シミを消したい!そんな人に効果的なケアとスキンケアアイテムの紹介

シミができてしまうと、見た目からも老けて見えてしまうため気分も落ち込んでしまいがちです。隠そうとすると化粧が厚塗りになってしまって余計に年齢の高さを感じさせてしまう事もあります。このようなシミを消したいという悩みをお持ちの方は意外と多いものです。毎日のスキンケアで少しでも目立たないようにしていきましょう。

シミに効果があるといわれている成分を含んだものなどもありますし、乾燥などが原因になっている場合には保湿をしっかりすることも効果的です。できてしまったものを消すという事と同時に、さらに広げたり新しいものを作ったりしないように、予防も含めたスキンケアについても考えていきましょう。どういった方法をとればいいかについてチェックしていきます。

シミのメカニズム

表皮はケラチノサイトとよばれる表皮細胞、メラノサイトとよばれる色素細胞などからなる4層の構造で成り立っています。表皮が紫外線を浴びると、表皮の下の層に分布するメラノサイトでメラニンがつくられます。

メラニンはケラチノサイトの中に留まり、紫外線から肌細胞を守ろうと働きます。大量のメラニンが生成されると、ケラチノサイトで色素沈着が起こりシミとなって表皮に現れてきます。通常は、表皮の正常なターンオーバーのサイクルによって、紫外線を浴びてつくられたシミも最後は角質に変化して垢となって剥がれ落ちます。一時的な日焼けであれば1ヶ月程度で消えていきます。

しかし、長時間紫外線を浴び続けたり、強い紫外線を浴びるとなかなか消えないシミの原因となります。表皮のターンオーバーのサイクルが乱れてしまうからです。また、加齢や肌への過度の刺激、ストレスなどもターンオーバーの乱れになり、シミを増やす原因となっています。新陳代謝も鈍くなり、メラニンが表皮から剥がれ落ちずに滞留してしまうこととなります。

弱った肌や傷ついた肌でのメラニンは、肌細胞を守ろうとどんどん生成されても、ターンオーバーの乱れにより排出されないため、なかなか消えないシミとなってしまうのです。

10代の頃の皮膚のダメージが10年後に出る

中学生や高校生だった頃は運動部に所属していて、毎日のように野外での練習を頑張っていたという人は、若いうちから皮膚にシミができてしまう可能性があります。皮膚が紫外線を浴び続ける事によって、皮膚の内部にメラニンの影響が蓄積されてしまい、10年ほど後にシミに変化してしまう事もあるためです。

まだ若いにもかかわらず、皮膚が黒ずんできて困っているという人は、今から紫外線を浴びる量を減らすだけでは対処できるとは限りません。10代の頃に運動部の練習中に受けた皮膚のダメージの影響が、これから更に目立ってくる可能性もありますから、皮膚のメラニンを除去する作業を行う事をおすすめします。

現在ではレーザー治療やスキンケア用品などで、皮膚に蓄積したメラニンの影響を減らす事もできるようになりました。まだ皮膚のシミが目立っていない人であったとしても、日焼けをした回数が多い場合には注意が必要です。

20代後半ごろから皮膚の黒ずみが増えてきて、人前に立つのが恥ずかしくなったという人も珍しくありません。睡眠不足やホルモンバランスの乱れなどの問題を放置していると、更に短い期間でメラニンの影響が出てくる場合もありますから注意が必要です。

ターンオーバーが乱れやすくなる時期

30代を過ぎてからシミやそばかすが気になり始めた、という女性は多いでしょう。肌に分泌される皮脂量が少なくなり、乾燥などのトラブルも起きやすくなる時期です。30代のお肌にシミを生じさせてしまう原因として、乾燥やストレスからくるターンオーバー不足を挙げることが出来るでしょう。

保水力を失ったお肌はターンオーバー能力が低下していしまい、くすみなどの美容トラブルが起きやすくなります。ターンオーバーに乱れが生じた結果、紫外線やストレス等によるダメージから回復しにくくなってしまうのです。また肌の再生サイクルが遅くなることから、古い角質が表面に滞りやすくなります。

