キャベツを使ったダイエットスムージーとは

キャベツを使ったダイエットスムージーとは、葉物野菜として加えるやり方です。

でも実は葉物野菜は、何でも良いというわけではなく、葉物野菜の中でもデンプンが多い野菜は、スムージーの材料には向いてはいないです。

グリーンスムージーに向いた食材は?

グリーンスムージーに向いた食材は、まずは緑豊かな葉物野菜たちです。小松菜やほうれん草を筆頭に、青梗菜や水菜にルッコラ、青じそやセロリも良い食材です。パプリカやトマトも適していますし、パセリやバジルにブロッコリーなども、スムージーの栄養を引き立ててくれます。

果実も様々な種類を使うことができるので、バナナやオレンジをはじめ、アサイーやラズベリーに梨、アボカドやパパイヤにマンゴー、パイナップルやイチゴにスイカなど、季節の旬を迎える果物を加えるのは、高い栄養を導くことになります。

アクもないですし、一緒にミックスをしても素材同士が、お互いに仲良く栄養をシェアできる食材たちです。葉物野菜を使うにしても、スイートな果物が加わるため飲みやすいです。

野菜や果物なら何でもいいわけではない

野菜や果物なら何でもいいわけではないという、スムージー作りには少し驚くような衝撃の事実です。基本的に厳しい縛りもないスムージーですが、栄養をしっかりと活かすためにも、胃腸にも負担をかけないためにも、食材選びには慎重になる必要があります。

神経質になることはないですが、なぜ選ぶべき野菜があるのか、控えたほうが良い野菜があるのか、原因を知ると理解が深まります。野菜にはすべてに同じ栄養素が含まれるわけではなく、スムージー作りではデンプンが多い野菜はあまり向かないです。

スムージーにあまりあわない食材として、キャベツやオクラにトウモロコシ、なすなどの野菜があります。不向きな食材もありますが、向いている食材も豊富にあります。

冷蔵庫によくあるキャベツは使える?

冷蔵庫によくあるキャベツは使えるのかどうか、スムージー作りでは材料から選ぶ必要があります。スムージーに使う食品の材料として、緑が鮮やかな葉物野菜を入れるのがスタンダードであり、葉物野菜にはいろいろな種類があります。

葉物野菜といえば、ほうれん草や小松菜にクレソン、ケースに青梗菜などがあります。ほかにも春の時期であれば、菜の花も程よい苦みがあっておいしいですし、水菜などもあります。

キク科の葉物野菜であれば、春菊やサニーレタスがありますし、シソ科では大葉や、ミントにバジルなどもあります。

ただキャベツに関しては、実はあまり、スムージーとの相性的には、向いているとは言えない野菜です。キャベツはサラダとか、加熱調理のメニューなどが良いです。

実はキャベツはグリーンスムージーには不向き

実はキャベツはグリーンスムージーには不向き、そんな事実には少し驚くかもしれないです。緑色の野菜であれば、スムージーには何でも使うことができると、初心者は考えがちですスムージー作りに関しては、厳しい規則などはないものの、スムージーに使用をする野菜は、適したものがあるので、相性の良い葉物野菜を使用したほうが良いです。

キャベツ自体は健康野菜ですから、シャキシャキと食べる分には良いのです、スムージーには不向きであり、デンプンが多いのがネックになります。

電文が豊富という見た目にはわからない、栄養的なことがあるので、スムージーにはできるだけ、キャベツ以外の緑の野菜を使うのが良いです。葉物野菜以外でも、ブロッコリーなど緑黄色野菜が良いです。

でんぷん質の多い野菜は食べ合わせが悪くなりがち

でんぷん質の多い野菜は食べ合わせが悪くなりがちなので、だからキャベツもあまりスムージーには、不向きといわれるゆえんがここにあります。

キャベツはシャキシャキした食感で、おかずに千切りで添えられていたり、サラダに加えてあったり、スープに入っていたり、煮込み料理に使われたりと、あまりにも身近な野菜です。誰もが普通に食べていますし、美味しいと感じていますが、スムージーにはあまり会わない野菜です。

キャベツは見かけによらず、意外とでんぷん質が多く含まれています。だから果実と一緒にミックスするスムージーにすると、その食べ合わせにより、腸内でたくさんのガスが発生をする事態に陥ります。葉物野菜であっても、キャベツはスムージーの材料には適さないです。

