シミ取りレーザーの種類による効果の違いや価格について

シミに悩んでいるそこのあなたに朗報です。誰でも簡単にできる治療によってあなたにとってとても邪魔な存在であったシミを消し去ることができるのです。

今回は、シミ取りの種類による効果の違いや価格についてをわかりやすく、徹底解説していきます。シミ取りレーザーを使った治療は専門のクリニックで行う必要があります。まず最初に、クリニックを選ぶうえでの注意点とポイントについてお話させていただきます。

その後、フォトフェイシャル・YAGレーザー・レーザートーニング・フォトRF・Qスイッチルビーレーザー・炭酸ガスレーザーの六種類の方法の特徴をしっかりとわかりやすく説明させていただきます。これであなたもシミとおさらばしましょう。

シミをレーザーで治療する前に

シミはレーザーで消し去ることができますが、出来る原因は人それぞれです。原因の中で一番多いのが紫外線を浴び過ぎることによって皮膚の中でメラニンが生成されそれらが目立ってしまう場合です。

紫外線が原因のシミの場合は体の様々なところにできる場合が多く、特に顔にできた場合には気になってしまうことがあります。美白美容液などで治すことも可能ですが、それでも効果がなかった時にはレーザーの治療を検討するのが良いでしょう。

意外なところでは不規則な生活習慣が原因となることもあります。ストレスを抱えていたり、お酒の飲み過ぎやタバコの吸い過ぎなどにより、体の中で活性酸素が溜まっていき皮膚の代謝のサイクルが乱れ、結果として着色が現れることがあります。この時には早い段階で生活習慣をリセットすることで症状の大幅な改善が期待できます。

これ以外には日頃のスキンケアが間違っていることで起きることも多く、皮膚をこすってしまったり刺激を与え続けることでメラニン色素がたまり、部分的な黒ずみが目立つことがあります。刺激による黒ずみは原因となる癖を直せば改善できるので、シミに対してレーザーをつかうか否かは原因によって大きく変わってきます。

レーザー以外にも自宅でもできるシミ取り

鏡を見て、顔にシミがあって憂鬱な気分になった経験がある方もいるでしょう。シミが目立つとどうしても老けてみられがちで、レーザー施術を受けている方も多くいるようですが、それにはやはりそれなりの費用がかかることから、躊躇してしまうものです。薄いシミであれば、自宅のケアでも改善できる可能性もあるので、その方法を紹介してみます。

通常通りの洗顔料を使った洗顔のあとに、米のとぎ汁をつかった洗顔を行なうのもひとつの方法です。米のとぎ汁には、ビタミンB1やビタミンCをはじめ、ビタミンEやセラミド、オレイン酸など肌に優しい栄養素が多く含まれているので、肌のバリアを壊さずに肌を守りながら、優しくピーリングすることができます。

優しい刺激で肌の新陳代謝をアップさせ、新しい肌への生まれ変わりを促進する冷たいコットンパックも期待が持てる方法です。氷水に浸したコットンを絞り、洗顔のあとに気になるシミの部分に3分ほど貼り、コットンを剥がして化粧水で肌を整えてから、もう1度同様の氷水に浸して絞ったコットンを3分ほど貼るだけです。

ラップパックも有効的で、洗顔と普段のスキンケア後に、顔にラップを貼り、水分を肌から蒸発するのを防ぎ、同時に蒸発した水分を角質層に再吸収させる方法です。これにより皮脂と水分のバランスが整い、シミ予防にもなるというわけです。ただし、米のとぎ汁は肌に合わない場合もまれにあるので、手などにつけて試してからやってみましょう。

シミには色々な種類があります

シミは皮膚の内部で作り出されるメラニン色素が沈着したもの、日光黒子を初め、ソバカスや炎症後色素沈着、肝斑の4種類があり、それぞれ特徴や原因が異なります。メラニン色素が留まっている場所が皮膚の比較的浅い場所などの場合、時間の経過と伴に徐々に色が薄くなって来る場合もあると言われています。