角質層が分厚くなると、スキンケアを行っても美容成分が浸透しにくくなるといった問題も生じます。30代からのシミ対策では紫外線対策を徹底しつつ、お肌をしっかりと保湿していくことが大切でしょう。シミの原因となる紫外線を防ぎながら、保湿によって肌の再生をサポートしていきます。

美容成分がお肌に浸透しにくくなっていることも考慮して、肌なじみが良く保水性の高いスキンケア製品を選ぶことも大切です。変化しつつある肌の状態を捉えて、適切なケアを継続していきましょう。

シミを消したい40代の女性におすすめの対策

紫外線やターンオーバーの乱れ・ストレスなどを原因とする一般的にできる消したいシミのほか、40代になると増えてくるものには「肝斑」があります。頬の辺りにボンヤリと濃い色が広がったような状態になり、左右の頬に対称に現れるのもこの特徴で、鼻の下や額などにも現れることがあります。

肝斑によるシミに悩む人は30代から40代の女性に多く、消したいと思われることも少なくありませんが、肝斑の原因は他のシミと異なっており女性ホルモンが関係しているといわれています。特に妊娠中の人やピルを飲んでいる女性に多いのが特徴です。

美白化粧品を使用するとともに悪化させないよう紫外線を浴びないようにしたり睡眠時間などの生活習慣に気を配ったりするのがおすすめですが、トラネキサム酸の内服薬や外用薬のほかレーザーでの治療も可能なので、皮膚科や美容皮膚科などにかかって診察を受けるとよいでしょう。

また40代の消したいシミには紫外線を原因とする「老人性色素斑」もありますが、老人性とはいっても30代くらいから顔や腕などにできることもあり平らで丸い形になることが多くあります。美白化粧品を使うケアのほか、皮膚科にかかりレーザー治療や外用薬でも治療可能です。

シミを消したい

顔に出来たシミを消したいと思っている人に、自分ですぐ出来る方法は美白成分入りの化粧品でケアをすると言うことです。美白入り成分が重要で「すでに出来ているシミを薄くする効果のあるもの」と、「これからのシミを出来にくくする成分」があります。

シミは大抵メラニン色素が関係していて、メラニン色素を作らせないようにするためのものと、メラニンを元に戻すもの、細胞を活性化させて肌のターンオーバーを正常にすること薄くするものがあるということです。しかし実際に美白成分入りの化粧品でケアをしていても簡単に効果がでるものではありません。効果を出すためには毎日根気良く続ける必要があります。

シミと一言で言っても、消すためなのか?予防したいのかによって成分は変わってきますが、何れにしても厚生労働省の認可を受けたものを使うようにしましょう。そのほうが安心ですし、効果が出やすいと言われています。

すでにあるものに効果的なのはハイドロキノンとビタミンc誘導体で後者には薄くする効果も予防する効果もwで持っている成分です。一方予防的に使うのであれば、メラニン色素を作るのを予防する働きをするアルブチンやエラグ酸等色々ありますので、自分の目的に合った美白成分入り化粧品を選ぶようにしましょう。

シミは保湿クリームで薄くできる

シミが発生している肌は慢性的な乾燥状態にあることが少なくありません。消したい人は生活改善をすることが必須ですが、それに加えてクリームで保湿ケアをすることも大切です。クリームはあまり使用しないという人は、化粧水にだけ依存している可能性があります。たしかに化粧水は保湿アイテムですが、水分を閉じ込めることはできません。

水分を閉じ込めるために必須となるのは油分であり、そのためにクリームで保湿ケアすることが重要となります。クリームには油分が含まれているので、化粧水や美容液の水分を維持できるのです。

乾燥した肌にシミが発生しやすくなる理由は、乾燥肌はバリアが弱いからです。乾燥肌が進行するほど、さらに乾燥や紫外線に弱い肌になってしまいます。元気な肌を維持するためにも、常にプルプルを維持してください。プルプルの肌はあらゆるダメージに対して強いので、肌トラブルが起こりにくいのです。

