カルシウムの吸収を助けるカゼインホスホペプチド

カゼインホスホペプチドは血液や骨だけでなく、細胞レベルにまで働きを間接的にサポートする役目があるため積極的な摂取をお勧めします。

特に現代の食生活では体内に栄養素が適切に吸収される事が少なくなっているので、カゼインホスホペプチドの役目は必要不可欠な存在となっています。

カゼインホスホペプチドってなんだろう

カゼインホスホペプチドとは牛乳等の乳製品に含まれているたんぱく質を酵素を作用させてアミノ酸によって結合されている別の分子で構成されている物質の事を指します。

体内に取り込まれるとカルシウムや鉄等のミネラルの吸収を補助する効果があるため、骨を丈夫にしたり骨の形状を維持する事ができます。

カルシウムや鉄が体内に吸収されやすくなると骨だけでなく動脈硬化や脳卒中、ガン等の予防ができるためカゼインホスホペプチドと同じ効果を有している乳糖やカルシウム吸収に役立つマグネシウム等の同時摂取を強くお勧めします。

またカゼインホスホペプチドを摂取すればリン酸やシュウ酸、フィチン酸といったカルシウム吸収を阻害する因子の働きを妨害する事もできるのでより健康的な肉体が作れるようになります。

カルシウムの吸収を助けるカゼインホスホペプチドとは?

体内でカルシウムを吸収する時に小腸下部にリン酸があるとリン酸もカルシウムと反応を起こし、骨を構成しようとするのでこれによってカルシウムの吸収が阻害されてしまいます。

そこでカゼインホスホペプチドを摂取しリン酸とカルシウムが結合するのを防ぎ、カルシウムの吸収を助けられるようになっています。

このリンの存在は現代の食生活で過剰摂取してしまう事が多いため、カゼインホスホペプチド等でカルシウムの吸収を助ける事は現代の生活でなくてはならない課題です。

カルシウムの吸収を促進できれば骨を形成するだけでなく、血清カルシウムや細胞内カルシウムによって骨石灰化の促進や細胞の増殖ができるようになるので、カゼインホスホペプチドの摂取は間接的に肉体を若々しく保つ効果があります。

カゼインホスホペプチドはどのように働くのか

カゼインホスホペプチドでは体内でリンとカルシウムが結合してしまうのを防ぐ事ができます。

リンと結合したカルシウムは小腸で吸収されにくくなってしまうので、この結合を妨害した上でカゼインホスホペプチドによってカルシウムを吸収しやすい形に保つ必要があります。

カゼインホスホペプチドを摂取するとこの物質は真っ先にリンと結合する性質があり、リンがカルシウムと結合して排便されるのを防ぐこともできるので体内のあらゆる場所にカルシウムを行き渡ります。
カルシウムが体の器官に行き渡ると神経を正常な状態に維持したり、細胞機能の調整までできるようになるためカゼインホスホペプチドの摂取は生活に欠かす事のできない物となっています。

特に活性化ビタミンD等カルシウムに不可欠な因子とカゼインホスホペプチドは、同じ小腸でカルシウムの吸収を助けるので非常に重要な物質です。

カゼインホスホペプチドの持つ効能とは?

多くの栄養素は体内に吸収するために、あらゆる物質と反応を起こし姿形を変えながら吸収されていきます。

しかし吸収の過程で栄養素の吸収を阻害してしまう関係性の物がいくつか存在し、この妨害反応のいくつかをカゼインホスホペプチドによって防ぐ事ができます。

その代表的な効果がリンとカルシウムの結合妨害で、リンと結合する前にカゼインホスホペプチドがカルシウムと結合し体内に吸収されやすい形状のまま運んでくれます。

またカルシウムだけでなくカゼインホスホペプチドには鉄等のミネラルを溶けやすくする効果があり、ガン等の重い病気を予防できます。そのためカゼインホスホペプチドの効能を最大限生かすためには鉄材やカルシウム等が多く含まれた食品を食べる事を強くお勧めします。

カルシウム吸収率が大きく向上する!