また、いつの間にかきれいになくなるケースもありますが、いつまで経っても消えない場合には、メラニン色素は真皮部分などに留まっているケースです。この場合は美容皮膚科などで行われているレーザー治療を受ける事でシミを撃退する事が出来ます。

美容皮膚科で行われるシミ治療法には、レーザー治療の他にも光治療や自宅治療外用薬などがあり、レーザー治療と言っても利用する医療レーザー機器の種類に応じて様々な方法があります。ちなみに、レーザー治療の種類には、メラニンに反応して効果を発揮する光を利用するフォトRF、様々な周波の光を顔全体に当てるフォトフェイシャルなどがあります。

シミの種類や大きさ、状態などに応じて利用する医療機器の種類も変わると言われています。尚、美容皮膚科での美容施術の場合、最初にカウンセリングを受けて現在の肌状態の確認、肌トラブルなどの悩みをカウンセリングの時に伝える、自分に一番良い方法を選んで治療を行って貰う事が出来ます。

シミ取りを行う際に選ぶべきクリニック

身体に目立つ形でシミが出来た場合、自力で取るのはかなり困難です。ですが最近ではレーザーを使用して、シミ取りが可能なクリニックが珍しくありません。お陰で女性を中心に、クリニックで施術を受けて悩みから解放されようと考える人が増えています。ただし施術可能なクリニックが多くなっているだけに、何を基準にどのクリニックを選ぶべきかで迷う人も多いです。

クリニックに治療を受けに行く際、気になるのが料金の問題だったりします。同じ様にレーザーによるシミ取りの施術を行うクリニックでも、料金にかなりの開きがあるケースも少なくありません。中には支払い困難になる程に高額なクリニックも存在する恐れがあるので、インターネットで情報収集する等して事前に必要な料金情報をチェックしておくべきです。

その上で無理のない料金で、施術が受けられるクリニックを幾つか探しておく事をおすすめします。もっとも幾ら料金が安くても、肝心のシミ取りが下手なクリニックでは意味がないです。そこで今度はネットを使い過去にどの程度の施術実績があるかを調べ、出来るだけ施術実績が豊富なクリニックを選び出す事をおすすめします。

更に施術実績が豊富なクリニックの中から、ネット上の口コミ評価が高いクリニックを選び出す事で安い料金で安心してシミ取りの施術を受ける事が出来るクリニックを見付け出す事が可能です。

レーザー治療も活用したい

シミの治療にレーザーを使ってみようと思ったら、フォトフェイシャルが活躍します。コラーゲンの生成を活性化してくれて、シミやそばかす、色素沈着などの様々な肌トラブルを解決していきます。レーザーを顔に当てるのは怖いと思うかもしれませんが、トラブルが起こっている部分にだけ反応しますので素肌へのダメージも最小限に抑えられるようにしてあります。

顔全体に様々な周波数の光をあてていくのですが、ダウンタイムも殆どないので利用する側としてもスムーズにお手入れしてもらえるのは安心できるのではないでしょうか。

施術を終えてすぐでもお化粧ができますし、外に買い物などのようじを済ませることも問題なくできることが殆どですが、心配ならスタッフに聞いておきましょう。顔全体や頬など、利用するクリニックによっても施術内容が違ってきますので、事前に範囲や料金はきちんと確認してから利用するとよいでしょう。

効果に関しても一回でもかなりの改善を見込めますが、さらにシミを綺麗にしたいと思うのであれば継続的に通うことでさらに綺麗な肌を目指す事ができます。3~4週間に一度ぐらいでじっくりと5~6回ほどは通っていく事で違いがかなり出てくることが分かります。

シミを取るレーザー

シミを取るレーザーには、いくつかの種類があります。ここではまず、YAGレーザーについて説明してます。このレーザーは2種類の波長を使っています。ふたつの波長を使いわけながら、皮膚の表皮と真皮のどちらに対してもアプローチしていきます。施術は一般的に1回で終わるのも嬉しいところです。

