スタイルアップに効果絶大!スクワットダイエットの効果や方法

人間で一番筋肉がついている部位は太ももです。この太ももを鍛えるのがスクワットです。この部位を鍛えてもカロリーの消費量は高くないが基礎代謝は高くなります。ダイエットでスタイルアップするには太ももを鍛えて、ただ痩せるだけでない体に筋肉がついて、ラインがはっきりするスクワットダイエットを紹介します。

そもそもスクワットってなに?

スクワットと言うとダイエットのイメージより筋トレのイメージがします。体の中で一番筋肉があるのが太ももです。その太ももはお尻にある大殿筋や中殿筋、腹筋や背筋に繋がっています。太ももを鍛えれば繋がっている筋肉も鍛えることができます。

しかしスクワットをしても急激な体重の減少は期待できません。中には脂肪が減少したが筋肉が増えて体重がアップする人もいます。しかし筋肉がつくことで基礎代謝がアップするため痩せやすい体質になります。

スクワットを行って体重は減少しないが見た目のスタイルが良くなった人が多いはずです。これがスクワットダイエットです。そして一番重要なことはスクワットを正しいフォームで行うことです。正しいフォームでないと怪我をしたり効果が出なかったりしてダイエットには結び付きません。

効果はいろいろ!スクワットダイエット

スクワットを行うことで様々な効果を発揮します。ふくらはぎは第二の心臓と言われていますが、スクワットで下半身を鍛えることで足に運ばれてきた血液を心臓に送り返す役目が強くなります。

年を取ってふくらはぎの力が弱まると、血流が悪くなり血行不良が起こり老廃物がたまりやすくなってしまいます。スクワットで下半身を鍛えることで血行不良が改善され、肩こりや首、腰などのコリ、冷え性、むくみが解消します。

スクワットで太ももだけでなく腹筋や背筋様々な筋肉が鍛えられます。そのため姿勢がよくなり立ち姿が美しくなるなどの効果が期待できます。また女性の一番悩みの一つは、加齢によってお尻が垂れてくることです。スクワットを行うことできゅっと引き締まったお尻を手に入れることができます。

ウエストのくびれや綺麗なヒップラインでスタイルアップ

ダイエットで食事制限して痩せた体は体重は減少しますが同時に筋肉も減少してしまいます。見た目にハリがなく病的な感じを与えてしまいます。スクワットなどを利用して太ももだけでなく腹筋や背筋、ふくらはぎを鍛えると筋肉がついて脂肪が減少します。

筋肉と脂肪では筋肉の方が重量があるため体重はあまり減りませんが、見た目健康的に痩せた感じをあたえます。筋肉がつくとウエストのくびれやヒップラインがスタイルアップして健康的な美しさを感じさせてくれます。

そしてスクワットを継続すれば基礎代謝がアップしてて太りにくい体になっていきます。筋肉がつくと何もしない状態でもカロリーを消費します。スクワットダイエットで一番筋肉量が多い太ももやそれに付随する筋肉を鍛えることで効率よくダイエットか可能になります。

どんなスクワットがポッコリお腹に効果的?

お腹に効果のあるスクワットは足は肩幅より広目に開き、両腕を真っすぐに伸ばした姿勢でスクワットを開始します。しゃがみこむと同時に両腕を前から後ろへ引いていきます。お尻を突き出し背中を弓なりにします。太ももと床が平行になるようにしましょう。

立ち上がる時は後ろに引いて前に両腕をのばします。呼吸は止めずに行います。以上のようなフォームでスクワットを行うと最初は5回でも構いません。その代りしっかりしたホームで行うことが重要です。

最初は5回を目標に慣れてきたら10回15回をめざして限界を超える様になれば筋肉がついてお腹の脂肪も取れてきます。基本姿勢でスクワットを行うことが重要で回数を増やしていけばお腹の脂肪も必ず取れるはずです。

スタイルだけじゃない!基礎代謝があがって姿勢もよくなる

プライベートジムのライザップのコマーシャルを見ると以前は太っていた人が1週間に2回のジム通いで見違えるようなスタイルになっています。その基本的なトレーニングが筋トレです。筋トレの中で一番筋肉の多い太ももを中心にトレーニングを行って:います。

太ももは腹筋や背筋、ふくらはぎなどに繋がっているため太ももだけを鍛えている訳ではありません。効率よく筋肉アップを図るためスクワットを中心に専属のトレーナーの指導のもとにワンツーマンでトレーニングを行っています。

そればかりでなく普段の食生活も専門の管理栄養士が管理して、あらゆる角度から理想のスタイルを追求しているプライベートジムです。ライザップの筋トレの基本がスクワットで最も重視しているトレーニングです。

1日何回くらいやればいいの?消費カロリーは?