カルシウムの吸収率を向上させるには乳製品や小魚、野菜といった吸収率の高い食品を摂取する方法とカルシウムの吸収を補助する物質を摂取する方法があります。

カルシウムの吸収率は乳製品が最も高いので牛乳やチーズ等を摂取する方法がお勧めです。これに加えてカゼインホスホペプチドやマグネシウム、ビタミンD等カルシウムの吸収を補助する栄養素を摂取すればカルシウム吸収率は飛躍的に向上します。

これらの栄養素の中でカゼインホスホペプチドは特にカルシウム吸収率の補助効果が高く、カルシウムが不溶性物質になるのを防ぐ事ができます。また不溶性物質にしてしまう物質の働きを妨害する効果もあるので、カゼインホスホペプチドは最もカルシウム吸収を助けられる物質になっています。

リン酸が多い食品を摂っているあなたにオススメ

加工食品等リン酸を多く含んだ食品を摂取している方には、リン酸の活動を妨害する物質を同時に摂取する事をオススメします。

活動を妨害する物質として最もオススメなのがカゼインホスホペプチドで、この物質はリン酸の活動を妨害した上で他の栄養素が吸収されやすいように作用するため食事と一緒に摂取する事で健康的な体を維持できるようになります。

カゼインホスホペプチドは主に牛乳等の乳製品に多く含まれており、マグネシウムやビタミンDといった栄養素や胃酸等の体の働きによって栄養素を効率的に吸収できるような体内環境を整える事ができます。

乳製品等の摂取が難しい場合はカルシウムやミネラルを含んだサプリメントにカゼインホスホペプチドが含まれている事が多いのでこちらの利用もお勧めです。

リン酸が多く含まれる食品とは?

リン酸が最も多く含まれている食品はベーキングパウダです。この他にもしらすやいわし、卵の卵黄やししゃもといった日本食で多く使われる魚には多くのリン酸が含まれています。

とうもろこし等の穀類や凍り豆腐等の豆類にも多く含まれていますが、魚介類は特に多くするめには100グラム当たり1000ミリグラムも含まれているのでリン酸の宝庫といっても過言ではありません。

さらに最近では加工食品やスナック菓子、ファーストフードやインスタント食品にまでリンが多く含まれているので食事すれば必ずリンを体内に取り込んでいる状況になっています。

特に添加物で処理された食品に関しては添加物自体にもリンが含まれているので、魚介類の加工食品には他の食品とは比較にならない程のリンが含まれています。

カゼインホスペプチドはどこから生まれるの?

カゼインホスペプチドを体の中で生成させるためにはカゼインの存在が不可欠です。カゼインはすい臓から分泌されるトリプシンという消化酵素によって分解され、この分解された成分の事をカゼインホスペプチドと呼んでいます。

カゼインは主に乳製品のたんぱく質としてカルシウムと結合したまま存在し、摂取する事で安定的にカルシウムを体内全域に運搬できるようになっています。そのため乳製品を摂取しすい臓にたどり着けばカゼインホスペプチドは生まる事になります。

またトリプシンだけでなくアミノペプチダーゼは小腸で、ペプシンは胃の消化酵素として働きアミノ酸に分解する役目を担っているので、カゼインホスペプチド同様に消化酵素として重要視されています。

カゼインホスペプチドはどんな食品に含まれるのか

カゼインホスペプチドの元になっているカゼインは乳製品を中心に多く含まれています。これにはチーズやアイスクリーム等も該当しており、市販されているクリームシチューの素にも多くのカゼインが含まれています。

また加工食品の中にはカスタードクリームや洋菓子全般にも含まれている事が多く、練乳を使ったお菓子には必ずカゼインが含まれているいます。またカゼインホスペプチドの元になっているカゼインには様々な種類が存在しており、山羊ミルクや豆乳ヨーグルト等は体に優しいカゼインとして多くの人に親しまれています。

この様に海外発祥の食事やお菓子にカゼインが含まれている事が多いので、カゼインホスペプチドを生成しやすい体内環境にするにはこれらの食品を多く摂取するようにしてください。

カゼインホスペプチドってサプリメントはあるの?

カゼインホスペプチドの生成を助けるためにはサプリメントの摂取が必要で、鉄分やカルシウム等カゼインホスペプチドが吸収を補助できる栄養素を含んだサプリメントの中に含まれている事が多くなっています。

またカゼインだけを含んだサプリメントも一部では販売しており、これを服用する事でカゼインホスペプチドの生成を助ける事ができるのでこれらの利用をお勧めします。

この様にカゼインホスペプチドの生成を助ける補助サプリメントの存在は確認されていますが、カゼインホスペプチドだけを含んだ専用サプリメントの存在は確認されていないため生成を補助する役目のサプリメントを服用する事になります。

特にマグネシウムやビタミンDといったカルシウムの吸収因子を多く含んだ栄養サプリメントの中にもカゼインが含まれているので、カルシウムの補給を助けるサプリメントを中心に服用するようにしましょう。