しかしながら、レーザーを照射してから1週間は患部にばんそうこうを貼っておきます。消すことができるシミとしては、太田母斑、老人性色素斑、そばかすなどです。これらのシミの他にタトゥーを取る際に用いられることもあります。レーザーの利用料金は、1センチメートルくらいのシミでだいたい30000円前後になっています。

もちろん、お店によって価格が異なることには注意が必要です。照射する際の刺激は、ゴムをはじいたときの痛さ程度です。それほど痛みが気になるレベルではないと言ってもいいでしょう。

注意点としては、光線に過敏に反応してしまう人や、妊娠をしている人、赤ちゃんに授乳をしている人、皮膚疾患を持っている人、ペースメーカーを持っている人には利用できないということです。これらにあてはまらない人のシミに対して有効な光線として知られています。

シミと肝斑に効果的なレーザートーニング

レーザートーニングは、シミをはじめ他のレーザーやマシンでは治療が難しい肝斑などの治療も行えます。シミはもちろん肝斑が気になる場合や、両方が混在している方、炎症や作家による色素沈着、肌の色むらが気になる方におすすめです。レーザートーニングは、非常に弱いパワーのレーザーを照射するため、肌に余計な負担をかけずに色素の原因となっているメラニンを破壊できます。

少しずつシミを取っていく治療法なので、従来の方法ではダウンタイムが気になって治療を迷っていた方でも安心して受けられるのが特徴です。レーザートーニングはシミや肝斑、色素沈着の治療に有効なだけでなく、顔全体に照射すれば毛穴の引き締めや小じわ改善が期待できます。リフトアップによる小顔や肌全体を白くするなど、様々な効果を一度に得られるのもメリットです。

また、皮膚の奥深くまで光線が届くいてコラーゲンの生成を促すため、ハリと透明感のある若々しい肌へと導くことができます。顔だけでなく、ボディのくすみや色素沈着にも効果を発揮します。基本的に1週間から2週間に1回のペースで治療し、5回から10回繰り返し治療を行うことで、継続的な美肌効果を得ることが可能です。

シミに効果的なフォトRF

シミをクリニックなどで除去してもらうには様々な方法がありますが、近年は光治療も人気が高くその中でもフォトRFと呼ばれる治療が効果的です。

そもそもフォトRFとは光という肌に刺激が少ないものを使って行うフォトフェイシャルの1種で最もベーシックなフォトフェイシャル機器が進化してバージョンアップしたものをフォトRFと呼びます。

シミに対して照射するとIPLという光エネルギーとRFという高周波エネルギーが同時に肌に働きかけます。中でもIPLは特定のものだけに反応する性質が当て、周囲の肌と比べてメラニンが密集している雀斑などのシミに当たることで初めて熱を発生させます。

つまり正常な組織を傷付けることなく、沈着したメラニンだけにダメージを与えることができるので安全で、さらには発生した熱を冷やす為のコンタクト・クリーニングを作動させることで高い安全性の確保が可能です。

一方RFには表皮にあるメラニンに影響されることなく肌の奥深くにあるメラニンにまでエネルギーを届けることができる性質を持っていてい、もともとメラニンが多い日本人の肌でも効果的に作用します。

このフォトRFはシミだけでなく赤みや久住に対しても効果があって、その中でも治療が難しいとされる雀斑に対して高い効果を発揮します。

広範囲のシミも除去できる

Qスイッチルビーレーザーは1990年に登場し、シミと周辺組織にバランスの良い波長を当てることができます。694nmという波長は酸化ヘモグロビンに吸収されにくいので正常な血管や皮膚に傷が付きません。メラニン色素は高いレベルで吸収される波長なので色が濃いシミから薄いものを広範囲に除去します。

レーザーを照射して場所は表面が白くなって15分~30分後には赤く腫れます。翌日には腫れは治まるので焦る必要はなく、その後にできたかさぶたを剥がさないように注意します。ガーゼなどでかさぶたを保護し軟膏を塗っていると1週間程度で自然と剥がれます。メイクはかさぶたが剥がれてから行いますが、それ以前も治療部位以外は可能です。

