グリーンスムージーの魅力とは

グリーンスムージーの魅力とは、新鮮な葉物野菜と、ジューシーなフルーツの栄養を、そのまま摂取ができることです。ビタミンや食物繊維を消化吸収の良い形で摂取できるので、栄養が体内へといきわたりやすく、美容と健康をサポートします。

そもそもグリーンスムージーってどんなもの?

そもそもグリーンスムージーとはどのような飲み物か、名前だけは着たことがあるという人も、実態を知ることは大事です。生のフレッシュな葉物野菜をメインにして、飲みやすくさせるために、フレッシュなフルーツを加え、ミキサーに水と一緒に入れて混ぜ合わせて作る飲み物です。

氷をたくさん入れて作るのではなく、健康と美容を考えて飲むのであれば、グリーンスムージーは、常温の水と野菜で作るのが健康的です。ドリンクにして飲むとすぐに胃腸へと進み、消化吸収も大変良いです。

だから冷たいままだと、体内を冷やすことになるので、飲むときの温度は大事です。暑い夏場でも、冷やしすぎないように、グリーンスムージーは常温でいただきます。

グリーンスムージは美容効果が絶大

グリーンスムージは美容効果が絶大なのは、材料になるのが美肌素材ばかりだからです。葉物野菜はほうれん草や小松菜など、ビタミンや鉄分に食物繊維の宝庫の、グリーンの多い野菜ばかりを使用します。

フルーツは特に規定はないので、旬を迎える好みのフルーツを使うことが可能です。基本的には生野菜とフルーツと水ですから、どれも肌を美しくする素材ばかりです。食物繊維の量もかなり多くなるので、グリーンスムージーを始めると、お通じは毎日かなり良いものとなります。

腸内には不要なものが常にたまらないようになるので、腸内のクリーンな状態は、肌荒れなどを改善させますし、ニキビ予防にもなります。ビタミンCはストックできないですが、グリーンスムージーならこまめに摂取ができます。

グリーンスムージーで痩せられる?

グリーンスムージーで痩せられるというのは本当であり、それには理由があります。置き換えで飲むことの多いグリーンスムージーは、食事の1回分のカロリーを、ドリンクにすることで大幅に抑えることができます。

1日に2回を通常食にしても、1回がドリンクオンリーであれば、1日の総合的なカロリー数は減ります。その積み重ねで、体重も緩やかに減っていくことになります。グリーンスムージーの材料は、ほうれん草や青梗菜、小松菜などの、ビタミンや食物繊維も豊富な野菜です。

同じく栄養豊富なフルーツが加わるので、お腹の中を健康に整えることになります。つまりグリーン野菜とフルーツのタッグは、便通を良くさせるので、お通じも良くなってダイエットにも役立ちます。

グリーンスムージーいつ飲むのが効果的なの?

グリーンスムージーいつ飲むのが効果的なのか、せっかくの葉物野菜やフルーツの力を、活かせる飲み方をしたいものです。ダイエットを大きな目標として飲む場合は、3回の食事のうちの、1回をグリーンスムージーに置き換えます。

2回の食事を置き換えるのは、ストレスが大きくなり、リバウンドをしやすいのであまりお勧めとは言えないです。体重をできるだけ早く落としたいならば、夕食をグリーンスムージーに置き換えることです。

短期間でグリーンスムージーでのダイエットをするとき、2回を置き換える方法になりますが、この時に1回の食事では、不足をするたんぱく質やカルシウムを、献立に必ず入れます。気長なグリーンスムージーは、朝や昼を1回だけ置き換えて、続けるのが最も継続できます。

グリーンスムージーは1日にどれくらい飲めばいい?

グリーンスムージーは1日にどれくらい飲めばいいのか、健康やビューティーのためにも、日あたりの適量の摂取量を知るのも大切なことです。1日あたりの飲む量として、ダイエットや短期的なデトックスを目的とする場合、1リットルから2リットルを飲むのが良いです。

量的に多すぎると感じるかもしれないですが、スムージーの内容量のほとんどは野菜です。人間は毎日野菜を食べて健康維持を保ちたいものですが、気が付けが食生活の中に、野菜は明らかな不測の数字をたたき出しています。

