ケシミンは本当に効果ある?シミに効く化粧水&クリームまとめ

加齢や日焼けなどが原因で顔などに出来てしまうシミですが、老けて見えてしまうのでなんとか消したいと思っている人は多くいるでしょう。皮膚科などでシミを消す治療を行ってくれるところもありますが、通院する時間や費用もないという人もいるかと思います。

最近では使用することでシミに効果があると言われるケシミン化粧品が多く出ており、ケシミンの化粧水やクリームを使うことで自宅でもシミを解消できると言われています。

実際にケシミンは本当にシミに効果があるのでしょうか。ケシミン化粧水やケシミンクリームの成分や特徴、価格や購入方法などについてまとめ、そのメリットとデメリットを検証してみました。シミに悩む女性は是非ご覧ください。

ケシミンでシミ対策

シミは皮膚の中でにメラニン色素が沈着し蓄積されることによって、地肌の色よりも濃くなって見える部位のことです。肌は、紫外線を浴びることによって、皮膚内部のメラニン生産やメラノサイトが活性化します。そのため、メラニンを過剰に生産されると、皮膚を黒くしてしまいます。これが日やけのメカニズムです。

通常であれば、皮膚には自ら生まれ変わって、健康な状態を保つための仕組みがあり、メラニンは皮膚表面に押し出されることによって、古い細胞や垢などと一緒にはがれ落ちるので、肌の色は一定に保たれます。これが、肌のターンオーバーという活動です。表皮を形成する角化細胞は、だいたい4週間かけて角層になるために変化しながら皮膚の表面へと押し上げられます。

しかしながら、長いあいだに渡って、紫外線のダメージが皮膚に蓄積してしまうと、メラニンが過剰に生産され続けてしまい、ターンオーバーの定期的な活動が乱れてしまいます。

皮膚細胞の再生能力が低下して、メラニンを外に排泄する力が弱くなってしまうと、本来はがれ落ちるはずのメラニンも、そのまま滞ってしまいます。このような不規則なリズムに陥ってしまうと、メラニンが表皮へと排出されず皮膚内部に蓄積されます。

紫外線を浴びるほどシミが出来やすい

シミと言えば原因は紫外線を思い浮かべる事が多いかとおもいますが、それ以外にも様々な原因があり一度シミになってしまうと消えずに残りやすくなってしまいますのでしっかりと対策したいものです。シミは皮膚の奥側にあるメラノサイトで作られています。

そこで生成されるのがシミの元となるメラニン色素です。これは肌を紫外線から防御しようと皮膚の表面を黒くするものです。そしてこの黒い物体こそがシミです。通常であれば皮膚細胞の死滅と分裂で垢となって剥がれ落ちるのですが加齢やうまくターンオーバーがおこなわれなくなるとシミとなって残ってしまうのです。

特に繰り返し紫外線を浴びてしまう事でメラノサイトの働きが活発になってしまうので注意が必要です。よってシミを予防するためには徹底した紫外線対策が必要です。日焼け止めを効果的におこなうためには、ちょっとした外出でも日焼け止めクリームを塗る、そして厚めに塗る、こまめに塗る事を心がけたいところです。

クリームだけではなくて可能であれば顔にはパウダーファンデーションを塗ると更に日焼け止め効果がプラスされます。リキッドやクリームファンデーションも紫外線を多少和らげる事はできますが、確実にやるならばパウダータイプがおすすめです。

シミができやすい

シミができやすい場合は、メラニンが生成されていると考えてください。メラニンは紫外線に当たってしまうとできやすくなります。特に、日中に外出することが多い人はシミができやすくなってしまいます。紫外線になるべく当たらないようにしながら、シミに対する対策を取るようにしましょう。

最近は、ケシミン化粧水が人気となっています。ケシミン化粧水はメラニンの生成を抑えてくれることから、シミやそばかすの予防につながるのです。医薬品ではなく医薬部外品のため、シミの解消までは効果として書かれていません。しかしシミに効果がないというわけでなく、シミの予防をしてくれるのです。

