シミやくすみは対策できる!美白化粧品の選び方・ケア方法

昨今の美白ブームで、白くて美しい肌を手に入れたいと考えている女性はたくさんいらっしゃいます。ただ年齢を重ねると、生活習慣や紫外線に晒されるなどの要因でシミやくすみに悩まされる方が急増します。そんな場合に最適なのが、美白化粧品でのスキンケアです。

そもそも美白化粧品には、シミの原因となるメラニンの生成を抑える作用、日焼けによるシミやソバカスを予防する効果などがあります。

そのため、毎日丁寧にスキンケアを行う事で、透明感のある陶器のような肌に生まれ変われます。そこで、ここからは徹底的に美白をしたいという方のために、ドラッグストアでの自分に合った美白化粧品の選び方・ケア方法などについて詳しく説明していきます。

美白化粧品の良さ

肌は年齢と共に変化していきます。若い頃は日焼けや不摂生など少々の肌の酷使をしても自然と元のハリのある白い肌に戻ることは多いですが、年齢を重ねることで肌に必要なものが徐々に減少していく、そして肌の生まれ変わりの速度が遅くなっていくことが多いのです。歳をとることで肌にはシミやくすみなどができやすくなります。

肌全体のトーンも落ちていきます。これは自然な現象ですが、やはり見た目年齢を上げてしまうことにつながります。ですから、多くの大人の女性は美白、美しい白い肌に憧れるのです。白い肌は透明感を感じさせるので若々しい印象を与えます。また、メイクやファッションを楽しむ際にもやはり白い肌は良いものです。

白い肌は肌を輝かせて見せるので、より美しさを感じさせて魅力的になれるといった面もあります。こうした美白への憧れは、日々の肌ケアによって予防、改善することができます。

美白成分が多く含まれている美白化粧品には、メラニンを排出させる成分、保湿成分が配合されていることで肌のターンオーバーを活発化させて肌の生まれ変わりを促進させることができます。日々酷使している肌をしっかりとケアしていく、それを継続していくことがとても大切なことなのです。

シミやくすみは生活習慣の乱れが影響する

シミやくすみができてしまう原因は、いくつかの要素に分かれています。まず、紫外線を浴びてしまった影響でメラニンが過剰に作られた結果、排出が追いつかない状態になってしまったときに肌がくすんだようになって現れます。特に日焼けをするとこうしたトラブルが残ってしまいがちです。

角層が厚くなってしまうことでも、くすみが現れることがあります。これは、加齢によってターンオーバーがきちんと整わなくなってくすみやシミが出てくるようになるため対策する必要があるといえるでしょう。さらには、ストレスや生活習慣の乱れもターンオーバーを乱す原因となります。

もう一つの原因として考えられるのは肌の乾燥です。肌の水分量が失われてしまうことで、乾燥肌となって現れ色々な肌トラブルが現れるようになります。

冬の時期には特に乾燥しやすく、こうしたトラブルが肌に現れるようになりやすいためこちらも対策しなければなりませんケアするにあたっては、まず自分のくすみの原因がどのような要素で発生するのかを覚えておきます。そして、肌に残っている古い角層をきちんと取り除くこととターンオーバーをきちんと正常に戻し保湿をしっかりとすることでスキンケアすることが求められます。

UV対策は念入りに

美白化粧品でのスキンケアにプラスし、日頃かUV対策も念入りに行いましょう。いくら美白効果の高い化粧品でスキンケアを行ったとしても、無防備に紫外線を浴び続けてしまったら、どんどんシミやくすみは悪化してしまいます人の肌は紫外線を浴びると、そのダメージから肌を守ろうとしてメラニン色素という、色素を作り出すという特性を持っています。

紫外線を浴びれば浴びるほど、次々にメラニン色素が作られてしまい結果、シミやくすみとなって肌表面に現れるのです。ですので美白化粧品でスキンケアする場合は、新たなメラニン色素が出来ないよう、UV対策もプラスする必要があります。日傘や帽子で直接、紫外線が肌に当たらないようにするケアは鉄則です。