キャベツのスムージーは腸内環境にも影響する

キャベツのスムージーは腸内環境にも影響するので、加えるには注意も必要になります。キャベツは健康に良い野菜ではありますが、スムージーにはあまり向かないと言われるのは、腸内への影響が理由です。

野菜には栄養が多くて、スムージーでたくさん胃腸に運ばれることになりますが、それらの栄養を阻害してしまい、吸収を邪魔してしまう可能性があるためです。

そしてキャベツは、野菜炒めや千切りで添えるような、一般的な食べ方ではおなじみではあるものの、スムージーではいささか困ったことも考えられます。それはスムージーで美味しく飲んで良かったと感じても、お腹の中ではガスが溜まりやすくなるためです。

腸内にキャベツの影響で、ガスが溜まるという悪循環が起きやすくなってしまいます。

茹で野菜もスムージーには不向き

茹で野菜もスムージーには不向きであり、それは過熱をすることで栄養価が失われやすいためです。葉物野菜はスムージーの定番食材ですが、ゆでてしまうと酵素やビタミンの栄養が、熱により破壊されてゆで汁に流されます。

ビタミンB2はゆでると20%栄養が失われますし、ビタミンB1は3分の過熱で30%も栄養が損失されます。水溶性ビタミンで健康ビタミンの決定版であるビタミンCは、ゆでることで50%も栄養が失われますので、損失率が高いという結果になります。

生の野菜には生きた酵素がありますが、ゆでる行為は酵素を失わせるだけであり、48度で酵素は力を無くし、60度ですべての生命を終わります。だからゆでた野菜は酵素には不向きであり、新鮮な野菜だけがスムージーに向いています。

クロロフィル含有量の多い野菜を選ぶ

クロロフィル含有量の多い野菜を選ぶこと、スムージー作りの材料には、押さえておきたいポイントです。植物は食事を食べることはないですが、太陽の光を浴び打て光合成を日々来ない、体内で糖質など有機物の合成を行うことができます。

植物の生命維持に必要な、合成のためにクロロフィルは深く関わります。クロロフィルをたくさん含む食材は、主に緑黄色野菜であり、グリーンの濃い野菜には豊富です。海藻の一種がクロレラですが、クロロフィルをたくさん含みます。

野菜でいえば、ほうれん草には76.8mgのクロロフィルが含まれていますし、ニラや春菊に小松菜にも豊富です。ブロッコリーや青じそに、パセリにピーマンなどの野菜にも、クロロフィルが多いです。

乳製品もスムージーに要注意

乳製品もスムージーに要注意であり、基本のスムージーは水で作るようにします。なぜ乳製品をスムージーに、頻繁に入れるのは控えたほうが良いかというと、お腹の中で乳製品は膜を張るからです。

乳製品の膜は一緒に取り入れた、野菜と果実の栄養が体内へと吸収をするのを、しっかりと邪魔してしまいます。せっかく新鮮な野菜たちからの、酵素やビタミンなどを入れるのに、乳製品により栄養の吸収は阻害をされます。

乳製品は単品で飲む分には、乳製品としての健康的な働きをしてくれます。しかしスムージーにたっぷりの乳製品を使用するのは、単品での働きではなく、他の栄養を邪魔することになりかねません。だからスムージー作りには、水を使うのが最も良いということになります。

旬と新鮮さを重視して素材を選ぼう

野菜たっぷりのダイエットスムージーは、旬と新鮮さを重視して素材を選ぶようにします。葉物野菜のみではなく、スムージーをダイエットに活かすには、最も栄養が多く含まれる、旬のシーズンの野菜を使うのが賢いです。

食材はいかに新鮮であるか、その時期に旬を迎えているかが決め手です。今ではハウス栽培もあるので、年間を通して好きな時に、好きな野菜も果実も手に入る時代です。

とても便利ではありますが、栄養が最も多いのは旬を迎えて、本来収穫されるべき時期に、収穫される食材です。ハウス食材などは栄養面では、旬のものより劣りますので、自然で栄養満点のスムージーを作るのであれば、旬を迎えた野菜を使うのが最も良い方法だといえます。