コストコで手に入るおすすめの青汁

健康のためになにか摂りいれたいと思っていても、面倒くさくては長続きはしません。まして価格が高くては経済的に大変です。

手軽に摂り入れることが出来て、しかも安いのが一番、そんな夢のような健康ドリンクがコストコの青汁なのです。

コストコの青汁で手軽に健康!

日本のスーパーとは違い、大容量パックの商品がたくさんあることが魅力のコストコですが、食品や生活雑貨だけでなく、健康食品も充実しています。

自由診療の国であるアメリカでは、医療費が非常に高く、健康食品やサプリメントで健康を管理する人が多く、コストコでもこういった商品が充実しているのです。

また、サプリメント王国でもあるアメリカならではのメリットもあります。市場が大きいということは、それに比例して生産コストも下がっていきます。つまり輸入品の健康食品は、低価格のものも多く選ぶ種類も豊富にあるのです。

その中でも、日本人になじみの深い青汁は、人気商品の一つでもあります。いろいろな種類を見比べて購入することも可能で、コストコならではの楽しみでもあります。

青汁なのに美味しい!?お手軽青汁レシピ

毎日継続して飲み続けることが効果的な青汁、しかしいくら健康にいいからといって、毎日同じ味で飲み続けることは飽きてしまう人もいるでしょう。安いからと大量買いしたコストコの青汁、たまには違う味で飲みたいなというときにおすすめのレシピもあります。

基本のレシピは水で溶かして飲むものです。水で溶かすことはカロリーを最も抑えることが出来ます。そして青汁と相性がいいと言われているのは牛乳です。青汁は多くの商品が飲みやすいように甘みを加えています。牛乳で溶かすことでまるで抹茶ラテのような感覚で飲むことが出来るのです。

牛乳の脂肪分が気になる場合は、低脂肪乳や豆乳で溶かすこともおすすめです。健康ラテとしてまろやかな飲み心地がおすすめです。

青汁の正しい飲み方とは?

コストコで購入できる青汁は、基本の作り方は水で作ることです。溶け方はメーカーによって異なりますが、コップに粉末を入れるだけでさっと溶けるタイプや、シェーカーで良く溶かすタイプなど様々です。

普段の食事にプラスする形で摂取する青汁ですが、より効果の高い飲み方があります。基本的には飲むタイミングについては決められていませんが、どうせならより効果の高い飲み方がおすすめです。

食事に足りない栄養素を補給する目的であれば、起床後がおすすめです。朝は胃の中が空っぽなので栄養素の吸収も良いからです。ダイエット目的であれば、食事の前がいいでしょう。青汁は食物繊維を豊富に含んでいるので、食前に飲むことで食べ過ぎを防いでくれる役目があります。

青汁なのにフルーティ!リンゴ果汁入り青汁

そんな青汁ですが、コストコでとても人気が高いものは、リンゴ果汁入り青汁です。コストコは国産メーカーもたくさん取り扱っており、このリンゴ果汁入り青汁も販売元は日本のメーカーです。
いくら青汁が飲みやすく進化しているといっても、やはり独特の臭みがあると感じる人もいます。

しかしこのリンゴ果汁入り青汁は、子どもでも飲みやすいととても人気の品なのです。加えて、水にさっと溶けるという特徴もあり、シェーカーがなくても作ることが出来ます。

朝忙しい時に洗い物を増やしたくないという人は、水や牛乳をコップに入れて、そこに粉末を1包入れてスプーンでかき混ぜればOKです。リンゴ果汁の自然な甘さは、ヨーグルトなどとも相性が良く、ドリンクに飽きた場合はヨーグルトにかけて食べても美味しいとされています。

コストコで青汁を買うとどれだけお得になるか

コストコというと、やはり値段が安いというイメージがあります。実際のところ、通販などで購入する場合と、コストコで購入する場合と、価格に差はあるのでしょうか。通販で購入する場合、初回購入特典などでかなり安く買えることもあります。

1包あたりの価格は安くなりますが、2回目からの購入価格は通常に戻ってしまうため、トータルで見ればそこまで安くならないという声も聞かれます。一方、コストコでの価格はいつも同じ値段で購入でき、国内メーカーの青汁でありながら1杯20円という驚きの価格のものもあります。

定期購入ではなく、好きな時に好きなだけ購入できるので、消費者にとってはお得と言えるでしょう。たまには違う商品を試したいというときでも、気軽にあれこれ安く試すことが出来るのです。

コストコで買える青汁はどんなものがある?

