ウコンの効用について

ウコンはショウガ科の植物で、カレーのスパイス(ターメリック)や、たくあんの黄色い着色料などとして使われています。

クルクミンという成分には、二日酔いに効いたり、生活習慣病を防止したり、美肌にも効果があると言われています。ここでは、そんなウコンの効用や効果的な摂取方法を紹介していきます。

ウコンって何でしょう?

ウコンはショウガ科の植物で、見た目もショウガによく似ており根っこの太くなった部分(根茎)を食べることができます。インドが生産量や輸出量で世界一となっており、ターメリックというスパイスとして有名です。

黄色い色のクルクミンという成分が含まれており、カレーのスパイスや黄色い色の染料、そしてコンビニやドラッグストアで見かける二日酔い対策のドリンクとして広く用いられています。味は苦みがあり、そのまま食べるにはちょっときびしいです。

日本での主な生産地は沖縄で、健康にも美容にも効果的な栄養素が含まれているため、イナムドゥチ(豚肉の入った味噌汁)、イラブチャーのウコン酢和え(沖縄でとれる真っ青な色の魚)などの沖縄料理にも使われています。

ウコンの中に含まれるクルクミンの効用について

ウコンに含まれるクルクミンには様々な効用があります。一つ目は抗酸化作用です。抗酸化作用とは、体内の細胞から発生する有害な活性酸素を除去する働きのことで、生活習慣病などを予防する効果があります。

二つ目は肝機能改善効果です。クルクミンは肝臓から分泌される胆汁の分泌を促したり、解毒酵素を増加させる働きがあり肝機能を強化します。またこれに関連してアルコール代謝作用もあります。

ハウスの「ウコンの力」は、サラリーマンの間で忘年会シーズンなどの定番のドリンク剤です。三つ目にコレステロール値低下作用があります。クルクミンの働きで胆汁の分泌が増えてコレステロールの消費量が増えるため、結果的にコレステロール値が低下するという仕組みです。

このほかにも美容にも効果があると言われています。

生活習慣病にはウコンが一番!

ウコンに含まれるクルクミンやタルメリンには、生活習慣病の予防に効果があると言われています。抗酸化作用があるクルクミンには、動脈硬化症を抑制する効果が期待されています。

動脈硬化は参加した悪玉コレステロールが血管に蓄積され、血流を悪くする状態を指しますが、クルクミンがコレステロール値を抑えることから、悪玉コレステロールを防ぐことが研究から明らかになっています。

また糖尿病との関係についても研究されています。糖尿病はインスリンの作用が十分でないためブドウ糖が有効に使われずに血糖値が高くなる病気です。これに対してタルメリンには糖の分解や吸収を助ける酵素を抑制する働きがわかりました。

またウコンには血糖値を上がりにくくするため、両方の成分が糖尿病に対してプラスに働くことが期待できます。

ウコンの中に含まれるクルクミンの性質について

クルクミンは脂溶性の成分のため、水に溶けにくい性質を持っています。そのため、水と一緒に摂取しても体内に吸収されにくいということになります。また、クルクミンの黄色い色は衣服につくと洗ってもなかなか落ちません。

この場合、いったんシミを洗剤で洗った後に太陽の光にあてて干します。クルクミンは紫外線で分解される性質があるためきれいに消えます。反対に油分と一緒に摂取すると吸収しやすくなります。ウコン(ターメリック)がカレーのスパイスに使われるのはそういう意味で理にかなっていると言えます。

調理する場合は炒め物や揚げ物がおすすめで、クルクミンのサプリメントも効果的です。またクルクミンはアセトアルデヒドを排出する作用のある胆汁の分泌を促進します。例えばお酒を飲んだ後の二日酔いを防ぐのであれば、飲酒前でも飲酒後でもどちらでも構いません。

春ウコンや紫ウコンとの違いとは

ウコンには春ウコン、秋ウコン、紫ウコンの3種類あります。春ウコンは苦みと辛みが強いのが特徴で、薬効性が高いことから食用ではなく生薬や漢方薬として使われてきました。春ウコンは生産量が少なく希少価値があるといえます。

また私たちが一般的にウコンと呼んでいるのは、秋ウコンになります。クルクミンの成分が3種類の中で最も多く、カレーのスパイスのターメリックと呼ばれる香辛料もこの秋ウコンから作られます。紫ウコンは二日酔いに効果があるというクルクミンはほとんど含まれていません。

