ゴーヤー青汁で健康と美容を手に入れよう

青汁は大麦若葉やケール、明日葉などを原料にしている商品が多いですが、沖縄の特産物のゴーヤーを原料にしているゴーヤー青汁があります。

ゴーヤー青汁を飲むとゴーヤーに含まれている豊富な栄養素を摂取することができ、美容と健康をしっかりとサポートしてくれます。

ゴーヤーは沖縄の特産物

ゴーヤーは沖縄の特産物であり、沖縄料理の食材として欠かせない野菜です。原産は熱帯アジアで沖縄県はゴーヤーの栽培に適していることから、沖縄県ではゴーヤーが非常に多く栽培されています。ゴーヤーは沖縄ではポピュラーな野菜であるため、沖縄在住の方はゴーヤーをよく食べています。

沖縄県は長年にわたって長寿日本一の県でしたが、沖縄県民が長生きできる理由として、沖縄の方はゴーヤーを頻繁に食べていることが挙げられます。ゴーヤーは栄養価が非常に高く、チャランチンやパントテン酸などの栄養素が含有されており、ビタミンやミネラル、食物繊維の含有量も豊富です。

特にビタミンCの含有量が多く、他の野菜と比べると2倍から5倍のビタミンCが含有されています。

ゴーヤーは健康への効果がすごい!

ゴーヤーは有効成分が豊富に含有されているため、健康への効果が他の野菜よりも優れています。ゴーヤーはビタミンCの含有量が豊富であることが特徴ですが、ビタミンCは抗酸化作用が優れており、細胞の酸化を防いで老化を抑制します。

若返りの効果が期待できるため、ゴーヤーをしっかり食べると健康で長生きすることを目指せます。ゴーヤーの種子には共役リノレン酸という成分が配合されており、共役リノレン酸は体脂肪の燃焼を促す作用があり、肥満になるのを防いでくれます。

肥満症を防止することによって、糖尿病や心臓病など、肥満症が原因の生活習慣病の予防につながります。ゴーヤーを原料にした青汁はゴーヤーを丸ごと使用しているため、種子に含まれている共役リノレン酸をしっかりと摂取することが可能です。

美容とダイエットにもおすすめ!

ゴーヤーに含まれている共役リノレン酸は脂肪酸の一種であり、体脂肪を燃焼することでダイエットに導いてくれます。ゴーヤーを原料にしている青汁を毎日飲むようにすると、共役リノレン酸の働きで体脂肪が燃焼しやすい体質に生まれ変わります。

ゴーヤーにはビタミンB1も豊富に配合されており、ビタミンB1の働きで糖質の代謝が促進されます。体内で糖質が蓄積すると体脂肪になりますが、ビタミンB1の作用によって糖質が分解され、ダイエットをサポートしてくれます。

ゴーヤーに大量に含まれているビタミンCは優れた抗酸化作用があり、紫外線から肌を守ってくれます。紫外線から肌を守ることでメラニン色素の沈着を防ぎ、体の内側から肌の美白ケアをすることができます。

カロリーは低いのに栄養は豊富

ゴーヤーは栄養価が極めて高いですが、ゴーヤー1本あたりのカロリーは43kcalであり、極めて低カロリーであることが特徴です。カロリーが低いためゴーヤーをたくさん食べても太る心配はなく、栄養をしっかりと補給しながらダイエットに導いてくれます。

ゴーヤーは低カロリーであることに加え、ダイエットに役立つ共役リノール酸が豊富に含まれているため、ダイエットをするには最適な食材です。ゴーヤーの種子と綿には共役リノール酸などの栄養素が凝縮されており、ゴーヤーを丸ごと使ったゴーヤー青汁を飲むと、ゴーヤーに含まれている全ての栄養素を摂取することができます。

ダイエット中は栄養不足に注意することが必要になりますが、ゴーヤー青汁だと栄養素をしっかりと補給しながら健康的なダイエットが可能です。

ゴーヤーの苦みはモモルデシン

ゴーヤーは苦味があることが大きな特徴ですが、ゴーヤーの苦味の原因はモモルデシンという成分です。モモルデシンは夏バテ対策に最適な有効成分で、自律神経のバランスを整えることで夏バテを防ぎます。

夏バテになると食欲がなくなりますが、モモルデシンは胃の粘膜を保護する働きがあり、胃の調子が良くなることで食欲が湧いてきます。虚弱体質の改善や滋養強壮にも最適で、食が細くて病気がちの人の健康をサポートしてくれます。

ゴーヤーに含有されているモモルデシンは熱中症対策にも適しており、血圧を下げて体温を下げることにより体を冷やします。モモルデシンは血中コレステロール値や血糖値を下げる働きもあり、動脈硬化や糖尿病の予防にも役立ちます。

ゴーヤーでビタミンCをたくさん摂取できるのはなぜ?

