オーガニック酵素ドリンクのすすめ

酵素ドリンクは昨今人気となっている健康飲料の1つです。中でもオーガニックのものは高い効果が得られると評判になっています。

酵素ドリンクを選ぶ上ではオーガニックとそうでないものの違いをよく把握しておくことが重要となっています。

巷にはたくさんの酵素ドリンクが出回っている

酵素ドリンクは体内で不足しがちな酵素を補うことを目的とするドリンクです。体の中で分泌される消化酵素を温存できれば、体にとって有用な代謝酵素を増やすことができます。最近、少しブームにもなっているファスティングダイエットにも活用されています。

酵素ドリンクという言葉は酵素を含んだ飲料を全般的に指す言葉なので、どの酵素ドリンクが有用かを冷静に見極める必要があります。酵素ドリンクだからといってどれも優れているとは限らないということです。

パッケージに記載されている原材料だけを見ても大きく異なっていることが分かります。長期的に飲み続けることを考えると味も飲みやすい物を選ぶ必要があり、慎重な選択が必要となります。

酵素の濃度や成分などいろいろ注意すべき点も

酵素ドリンクを選ぶ上でチェックするポイントとしては濃さや原材料、添加物の有無などが挙げられます。濃さは簡単に比較できるのでそれほど問題がありませんが、重要なのは原材料です。原材料が多ければ多いほど、たくさんの種類の酵素を含んでいると判断できます。

そのため、出来るだけ様々な種類の原材料を含有している酵素ドリンクを選択することをお勧めします。しかし、いかに多種類の原材料で構成されていても、添加物を含んでしまっている場合は気をつけなければなりません。

酵素ドリンクは分解や消化を行いやすいところに長所があります。ところが、添加物を含んでいると分解や消化をしにくくなってしまい、目的に合わなくなることもあるので本末転倒です。

健康と美容を考えるならオーガニックなものがおすすめ

酵素ドリンクを飲むということは健康、美容、ダイエットなど何らかの理由があるケースがほとんどです。そういった目的で酵素ドリンクを摂取する場合、原材料がオーガニックで構成された物をお勧めします。

酵素ドリンクには体の消化酵素を温存するという重要なのな役割があります。しかし、オーガニックでない成分が含まれている場合は体が消化酵素をたくさん消費してしまい、酵素の温存が上手くいきません。

それだけでなく、栄養が足りなくなってファスティングダイエットなどが進行できなくなる可能性もあります。オーガニックならば基本的な栄養価が高く、食物に含まれる酵素で分解できるので体から分泌される分の酵素を残せます。これが健康、美容などにも繋がっていきます。

そもそもオーガニックってどういう意味?

オーガニックとは日本語で直訳すると有機という意味になります。無機物である農薬や化学肥料を使用せずに、自然由来のものだけで作られた商品をオーガニックと呼んでいます。オーガニックの商品が体に優しいことはある程度認識されていますが、オーガニックの重要性はそのことだけに留まりません。

化学薬品などを使用していないということはそのオーガニック商品が消費された際にも、有害な物質が発生しないということです。つまり、オーガニックの商品が生産され、消費されるという流れに有害な物質が入り込む余地はなく、地球環境にダメージを与えません。

そういった大きな規模の環境で考えてもオーガニックがいかに重要であるかが分かります。

オーガニックには2つのポイントが

オーガニックであるかどうかの判断には2つのポイントがあります。全ての商品が正しくオーガニックという言葉を使っているとは限らないので、成分表示表から自分で判断できるようになっておくことをお勧めします。

また、オーガニックでない商品を使用する際にもどの点がオーガニックでないのかを知っておくことが大切です。もちろん、身の回りの商品は出来るだけオーガニックにした方が健康的ではありますが、どうしてもオーガニックにできない物もあります。

もしオーガニックでない物を使うにしても、どの部分がオーガニックでなくてそれがどういった影響を与えるのかを知っておくことで、オーガニックでないことによるリスクを緩和することができます。

