キレイなお部屋は太りにくい!お部屋でできるエクササイズも紹介

部屋を見るだけでダイエットに成功できるのか失敗するのかがわかります。太っている人に共通な事があります。太らないためにもどうすればいいのかまずは部屋を片付けるところから始めてみることがとても大事なことです。

太りやすさはお部屋から?太らないお部屋にしよう

一人暮らしをしていてワンルームの賃貸に暮らしている人は特に注意が必要になります。それは狭くて手に届く範囲にすべての物があるからです。こたつなどに入ってリモコンや本などを取る時にもすぐに手に届く場所にあると全く動かない事になります。すると脂肪を燃焼させる事が出来ません。

そこでダラダラした生活を送ってしまう事になって太ってしまいます。そこでまずは、こたつをやめることです。こたつやソファがあると太る原因です。できるだけ手に届かないような広さの部屋に住むようにします。

そして本棚なども遠くに設置するようにすると必ず動くようになるので体を動かすようになるので部屋の模様替えをしてみるべきです。気分も変える事もできてダイエットできます。

部屋に帰ったら一歩も動かない!便利なお部屋も考えもの

部屋に帰るとすぐにソファにゴロンとしてしまう人がいます。寒い日になるとこたつに入ったまま出てこなかったり、ストーブの近くから動かない人もいます。そんな人はカロリーが消費されていないので太ってしまいます。

またテレビのリモコンそして飲み物そしてお菓子や漫画に雑誌などすべてを机の上に設置してあるとトイレに行かないかぎり一歩も動かなくなってしまいます。便利であるけれど、そんな部屋や考え物です。

そこで毎日使ったら片付けるようにして必要ない物は机の上に持ってこない事です。そして家に帰ってきたらソファにゴロンとするのでなく、料理をしたり、洗濯や掃除をするなど体を動かすことでカロリーを消費することができます。

スリムなあの人は片付け上手?

あなたの友達のスリムな方の部屋を見せてもらうとわかります。とてもすっきりしていて、余計な物がない部屋になっています。太っている人は部屋が散らかっています。おやつもいっぱいあるし、漫画やゲームなどいっぱいあります。

しかし、スリムな人の部屋を見てみるとおやつがありません。あってもポテトチップスではありません。ヘルシーな牛蒡チップスのようなものです。そしてミキサーがあったりして果物があります。毎朝スムージーを飲んでいるから果物や野菜が多いです。

そして部屋は綺麗に片付いていて、漫画がありません。雑誌もきちんと片づけられています。毎日綺麗に掃除をしている様子がわかります。スリムな人は毎日掃除もきちんとしています。

まずは動こう!お部屋を変身して太らない部屋へ

太らない部屋にするためには、まずは動く事です。そこでこの太る部屋から痩せる部屋に変身をさせる事です。そこで掃除をします。思い切って必要のない物は捨てることです。太っている人は物をなかなか捨てられない人もいます。

漫画など本棚に片付けられていないであふれている本は捨ててしまうべきです。そして自分の目に見えないような部屋にします。太っている人は興味ある物が目に見える場所にあります。そこでお菓子などもすべて収納して目に見えないように片付けます。

掃除をすることでかなりの運動になります。雑巾がけをしたりして体を動かして部屋をすっきりさせると痩せられるし、これからも痩せようという気持ちになれます。部屋の模様替えをまずはすることでダイエットになります。

意外と重要?太らないためのインテリア選び

まずは、2人がけや3人がけ用のソファを買わないことです1人用のソファにして寝転がる環境を作らないようにします。そしてできれば、柔らかい椅子にしない方がいいです。気持ちいいようなリラックスしてしまう椅子にするとそのまま動かなくなってしまいます。

次に本だなを買って収納するようにします。隠すように収納すると部屋をすっきりさせることができます。そして勉強机があるときちんとした姿勢で勉強をすることができます。楽だからリビングにあるテーブルを使って仕事をしてしまう事があります。

これだと姿勢を悪くしてしまいます。ダイエットに姿勢をよくすることもとても大事なポイントになっています。太らないためにもすっきりした部屋で隠す収納を目指します。

お部屋でできる有酸素運動には何がある?