薄いシミであれば5回も受ければ十分で、痛みも輪ゴムで弾かれたくらいの軽いもので済みます。それでも痛みが心配ならば医師に麻酔をしてもらえば良いです。少しずつ効果が現れるタイプなので、途中で治療を止めないで最後まで通うことが大切です。

Qスイッチルビーレーザーは左右対称にできる肝斑には効果がありません。むしろ肝斑が濃く目立つようになるので、知識を持った医師なら肝斑治療に使わず別の方法を提示します。

シミ取りに効くレーザー

美白化粧品を使ったり紫外線対策で日焼けどめをつかうことは、シミの予防には効果的です。しかしもしできてしまっているとなると、それを薄くしたり消したりといったことまでは難しい部分おあります。もっと根本的に治療をして行きたいということなら、美容皮膚科で行われている炭酸レーザーもお勧めです。

レーザーにも色々ありますが、炭酸レーザーはイボなどにも使われたり、一般的な皮美容膚科ならだいたいあります。油がはじけるような痛みはありますが、我慢ができないような痛みではないと言う方が多いです。麻酔なども使用せず使われることが多く、照射をするとその部分は赤くなり少しヒリヒリします。

かさぶたができて、それがはがれるとシミで濃くなっていた部分が薄くなります。シミが出ている皮膚を新しい皮膚に生まれ変わらせる効果がありますので、その部分が新しい皮膚になるのです。

カサブタがしばらく目だったりすることがありますが、イボなどにも使えるもので、場合によっては保険が適用となる美容皮膚科もあります。カウンセリングの時に説明をきちんと聞いて納得の上受けて行きましょう。

美白化粧品よりも効果が高いですし、即効性を求める方にもお勧めです。

患部への摩擦を避ける必要がある

レーザー治療後のダウンタイムの期間中は、施術した箇所が敏感状態になっています。そのため日焼けや摩擦による刺激に注意することが大切です。肌の状態が落ち着く前にこれらの刺激を受けてしまうと、その部分だけ色素沈着が濃くなりシミとして残ることがあります。そうするとせっかく受けたシミ取りの施術が無駄になってしまいます。

そうならないためにも、患部を保護するための絆創膏などを貼って刺激が加わらないよう注意しましょう。また、クリニックによってはダウンタイム中に使用する軟膏などの塗り薬が処方されることがあります。これを使用することで肌の再生を促進したりメラニンの生成を抑えることができるため、処方された場合は医師の指示通りに正しく使用するようにしましょう。

また、ダウンタイム中はメイクにも注意が必要です。メイクをしてしまうと摩擦によるダメージを与えてしまうだけでなく、落とす際にクレンジングで更に刺激を与えてしまいます。

患部へのダメージを避けるためにも、施術後患部の状態が落ち着くまではメイクを行わないよう注意しましょう。洗顔は施術後でも可能ですが、強く擦り過ぎないよう意識し、水かぬるま湯で優しく洗うようにしましょう。

塗り薬で対策するとき

シミの治療をする時に皮膚科で処方してもらう事ができる外用薬にはどんなものがあるのか効果や副作用も理解した上で使うとよいでしょう。

一つ目はトレチノインです。メラニンを体の外へと排出したり、古くなっている角質を落としていきながら肌のターンオーバーを促します。肌荒れなどの様々なトラブルを引き起こす皮脂の分泌も過剰にならないように適度に抑制してくれるなどの効果があります。

ピーリングにも似ている成分と言えばわかりやすいですが、副作用として炎症を起こしたり、その炎症作用での色素沈着が起こる事もあります。日焼けもしやすくなるので、治療を開始する時には紫外線対策も同時に行うとよいでしょう。

もう一つはハイドロキノンです。これはメラニンの生成を抑制して肌を白くしてくれます。シミを少しずつ薄くしてくれる効果があるのですが、その半面で効果が高いと言われる分だけデリケートな肌の人には刺激を感じてしまうことがあります。

