カカオ70%以上のチョコレートを食べるだけのチョコレートダイエット

甘いチョコレートを食べながらダイエットができるという夢のようなダイエット法があります。ダイエットは糖質を控えなければならないものですが、チョコレートは大丈夫というのであれば嬉しいですよね。

ただどんなチョコレートでも良いのではなく、カカオが70%以上含まれている少し濃い味のもの食べなければ、チョコレートダイエットにはならないので注意しましょう。

食前や食後にカカオ含有率70%以上のチョコレートを食べることで、効果的に食物繊維とポリフェノールを摂取することができ、これが身体に様々な良い効果をもたらすと考えられています。チョコレートダイエットのやり方は、1日50gを3等分にして、朝昼晩の3回に分けて食べるのがコツです。

チョコレートでダイエットできる

チョコレートダイエットとは、一日3回、合計50グラムのチョコレートの食事の前に取ることで痩せる方法のことです。チョコレートというと糖分が多く含まれていて太りやすいイメージがありますが、チョコレートを食前に取ることで満腹中枢を刺激し、食欲を抑える効果があります。

またチョコレートに含まれるカカオポリフェノールという成分には抗酸化作用や、ストレス緩和作用、血行を良くしてくれるなど様々な効果がありアンチエイジングの効果も期待できます。他にもチョコレートには食物繊維が多く含まれていますので、便秘解消にも役立ってくれます。

チョコレートダイエットで食べるチョコレートはどんなものでもいいわけではなく、必ずカカオ含有率が70%以上のものを選んでください。ミルクチョコレートやホワイトチョコレートはカカオの含有量が少なく糖質や脂質が多いですからダイエットには向きません。

食事の20分くらい前の空腹時に少量のチョコレートをゆっくり食べることで、血糖値が上昇し食欲を抑えることができます。食事制限をするとストレスがたまりやすいですが、チョコレートダイエットは食べ過ぎを抑制してくれるものですので、ストレスなくダイエットできます。

チョコレートダイエットをする人

チョコレートダイエットを始めてみたいと思った時に、自分に向いているダイエットであるのかどうかを知りたいという人は少なくありません。一度始めた時に、ダイエットが長続きするのだろうかと気になっている人もいるのではないでしょうか。

チョコレートダイエットに関しては気軽に始めることができるため、チョコレートを食べることが好きな人であれば簡単に挑戦することができるのです。しかし、甘いものが食べられるからと言って、好きな量を好きな時に食べられるという訳ではないので、しっかりと注意をしておく必要があります。

食べる時には、きちんと成分や食べる量を確認しておかなければなりません。ルールを守らずに自由気ままに食べていると、逆に太ってしまう恐れもあるためです。チョコレートダイエットを成功させるためにも、しっかりとした規則を守りながら痩せて行くことが大事なのです。

そのため、チョコレートを食べることが好きなだけではなく、きちんと自制心を持っていることも必要になります。しかし、多少の誘惑に負けてしまって食べ過ぎた時でも、運動をしようとする意思があれば大丈夫です。食べ過ぎたものは、運動をして補うことができるからです。

カカオは満腹感を感じたりストレス緩和にも効果がある

チョコレートダイエットの際に食べるチョコレートはどんなものでもいいというわけではなく、カカオ含有率が70%以上のいわゆる高カカオチョコレートになります。カカオにはバランスのいい栄養素がたっぷり入っているので外国では昔から薬の代わりになるとも言われていました。

カカオには抗酸化作用があり高カカオチョコレートを食べることで美容美肌のアンチエイジング効果を感じることができたり、満腹感を感じるといった効果があると言われています。

食事の前にチョコレートを摂取することで血糖値が上がって満腹感を感じるのが早くなるので自然と食事の量を減らすことができダイエットには向いています。このような理由から高カカオチョコレートでなければダイエットには効果がありません。

高カカオチョコレートを食べると血糖値が上がるので朝食は昼食、夕食の前に摂取することが重要になります。もちろん高チョコレートを食べるからといって食事を抜いたり減らすのではなく、きちんと栄養バランスが整っている食事を摂取することが大切になります。

カカオにはダイエット経験者が多く味わうストレスの緩和にも役立つことがわかっています。高カカオチョコレートを摂取することでストレスも緩和されて挫折しがちなダイエットを継続する大きな力も生まれます。このような理由からチョコレートダイエットにはカカオ含有率が70%以上のチョコレートでなければいけないと言われています。

カカオの多いチョコレートがおすすめ

チョコレートダイエットにおいて、最も大切なのはカカオの含有率が70%以上のチョコレートを選ぶことです。一般的な甘いミルクチョコレートではなく、カカオの含有率が高いチョコレートの場合、多くの種類でセールスポイントとしてパーセント表示が行われています。そのため、ダイエットに役立つカカオの多いチョコレートは、店頭でも目につき選びやすいのが特徴です。