部屋の中でダイエットするために運動をすることができます。そこでおすすめの有酸素運動は踏み台昇降があります。階段が1段あれば部屋の中でできます。30分で150キロカロリーを消費させる事ができます。これなら雨が降っても家に居ながらダイエットをすることができます。

段差があれば、どこでもできます。またテレビを見たり、音楽を聴きながら、踏み台昇降をすることができます。最近では、ステップの台をお店で販売しています。もし家に階段がなければ、買ってみると部屋の中で楽にダイエットができます。

初めは筋肉痛になってしまうかもしれませんが、慣れてくると楽に運動をすることができます。毎日テレビを見ながら30分から始めてみるべきです。

有酸素運動って何?無酸素運動との違いは?

有酸素運動というのは、どちらかというとゆっくり運動をすることです。呼吸をしながら運動をすることでダイエットに効果的な運動ができます。無酸素運動はその反対で呼吸を止めて運動をしています。また有酸素運動というのは、脂肪を燃焼させる事ができます。

無酸素運動は筋肉を作って、糖質を燃焼させる運動です。無酸素運動は動きが、ハードになっています。そこで水泳は有酸素運動としておすすめですが、ハードになってしまうと無酸素運動になってしまいます。

呼吸をすることで脂肪を燃焼させる効果があります。20分間時間をかけて動く事でカロリーが消費できるようになります。ダイエットをする場合は脂肪を燃焼できる有酸素運動がおすすめです。

どのぐらいのダイエット効果が有酸素運動にはあるの?

有酸素運動をすることで早い人では、1週間で効果が出る方もいます。その方は、1時間のトレーニングを毎日欠かさずにしている方です。特に水泳は有酸素運動としてもカロリーの消費量が多いです。

1時間泳ぐと500キロカロリーも消費することが出来るのでかなりダイエット効果があります。泳げない人でも歩くだけでも効果があります。水の抵抗が大きい事で全身が痩せられる効果があります。20分以上たってから脂肪が燃焼すると言われています。

そこで20分以上の運動をすることで効果が出てきます。初めは筋肉が鍛えられてそれから体重が減ってくるようになります。そこで20分以上の有酸素運動を取り入れることで確実に痩せることができます。

簡単!お部屋でできる効果が高いエクササイズとは

効果が高いエクササイズとして、ビデオで取り入れた運動をすることです。最近は30分や1時間のコースのあるダイエットのビデオがあります。これを流しながら一緒に体を動かしていきます。一人だとすぐに甘えてしまって1分でやめてしまったりします。

しかし、ビデオできちんと1時間の運動になっているのでしっかり体を動かすことができます。またどんな風に体を動かせばいいのか先生の動きを確認できるのでしっかり痩せられます。たまに励まされたりするので一人でも頑張る事ができます。

そして一度ビデオを買ってしまえば、お金がかかりません。家に居ながら簡単にダイエットができます。そしてきちんとしたプログラムになっているので効果が高いです。

気軽だからと無理は禁物!頑張りすぎずに適度な運動を

無理をしてしまうと体を壊してしまう事になります。すぐに痩せたいと思って頑張りすぎる人がいますが、これは逆効果です。有酸素運動はゆっくりして呼吸をしながら運動をすることです。ハードになると無酸素運動になってしまうので気をつけます。

そして1日に何回もやってしまう場合もありますが、何回もやれば痩せるというものではありません。毎日の積み重ねで痩せられる事です。そして足を痛めてしまったり、体を壊してしまいます。毎日1時間で自分のペースで運動をするようにします。

自分が毎日楽しく続けられるような運動を取り入れるようにします。気軽にできるものでもやりすぎでは、三日坊主になってしまう可能性もあるので気をつけます。