濃度が高ければ高いほど効果はあるのですが、刺激もそれだけ強くなると考えて、どのように使っていくのか治療前に相談して使うと安心出来ます。気になるシミ対策に、塗り薬も上手に使いこなせるようにしてみて下さい。

皮膚科で処方されるシミ用の薬

シミを予防するためには、紫外線対策である日焼け止めを使ったり、美白化粧品を使う方法が一般的です。しかしこれらの方法はあくまでも予防であり、出来てしまったものを薄くしたり消したりすることは困難です。

ハイドロキノンという漂白作用のある成分が配合されている化粧品はある程度効果がありますし、ドラッグストアで有効成分が高いと言われている美白化粧品もあります。しかしそれでも効果が期待出来ない場合には、美容皮膚科で根本的な治療を受ける事も考えてみましょう。

美容皮膚科ではレーザーを使った比較的即効性のある方法もあります。痛みは少しありますが効果は大きく、ほとんどの方が実感しています。内服薬として、肝斑に適しているトラネキサム酸や、通常のシミにも効果がるビタミンCも処方してもらう事が出来ます。

これらは保険が適用となることも多いので、ドラッグストアで購入するよりも安くなることが多いです。副作用については、トラネキサム酸は紫外線を浴びる事で白斑などが出来てしまうことも場合によって有りますので気を付けましょう、しかしそれ以外に関してはほとんど副作用は有りません。ビタミンCも多く摂取した場合には尿で排出されます。

シミは普段の心がけも大事

シミは老化現象の一つです。コラーゲンの減少に伴い、お肌は乾燥しやすくなります。コラーゲンは細胞同士をつなぎとめる役割が有ります。それが崩れてしまうことによって、お肌は保湿力が低下して乾燥しやすくなります。この乾燥こそがバリア機能が失われて紫外線の影響もうけやすくなり、シミが出来る原因にもつながってしまうのです。

紫外線を浴びる事でお肌のメラノサイトが刺激されてシミの元となるメラニン色素が増えます。それを防ぐためにはまず紫外線対策として日焼け止めを使ったり、美白化粧品を使う事で予防することが大事です。また細胞を元気にしてターンオーバーに働きかける事が出来るビタミンCを積極的に摂取していく事も重要なポイントです。

しかし予防効果はあっても、美白化粧品は予防効果がメインとなりますので、出来てしまったシミは対応できないこともあります。そこで効果が高いと言われているのが美容皮膚科などで受ける事が出来る美白レーザーです。

出来てしまったシミも、比較的即効性がありますし薄くしたり消していく事が可能です。もし気になるようでしたら美白レーザーを受けてみるのもお勧めです。レーザーは保険は効きませんが効果はとても高いです。

シミ予防のためにはスキンケアを大切にしよう

シミができた時にはレーザー治療で改善する方法があると言っても、できればその方法を使わずに済む方が良いのではないでしょうか。そこで、シミを予防するために普段からスキンケアを大切にしておくことをおすすめします。その方法としては、まず肌の保湿をしっかりとして肌が乾燥しないようにすることがおすすめです。

肌が乾燥してしまうとバリア機能が低下することにより紫外線のダメージを受けやすくなるので、シミができてしまうことにつながる恐れがあります。ヒアルロン酸やセラミドといった保湿成分が含まれる化粧水をしっかりと塗り、乳液などで蓋をして肌に潤いを閉じ込めるようなスキンケアを毎日行うと良いでしょう。

それから、シミ予防のためには紫外線のダメージから肌を守れるように日焼け止めを毎日しっかりと塗ることも必要になります。それと合わせて、メラニン色素の生成を防ぐ働きを持つトラネキサム酸やカモミラETなどが配合されている化粧品を使ってスキンケアをするのも効果が期待できるでしょう。

その他にも、チロシナーゼという酵素の働きを抑えることでメラニン色素が発生するのを防ぐアルブチンやコウジ酸が含まれる化粧品なども頼りにできます。普段から日焼け止めやシミ予防効果が期待できる化粧品を使ってスキンケアを行い、それでもダメだった場合にレーザー治療を受けるようにしてはいかがでしょうか。