チョコレートには、ダイエットに高い効果をもたらす食物繊維とポリフェノールが含まれています。その食物繊維とポリフェノールは主にカカオに含まれているため、チョコレートのカカオの含有量が上がるほどダイエットに効果的です。ただし、カカオが多いチョコレートは甘みが少なく、ミルクチョコレートを食べ慣れていると、最初は食べづらく感じることが少なくありません。

チョコレートダイエットをスタートする時は、初めは70%ちょうどのものを選び、味に慣れてきたら徐々にカカオ含有率が高いものに変えていくことをおすすめします。食べ方は1日に50g程度が目安で、一度に食べるより50gを朝・昼・晩の3回に分けて食べた方が効果的です。

食事の15分から30分前にチョコレートを食べておくと、血糖値が上がり満腹感を感じやすくなります。そのため、少量の食事でも満足感を得られ、食べ過ぎを防いでくれます。

以外にもチョコレートダイエットで痩せられる

ダイエットをしている女性は非常に多いですが、中でもチョコレートは食べたくても我慢しているかたが多いのではないでしょうか。しかし、チョコレートは食べ過ぎるとダイエットの天敵になってしまいますが以外にもダイエットの味方にもなってくれるのです。実際に、チョコレートダイエットという言葉があるように食べ方に気を付けるとその効果を発揮してくれます。

チョコレートには、分解される成分が含まれているため血糖値を上げる効果があります。そのため、少量でも満腹感を得ることができるため食事の15分から30分前にチョコレートを少し食べておくことで食べ過ぎを抑えるという効果があります。また、食後に何か食べたいという欲求に駆られる時に少しだけチョコレートを食べて時間をしのぐと自然とたくさん食べたいという欲求が抑えられます。

こういった点からも、食べる考え方を少し変えてみることでダイエットに適した食べ物に変化するのです。さまざまなダイエットをしてみたけれど、どれも失敗ばかりだったという女性もチョコレートダイエットなら気軽にすぐに始めることができます。ただし、食べ過ぎには注意して以上の点を守ることが大切だと言えるでしょう。

代謝が上がって痩せやすい体になります

チョコレートには強い抗酸化作用や血液をサラサラにしてくれ効果があるカカオポリフェノールが含まれています。ポリフェノールは植物の樹脂や種に含まれている天然成分のことです。血液がサラサラになることによって血流が自然とよくなるため基礎代謝もアップします。

チョコレートはカロリーが高い食べ物というイメージからダイエットの敵だと考えられがちですがそんなことはありません。実際にチョコレートをよく食べている人は太りにくい体質の人が多いという研究結果もあるくらいです。血流が良くなることで体の冷えも改善されていくため、代謝がどんどん上がっていき痩せやすい体に近づいていくことが可能です。

しかし平行して運動をすることもチョコレートダイエットには必要になります。チョコレートには代謝が上がる効果がありますが、ただ何もしないで食べていれば痩せられると思うのは間違いです。やはりカロリーが高い食べ物のためチョコレートを食べているだけであとは何もしなかったらい太ってしまいます。

チョコレートダイエットの時に食べるチョコレートの量の目安は一日25gです。そして、朝とお昼と夜の食事の前に食べることでよりダイエット効果を期待できます。

チョコレートダイエットの効果

チョコレートダイエットの嬉しい効果として便秘の解消に役立つという点があげられます。「何でチョコレートが便秘解消に繋がるの?」と疑問に思う人も多いでしょうが、実はチョコレートは食物繊維が豊富な食べ物なのです。チョコレートダイエットに使われる高カカオチョコレートは100gあたり10gから16gほどの食物繊維が含まれています。

一般に食物繊維が豊富とされる野菜でもにんじんで100gあたり2.7g、ほうれんそうで2.8gと聞けばチョコレートの食物繊維量がいかに高いかがよく分かります。1日に必要とされる食物繊維は男性で19g、女性で17gなので、チョコレートダイエットの1日50gの摂取でダイエットの際に問題となる食物繊維量の摂取不足をかなりの部分カバーできるのです。

ただし食物繊維はカカオ分の量に比例するという点には注意が必要です。ミルクチョコレートやホワイトチョコレートなどはカカオ以外の含有成分の比率が高いので、食物繊維量は少なめです。あくまでもチョコレートダイエットに用いられるカカオ含有率70%以上のチョコレートに限った話だということをお忘れなく。また便秘解消を目指す場合は積極的に水分を摂取するとよいでしょう。

チョコレートダイエットと免疫

チョコレートは昔カカオ豆をすりつぶした飲み物で薬として販売されていましたが、現在ではお菓子というイメージが強くなりました。チョコレートの原材料であるカカオ豆にはカカオポリフェノールやカルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛などのミネラルが含まれます。