常に美白の状態を保ちたい人は、ケシミンのような予防型の化粧水を使用するとよいでしょう。ケシミン化粧水には、ビタミンC誘導体が配合されています。肌からの吸収が難しいと言われているビタミンCを吸収しやすく改良されたものです。

これは角質層まで浸透し、メラニンの生成を抑制する働きを持っています。メラニンが生まれなければシミができにくくなるため、結果としてシミができにくい肌になるという仕組みです。日頃から紫外線に当たる機会が多い人は、ケシミンを試してみましょう。

シミの予備軍メラニン生成の防ぐには?

メラニン生成と聞いてもパッとしませんが、タイトルにもある通りメラニン生成はシミの初期段階、つまりシミの予備軍です。このようなシミの予備軍であるメラニン生成を防ぐためにはどのようにすれば良いのでしょうか。まずメラニン生成に有効な成分について説明します。

まず1つ目はビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は、普段肌に吸収されにくいビタミンCを吸収しやすくするようになる成分です。また抗酸化作用が含まれており肌の老化を防ぎ、たるんでしまった毛穴を引き締めてくれる効果もあります。

次に2つ目はヒアルロン酸などの保湿成分です。保湿成分を使うことで、保湿力が高くなりとしっとりとした潤いのある肌を保つことができ、乾燥しないのでメラニン生成を防ぐことができます。保湿成分の中でもヒアルロン酸は水に溶けやすく特に保湿力が高いです。

最後に3つ目はバージニアホワイトです。バージニアホワイトとは、ビタミンC誘導体の働きを助けてくれる役割を持ってます。それと同時にそもそものメラニンの生産自体を抑えてくれます。なのでバージニアホワイトは今美容業界で注目を集めています。

このような3つの成分を一気にとるのは難しいです。しかしケシミン化粧水にはこれらの3つの成分が全て入っています。

ケシミンはどんな商品なのか

ケシミンはシミ予防効果を期待できる商品で、手頃な価格である点が魅力となっています。気軽に購入できる商品なので、これ以上シミを増やしたくないときにピッタリだといえるでしょう。化粧水だけではなく、乳液やクリームがある点もケシミンの特徴です。いくつかの商品を使用する事で、しっかり肌の手入れを行う事ができます。

顔になじませるだけで良いため、忙しい人でも簡単にシミ予防ができる商品です。目元や首など様々な箇所に塗る事ができるので、幅広い範囲のシミ予防を行う事ができます。乳液を使用すればシミ予防だけではなく保湿効果も期待できるため、肌の乾燥が気になる人にもピッタリです。独自の成分を使用しているので、他の商品では満足できなかった際に試してみる事をおすすめします。

通販サイトで購入する事もできるため、近所のお店で取り扱っていない場合でも入手する事が可能です。詰め替え用の販売も行なっており、できるだけ安く買いたいという人も満足できるでしょう。

化粧水は二種類あるので、自分の肌に合わせて選ぶ事ができます。製薬会社が製造した商品のため、品質面でも安心して使用できるアイテムです。多くの人が使用しているので、初めての人も安心して購入できる商品といえます。

ケシミン化粧水

ケシミンシリーズの中で一番人気のアイテム、薬用ケシミン浸透化粧水は毎日のシミ対策に使える化粧水です。洗顔をした後、適量を手のひらまたはコットンにとりお肌になじませて使うだけでメラニンの生成を防ぎ、シミやそばかすを予防してくれます。

保湿成分ヒアルロン酸も配合していてお肌に潤いを与えてくれ、透明感のあるお肌の土台を作ってくれますのでシミのケアには欠かせません。内容量は160mlとたっぷり入っていて、本体価格は1200円とリーズナブルなお値段で手軽に購入でき、しっとりモチモチ肌とさっぱりスベスベ肌の二種類があります。