このようなUV対策は夏場のみ行うというイメージがあるかもしれませんが、夏場以外も日傘や帽子でしっかり紫外線から肌を守る必要があります。日傘・帽子だけでなく日焼け止めも、夏場のみならず1年中塗るように心がけましょう。

日焼け止めを塗った後は紫外線を反射する、パウダーファンデーションで仕上げるメイクがおすすめです。パウダーファンデーションを重ねる事で、より紫外線によるダメージから肌を守れます。

季節に関係なく使う美白化粧品

美白化粧品は数多く出回っていて何を使用してよいのか迷ってしまう方も多いと思います。美白化粧品の効果やなどについてお知らせしますので参考にしてください。シミのメカニズムはメラニンが皮膚の表面から中部に拡散していて、紫外線によってメラニン色素が一部に増えて濃く見えるのがシミになります。

そんなシミの原因となるメラニンの生成を抑えて日焼けによるシミやソバカスを予防するのが美白化粧品です。化粧水は美白だけでなく保湿もできて美白成分と水溶性の保湿成分が入っているものを選んだほうがよいでしょう。

美容液は美白成分のアルブチンやトラネキサム酸やプラセンタエキスやパルミチン酸アスコルビルリン酸3Naなどが上位に書かれているものがよいと思います。また乾燥敏感肌の方はビタミンC誘導体の他にハイドロキノンという美白成分もお勧めでやや刺激が強いですが美白効果が他の成分の10から100倍と言われているほどシミやくすみに効果があります。

乳液やクリームは季節やお肌の状態によって選んでいきましょう。美白化粧品は一年中使うので使い勝手はもちろんあまり高価なものだと続きませんので無理のない価格の商品を使い続ける方がお勧めです。

美白化粧品はメラニンに働きかける

日焼けやシミができる原因は、遺伝やホルモンバランスの乱れなどを除くと、主に紫外線の影響が大きく作用しています。美白化粧品は紫外線による肌の黒さや、シミ・そばかすに働きかえて白い肌へと導く効果が高い化粧品のことです。紫外線は人体にとって悪影響を及ぼすため、肌は紫外線が侵入してダメージを受けるのを防ごうと、メラニンを生成します。

メラニンは紫外線から肌を守る大切な役割がありますが、美容の観点では肌の美しさを損なう場合があります。通常ならば、肌の新陳代謝によってメラニンは排出され、元通りの肌の色にゆっくりと戻っていきます。しかし、メラニンが過剰に生成された場合や、新陳代謝のサイクルが乱れることで肌に残ってしまうことも少なくありません。

美白化粧品が肌を白くするのは、肌がメラニンによって黒くなるのを防止し、新陳代謝によって排出を促すからです。紫外線を浴びることで活発に発生するメラニンを抑制すると、それ以上肌が黒くなるのを防止できます。

時間と共にメラニンは排出されるので、それに伴い肌の白さもよみがえります。また、メラニンが存在しなければ肌は白さを保てるため、肌の調子を整えることも新陳代謝の向上につながります。

アルブチンは美白対策に優れた成分

一言で美白成分と言ってもたくさんの種類がありますが、その中の1つであるアルブチンは多くのスキンケアアイテムに配合されているという特徴があります。何故なら、厚生労働省が美白成分として認可している成分で、肌に与えるダメージが非常に少ないというメリットがあるからです。

アルブチンにはα-アルブチンとβ-アルブチンに二種類があり、ハイドロキノンを元に人工的に作られたのがα、コケモモやナシなどの植物の葉に含まれている天然成分がβになります。以前はβ-アルブチンをスキンケアアイテムに配合するのが主流でしたが、最近はα-アルブチンの安全性が高まり、頻繁に配合されるようになっています。

