エステに行かなくても痩せれる!人気モデルのダイエット方法まとめ

有名なモデルさんがダイエットに成功するとテレビやネットで話題を集め、注目されることがよくあります。そんなモデルさんのキレイに痩せている姿を見ると、その方法を試してみたくなりますよね。では、彼女たちはどんな方法でダイエットを成功させたのでしょうか。

モデルのダイエットで痩せる?大変そう?

モデルは人に見られる仕事でもあるので、美に対してのプロ意識が高いイメージがあります。そんな人たちの実践したダイエットは、一般人でも成功できるのか疑問に思う人もいるでしょう。

特に中村アンさんの実践しているバーピージャンプやクロスフィットトレーニングは、運動系のダイエットの中でも超ハードなもので、もともと基礎体力や運動能力がないと結構大変そうです。

しかし、彼女たちのダイエットは、ジムでのトレーニングや低GI食品を食生活に取り入れること、規則正しい生活を心がけるなど、体に負担をかけないものも多くみられます。どちらかといえば、健康な体作りの基本になることをコツコツと継続している印象で、ダイエットをはじめ健康や美容を意識している人にも参考になりやすいといえます。

ダイエット経験のあるモデルは?

ダイエット経験のあるモデルさんは、意外とたくさんおられます。最近では、人気読者モデルのぺこさんが、ダイエットに成功したのが記憶に新しいかもしれません。彼女のダイエット方法は炭水化物を食べない事や、夜19時以降の食事を控える事、スポーツジムでの運動や脚痩せマッサージなどです。

一見、一般人でも実践出来そうなダイエット方法ですが、継続するのはなかなか難しい感じもします。彼女は、ダイエット中に毎日の食事や体重をメモに書き記したそうです。これは、生活習慣の見直しにも大いに役立ち、反省点をすぐに見つけることができて便利です。

ダイエットの継続は辛いものですが、メモを記して数値で経過を見守れば、減量に成功すると達成感も味わえ、成功のカギもつかみやすくなります。ぺこさんのダイエットに対する努力はもちろんですが、このようなメモを取るマメさも成功の秘訣だったのかもしれません。

モデルダイエットを長続きさせる方法

モデルダイエットを長続きさせるには、自分に合った方法を見つけることが大切です。人それぞれ体質や環境も違うので、体に合わないダイエットをすると、かえって体調を壊す原因につながります。

特に基礎体力がないのに、筋力トレーニングやランニングなどのハードな運動を取り入れると、筋肉痛や肉離れなどのケガをするリスクもあり、継続が困難になってしまいます。また、日頃から食事の偏りや栄養不足気味な場合は、食事制限ダイエットなどは控える方が良いでしょう。

モデルさんたちは、体に無理な負担をかけないように、自分の体に合わせたダイエットを実践しています。ダイエットを成功させるには、まず健康的な体作りから始めてみて、徐々にレベルを上げる方法が長続きさせる秘訣といえるかもしれません。

運動と食事制限を組み合わせる

モデルさんたちは、だいたい運動と食事制限を組み合わせたダイエットを実践して成功しているようです。どちらも継続させるのは、固い決意をもって挑む必要がありますが、自分にとって無理のない範囲でやる事が大切です。

例えば、モデルの佐々木希さんは週2日スポーツジムに通い、自宅では腹筋運動などの筋トレをしているそうです。他にも吉川ひなのさんの実践しているヨガは、比較的ハードではないため、運動が苦手な人でも取り組みやすいといえます。

また、食事制限をする場合は、炭水化物や間食を控えること、血糖値の上昇を抑える低GI食品を取り入れると効果を期待できそうです。やはり、過度な食事制限は健康を損ない、運動することも難しくなってしまいます。どちらもバランスよく適度に組み合わせて行うと、ダイエットの成功の近道になるでしょう。

ヨガで痩せやすい体質を作る

ダイエットを実践して、挫折した経験が多い場合は、体内に毒素が溜まって、痩せにくい体になっているかもしれません。人気モデルの吉川ひなのさんが実践しているヨガは、体の歪みやホルモンバランスを整え、体内のデトックスに最適です。

しかし、ヨガは即効性の見られるダイエットではなく、なかなか変化を実感しにくいものでもあります。継続することで体を本来の姿へとリセットし、免疫力を高め健康な体を作るのに役立ちます。そうすると、自然と痩せやすい体質になっていくため、ダイエットの成功率がグンと上がることが期待できます。

ヨガのポーズは様々で、骨盤矯正に効くものや脂肪燃焼に効果的なものなどがあるので、自分の用途やレベルにあったものを選びましょう。書籍やネットでもたくさんのポーズが紹介されているので、手軽に実践できるのもメリットです。

また、しっかりとヨガのポーズを習いたい場合は、ヨガ教室に通ってインストラクターの指導を受けることもできます。ヨガを習慣化したい場合は、教室に通うほうが継続がしやすいという人も多く見られます。