化学肥料や農薬を使わず育てた農作物を使っていること

オーガニックであることの第一の条件は化学肥料や農薬を使用していないことです。これは野菜などを食べるときに特に重要となるポイントであり、酵素ドリンクにおいても同様です。化学肥料や農薬を使用せずに農作物を育てることは手間や時間がかかります。

そのため、一般的な農作物はオーガニックの方が高価になっています。しかし、手間や時間をかけてオーガニックの環境で作られた農作物は栄養価が高く、味も美味しいです。また、化学肥料や農薬が人体に蓄積してしまうリスクもありません。

オーガニックの農作物にはその価格に見合った価値があります。酵素ドリンクにおいても安価だからといってオーガニックでない農作物ばかりのものを選択すれば、本来の効果が得られないこともあります。

食品添加物が入っていないこと

オーガニックであることのもう1つの条件は食品添加物が入っていないことです。食品添加物には食品に色をつけたりする着色料や、食品を長持ちさせたりする保存料があります。酵素ドリンクの多くは野菜の色が付いているので着色料が使われることは稀ですが、保存料が使われていることがあります。

保存料を使用すれば酵素ドリンクを長持ちさせることができ、店頭に長く置き続けることができます。賞味期限も明らかに長くなります。しかし、体内に入った保存料を処理するには消化酵素をたくさん使用する必要があり、せっかく酵素ドリンクを飲んでいても胃腸が休まりません。

出来る限り食品添加物の使用されていない酵素ドリンクを選ぶことをお勧めします。

健康や美容を考えるならなるべくオーガニックなものを

オーガニックが優れているということは明確ですが、オーガニックでなければ絶対にダメということはありません。普段の生活において添加物の含まれた食品をたべることはそれほど珍しくはありません。

しかし、健康や美容を考えて酵素ドリンクを飲むのであれば、オーガニックのものを選択するのがお勧めです。まず酵素ドリンクを飲むということの大きな目的の1つに胃腸を休ませるということがあります。

しかし、オーガニックでない成分が含まれているとそれらの処理に胃腸は忙しくなります。これにより、胃腸を休ませるという目的が果たせなくなります。胃腸が休まなければ代謝酵素がたくさん分泌されることもなく、健康や瓶用に関する効果は極めて限定的となっています。

市販のものを買う際は原料が国内産かどうかも要チェック

日本は質の良い商品がたくさん販売されている国です。そのため、酵素ドリンクを飲む際も国産の物がいいと考える方は少なくありません。そこからもう一歩踏み込んで原料も日本産になっているかチェックすることをお勧めします。

いくら酵素ドリンクの原産地が日本であっても、そこに使われている食材が外国産ならばあまり意味はありません。その現地でたくさんの農薬を使用して育てられた野菜であるかもしれないからです。

日本国内で生産されている野菜には一定の規定が設けられているので、もしオーガニックでなくても使用されている農薬の量はそれほど多くはありません。

しかし、外国産の野菜の中には日本では考えられないほどの農薬が使われている可能性も否定できません。もちろん、中には外国産でもオーガニックの野菜が生産されていることもありますが、気をつけておくことに越したことはありません。

食品添加物が気になるなら手作りするのもおすすめ

市販されている酵素ドリンクを選んでいても、完全に食品添加物を使用していないものはそれほど多くありません。どうしても店頭に並べる上で消費期限を長く設定できるように保存料を使用しているというケースが多いからです。

そこで手作りで酵素ドリンクを作ってみるのもお勧めです。最近ではインターネットなどを活用すれば酵素を簡単に手に入れることができます。あとは野菜や果物などを用意すれば良いので簡単です。

手作りであれば食品添加物が入り込む余地はなく、費用も安く抑えることが可能です。

ただし、保存料を使用していないことから市販の酵素ドリンクよりも、早く飲み切らなければいけないことには気をつけておきましょう。特に外へ持っていく際には要注意です。