グルコサミンの効果を知って健康的になろう

近年は様々な健康成分が登場していて数多くの成分を耳にすることがあるかと思いますが、そんな中でもグルコサミンはよく耳にすることが多い成分の一つではないでしょうか。

では、そんなグルコサミンとはどのような成分なのでしょうか詳しく見ていきましょう。

そもそもグルコサミンって一体何?

テレビやドラッグストアなどでも目にする機会が増えたグルコサミンですが、しかし、多くの方は目にしたり耳にする機会は増えていても、具体的にどのような成分なのか知っているという方は意外と少ないのではないでしょうか。

グルコサミンとはカニの甲殻やエビの殻などの含まれている成分のことで、人間の全身の組織にも存在している成分です。その為、人間が健康に生きていくためには欠かすことのできない成分なのですが、具体的には様々な成分を生成する為に使用したり、ヒアルロン酸の原料にもなっている成分になります。

また最も良く知られている役割としては、骨と骨を繋ぐ関節部分において骨同士が直接こすれあう事を防ぐために軟骨がクッションになっているのですが、その軟骨を生成する為に欠かせないのがグルコサミンになります。

グルコサミンはどこからやってきたの?

グルコサミンは人間の体の中身ももともと存在している成分でアミノ酸の一種ですが、年齢を重ねるごとに軟骨もすり減っていきますので食べ物などから摂取する必要があるのですが、ではグルコサミンの成分はどこからやってくるのでしょうか。

まずグルコサミンの採取先としては魚や動物のムコ多糖類に含まれています。また先ほどもお伝えをした通りカニの甲殻やエビの殻などのキチン物質を原料にして作られています。

ただし、魚や動物などの食材から摂取を使用としても含まれているグルコサミンの量は微量になりますので、やはりサプリメントや薬などから摂取した方が効率よく摂取できます。

なおグルコサミンにはカニやエビの甲殻成分を硫酸で加水分解したグルコサミン硫酸塩や、微生物が生成するキチン物質から作った発酵グルコサミンなど、その種類は全部で4種類にも及びます。

グルコサミンの研究について

グルコサミンは最近よく耳にすることが増えた成分ですが、それでも一般的に知られるようになったのはつい最近です。では、グルコサミンはいつからどんなきっかけで使われるようになったのでしょうか。

グルコサミンは1960年ぐらいにヨーロッパで研究が開始されました。研究が始まったきっかけは今現在の使用方法と同様に、関節の痛みを治す方法はないのかというものでした。

そして様々な成分の研究が始まると、グルコサミンが関節部分にある軟骨の生成や修復に効果がある事が判明したことをきっかけに様々な動物で臨床試験が行われて、効果がある事が確認出来たら人間でも臨床試験が行われるようになりました。

このような歴史によってグルコサミンは関節の痛みで悩んでいる多くの人々に使用されるようになり、今でも関節の痛みと言えばグルコサミンといあわれるほど一般的な成分となりました。

グルコサミンの効果はどんなものなの?

人間は数多くの骨が繋がっていますが、その繋ぎ目には骨と骨が直接こすりあわないように軟骨がクッションの役割として存在しています。しかし、クッションの役割を担う軟骨は年齢を重ねるごとにすり減っていき、次第に骨と骨が直接こすれあうほどの減少してしまいます。

こうなってしまうと強い痛みを伴うようになり、歩くことも辛いほどの痛みを伴う事もあるのですが、そんなすり減った軟骨を修復させるのがグルコサミンです。

またグルコサミンには炎症を抑える効果もありますので、変形性関節症以外の原因で関節の痛みがある場合においてもグルコサミンは痛みの緩和に効果を発揮してくれます。

ただし、いくらグルコサミンを摂取したからと言っても軟骨が完全に元通りになることはなく、あくまでも病気の進行を遅らせたり痛みの緩和を目的として使用するのが一般的となります。

グルコサミンを上手に摂取するには?

グルコサミンは魚や動物などにも含まれている成分ではありますが、その量は非常に微量となっている為、1日に必要な摂取量を摂取しようとした場合、普段の食事からだけでは不十分なことがほとんどです。

また、鳥や豚の軟骨やフカヒレなどにも豊富に含まれていますし、カニの甲殻やエビの殻など生成するキチン物質が含まれている為、効率よく摂取する事はできます。

その為、カニの甲殻やエビの殻などをまるごと食べることができれば効率よく摂取することもできるのですが、中々毎日の食事で毎日フカヒレを食べたり、カニの甲殻やエビの殻をまるごと摂取し続けることは難しくなります。

そう考えると毎日の食事からではなく、サプリメントや薬を活用して摂取するのが最も効率的にグルコサミンを摂取することができるでしょう。

グルコサミンと一緒に食べるといいものは?