定番はケシミン浸透化粧水しっとりモチモチ肌でシミ予備軍のための薬用化粧水です。少しとろみのある化粧水で、しっとりとした肌を保ってくれます。乾燥肌の方にもおすすめします。ケシミン浸透化粧水さっぱりスベスベ肌はさっぱりとしたつけ心地で皮脂やテカりが気になっている方、オイリー肌の方にはこちらがおすすめです。

また、しっとりモチモチ肌タイプは少しとろみがあるのでとろみのある化粧水は苦手だという方にもこちらをおすすめします。どちらも成分に大きな差はありませんので自分の好みで使い分けるようにしましょう。

ビタミンC誘導体がシミを予防

ケシミン化粧水には、L-アスコルビン酸2-グルコシドというビタミンC誘導体が配合されています。これは皮膚から吸収されにくいビタミンCを吸収しやすい状態にした成分です。

L-アスコルビン酸2-グルコシドは肌の角質層にまで浸透することができ、シミの原因となるメラニン色素の生成を助けるチロシナーゼという酵素の働きを抑えてくれます。L-アスコルビン酸2-グルコシドの作用によってメラニン色素が生成されなくなるので、シミ予防に効果的です。

また、ビタミンC誘導体には抗酸化作用もあるので、肌の老化の原因となる活性酸素を除去して老化を防ぐ働きもあります。それからケシミン化粧水には、ビタミンC誘導体の働きを助けるプルーン酵素分解物や保湿効果の高いヒアルロン酸も配合されています。

プルーン酵素分解物はプルーンの果肉を酵素分解してできる成分で、美容業界では大きな注目を集めてました。ヒアルロン酸は優れた保水力を持つ美容成分として知られており、ヒアルロン酸を配合しているスキンケアアイテムは数多く存在しています。ケシミン化粧水にはヒアルロン酸が含まれているので、シミ対策ができる化粧水でありながら肌を保湿することもできます。

メラニンの生成を抑え、シミを抑制

シミやそばかすをきれいに消してくれる化粧水と言うとケシミンをイメージする人は多いと言えましょう。名前だけは聞いた事があるけど、今まで使った事がない人にとって効果や使用感が分からない、いわゆるテクスチャーがどのようなものなのか知ってから使ってみたいと考えている女性も多いのではないでしょうか。

ケシミンは小林製薬が開発したシミやそばかす対策を行える化粧品の総称、化粧水だけでなく乳液や美容液、BBクリームなどのケアアイテムも揃っています。ドラッグストアなどのお店で買う事が出来る、1000円からなどのように試しやすい価格帯になっているため経済的です。

一番人気を持つのが薬用ケシミン浸透化粧水です。朝晩の洗顔後に、適量を手の平やコットンに取り、肌に馴染ませてるだけで滑らかさを持つ土台を作り出してくれます。ビタミンC誘導体を配合している、しっとりタイプとさっぱりタイプの2種類があるのでテクスチャーで選べるメリットもあります。

ビタミンC誘導体はシミやそばかすのケアに効果的な成分、赤みの炎症を抑えてくれる抗炎症成分や保湿力をアップさせる成分なども含まれています。シミや肌のくすみ、ニキビ跡や乾燥肌など肌トラブルを抑えてくれるのが特徴です。

ビタミンCとビタミンEを配合

ケシミンは小林製薬が製造販売を行っているケアアイテムブランドです。化粧水やクリームなどが用意してあり、化粧水の中でも浸透化粧水はしっとりタイプとさっぱりタイプが用意してあるので、季節毎に使い分けが出来ます。

ケシミンクリームは定番人気アイテムの一つ、メラニンの生成を抑えてくれるので、シミを予防出来る効果、ビタミンCとビタミンEのダブルビタミン配合などからも、メラニン色素によるシミを予防してくれます。ちなみに、ビタミンEは血行を良くしてくれる効果を期待出来る成分です。

クリームと聞くと、塗った時にベトベトするなどのイメージを持つ人も多いかと思われますが、ケシミンクリームはべたつかないので、普通のフェイスクリームとして利用出来るなどの口コミもあります。ちなみに、ケシミンのクリームにはEXと名の付く製品もあります。