では気軽に選んで購入できるコストコの青汁ですが、そんなにたくさんの種類が本当にあるのでしょうか。これはYESです。実際、数多くの青汁が棚に並んでおり、比較することが可能です。

有名なリンゴ果汁入り青汁を初め、大麦若葉粉末100%の青汁、フルーツ青汁、グリーンスムージーなど健康に良さそうな青汁がたくさん並んでいます。価格や原材料は、それぞれ特徴があって違いがあります。長く続けることが一番の健康への近道とも言えるので、自分に合った商品を選ぶことがおすすめです。

スムージーに関して言えば、コストコ内にあるフードコートで飲むことも出来ます。時期によって味は異なるので、来店した際にグリーンスムージーがフードコートで販売されていたら試してみるといいでしょう。

お出掛け先でも使えるスティックタイプ青汁

コストコで売られている青汁は、スティック状となっています。これはとても便利で、1杯ずつ計量しなくてもいいという手軽さがあります。青汁がいくら体にいいからと言って、一日に何杯も飲むことはおすすめしません。一日の適量をきちんと守ることが大切です。

仕事をしていると、昼食の栄養が偏ったり、時間が取れないことも出てくるかもしれません。そのようなときにもスティックタイプの青汁は便利です。会社にシェーカーを置いておけば、気軽に作ることが出来て、青汁は案外満腹感も得られるのが特徴です。

会社での昼食時のコーヒーを、青汁に置き換えることでも、手軽に栄養を摂ることが出来て便利です。社内だけでなく、社外であってもコンビニがあれば気軽に作ることが出来ます。

気になる青汁の栄養素について

これだけ健康にいいと言っている青汁ですが、実際のところ栄養はどのくらい含まれているのでしょうか。コストコでとても人気の高いリンゴ果汁入り青汁は、原材料は大麦若葉エキス粉末、難消化性デキストリン、アップル濃縮果汁末、乳酸菌、トレハロース、ビタミンD3、カルシウム、ケイ素などが含まれています。

他の青汁でも、鉄分がホウレンソウ2株分・総カロチンがトマト1.4個分・食物繊維がレタス1/3分が含まれている青汁もあります。食物繊維はすべての青汁にたくさん含まれているので、お通じにいい青汁を探している人は、どれを選んでも効果があるといえます。

栄養素が豊富でも、飲みにくいものは続けるのが難しいでしょう。栄養素だけにこだわらず、飲みやすさも比べてみることが大切です。

青汁には隠された美肌効果があった

青汁が健康にいいというのは知られていますが、実は美肌効果も高いと言われています。食物繊維が多いことが特徴ですから、便秘がちな人は便通がよくなる効果があります。便秘気味の人は肌が荒れやすいということはよく言われますが、これは身体の老廃物をスムーズに排出することが出来ないからです。

余分な老廃物を溜め込むことは、新陳代謝を弱め、肌のターンオーバーを乱す原因になります。青汁を飲んで腸内環境を整えることは、肌にとって良い効果があるのです。

また青汁に含まれる多くのビタミンも美肌効果の高い成分です。ビタミンEが含まれています。若返りのビタミンとも言われており、抗酸化作用や血行促進といった効果が期待できます。

妊婦さんにおすすめの青汁効果

妊娠すると、おなかの赤ちゃんのためにも栄養バランスの良い食事を気にかける人も多いでしょう。しかし野菜を多くとりましょうと言われても、急に多くの野菜を食べることは難しいでしょう。また、妊娠中は便秘にもなりやすいと言われています。

そこで手軽に栄養補給できるのが青汁なのです。青汁を摂っているから、栄養にも気を遣っているという心理的な影響も大きいでしょう。また妊娠初期のつわりの時期にも青汁はおすすめです。冷たい水や牛乳で溶かすと、気になる匂いをあまり感じることがなくなるので飲みやすくなります。

そして妊婦さんと言ったら葉酸です。葉酸は赤ちゃんのためにも積極的に摂りいれたい成分ですが、青汁にも含まれていることが多く、おすすめの飲み物なのです。