シミが発生しにくい人は肌の弾力性が高いのが普通です。肌にはバリアゾーンが存在しており、水分はそのまま通過されません。しかし内側にある水分は蒸発していくので、蒸発を予防するためにもクリームで保湿ケアをしましょう。シミを本気で消したい人は、そう思ったときがケアを始めるタイミングです。

シミを消すポイント

シミを消したいという場合、スキンケアアイテムを使ってケアするのがおすすめです。気になるシミの正体はメラニン色素であり、これは表皮の一番下にあるメラノサイトによって作られることになります。メラニン色素は肌を刺激から守るために作られるものですが、作られ過ぎると見た目が悪くなってしまいます。

メラニン色素が大量に作られると肌に沈着して黒ずんでしまうのです。メラニン色素が作られても本来ならターンオーバーとともに排出されます。しかし、ターンオーバーが乱れていると上手く排出されず、肌に定着してしまうということです。肌トラブルを避けたいなら肌への刺激をできるだけ避けることが大切です。紫外線は肌への刺激が大きいですし、浴び過ぎないように注意しましょう。

紫外線を浴びてすぐにメラニン色素が作られるわけではなく、まずは活性酸素が作られることになります。活性酸素は美容に良くないというイメージを持っている人もいるでしょう。活性酸素自体は体にとって必要なものですが、増えすぎるとメラニン色素が作られることになります。

洗顔や化粧品を使う時の摩擦も肌への刺激となります。顔を強く擦って洗うのは良くありませんし、タオルで拭く時なども注意が必要です。このような刺激が原因でメラニン色素が多く作られてしまうこともあるため、スキンケアの際には肌に優しく触れるようにしましょう。

紫外線対策のコツ

シミを消したいと願っても、出来てしまったものはなかなか消すことは難しいので、シミが出来ないように予防することがとても大事です。シミの予防として重要なのが紫外線対策で、若い頃からしっかりと対策をとっていれば、歳をとってからもシミのない綺麗な肌をキープすることができます。

紫外線対策としてはよく日焼け止めが使われますが、日焼け止めはお肌に負担がかかる場合もあります。特に日焼け止め効果が高いものほどお肌への負担も高くなるので、海やプールに行った際には仕方がありませんが、普段の対策としては帽子を被ったり長袖の服を着たりサングラスや日傘を活用したりする方がお肌に優しいです。

日焼け止めを使うにしても普段はそんなに効果の高くないお肌にあまり負担のかからないものを使い、布などで肌を覆うことで対策をするのが賢明です。紫外線は太陽から降り注いでくるので、日傘などで上方を遮ってさえいれば大丈夫かというと、必ずしもそうではありません。

紫外線は道路に反射して下からも照りつけてきますから、マスクや手袋などで肌をガードするのも有効です。車の運転中に顔の片側だけに太陽光線を浴び続けるというようなこともよくあるので、窓に簡単に設置できる日除けを備え付けておくのもおすすめです。

シミを消したい時にやるべきこと

シミを消したいと漠然と思っても、すぐに消えるわけではなくスキンケアなどをする方が多いですが、食べ物やサプリを上手くつかうことで消すのを早めることが出来ます。まず第一に消したいシミに有効なサプリというのは、有効成分が配合されており、皮膚のメラニン色素の生成を阻害してくれます。

これによりシミがすでにある場所にも新しい皮膚ができる時には、美白の状態で新陳代謝していくので、ターンオーバーの時期になると元の色の素肌を取り戻せるのです。美白のサプリメントは使い続けることではじめて効果が出てくるので、数日だけ使っても意味はありません。継続して数カ月から年単位で使い続けることではじめて効果が出てきます。

食べ物とサプリを同時につかうのもかなり有効であり、お肌に効果的なビタミンAやCにEなどを積極的にとり、コラーゲンが含まれている食べ物も食べることで、皮膚の新陳代謝もかなり向上し、メラニンのない状態の肌を実現するための時間も短くなります。