スクワットは体力差もあり個人個人で一日の回数が:異なります。初めての方は最初は5回からスタートでも構いません。しかし必ず守らなければならないのは正しいフォームです。特に間違えやすいのは、つま先から膝がはみ出してかかとが床から離れてしまうことがあります。

このスタイルでは怪我をする可能性が高くなりますので正しいフォームでスクワットすることが重要です。回数は慣れて余裕ができたら少しずつ回数をふやして限界を超える意識を持ってトレーニングを行うと筋肉がアップします。

スクワットの消費カロリーは少なく1回当たり0.42カロリーと言われています。ご飯一杯が200カロリーです。スクワットで消費しようと思ったら8000回やらなければなりません。スクワットの効果はカロリーを消費するのではなくカロリーを消費しやすい体を作ることが目的です。

効果が出だすのはどれくらい続けてから?

スクワットを行って体重の変化のないが、見た目締まって見えるようになるのは、早い人で1週間ぐらいで効果が現れます。しかし個人差がありどのダイエットも最低1ヶ月は頑張ってみましょう。

スクワットダイエットは1ヵ月行うと見た目が変わるだけでなく基礎代謝量が上がり、体重の減少がみられるようになります。特に食事量を替えていないのに体重が落ちている場合は、スクワットダイエットの効果が現れていると考えてよいでしょう。

そして筋肉量が一番多い太ももを鍛えるスクワットは他の腹筋や背筋を鍛えるより圧倒的に効果があり同じ筋肉量を増やすにも腹筋500回がスクワット15回で済むことからスクワットで使われる筋肉量がいかに多か理解できます。

全然痩せない!結果の出る人出ない人

スクワットダイエットを行って1ヵ月たって全く痩せない、結果が出る人、でない人がいます。効果が現れない人は、最初に正しいホームでスクワットを行っているか確認すべきです。しかりフォームをチェックして問題ない人はそのまま続けるのではなく、筋トレで効果を発揮するプロテインダイエットを行うことで相乗効果で成果が現れるかも知れません。

筋トレを行っている人は良質なたんぱく質取るためにプロテインを利用している人が多くいます。スクワットの効果を上げるためにも、プロテインを利用することで筋肉がつき、基礎代謝がアップして痩せ始めるかも知れません。

さらに効果を上げるためには、食事3食を2食にして1食はプロテインだけにするプロテイン置き換え法を、取り入れることがより効果を発揮するはずです。

スクワットをする時に気を付けなければならないポイント

スクワットを行う時に注意が必要なことは、基本は正しいフォームです。人によって個人差があり体の固い人や柔らかい人ではかなり違ってきます。特にアクレス健が伸びない人は、膝を曲げた時床に平行にならずに、それをカバーする為に膝が前に出てかかとがあがってしまいます。

一番いけないのは、かかとがあがってしまうことです。体が硬いので仕方がない部分もありますが、このような場合は膝を曲げすぎないで行ったほうが骨や筋肉を傷めないですみます。少しずつ膝を曲げ角度を大きくして、体をならしていくことが重要です。

いきなり無理をすると骨や筋肉、筋を痛めたりするため十分にストレッチを行ってからスクワットを行いましょう。筋トレなどでバーベルを背負って行う場合は鏡の前でフォームを確認しながら上げ下ろしをゆっくりすることが大切です。

効果は正しいやり方を理解することから!

スクワットは誰でも簡単にできることからあまりフォームを意識しない人がいます。通常のラジオ体操の足の屈伸と勘違いしている人も多く、正しいフォームを理解するのは体の硬い人や柔らかい人では、かなり違ってきます。

体の中で一番筋肉が大きい太もも、様々な筋肉と繋がっており鍛えることが体全体の重量を太ももで支えるため、大きな負荷がかかります。膝を曲げると大きな負荷がかかる為不安定になりがちです。しっかりしたフォームでトレーニングをしないと効果が発揮できません。

しかも筋肉をつけるためには筋肉を追い込まなければなりません。常に限界を意識して超えなければ効果はあらわれてきません。筋肉を追い込んでも与えられるしっかりしたフォームが不可欠です。