そのため体の中は酸性に傾きやすく、健康と美しさを引き上げるには、アルカリ性に戻す必要があります。その時に役立つのがグリーンスムージーであり、コップに1杯から2杯ほどではじめて、無理なく続けるようにします。

グリーンスムージーだけだと腹持ちはどうなのか

グリーンスムージーだけだと、腹持ちはどうなのか、ダイエットなどの場合は不安はつきものです。数ージーを飲むときに、腹持ちの良さを重要視するなら、コンビニで手軽に購入できるタイプより、台所で野菜などの材料を使い、ミキサーにかけて飲んだほうが腹持ちは良くなります。

市販商品は栄養と食物繊維が失われている商品もあるので、糖質の甘さだけを体内へと入れると、太りやすくなるだけだからです。新鮮な野菜やフルーツには、ビタミンや食物繊維が生きたまま存在をしていますし、すぐにミキサーで飲むのでお腹にはたまります。

あらゆる栄養をそぎ取ったものよりも、腹持ちの良い、手作りグリーンスムージーは、ダイエットの味方になります。

グリーンスムージーに含んでいる糖質には注意が必要

グリーンスムージーに含んでいる糖質には注意が必要であり、特に市販商品の粉末タイプなどは、砂糖がたくさん含まれるタイプは避けるほうが無難です。せっかくのグリーンスムージーも、糖質過多のタイプだと、野菜やフルーツの栄養がいきわたる前に、血糖値を急上昇させてしまいます。

太りやすい原因は糖質の過剰摂取であり、血糖値を急激に上げれば、急激に下がり、いつもお腹を空かせる状態になりますし、脂肪が体に蓄積をしやすくなります。市販グリーンスムージー購入時、標品の原材料をよく確認して、砂糖の過剰な使用のないタイプを選びます。

家庭でグリーンスムージーを作るときも、糖質の多い野菜やフルーツは、たくさん入れすぎないように気を付けます。

グリーンスムージーと酵素ドリンクはどちらがおすすめ?

グリーンスムージーと酵素ドリンクはどちらがおすすめか、これは好みや目的などにもよりますが、両方の違いから本人にあったほうを飲んでみることです。両方の違いは発行をさせているか、いないかの差になります。

新鮮な野菜やフルーツを材料とするのが、グリーンスムージーの大きな特徴であり、同じように野菜やフルーツを使うとしても、酵素のほうは発酵をさせるひと手間が加わります。

発酵というステップは、より多くの酵素を増やすことになります。酵素ドリンクは発酵させていますから、香りや飲み口はそのままでは厳しく、飲みやすくするために砂糖や添加物を加えることになります。グリーンスムージーは、野菜やフルーツをそのまま、ミキサーにかけて作るので健康的です。

グリーンスムージーと青汁ではどちらが健康にいいのか

グリーンスムージーと青汁ではどちらが健康にいいのか、両方とも健康に良いドリンクとして知られるだけに、甲乙つけがたい部分があります。内容的に素材に違いがありますから、どちらも健康には良い飲み物です。

大きな違いは原材料であり、青汁は葉物野菜のみを配合しています。一方グリーンスムージーは、同じグリーンであっても、たっぷりのフルーツを配合しています。

抗酸化作用の高いフルーツが入るので、美肌作用や美白にも効果的です。味わいの点でも大きな差があり、青汁は青野菜の臭みがありますが、グリーンスムージーは甘いフルーツも入るので、飲みやすくて続けやすいです。栄養面では多くの種類が含まれる、数的にも多いグリーンスムージーは優秀です。

手作りできるグリーンスムージーの人気レシピ

手作りできるグリーンスムージーの人気レシピとして、シンプルなレシピからの渡来は気軽です。バナナに小松菜に水をミキサーに入れて、スイッチオンで撹拌したら出来上がります。飲みやすさを求めるとしたら、果物やヨーグルトを入れてみると、まろやかさが高まります。

バナナ1本にニンジン1本、小松菜を3枚に無糖ヨーグルト、豆乳をミキサーに入れて、出来上がります。豆乳とヨーグルトがマイルドさを高めて、イソフラボンや乳酸菌まで摂取ができます。甘さを深くしたい、コクのある味わいを期待するならば、はちみつを加えてみるとスイートです。

加えるフルーツもアレンジは自由自在であり、りんごにバナナのほかにも、アボカドやオレンジにキウイなど、好みで加えてもおいしくなります。