ジムでインナーマッスルを鍛える

インナーマッスルという言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。インナーマッスルとは、大まかに説明すると胴体の中心部分である体幹の奥深くに存在する小さな筋肉で、姿勢を正しく保つために必要になります。

筋トレなどは、正しいフォームを保つことで、トレーニングの効率が上がります。そうすると消費カロリーのアップにもつながるため、ダイエット効果に期待が持てます。ジムではトレーニングマシーンを利用してインナーマッスルを鍛えることが可能です。

自分でやり方がよくわからない場合は、ジムのトレーナーの指導を受けると器具の使い方をはじめ、正しいフォームや鍛え方もわかるのでおすすめです。

インナーマッスルを鍛えるのは、非常にハードで挫折しがちなこともありますが、継続するうちに自然と体が慣れていきます。即効性の見えるダイエットではないかもしれませんが、体を強く健康的に保ち、ダイエットしやすい体作りに効果的です。

入浴で基礎代謝をあげる

モデルさんの中には、入浴もダイエットの1つととらえている人もいるようです。入浴で効果の期待できるダイエットは主に半身浴で、数あるダイエット方法の中でも非常にリラクゼーションに優れています。

半身浴は、基礎代謝を上げて血の巡りを良くし、体内の毒素や老廃物の排出に効果的といわれています。また、脳にリラックス効果を与えるため、ストレス解消にも良いようです。

半身浴の方法は、心臓などの大事な内臓に負担をかけないよう胸より下の部分だけ、10分から30分程度お湯につかります。その際、お湯にバスソルトなどの入浴剤を入れると、発汗を促す作用によって更なる基礎代謝のアップも期待できそうです。

また、リラックス効果を上げるために、アロマオイルなどをお湯に少量たらす人もいます。ダイエットの効率を上げるためにも、入浴は湯船にお湯をはって、ゆっくりとリラックスタイムを作るのも良いかもしれません。

和食を中心にすることで無理なくカロリー制限

ダイエットをしているからといって、食事をおろそかにしていては成功率が下がってしまいます。特に朝ご飯は食べない人や、手を抜いてしまいがちな人は注意が必要です。中でもパンは手軽に食べられるため、朝食にとる人も多いでしょう。

しかし、パンにはお米よりも脂質が多く含まれているため、ダイエット中はお米を食べる方が良いようです。和食は日本人にとって古くから馴染み深い食事であり、洋食よりも胃腸に優しくそしてヘルシーな面があります。

洋食は、高カロリーで糖質と脂質を両方兼ね備えた食事が多いため、脂肪がつきやすくダイエットにはあまり向いていないところがあります。それに対して和食のおかずは、梅干しやおかか、煮物、焼き魚、蒸し野菜など、低カロリーで添加物も少ないので、心おきなく食べることができます。

過度なカロリー制限は禁物ですが、和食を中心にして無理なくダイエットすることは、成功への近道になるでしょう。

白湯で血液の循環を良くする

人気モデルの桐谷美玲さんや平子理沙さんなども実践している白湯ダイエットは、ただ熱いお湯を飲むだけの簡単な方法なので、人気があります。ダイエットの大敵はたくさんありますが、便秘や冷え性、体のむくみはダイエットの成功率を下げる要因になり、改善する必要性があります。

白湯はそれらの原因を改善できる効果を期待できるので、普段の生活に取り入れている人も少なくありません。特に冷え性はひどくなると、血流が悪くなり栄養が体全体に行きわたらず、内臓機能が低下してしまいます。

そうなると新陳代謝が悪くなり、むくみや便秘などの体調不良の原因にもつながって、ダイエットを挫折する可能性も出てきます。白湯は不味くて継続して飲めるか不安という人もいるかもしれませんが、体内環境が整えられていくにつれ、白湯の味に変化がみられるようになります。

体が健康になると、不味かった白湯の味が甘く感じられるようになるので、ダイエットを成功させるためにも継続して飲み続けることが大切です。

美味しく痩せられる!ジュースクレンジングダイエット

人気モデルのローラさんや道端ジェシカさんも実践したジュースクレンジングダイエット。これはいわゆるファスティングダイエットと同様で、ジュースしか摂りいれない断食のことです。このダイエットに利用するジュースは、コールドプレスジュースと呼ばれ、オーガニックの野菜やフルーツのエキスを濃縮したものです。

ジュース以外口にしないため、胃腸などの消化器官を休ませることができ、体内をリセットするのに効果があるといわれています。ダイエットの中では、比較的即効性があり、免疫力の向上や美肌、便通の改善にも効果があるため、実践する人が多く、人気があります。

ただ、やはり即効性がある分、体に負担もかけやすいため、無理をして行うと体調を壊したり、リバウンドのリスクも伴うので注意が必要です。ジュースクレンジングダイエットは、最高でも3日以内で行い、体調を十分整えたうえで臨むのが賢明です。