α-アルブチンはβ-アルブチンの約10倍の美白効果があるとも言われているので、スキンケアアイテムを購入する際はチェックしてみるのがおすすめです。アルブチンの主な美白効果は、チロシナーゼの働きを抑えることです。チロシナーゼはメラニン色素の生成に深く関わる成分です。

この働きを阻害することでメラニン色素の量が減り、シミやソバカスの予防を期待できます。そのためアルブチンでの美白ケアは、シミを薄くする目的で使用するのではなく、できないように予防対策として使うのがおすすめです。

トラネキサム酸配合の美白化粧品がおすすめ

トラネキサム酸は美白化粧品によく使われる美白成分です。トラネキサム酸は人工的に合成されたアミノ酸の一種で、医療の現場でも使われてきました。

2002年に厚生労働省から美白効果のある成分と認められた、安心の美白成分です。トラネキサム酸はシミの原因となるメラニン色素の生成を抑える作用があり、シミやそばかすを予防する効果があるといわれています。

肌が紫外線を浴びてしまうと、シミの原因となるメラニン色素を作らせる指令が出されるのですが、トラネキサム酸はメラニン色素生成に関わる物質の働きを抑える働きを持ち、シミを予防します。要するに、メラニンを作らせるための情報をブロックするので、メラニンが生成されなくなるということです。

注意したいのは、トラネキサム酸はこれからのシミを防ぐ効果がありますが、今あるシミを消すことはできないという点です。美白成分は全体的に肌への刺激が強めなものが多い中、トラネキサム酸は低刺激なので敏感肌でも安心して使うことができます。

トラネキサム酸配合の美白化粧品を使うことで得られるメリットは、シミが増えないように予防できること、低刺激なので肌荒れしやすい人やニキビ肌でも積極的な美白ケアができること、トラネキサム酸だけで肌荒れとシミ予防効果が期待できるということです。

プラセンタはエイジングケア効果が高い成分

美白化粧品は様々な種類が販売されているのでどの商品がよいのか選ぶ時に困ってしまいますが、選択する際の目安になる成分にプラセンタがあるのをご存知でしょうか。シミやくすみができるメカニズムが解明されつつある近年、新たな美白化粧品が次々と発売されていますよね。

選び方や使い方を間違うと思うような効果が得られないばかりか、肌トラブルを起こすことにもなりかねないので気をつける必要があります。美白を謳える医薬部外品に配合できる成分は限られていて、中でも代表的な美白成分として知られているのがプラセンタです。

主に豚や馬などの胎盤から抽出されたエキスで、メラニン生成を抑制して代謝を高める作用があるので高いエイジングケア効果が期待できますよ。プラセンタエキスは哺乳類の胎盤になるので美白成分だけでなく、色々な効果が期待できる美容成分として注目を集めています。

活性酸素を除去する作用があるので、肌全体の機能をアップさせることが可能です。肌の老化を招き新陳代謝を阻害する活性酸素は美白の大敵なので、何とかしなければなりません。美白になるにはきちんとした新陳代謝を図る必要があるので、化粧品選びで迷ったならプラセンタが配合された商品がオススメです。

ビタミンCで美白になろう

美白化粧品としてデパートのコスメカウンターやドラッグストア、またインターネットの通販などでは数え切れないほどのアイテムが販売されています。やはり使う人の肌質や年齢によって使うものを選ぶ必要がありますが、成分の中で美白になるために必須なのが実はビタミンCです。

美白といえばコラーゲンやアルブチンなどの高価な成分が思い浮かびますが、それらをお肌に吸収するためにも絶対にいるのがビタミンCなのです。ビタミンCをとることでお肌の再生をサポートすることが出来、コラーゲンなどの生成もスムーズにしてくれます。また、日焼けなどで起こる肌の炎症も沈静化してくれる効果もあるので、美白のためには欠かせない成分なのです。