カカオポリフェノールに抗酸化作用があることは一般に知られていますが、ポリフェノール以外の重要な抗酸化成分として鉄や亜鉛の微量元素があります。このような抗酸化成分を体内に取り入れることで自身の免疫能力が強くなり、アレルギーなどの自己免疫疾患や癌、ウィルス感染症等に罹りにくくなります。

またポリフェノールの効能として動脈硬化予防や紫外線から肌を守ることもできます。このような生きていくために大事な免疫能力は肥満でも低下するため、チョコレートダイエットで肥満を解消し、同時に免疫力を高めることができます。

ダイエットもできて免疫能力も向上させるためにはカカオ成分が多いダークチョコレートを選びましょう。目安としてカカオ豆70%の板チョコ半分(100グラム)で緑茶の5倍、ワインの2倍のポリフェノールが摂取できますし、免疫力向上に相乗効果のある微量元素も取ることができます。

チョコレートダイエットで健康的になる

チョコレートには美容に良い成分が多く含まれています。カカオが多い成分のチョコレートは特に美肌効果が期待できます。カカオポリフェノールが多く含まれているので、血行促進や保湿効果の他にも肌の炎症を抑える効果もあります。肌のキメを整えることで美肌にもつながります。チョコレートダイエットによって食物繊維も多くとることができます。

チョコレートには食物繊維が豊富に含まれているので、便秘の予防になり健康効果もあります。カカオに含まれるタンニンも便秘の予防につながります。カカオの香りはリラックス効果があるので、ストレス解消にも役立ちチョコレートを食べることでイライラの解消にもなります。カカオポリフェノールはストレスを緩和させて、ストレスに対する抵抗力を高める力があります。

抗酸化作用が強いので、美容効果があり若々しい肌を保つ働きもあります。30代近くなると活性酸素が増えて老化につながります。抗酸化作用に働きかけてくれるチョコレートを食べることで、肌のたるみやしわ、くすみや乾燥を予防してくれます。

カカオ分の高いチョコレートは空腹感も抑えてくれるので、ダイエットにも効果的です。食べ過ぎを防いでくれるので小腹が空いた時もおすすめです。

カカオプロテインで腸内環境が改善

腸内では善玉菌や悪玉菌さらに日和見菌が共存していると言われており悪玉菌よりも善玉菌の方が多いと正常と言われていますが、悪玉菌の方が多くなってしまうと腸内環境が乱れてしまいます。腸内環境が乱れてしまうと便秘になったり肌荒れにつながることもあります。

しかしチョコレートに含まれているタンパク質のカカオプロテインは消化されにくいことで知られていて、小腸で消化されることなく大腸に到達してくれます。そのためカカオプロテインは善玉菌の働きを活性化してくれる働きをもっていますし腸内環境も整えてくれ肌のターンオーバーも正常にしてくれる役割があるのです。

チョコレートダイエットをしていたら自然と腸内環境が整うというのはこのような理由からです。大腸にそのまま到達してくれるカカオプロテインを摂取することになるので自然と腸内環境が改善され便秘の人も便通が改善したと言われる人が多いです。

高カカオチョコレートを継続して食べることで短鎖脂肪酸が増えるためぜん動運動が活発になりますし、大腸がんとか糖尿病のリスクを下げてくれる可能性もあります。これからチョコレートダイエットをする場合はチョコレートのカカオの含有量にも注目することが大事です。

カカオポリフェノールが血液をサラサラにする

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールは血液をサラサラにする効果があります。血液がドロドロになるのは活性酸素が悪玉コレステロールを酸化させて過酸化脂質を作るためです。過酸化脂質が血管壁に付着すると動脈硬化を引き起こして脳卒中や虚血性心疾患などの生活習慣病のリスクを高めます。

カカオポリフェノールには抗酸化作用があり、活性酸素の悪影響を減らすので血液の流れが良くなります。また善玉コレステロールの濃度を上げることも動脈硬化を防ぐことにつながっています。ある実験で健康な男女11名にチョコレートを食べてもらい、500mgのカカオポリフェノールを摂取させました。

すると全ての人に血液の流れる時間が短縮されたという結果が出て、チョコレートが血液をサラサラにする効果があると証明されました。中には全血通過時間が30秒も速くなった人もいます。美容目的でダイエットを始めた人もチョコレートを食べることで血流を良くして生活習慣病になりにくい体を作ることができます。

チョコレートをたくさん食べるとカロリー摂取量が多くなりやすくダイエットに不向きですが、ポリフェノールを多く含む高カカオポリフェノールを選ぶことで血液はサラサラになります。