代わりにシオネール、カンファー、アズレンなど多くの精油成分を含んでいます。これらの成分は血中コレステロールを低下させる、胃炎の治療、便秘解消や消化不良解消、リラックス効果、血圧降下などの作用があることが知られています。

ウコンの注意点と副作用について

抗酸化作用やコレステロール低下など、様々な効用のあるウコンですが、注意する点もあります。例えば肝機能障害(脂肪肝、肝炎など)を持っている方は、摂取を控えたほうがいいでしょう。理由はウコンに多く含まれる鉄分にあります。

肝臓はもともと鉄分を蓄える機能がありますが、脂肪肝や肝炎の場合は鉄分を過剰に蓄える性質があります。その上に鉄分を多く含むウコンを摂取することで、鉄分から発生した活性酵素が炎症を起こす原因となります。

また妊娠中の方も、ウコンの摂取は避けたほうがいいでしょう。ウコンが持つ老廃物排出効果により胎児を異物とみなして排出する、つまり流産する恐れがあります。

そのほか、クルクミンには血液をサラサラにする効果がありますが、治療中でワーファリンなどの抗凝固剤を処方されている場合、ウコンを摂取することで出血しやすくなってしまいます。

二日酔いに効くウコンについて

コンビニやドラッグストアで見かける「ウコンの力」は飲みやすく、特に忘年会シーズンなど飲み会が続くサラリーマンにとっては必須アイテムとなっています。そこで、ウコンはなぜ二日酔いに効くのかを説明します。

アルコールを摂取すると十二指腸で吸収されます。そして肝臓でアセトアルデヒドという物質に変わります。通常であれば、肝臓で酢酸に変わり、最後は炭酸ガスと水に分解されますが、毒性の強い物質のため、許容量を超えて分解されずに残ると頭痛、むかつきといった二日酔いの症状を引き起こします。

そこで肝機能を強化させるウコンを飲むことで、処理機能が強化されてアセトアルデヒドの分解を助けてくれます。これがウコンが二日酔いに効く理由です。

ウコンの飲み方と食べ方について

ウコンを飲むと消化が促進されるので、食事の前に飲むのが効果的です。また苦みがあるため、飲みやすい方法をいくつかご紹介します。まずはお茶に混ぜて飲む方法です。緑茶やほうじ茶にコップ1杯に対して、粉末のウコンをスプーン1/2杯程度入れて良くかき混ぜます。

また、牛乳や豆乳、ヨーグルトに混ぜると意外に飲みやすくなります。カレーのスパイス(ターメリック)として有名なウコンですが、白いご飯の代わりにターメリックライスにすれば、より本格的なインド風カレーに仕上がります。

炊飯器にお米と水(すくな目)をいれて、バター、ウコン、コンソメキューブを入れてご飯を炊きます。炊き上がったら良くかきまぜて、カレーをかけても、そのままでも美味しくいただけます。

ウコンの中に含まれるクルクミンの抗酸化作用とは

クルクミンの効用のひとつとして抗酸化作用があります。抗酸化剤は、人間の体内でほかの分子の酸化を阻害します。酸化とは体の機能がさびつくような現象を指します。体の機能がさび付くと正常な働きができなくなり、糖尿病、高脂血症、肝機能低下のようないわゆる生活習慣病を引き起こします。

こうした酸化を抑える働きが抗酸化作用になります。つまり、活性酵素を取り除いて、生活習慣病や老化を抑える作用ということです。ウコンの中に含まれるクルクミンは体内に入ることで消化酵素の働きによりテトラヒドロクルクミンという抗酸化物質に変化します。

このテトラヒドロクルクミンの作用により体内に過剰に発生した活性酵素を除去し体内の酸化を抑えることになります。

ウコンでの美肌作りはどう作る?

ウコンの成分のクルクミンは強力な抗酸化作用がありますが、これは肌の老化を抑制する働きがあります。肌を老化させる原因のひとつに、日焼けなど紫外線によって生まれる有害な活性酵素があります。紫外線などの刺激により、炎症を引き起こし肌荒れやシミといった肌の老化が促進されます。

これを抑制させるのがクルクミンです。美肌作りのために効果的なウコンの摂取方法は、ウコンと一緒にイースト菌や乳酸菌を摂ることです。例えばカレーとパンの組み合わせや、ヨーグルトに粉末のウコンをまぜて食べるのもいいでしょう。

ただし、美肌にいいからといって一度に大量に摂取するのはおすすめできません。ウコンは短期間で美肌をつくることができないため、少しずつ長い期間をかけて摂取するのがポイントです。