こちらのクリームは、さらなる効果や効能への満足度を追求して開発が行われたもので、アルブチンとビタミンCを配合、二つの有効成分によりシミ対策を万全なものに変えてくれます。しかも、軟膏のように濃厚なテクスチャーを持つため、肌への密着感が高くなる、気になるシミにフィットするので集中的なケアが出来るメリットを持ちます。

ビタミンC誘導体で肌に浸透するクリーム

ケシミンクリームの成分をみていくとシミ対策に効果のある成分としてビタミンC誘導体を含有しています。ビタミンCには美白効果があると様々な研究機関から発表されておりその有用性は疑いありませんが一方で肌に浸透しにくいというデメリットがあります。このデメリットを解消し、肌に浸透しやすく化学的に調整されたのがビタミンC誘導体なのです。

これらを常用する事でシミの増殖をある程度防ぐことができます。またケシミンクリームは毎朝のメイクの下地としても使えますし保湿クリームとしても使う事ができます。もちろんクリーム以外にも化粧水や乳液、美容液などシリーズ化もされていて紫外線に当たっても副作用がありません。

一方でシミを消すのに有効な成分としてハイドロキシンがありますが以前は医師による処方が必要な扱い方の難しいものです。シミはメラニンの異常発生によって引き起こされますがハイドロキノンはこれを弱める働きがあり、我々の肌を守ってくれる大切な成分です。

ケシミンクリームにはハイドロキノンが配合された美容化粧品によくある厳守すべき注意事項の記入がありません。ただしケシミンにはビタミンC誘導体やビタミンEが含有されており、こちらもシミを薄くする効果があるため常用する事で美白効果が期待できます。

メラニンを抑え保湿も行えます

ケシミンクリームはメラニン生成を抑える効果を持つケアアイテムです。肌は外からの刺激を受けると真皮や表皮でメラニンを生産しようとします。例えば、紫外線は肌に対する強い刺激の一つで、紫外線を受けるとメラニンが作り出されて色素を生じさせます。色素沈着などの肌トラブルの原因になるのがメラニン生成です。

シミはメラニン色素により生じるもので、ケシミンクリームは刺激を受けた時でもメラニンを抑制させる効果を期待出来るわけです。但し、紫外線を浴びない工夫はとても重要な事で、外出する時にはUVケアをしっかりと行っておく、日傘を使って紫外線から肌を守る工夫を行うようにしましょう。

ケシミンクリームは、集中的に角質層の隅々までしっかりと浸透して、メラニンの生成を抑えてくれるビタミンC誘導体、血行を促進させるビタミンEの2種類のビタミンが配合されているのが特徴です。

また、保水成分でもあるバージニアホワイトも配合が行われているため、バリア機能を強化出来る、肌のターンオーバーを正常な状態に導いてくれます。ちなみに、ケシミンクリームに配合が行われているバージニアホワイトはプルーン酵素分解物、ホオノキ抽出液の複合成分で、保湿成分になります。

ニキビ跡の改善や予防にも効果的です

ケシミン浸透化粧水には美白効果を期待出来るビタミンC誘導体が配合されています。ビタミンC誘導体はメラニンの生成を抑える作用を持つ成分で、角質層の隅々までじっくり浸透するのでシミ予防をしたい女性に最適なケアアイテムです。また、ビタミンC誘導体はニキビの赤味やクレーターニキビ、色素沈着によるシミなどのケアにも最適な成分です。

さらに、ケシミン浸透化粧水にはホホノキエキスやプルーン酵素分解物が配合してあるので、これらの成分により保湿効果を高めます。中でも茶色や黒いニキビ跡による色素沈着、シミやそばかすの改善などに効果を発揮してくれると言われています。

ビタミンC誘導体には皮脂の分泌を抑える作用や抗酸化作用を持ちますが、皮脂の分泌を抑える効果はニキビ予防にも良いと言われていますし、毛穴の詰まりや黒ずみ、毛穴の開きなどの肌トラブルにも対応が出来るメリットを持っています。