イライラを抑えるチョコレートダイエット

女優の楠田枝里子さんが体型が崩れた時に元の状態に戻せた方法として注目されたのがチョコレートダイエットです。なぜチョコレートダイエットが注目されるようになったのかというと、この方法を実践した人の多くがダイエット成功した人が多かったからです。なぜ多かったのか、それはダイエット失敗要因として多いダイエット中の空腹感によるイライラ感が少なかったからです。

イライラの原因は単体で食べ物を摂取したり、急激に量を減らすなど胃や脳に負担をかけてしまうことで起きます。チョコレートダイエットは1日3食の間に少量のチョコレートを食べることによって満腹中枢を刺激して食事量を減らしカロリーオフすることです。

チョコレートダイエットの利点は間食をすることで食事量を減らせることですが、チョコレートの中には食物繊維が豊富なので毒素排出に役に立つので痩せやすい体を作ります。チョコレートダイエットの最大の利点はポリフェノールにあります。

一般的にポリフェノールの効能としては、体内の毒素の一種である悪性の活性酸素を攻撃して無害化し肌の老化や病気の発症リスクそして脂肪を燃焼しやすい形にすることです。これ以外にもイライラの原因は脳からのストレス物質です。ポリフェノールは満腹中枢を刺激するほどに脳に良い影響を与えるので、それがイライラを抑えるのでダイエット成功率を上げてくれます。

一日3回合計で50gという量を守ってダイエット

チョコレートダイエットの方法ですが一日に3回、合計で50gのチョコレートを摂取するというやり方になります。その時に食べるチョコレートはカカオの含有量が70%以上のものです。ミルクチョコレートとかホワイトチョコレートにはほとんどカカオが含まれていないのでNGです。

普段早食いをしたりドカ食いをするという傾向のある人であれば食事をする15分から30分前にチョコレートを食べることで満腹感を感じやすくなり食事量を自然と減らすことができます。また、間食が習慣化している人は食後に食べることで効果を大きく発揮させることができます。

チョコレートは20分くらいかけてゆっくりと食べるのもポイントになり、このような食べ方をすることで血糖値が上昇して満腹中枢が刺激され自然と食欲を抑えることができるからです。カカオにはリラックス効果もあるのでストレスを感じることなくダイエットが続けられます。

チョコレートでダイエットといってもやはりチョコレートには脂質が含まれているので食べ過ぎてしまうとニキビとか肌荒れの原因になってしまうので食べ過ぎないことが大事になります。一日3回食べ合計で50gという量を守ることがダイエットに成功の鍵です。

チョコレートダイエットの影響

チョコレートダイエットをしている時には、ダイエットの決まりさえ守れば気軽に楽しみながら取り組むことができるようになります。というのも、甘くて美味しいものを食べることが大好きである人は多くいるからです。美味しいものを食べながらダイエットに励むことができるという点に、魅力を感じるという人は少なくないのではないでしょうか。

激しい運動を継続しながら励まなければならないという訳ではないので、気分的にも安定してダイエットに取り組むことができるようになります。甘いものを食べる感覚で楽しむことができるところも、魅力となっています。

その反対で、チョコレートダイエットをする時にはあまり好ましくない点があることも否定することができません。例えば、人によってはチョコレートを食べることによって、出来物ができてしまうという人がいます。チョコレートは甘いために、甘いものを食べると肌荒れを起こしやすくなる体質である人がいます。

しっかりと肌の管理をしていても、体内の健康状態が崩れるために肌荒れが生じてしまうのです。チョコレートダイエットをしている間に顔に出来物ができてしまうと、肌の管理が難しくなると言っても過言ではありません。

無理なく続けられるチョコレートダイエット

甘いものが好きな人に場合、ダイエットの最中でもついつい糖分の高い甘いものを食べてしまうことが多く、なかなかダイエットが成功しないということはよくありますが、甘いものが大好きだという人が無理なく続けられるダイエット方法として強くおすすめしたいのがチョコレートダイエットというダイエット方法です。

チョコレートダイエットとはカカオの含有量が70%以上のチョコレートを食べるだけのダイエットであり、チョコレートを食べることで得られる満腹感やカカオが70%以上含まれているチョコレート特有の食物繊維の多さやポリフェノールの多さを活用して痩せようというダイエット方法になります。

チョコレートは糖分の多い食べ物であるため、一般的にはダイエットに向かない食べ物だと捉えられがちですが、カカオの含有量が70%以上のものであれば実はダイエットに適した食べ物と考えられるのです。
カカオの量が多いチョコレートは体の老廃物を排出する食物繊維が多く含まれていますし、美容とダイエットに効果的なポリフェノールの量が圧倒的に多くなっているので、無理なく痩せたい場合に効果的なのです。

チョコレートダイエットを行うことで代謝を高めたり、食事の食べ過ぎを防ぐ効果が得られるので、他の方法でダイエットができなかったという人に強く実践をおすすめします。