美しいくびれを手にいれよう!ウエストダイエットのやり方とは

薄着の季節になると特に体型が気になってくるものです。単純に体重を落とすだけでは、美しいボディラインを手に入れることは出来ません。ウエストをしっかり絞ってくびれのある体を作るためには、ウエストダイエットを行っていく必要があります。

ウエストダイエットにはどんな方法がある?

ウエストダイエットには様々な方法があり、それらを上手に組み合わせていくことが必要です。まずはウエストラインをたるませている原因である脂肪を効率よく落としていかなければなりません。食事制限をするだけでなく適切な運動を取り入れていきましょう。

お腹が出るのは腰回りの筋肉が衰えて、内臓を支えきれなくなっていることが原因であることもあります。内臓を元の位置に戻すためには、しっかりとお腹や腰回りの筋肉を鍛えていきましょう。

せっかく体重を落としてもすぐにリバウンドしてしまうという方は、そもそもの体質改善から必要になってきます。基礎代謝力を高め、脂肪燃焼がしやすい体作りをしていくこともダイエットには欠かせない要素と言えます。

ウエストダイエットに効果的なエクササイズ

ウエストを絞るためには、スクワットやストレッチといったエクササイズが効果的です。基本的なスクワット方法は、まず両足を肩幅に揃え、やや足先はまっすぐかやや外側向きにして立ちます。両手は前に伸ばしても、腰に置いていても構いません。

ゆっくりと呼吸をしながら、腰を徐々に下げていき、太ももが床に対して水平になったら、ゆっくりと元の体勢に戻ります。これを10回1セットとし、一日3セットを目標にしてみましょう。

ウエストダイエットにはひねりの動作を入れることが大切です。腰をひねるという動作は日常的にあまり行わない動作ですので、意識して行っていくようにしましょう。椅子に座ったままの体勢でもいいので、勢いをつけないよう、ゆっくりとひねるようにしましょう・

ウエストは腹筋で細くなる?

ウエストを細くするための運動というと、腹筋をイメージする方も多いことでしょう。実際に、腹筋をすることによって消化器官の位置を正しい位置に戻すことが出来るので、前に出たお腹を引っ込めるのに腹筋は効果的です。またある程度の腹筋を付けることによって排便を促しやすくなるので、便秘気味の方にもおすすめです。

しかし、腹筋運動で鍛えられるのはお腹の前部である腹直筋だけです。男性であれば特に気にならないかもしれませんが、女性らしいくびれのあるウエストを手に入れたければ、腹筋運動だけでは足りません。

お腹は引っ込むけれども、くびれは生まれないのです。キュッと引き締まったくびれを作るためには腹筋にプラスアルファのエクササイズを加えていく必要があります。

ウエストのくびれに欠かせない筋肉とは

くびれにとって最も大切な筋肉は、脇腹あたりにある腹斜筋と呼ばれる筋肉です。腹斜筋には外腹斜筋と内腹斜筋の二種類があり、それぞれがお互いに足りない要素を補い合っています。

くびれ作りには、特に外腹斜筋を鍛えていく必要があります。外腹斜筋は肋骨から骨盤辺りまでを支えている筋肉で、骨盤を引き上げるコルセットのような役割を担っています。

その為、外腹斜筋を鍛えていくことによって、まるでコルセットを締め上げていくような感覚でくびれを作り上げていくことが出来るのです。

腹斜筋がしっかりしていると、ウエストラインが美しくなるだけでなく、骨盤の歪みを矯正したり、体幹を鍛えることにも繋がります。身体にとってもメリットがたくさんありますので、しっかりと鍛えていくようにしましょう。

ウエストダイエットに効く器具は?