赤く炎症しているニキビを何とかしたい人にもケシミン浸透化粧水がお勧めですし、黒色や茶色のシミが残ってしまったニキビ跡の改善にも効果を発揮します。尚、現在ニキビがない人でも、ケシミンの化粧水やクリームを使う事で保湿成分が潤いある肌を維持出来るようになります。

ケシミン製品はいくらで、どこで買えるか

ケシミン製品は何点か種類があります。代表的なケシミンクリームは、30グラムでメーカー希望小売価格は税抜き1800円です。ケシミン密封乳液は、13ミリリットルでメーカー希望小売価格税抜き1200円、詰め替え用115ミリリットルで1000円です。

ケシミン浸透化粧水は160ミリリットルでメーカー希望小売価格税抜き1200円、詰め替え用140ミリリットルで1000円です。その他、ケシミンクリームEXは12グラムで1500円から2000円位、美容液は30ミリリットルで1000円から1500円位で販売されています。これらの二つの製品は、メーカー希望小売価格がオープン価格となっているため価格に幅があります。

以上5点が主なシリーズの価格です。これらの製品は主に、大手スーパーのドラッグコーナーや大手ドラッグストアにはコーナーを設けて販売されていることが多いです。それらの薬局などで購入すると割引などでメーカー希望小売価格より安く売られていることもあります。

また、実店舗で見つからない場合や出かける事が難しい場合も、ネットなどでも購入可能です。楽天やアマゾンなどから検索するとすぐに見つけて購入することが出来ます。

ケシミンを使った結果

ケシミンという名前からどのようなイメージをするでしょうか。きっと、シミを消してくれるからケシミンという名前なのでは?と考える人もいることでしょう。しかし、実際にはシミを消すという効果はありません。シミを消す成分ハイドロキノンが配合されていれば効果があると判断できますが、ケシミンにはそのような成分が見当たりません。

それでも、ビタミンC誘導体が入っており肌を守ってくれるので、シミ予防をするという位置づけが正しいでしょう。個人差がありますが、シミが薄くなったような気がする人や、肌の調子が良くなるから使っている口コミ、また、クリームが伸びやすく使いやすい上に、ドラッグストアならどこでも購入できるという身近な安心感から購入する人はいるようです。

グリチルレチン酸ステアリルやトコフェロール酢酸エステルが含まれているので、ニキビ跡が気になっている人は、ターンオーバーを繰り返していくうちに、正常な肌質に戻ることが期待できます。

ビタミンEも配合されているので、肌荒れを予防してくれるのも嬉しいですね。肌がもちもちになるヒアルロン酸も入っている上保湿効果もあるので、基礎化粧品の一部として使う方法もあるようですよ。

ケシミンを使ううえでの注意点

ケシミンは薬ではないものの注意点、デメリットもありますので頭の片隅に入れておくとより安心です。薬ではないので肌に優しい、安全性が高いのはメリットですが、その反面即効性があるわけではありません。塗って数日できれいに白くなっていくわけではないので、ある程度の期間はかかるのがデメリットといえます。

だんだんと浸透していき原因にアプローチしてくれます。また、皮膚の再生サイクルに沿って薄くなっていくこともあり時間を要します。すぐに効果を出したいという方にとっては時間がかかってしまうのはマイナスに感じてしまうかもしれません。数週間から数か月、根気よく塗り続ける手間が発生してしまうので、これが時間がかかる、面倒だと感じてしまうこともあるかもしれません。

しかし、だんだんと薄くなっていきますので心配は不要ですので、コツコツと毎日塗り続けることが効果につながります。薬ではないので一発で効果を実感できるほどの強力な威力があるわけではないので、それが物足りないと感じてしまうこともありますが、安全性も高くしっかりと肌に働きかけているので多少の時間がかかってしまう点はある程度あらかじめ考えに含んでおく方がよいでしょう。