サプリメントはなるべくお試しで使ってみてから効果的だと思ったものをつかうようにするのが一番です。シミを消したい時には規則正しい食生活と、有効なサプリメントをつかうのが便利です。

シミを消したいなら生活習慣を見直そう

シミを消したい場合は美白化粧品を使うのと平行して生活習慣を見直し、これ以上悪化させないよう肌に優しい生活をするのがおすすめです。

特に肌の調子と睡眠時間は重要で、「あまりよく寝られていないと肌の調子も悪くなる」など実際に体験したことがある人も少なくないでしょう。シミを消したいなら肌のターンオーバーに役立つ睡眠を十分取れるよう寝る時間にも気をつけたいものです。

今では良く知られることとなった「肌のゴールデンタイム」といわれる夜の10時から夜中の2時の時間には寝ていることが肌にとっては理想です。この時間は成長ホルモンが活性化されるため肌の再生がおこなわれるといわれています。ターンオーバーを正常にさせることで消したいシミを次第に薄くさせて減らしていくことができるかもしれません。

また肌にとってはストレスも大敵なので、シミを消したいならストレスを溜めないように心がけたり、発散したりすることも大事ですが、十分な睡眠を取ることはストレスケアにもつながるため早寝は理想的です。とはいえ忙しくて夜10時になんてなかなか寝られないという人も少なくないでしょう。できるだけ早めに夕食をとり12時前にはベッドに入るように心がけるのがおすすめです。

シミを消したい人が選ぶべきなのは

目立つ顔にシミが出来てしまうと、若く美しく見られるのが困難になります。だからこそ多くの女性が肌を良好な状態に維持しようと、毎日しっかりとスキンケアを行っていたりするのです。ですがスキンケアを行うには、きちんとシミ対策を実行する必要があります。しかも既に出来てしまった人が、消したいと望むケースも少なくありません。

厄介なシミ対策商品としておすすめ出来るのが、ビーグレンです。化粧品売り場に行けば分かりますが現在この手の対策商品は様々なメーカーが様々な商品を展開しており、どの商品を購入すべきかで迷う女性は珍しくありません。

そんな中、ビーグレンをおすすめする理由として美白成分がきちんと配合されている点が大きいです。美白成分を肌に取り入れる事で、予防効果を得る事が期待出来ます。更にビーグレンは、既にシミが出来てしまいそれを消したいと望む人にも効果的です。

既にある物を美白して消すためには、ビタミンC誘導体と皮膚科の治療でも使用されるハイドロキノンだったりします。特にビタミンC誘導体は、シミを予防する効果と共に出来てしまった物を薄くする効果を持っているので重要です。ビーグレンはハイドロキノンに加え、ビタミンC誘導体も豊富に含んでいるので予防と改善効果を同時に得る事が出来ます。

シミに効くなら使いたい

それほど濃くないシミであったとしても、できてしまうと気になってしまうものです。消したいと思っても病院に行くほどではないと悩むのであれば馬油を使う手もあります。

その名前の通り馬の油からできているのですが、皮下脂肪やたてがみなどを煮詰めて作られているものと聞くと驚くかもしれません。様々な特徴を持ちますが、人の皮脂に近く自然な成分というのが上げられます。人の肌とも相性がよいので、安心して使えますし浸透力も抜群です。

抗菌作用や炎症を抑える効果もありますし、血行促進作用もあるので肌のターンオーバーを促してくれる事から、シミを薄くしてくれる効果もあると言われているのです。手軽にドラッグストアなどでも手に入りますので、試しやすいというのも魅力の一つです。

使い方は普段のスキンケアに塗るだけでなく、メイクオフをする時にも使うことが出来ます。他にも馬油を使ってパックをする方法もあるので、お風呂に入って体が温まっているところでリラックスした気分でパックしてみましょう。

また、気になる部分に直接塗りこむのもいいのですが、ごしごし擦るように塗ろうとすると炎症を引き起こす事もあるので、優しく使いましょう。最初は少量ずつシミ対策に取り入れていくと使いやすいです。