ウエストダイエットには、必ずしもこれがないと出来ないという器具は特にありません。しかし、あれば便利なものとして、まずストレッチやスクワットをする際に敷くマットがあります。汗で滑るのを予防してくれるので、既にヨガマットなどをお持ちの方は是非使っていきましょう。なければベッドマットや布団で代用しても構いません。

バランスボールや、ダンベルなどがあれば、エクササイズの幅も広がります。最近は100円均一などでも売られているので、チェックしてみましょう。ダンベルの代わりに水を入れたペットボトルを使っても大丈夫です。フラフープもウエストを絞るのに効果的です。なかなか上手く回せない時には小さめの輪のものからトライしてみましょう。

即効性のあるウエストダイエットとは

ウエストダイエットに効果的な運動としておすすめなのはリバーストランクツイストです。マットの上に仰向けになり、両手を広げて床に伏せます。

頭と肩を動かさないように意識しながら、両足をゆっくりと垂直に持ち上げていきます。この時呼吸を止めないように注意しましょう。そのままゆっくり足を両サイドに倒していきます。往復10回を1セットとし、3セットを目安に行います。

サイドプランクは、マットに横向きの状態で寝、肘を90°の折り曲げて上半身を支えます。頭から足先までが一直線になるような姿勢を10秒間キープします。これを3回繰り返しましょう。最初の内は膝を曲げた状態でスタートするとおすすめです。慣れてきたら徐々に静止時間や回数を増やしていきましょう。

マッサージもウエストダイエットに効果あり

マッサージもウエストダイエットに効果的です。マッサージをすることによって血行を良くし、基礎代謝力がアップします。すると脂肪が燃焼されやすくなるので、なかなか落ちにくいお腹周りの脂肪も落ちやすくなるのです。

おすすめなのはお風呂の中でのマッサージです。体が温まっているので、より高い効果を得ることが出来ます。まずお腹周りの筋肉を優しくほぐしてから、背中から脇を通り、おへその下の方へと手の平でゆっくりとマッサージしていきます。

次は上半身を軽くひねりながら、手の平を左右に向かって横向きにさすっていきましょう。便秘気味の方は、下腹部に両手の平をあててのの字を描くようにゆっくりマッサージすると便秘改善にも繋がります。

ウエストダイエットに挫折しないためのコツ

腰回りというものは、他の部位に比べて筋肉が衰えやすく、その上冷えやすいため最も脂肪が落ちにくい部分だとも言われています。その為、なかなか効果を実感できずにいる方も少なくないでしょう。しかし、大切なのは毎日少しずつでもいいから続けていくことです。

筋肉は使わないでいるとどんどん衰えてしまうものです。日常生活で使う機会が少ない筋肉ならば尚更です。ウエストダイエットに挫折しないためのコツとして、まずは無理な計画を立てないということが大切です。

何日以内に何キロ減らすというハードな目標は挫折しやすくリバウンド率も高いものです。スクワットを毎日10回以上など、まずは手軽に確実に達成できるハードル作りがダイエット成功への鍵です。

もしかしたら問題は骨盤の歪みかも

女性は男性に比べると骨盤がやや大きめです。妊娠・出産のために幅が広くなっているためその分歪みやすくなっているのです。骨盤が歪むと体のバランスが取り辛くなりますし、皮下脂肪が体につきやすくなってしまうのです。

いつも同じ側にばかりバッグを掛けている方や、靴底の減り方が左右非対称の方、足を組む癖がある肩などは骨盤が歪みやすくなるので要注意です。骨盤矯正にはフラフープを使った運動や、開脚運動、お尻歩きなどが効果的です。

マッサージ専門店や整体などで骨盤矯正を行っている所も多いので、思い切ってプロの手に頼るという方法もおすすめです。骨盤矯正用のクッションなども販売されていますので、そういったものも是非チェックしてみましょう。

ウエストが細くなることによるメリット

ウエストが細くなると、まず非常にスタイルがよく見えるので、色々なおしゃれを楽しむことが出来るようになります。魅力的に見えるだけでなく、正しい位置に内臓をキープすることが出来るようになるため、便秘の改善や様々な体のトラブルを予防してくれるというメリットもあります。

腰回りの筋肉をしっかりと鍛えておくと、腰痛防止・改善にも繋がります。普段デスクワークが多い方や、腰痛でお悩みの方は特に意識して鍛えていくように心がけましょう。

単に体重を落とすだけのダイエットと違い、しっかりと筋肉を鍛えながらのダイエットは、なによりリバウンドしにくいというメリットがあります。ダイエットした後の体型を維持するためにも、是非正しい方法を続けていくようにしましょう。