ゴーヤーはビタミンCの宝庫であり、他の野菜と比較すると大量のビタミンCが含有されています。ゴーヤーにビタミンCが豊富に含まれている理由は、皮が頑丈であるため、内部に含まれているビタミンCが外に逃げたいためです。

他の野菜は加熱調理をするとビタミンCが壊れてしまいますが、ゴーヤーは加熱調理をしてもビタミンCが壊れないことが特徴です。レモンはビタミンCが豊富に含まれていますが、ゴーヤーに含まれているビタミンCの量は、レモンの約2倍に達します。

ゴーヤー青汁を飲むとビタミンCをたくさん摂取することができ、夏バテの防止や肌の美白効果が期待できます。夏場は特に紫外線の影響を受けやすいですが、ビタミンCの働きでメラニンの沈着を防いでくれます。

食べるのが苦手ならゴーヤーを飲もう!

ゴーヤーは栄養価が極めて高い野菜ですが、苦いことがデメリットです。しかし、ゴーヤーの独特の苦味が好きな人は多く、苦味のおかげで食欲が湧いてくるという人も存在します。ゴーヤーの苦味が苦手な人にはゴーヤー青汁が最適で、ゴーヤー青汁だとゴーヤーが苦手な人でも美味しく飲めます。

ゴーヤー青汁はゴーヤーだけを原料にしているのではなく、大麦若葉やケールなどの野菜も原料にしています。ゴーヤー以外の野菜は苦味が少ないため、ゴーヤーの苦味が緩和されて美味しく飲めるようになっています。

フルーツを原料に使用しているゴーヤー青汁はフルーティーな味になっており、苦味や臭みがある青汁が苦手な方でも美味しく飲むことができます。

ゴーヤー青汁はどうしておすすめ?

ゴーヤー青汁がおすすめの理由は、栄養価が高いゴーヤーに含まれている全ての栄養素を余すことなく摂取できるためです。ゴーヤー青汁は新鮮な生のゴーヤーをそのまま使用しており、普段は捨ててしまう種子や綿に含まれている栄養素を摂取することが可能です。

ゴーヤーは沖縄の特産物であるため、沖縄県ではいろいろな店で販売していますが、沖縄県以外の都道府県ではスーパー等で売っていないことがあります。また、ゴーヤーの調理方法について詳しくない方はゴーヤーを買ってきても調理することができません。

ゴーヤー青汁を飲むと、わざわざゴーヤーを買ってこなくても、ゴーヤーの栄養素を摂取することが可能になります。値段も手頃ですので、コストをかけずにゴーヤーの栄養素を手軽に摂取できます。

おすすめのゴーヤー青汁をご紹介

ゴーヤー青汁はいろいろな商品が販売されていますが、三種青汁やファインの日本の青汁などがおすすめです。三種青汁はゴーヤーと大麦若葉、ケールの三種類の野菜を贅沢に配合した青汁で、三種類の野菜の栄養素をしっかりと補給することができます。

値段は1000円以下ですので、手軽に購入することが可能です。ファインの日本の青汁は栄養機能食品の青汁であり、国産の大麦若葉とケール、ゴーヤーを原料に使っています。

栄養機能食品であるため優れた効果が期待でき、美容と健康を内側からしっかりとサポートしてくれます。非常に飲みやすいことが特徴で、苦い青汁を飲むのが苦手な方におすすめです。値段は1000円以下で販売されていますので、気軽に購入することができます。

無理して食べずに健康と美容を手に入れる

暑い夏はどうしても食欲が落ちてしまいますが、食欲が無い時にはゴーヤー青汁を飲むと、無理して食べなくても健康と美容を手に入れることができます。ゴーヤー青汁は水やお湯に溶かして飲むだけですので、食欲が無い時でも問題なく飲むことが可能です。

ダイエットをするために食事制限をしている人は、栄養不足に陥って健康状態が悪化するリスクがあります。ゴーヤー青汁はファスティングダイエットに最適で、栄養素をしっかりと補給しながら無理のないダイエットをすることができます。

病気療養中の方は食欲が湧かない時がありますが、ゴーヤー青汁を飲むと病気療養中の栄養補給が行えます。免疫力を高める効果も期待できるため、病気の早期改善につながります。