モデルの平子理沙も美白のためにはビタミンCを常に取り続けることが重要と言っており、食べ物で常に取り続けるのは難しいのでスキンケアアイテムで補給するのがおすすめです。ちなみに、ビタミンCをとるだけで美白になることは出来ないので、他の成分と組み合わせてとることが重要です。美白だけでなくシミやシワの予防も同時にすることが出来るので、進んでとっていきたい成分です。

化粧品に入っていない場合にはサプリでとるのも良いでしょう。

既にできたシミにも効果がある成分

ハイドロキノンはコーヒーや麦芽等に含まれえる天然成分です。酸化を抑制する効果があることから、写真の現像などの酸化防止剤としても使用されてきました。また、美容成分としての効果が期待できることから日本でも使用が許可されるようになり、今では様々な化粧品に配合されています。

ハイドロキノンにはメラニンの生成を抑える効果があり、シミの予防だけでなく既にできてしまったシミに対しても効果があることが分かっています。そのため美白化粧品に使用されることが多く、注目される成分の一つです。具体的に効果がある症状としては、炎症後色素沈着・肝斑・老人性色素斑・そばかすなどの症状です。

ただしハイドロキノンの効果は肌の奥深くには届かないため、真皮まで到達した色素沈着には効果が期待できません。あくまで肌の表面にできたシミに対して効果を発揮します。また、加齢や紫外線など後天的な原因によってできたシミに対して有効なのであり、遺伝的要因によってできたシミやそばかすなどの症状には効果がありません。

そのためシミができた原因に合わせて使用する必要があります。ですが、ハイドロキノンが有効な症状に対して使うのであれば高い効果が期待できるため、積極的に選びたい成分です。

選ぶ時のコツをチェック

美白化粧品を選ぶ場合、まず確認したいのが「美白成分が配合されているか?」という点です。美白成分には色々な種類がありますが、化粧品として取り入れやすい種類のものだと使いやすいのでおすすめです。

アルブチンやトラネキサム酸、プラセンタエキスにビタミンC誘導体といった美白成分が、化粧品として取り入れやすいと言われています。場合によってはアルブチンはα‐アルブチン、ビタミンC誘導体はパルミチン酸アスコルビルリン酸3Naといった具合に、表記に違いがあるケースがあるので覚えておくと良いでしょう。

また毎日使用するアイテムを美白化粧品へと変更するのもおすすめです。化粧水で取り入れるのであれば美白成分だけでなく、保湿成分も一緒に含まれているものを選ぶと美白と保湿、両方のスキンケアが行えます。美容液の場合は成分表記欄をチェックし、美白成分が上位に書かれている商品を選べば濃密なケアが行えるでしょう。

美白化粧品は使い続ける事で効果を発揮します。あまり高価な化粧品だと金銭的に続ける事が難しくなり、効果を実感できる前にケアを止めてしまう事もあるでしょう。美白化粧品は続けやすい価格帯の商品をチョイスするのも、選び方のコツです。

美白スキンケアの基本

美白スキンケアをきちんと続ければ憧れの白いすべすべ肌になれますが、美白ケアは基本を守ることがとても大切です。高い美白化粧品をふんだんに使っても、基本を守れていないとあまり効果を感じられないのです。その基本とは、大きく3つのポイントがあります。まず1つ目に、シンデレラタイムには睡眠をとることです。

一般的にシンデレラタイムとは22時から2時までの間ですが、毎日22時に寝るのはなかなか難しいものです。そのため、特にお肌の再生に重要な0時から2時までは必ず寝るようにしましょう。毎日同じ時間に寝る習慣をつけるだけでもお肌にとって良い効果をもたらします。2つ目に、なるべく日に当たらずダメージを与えない生活習慣をすることです。

どうしても日に当たってしまう時は日焼け止めに加えて手袋や帽子なども使うようにしましょう。最後に、美白ケアで最も大切なのが食生活をきちんと整えることです。自分の食べたものがそのままお肌の状態を表すと言っても過言ではないです。