シミを消したいならおすすめ

美白ケアの目的は、シミやそばかすを防いだり、出来てしまっているものを薄くしたり消したいという事でのケアです。美白化粧品を日々のスキンケアで使うことによって、有効成分によってメラニン色素を増やさず予防していく事が出来ます。

代表的な成分には、アルブチン、ハトムギエキス、ビタミンC誘導体などが挙げられます。しかし漂白作用まではないため、出来てしまっているシミにはなかなか対応できません。

より高度なケアを行いたい場合には、ハイドロキノンは定番の薬です。美容皮膚科などで処方してもらうことができます。通販専売品の化粧品などにも配合されている場合もありますが、濃度は低く効果もその分弱くなります。

また美容皮膚科の先生もお勧めしている美白効果のさらに高いものとして、今注目なのがルミキシルクリームというものです。あの効果が高いハイドロキノンを上回る美白作用があるという事で、多くの方が効果を感じています。個人差もありますが、使い続けていく事によって、シミを薄くしていく事が可能です。

シミは老化現象の一つでもありますので、老けた印象になります。コンシーラーやファンデーションの厚塗りよりも内側から働きかける方法を試してみましょう。

シミを効果的に消す方法

シミは老化現象の1つでもあります。特に乾燥によってバリア機能が低下することも関係していますし、同時にコラーゲン不足も関係しています。美白毛化粧品を使ったり日焼け止めで紫外線対策をすることも有効です。しかしあくまでも予防でありう、できてしまったシミは消したり薄くしたりできないこともあります。

そこで美容皮膚科などで治療を受けることで根本的に改善していくことをお勧めします。美容皮膚科では大きく分けると2つのアプローチがあります。まずは美白レーザーを使ってのアプローチです。レーザーは痛みが少しありますが即効性がありますし、ほとんどの方に効果が見られます。タトゥーを消したりニキビ跡を消す時にも用いられます。

もう1つの方法にはハイドロキノン、レチノインなどをつかった塗り薬による方法があります。こちらは痛みはないですが即効性の部分ではレーザーより緩やかです。漂白作用があるハイドロキノンを使うことでゆっくりと漂白していくことができます。

レチノインさんを使うことで新陳代謝をあげてターンオーバーに働きかけていくことができますし、コラーゲン生成にも効果が期待できます。シミの悩みは皮膚科で相談して見ましょう。

自分のシミを確認し効果的に消す

鏡を見てシミができているとため息をつく人もいます。頑張って高級化粧品などを使いシミを消したいと思う人もいますが、思ったような効果を得られないことも多いです。シミは種類によって消す方法も違うので自分にあったケア方法を選ぶことが大事です。老人性色素斑は紫外線が原因で、30代~50代に多く見られ頬やこめかみなどにできやすいのが特徴です。

1mm~10mmほどの大きさで平坦で丸い形が多く見られます。ケアの方法ですが、美白化粧品をスキンケアに摂り入れて適度にピーリングをおこなうといいでしょう。レーザー治療や外用薬での治療が効果的です。炎症性色素沈着は、ニキビ跡や傷跡など肌の刺激が原因になることあります。乾燥肌や敏感肌の人もなりやすいです。

脱毛をした箇所や普段日に当たらない箇所にできるのが特徴で、比較的消しやすいので自宅でも簡単にケアができます。スキンケアの方法を見直したり美白化粧を使用してみるといいでしょう。それでも消えない場合はレーザー治療が効果的です。

肝斑は女性ホルモンのプロゲステロンが影響することが多く、妊娠中やピルの服用中にでやすいです。頬骨や鼻の下など左右対称に現れますが、美白化粧品を使用したり、スキンケアを見直すなど悪化させないことが大事です。

内服薬や外用薬、レーザー治療が効果的です。このようにシミの種類によって消す方法も違ってくるので、自分のシミの種類をよく確認し正しい方法で治療することが大事です。