コーヒーを飲むだけでダイエット効果はある?成功への秘訣

コーヒーダイエットは、コーヒーに含まれるカフェインとクロロゲン酸の作用により脂肪燃焼を高めることによりダイエットを行う方法です。カフェインには、血行促進により基礎代謝を高める効果や香りによる癒し効果なども期待できます。

コーヒーダイエットはどのくらいの期間続けるのか

コーヒーダイエットの効果があらわれるには、体質や運動量などにより人それぞれです。そのため、どれだけ続ければよいかという具体的な期間は決まっていませんが、続けることで効果を実感することはできます。口コミサイトなどでは、「2ヶ月で4kg痩せた」や「3ヶ月で5kg体重が減った」という報告が上がっています。

コーヒーダイエットの効果を高めるためには、出来るだけ継続することが大切です。毎朝1杯のコーヒーを飲む習慣をつけ、適度な運動を行うことで脂肪燃焼が高まりダイエットの効果が期待できます。短期間で結果を出したい方は、コーヒーダイエットと一緒にウォーキングなどで運動量を増やし脂肪燃焼を高めることがおすすめです。

コーヒーダイエットに効果はあるの?

コーヒーに含まれるカフェインには、血管を拡張する作用があり基礎代謝を高めてくれます。そのうえ、カフェインは、脂肪分解酵素であるリパーゼの活動を活発にし、脂肪を燃焼してくれ脂肪がたまることを抑制してくれるのでダイエット効果がアップします。

ダイエット効果に有効なその他の成分としては、ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸です。このクロロゲン酸はコーヒーポリフェノールとも言われ強い抗酸化作用のある成分で、様々な健康亭効果があります。最も大きな効果としては、脂肪をしっかりと分解してくれることです。

コーヒーには、このクロロゲン酸がカフェインよりも多く含まれているので、2つの成分の相乗効果でダイエット効果が期待できます。

コーヒーのカロリーについて

100mlのコーヒー1杯のカロリーは、約5カロリーです。この数字は、ブラックコーヒーを基準にしたもので、砂糖やミルクを入れるとカロリーは高くなります。例えば、小さじ1杯の砂糖を加えれば、全体のカロリーは約20カロリー程度になります。

市販の缶コーヒーで加糖のものなら50~100カロリーにもなってしまうので、ダイエットを意識するならブラックがおすすめです。砂糖はカロリーが高いというだけでなく、カフェインの効果を壊してしまう作用があるため出来るだけ使用を控えることが大切です。

どうしても砂糖やミルクがないと飲みにくいという方には、砂糖の代わりにオリゴ糖を代用したり、ミルクの代わりに豆乳を使用するとカロリーを抑えられます。

コーヒーにはどんな作用がある?

コーヒーの香りは、昔からリラックス効果を与えるとされています。これは、コーヒーの香りが人間の脳にα波の発生を促すためです。また、コーヒーの香りには、脳の電位を高める作用があり頭の回転を活性化してくれます。

成分に含まれるカフェインの作用によって頭がすっきりしたり、利尿効果の促進により体内から老廃物を排出することが可能です。コーヒーは、野菜や果物よりも多くの抗酸化物質を含んで、その吸収率も高いことから抗酸化作用が期待できます。

抗酸化作用は、アンチエイジングにもつながるので美容にも高い効果が期待できます。その他にも1日1杯以上のコーヒーを飲む人には、肝臓がんの原因ともなる肝硬変になるリスクが低減されるという報告もあります。

ダイエットを目的としたコーヒーの飲み方

ダイエットには、余分なカロリー摂取をひかえることが必要です。そのためにも、コーヒーはブラックで飲むことをおすすめします。砂糖やミルクはカロリーが高いので、なるべく入れない方が良いでしょう。

アイスとホットならホットコーヒーがダイエットには良いといえます。ホットの方がコーヒーに含まれるカフェインやクロロゲン酸の効果を高めるからです。特にクロロゲン酸は、高温に弱いためお湯は80℃程度にすると吸収力が高まります。

ダイエットに効果的な成分であるカフェインとクロロゲン酸は、インスタントコーヒーにも含まれますが、できればドリップコーヒーを使うことをおすすめします。クロロゲン酸を多く吸収したいのであれば、深煎りよりも浅煎りの豆を使うとよいでしょう。