基本的なバランスしますしっかり考えて、外食やお惣菜ばかり食べるのはやめましょう。できるだけ自炊を心がけてお鍋やスープなど、身体を温めるものをつけるのがおすすめです。

くすみを取るためにピーリング

きちんとケアしているつもりでもなんとなくくすみが取れないという事を感じている方も多いのではないでしょうか。しっかり洗顔しても、やはりすべての汚れや角質が取れるわけではありません。

本格的に美白を目指すのであれば、不要なものをしっかり落としていくことが重要です。そこで特別なケアとして取り入れてみたいのがピーリングです。古い角質などをしっかり取り除いておくことでくすみを消すことにつながるだけではなく、美白化粧品の有効成分が入りやすくなります。今後の美白ケアにも大きなメリットがありますからピーリングをぜひ取り入れてみましょう。

ピーリングには自分で行えるもののほか、エステなどで行うものもあります。方法にもさまざまなものがあります。エステで施術を受ける際には良く説明を受けてから行うようにしましょう。いずれにしても肌に負担がかかるので期間をあけて行うという事を意識しておきたいものです。そのため、とっておきの特別なケアとして取り入れるのが良いです。

ピーリング後の肌は敏感になっていますのでしっかり保湿ケアなどを行っていきましょう。くすみがなくなると顔色も一段明るくなってきます。美白ケアの効果もより感じやすくなることでしょう。

血行促進ケアで美白を促す

より美白化粧品の効果を高めたいという場合は、血行を促すケアもプラスしてみましょう。血液の流れが悪い状態だと、肌がくすんでしまったり目の下に、クマができる原因となります。

いくら美白ケアを行っても、くすみや目の下にクマがあるとワントーン沈んだ肌になってしまいますし、実際の年齢よりも老けて見られがちです。血行不良を解消できるケアもプラスする事で、よりワントーン明るい肌へと導く事ができます。

手軽な血行促進方法としておすすめなのが「蒸しタオル美容法」です。文字通り、蒸しタオルを使い血流の流れを良くする美容法となっています。まず水に浸したフェイスタオルを用意して、固く絞りましょう。そのタオルを電子レンジで温めます。温める時間は約1分程度です。程よく加熱した蒸しタオルを冷えるまで、顔に乗せておきます。

たった、これだけの手順でできる美容法ですが、血流を促す効果に優れています。美白化粧品でケアしているのに、何となく顔色がくすんで見える・・という方は蒸しタオル美容法に挑戦してみてはいかがでしょう。

朝のメイク前や顔のクマやくすみが気になる時に行うと、顔色が良くなるだけでなくメイクののりもアップするのでおすすめです。

ビタミンCのサプリや食事で美白をサポート

美白化粧品でスキンケアをすることと同時に、サプリメントを摂取したり食事のメニューを工夫することで、美白効果を一層高めることにつながります。美白ケアができるサプリメントとして、ビタミンCのサプリメントがあります。ビタミンCは優れた抗酸化作用があり、メラニン色素の沈着によるシミやそばかすなどをケアして、透明感に溢れる美白美人を目指せます。

ビタミンCは美白ケアに有効であることは広く認知されており、ビタミンC誘導体を配合している化粧水は数多くあります。化粧水は皮膚の表面からアプローチするのに対し、ビタミンCのサプリメントを摂取すると体の中から美白ケアをすることが可能になります。よって、非常に優れた美白効果が期待でき、美白化粧品の効果を一層高めてくれます。

ビタミンCを含んでいる食品を食べることも体の中から美白をすることにつながりますので、ビタミンCの栄養素が豊富な食品の摂取は美白ケアに大きく貢献します。ビタミンCを豊富に含んでいる食品として、パセリやピーマン、ブロッコリーなどがあり、これらの野菜を積極的に摂取することはスキンケアに大いに役立ちます。

キウイフルーツなどの果物にもビタミンCが豊富ですので、食後のデザートに果物を食べることをおすすめします。