弁償をしなければならなくなってしまう可能性もあるでしょう。楽しむことも大切なのですが、自分のもののように扱うのではなく丁寧に扱うようにしなければならないというのがレンタルをする上で最大の注意点だと言えるでしょう。