コーヒーダイエットの成功の秘訣

コーヒーダイエットの効果を高めるためには、食後や入浴前、運動をする30分前などに飲むことをおすすめします。コーヒーを食後に飲むことで、クロロゲン酸の作用により脂肪の蓄積を抑えることができます。消化作用が始まる前の食後10分以内に飲むとより効果的です。

入浴前に飲めば、入浴時にコーヒーが影響を及ぼし発汗作用を促します。運動前に飲むことで、脂肪燃焼効果を高めてくれます。

コーヒーに含まれるカフェインの脂肪燃焼効果は飲んでから2時間程度続くので、運動30分前に飲めば運動中に脂肪燃焼することができ最も効率的に脂肪を減らすことが可能です。コーヒーダイエットを成功させるためには、コーヒーを飲むだけでなく運動や飲むタイミングなどを考えて実行しましょう。

インスタントコーヒーでも大丈夫?

インスタントコーヒーにもダイエットに効果のあるカフェインやクロロゲン酸が含まれているので、インスタントコーヒーによるコーヒーダイエットも可能です。朝は時間がないという人などは、インスタントコーヒーを1杯飲むだけでも効果は期待できます。

ただし、より高い効果を期待するならばインスタントよりドリップコーヒーが良いでしょう。慣れるまではドリップするのが面倒かもしれませんが、ドリップの時に広がる芳醇なコーヒーの香りは、心をリラックスさせてくれます。

ドリップコーヒーは、インスタントコーヒーに比べカフェインやクロロフィルの含有量が倍近いのです。そのうえ、ドリップすることでコーヒーに含まれる中性脂肪や血中コレステロールを増加させるジテルペン類などの不用な物質を取り除くことができます。

ブラックで飲んだ方が効果的?

コーヒーの成分であるカフェインの効果を高めるためにもブラックコーヒーがおすすめです。砂糖を使えば、カフェインの持つ脂肪燃焼作用などのダイエットに有効な作用を阻害してしまう恐れがあります。ダイエットを意識するなら、カロリーの低いブラックコーヒーに慣れるようにしましょう。

砂糖の摂りすぎはカロリーを高くするというだけでなく、様々な面で健康にもよくありません。砂糖の摂取は、腸内の悪玉菌を活性化させることで善玉菌を減少させ腸内環境を悪化させたり、エネルギーの燃焼に必要なビタミンやミネラルの減少を引き起こします。

砂糖を過剰摂取すれば、糖がタンパク質と結びつき糖化を起こします。この糖化は、内臓や肌を老化させる原因となるのです。

妊娠中のコーヒーは避けたほうがいい?

健康な人にとってコーヒーの摂取は、有意義なものです。ただし、健康に問題があったり妊娠中の人にとって、コーヒーの摂取は注意が必要です。特に妊娠中の女性は、コーヒーの飲用をひかえることが必要です。それは、コーヒーに含まれるカフェインが胎児の発育の遅れに影響を及ぼす可能性があるからです。

コーヒーの多飲は、死産のリスクを高めるという報告もあるので注意しましょう。カフェインには鉄分を阻害する作用があるため、妊娠中の鉄分不足を悪化させ貧血などを起こす原因になります。カフェインは、コーヒーだけでなく紅茶やウーロン茶、煎茶などにも含まれています。

1日の摂取量は、200mgまでが推奨される量なので胎児への影響を及ぼさないよう自己管理が重要です。妊娠中の体重コントロールは大切ですが、コーヒーでのダイエットは控えた方が良いでしょう。

コーヒーダイエットで注意すべき事

脂肪燃焼効果が期待できるコーヒーダイエットですが、注意しておく点もあります。カフェインの影響で利尿作用が高まることから、適度な水分補給をすることが必要です。また、カフェインの過剰摂取は、めまい、貧血、食欲不振、免疫力低下などを起こしやすくなります。

健康な成人の一般的なカフェインの推奨摂取量は、1日400mg以下で1回の摂取は200mg以下です。くれぐれもカフェインを取り過ぎないよう気をつけてください。また、カフェインには覚醒作用があるため就寝前にコーヒーの摂取はやめておきましょう。

カフェインの覚醒効果は、3~4時間程度持続します。そのため、夜にコーヒーを飲む場合は、就寝前の3~4時間前までに飲むことをおすすめします。