グルコサミンは関節の痛みの緩和などに用いられる成分ではありますが、そもそも人間の体は何か1つの成分だけを摂取していれば良いというわけではなく、複数の成分がお互いを助け合いながら効果を発揮するものです。

グルコサミンと一緒に摂取した方が良い成分としては、同じく関節の痛みの緩和に効果があるとされているコンドロイチンとコラーゲン、ヒアルロン酸になります。

この3つの成分は、どれも関節の痛みの原因となっている軟骨の生成に欠かすことのできない成分です。まずグルコサミンは軟骨の再生に効果があります。それに対してコンドロイチンは再生された軟骨の機能をより強化することができます。

コラーゲンは軟骨ではなく骨の強化に重要な成分で、ヒアルロン酸はコラーゲンと似た働きをしますが、それに加えて軟骨の表面を滑らかにする働きがあります。

グルコサミンとコンドロイチンの関係

グルコサミンは関節の痛みに効く成分として良く知られていますが、同じぐらい関節の痛みに効果的と言われているのがコンドロイチンになります。では、そんなグルコサミンとコンドロイチンはどのような関係性なのでしょうか見ていきましょう。

実は、この2つの成分はどちらか1つだけを摂取していれば良いというわけではなく、両方の成分を一緒に摂取することで、お互いの成分を助け合う事ができるようになるのです。

まず始めにグルコサミンを摂取する事で軟骨の再生を促進させていきます。次にコンドロイチンを摂取することでグルコサミンによって再生された軟骨の機能を強化することができます。

この2つの成分を同時に摂取する事で、より効果的に関節部分を強化することができますので、痛みの緩和や症状の進行を抑える働きも高めることが可能です。

グルコサミンには副作用はあるの?

関節の痛みと言えばグルコサミンと言われるほど広く使用されている成分ですが、それほど高い効果を持っていると気になるのが副作用などの影響ではないでしょうか。では、グルコサミンの副作用について見ていきましょう。

まずグルコサミンは人間の体内でも生成される成分ですので、少しでも体に取り込むと副作用が起きるというようなことはまずありません。その為、サプリメントなどで摂取する場合には適切な摂取量を守っていればどなたでも安心して摂取することができるでしょう。

ただし、グルコサミンを過剰摂取したことによる副作用の報告はあります。例えば胃の痛みや胸焼け、便秘、軟便、下痢などの症状が現れる事はあるようです。特に胃腸が弱い方に多い症状ですので、そのような方は体調を確認しながら摂取するようにしてください。

オススメのグルコサミンの商品はなに?

グルコサミンはあくまでも成分の名前ですので、このグルコサミンを配合している商品は数多く存在しています。そして、あまりにも商品の種類が多いと何を選べば良いのか迷ってしまいますので、ここではオススメのグルコサミンの商品をお伝えします。

まずグルコサミンの摂取を考える方の多くは、既に関節の痛みが出ているケースが多いので、そのような方の場合にはMSMと言う成分が配合されている商品を選びましょう。

MSMは最も副作用がない痛み止め成分と呼ばれています。また痛みを取り除くだけではなく膝の周りに筋肉をつけてくれるので、いつまでも健康的な足を維持してくれます。

このMSMに加えてグルコサミンの配合量も多い商品は「ドクターズチョイスNアセチルグルコサミン&コンドロイチン 」になります。

この「ドクターズチョイスNアセチルグルコサミン&コンドロイチン 」にはグルコサミンに加えてコンドロイチンやコラーゲン、MSMなどをバランスよく配合していますので、関節の痛みが強い方でも摂取できる商品になります。

グルコサミンはダイエットに効く?

グルコサミンは関節の痛みに対して効果がある事は良く知られていますが、実はダイエットを実践している方の中にもグルコサミンを摂取しているという方は少なくありません。という事はグルコサミンはダイエットにも効果があるという事なのでしょうか。

結論から言うとグルコサミンに脂肪燃焼効果などダイエットに直接効果が期待できる働きはありません。では、なぜダイエットを実践している方がグルコサミンを摂取するのでしょうか。

グルコサミンは健康的に痩せたいと考えている方には適した効果を持つ成分です。そもそも健康的に痩せる為には適度な運動も欠かすことができません。中でもウォーキングやジョギングはダイエットに最も効果がある運動として知られています。

その為、ダイエットにウォーキングやジョギングなどを取り入れている方は、膝を痛めてしまわないようにダイエットと並行してグルコサミンを摂取しているという事です。