スムージーに豆乳を加えるといいの?

スムージーに豆乳を加えるといいのかどうか、アレンジという点でチャレンジをしたいと考えるのは自然です。

水で作るのは基本形ですが、スムージーは豆乳で作っても問題はないですし、むしろ大豆イソフラボンなど、健康的な栄養を摂取できます。

グリーンスムージーに豆乳はダメ?

グリーンスムージーに豆乳はダメなのかどうか、加える水分にも疑問が出てきやすいです。結論から言えばグリーンスムージーには、豆乳を加えても大丈夫です。

青い野菜をたくさん入れて作るので、特有の青臭さが出るため、豆乳を加えると臭みは消えて、マイルドな飲み口になって飲みやすくなります。葉物野菜にはビタミンやミネラルが豊富であり、そこに足りないたんぱく質を補うことができるのも、豆乳の素敵なところです。

豆乳は大豆からできていますので、大豆が持っている働きをスムージーでも発揮することができます。大豆とのミックスは相性的にも良いですし、グリーンスムージーに豆乳を入れると、腹持ちが良くなるのでダイエットをするときにも助かります。

豆乳や牛乳のタンパク質がビタミンの吸収を阻害するという説も

豆乳や牛乳のタンパク質が、ビタミンの吸収を阻害するという説もありますが、結論から言うと問題はないです。まず豆乳と牛乳では、ベースとなるものが異なります。ビタミン吸収阻害や、カルシウムを奪うというのは、豆乳ではなく牛乳で問題視されている説です。

牛乳にはカゼインが多く含まれていて、胃の中では固まりやすく、消化も良くはないです。過剰に牛乳を飲みすぎると、逆にカルシウムなどは排泄されやすくなり、カルシウムは奪われるので、骨も弱くなるとも言われます。

ただ適量を飲む分には、それほど神経質になることはないです。豆乳は牛からではなく、大豆からできる飲み物であり、植物性のたんぱく質です。たんぱく質不足のスムージーには、大豆の優しい栄養が助けになります。

ビタミンを阻害してしまうことはない

ビタミンを阻害してしまうことはないですから、安心してスムージーに豆乳を入れてよいです。むしろビタミン満載のスムージーにとって、豆乳はなかなか相性の良い飲み物です。青い葉物野菜を多く入れて作るドリンクですので、新鮮ながらも独特の青臭さがあります。

平気な人もいれば、生野菜の青臭さが苦手な人もあります。そんなときは豆乳で割ると、不思議なくらいに青臭い香りは軽減しますし、豆乳のさわやかな濃厚さが、スムージーをより飲みやすくさせます。

豆乳を加えてもビタミンはそのまま、しっかりと胃腸へと届いて、吸収されてしまいます。野菜からはたっぷりのビタミンを摂取ができて、豆乳からは大豆イソフラボンなどの栄養も摂取できるので、良い相性だと言えます。

消化吸収が遅くなることは事実

消化吸収が遅くなることは事実であり、これは豆乳のデメリットであり、実はメリットにもなることです。一見すると消化吸収が悪いと聞くと、イメージ的に体にも負担がかかり、良くないという印象を持ちやすいです。

しかし栄養価が高いのが豆乳であり、ミネラルやビタミンに不飽和脂肪酸も含有しています。スムージーに豆乳を入れて飲むと、たんぱく質の吸収はゆっくりになりますが、これは逆に考えると、腹持ちが良くなるということでもあります。

多くの人はスムージーを始めるきっかけを、ダイエットとしてスタートする傾向にあるので、ダイエットでスムージーなら、豆乳を加えない手はないです。野菜ドリンクはお腹がすきやすくても、豆乳が入れば腹持ちが良くなるためです。

豆乳ならではの健康効果がたくさん

豆乳ならではの健康効果がたくさんあるため、スムージーにはプラスで加えたい豆乳です。健康維持には健康体重を維持する必要があり、代謝の良い体は無駄に太ることはないです。豆乳には脂肪燃焼の代謝を向上させる働きがありますし、脂肪感を改善させる作用もあります。

牛乳とは違い骨粗しょう症の予防、乳がんの予防にもなります。糖尿病や動脈硬化など、一定に年齢を超えると誰もは心配になる、生活習慣病の予防や改善のためにも役立ちます。

皮脂酸化の防止の効果にもなりますし、記憶力を高めるためにも、豆乳は役立つ飲み物です。女性が悩みやすい生理不順を整えてくれたり、つらい更年期障害を予防したり、腸内を良い環境に整える働きもあります。

1日分の大豆イソフラボンが摂取できる

1日分の大豆イソフラボンが摂取できるのも、スムージーに豆乳を入れる飲み方です。豆乳の1日に飲む施主量の目安は、200mlを1本から3本くらいです。大豆イソフラボンの1日あたりの摂取目安量は、70mgから75mgになります。

豆乳をプラスするスムージーを飲む場合、スムージー以外の献立も意識をするとよいです。野菜メインのスムージーは水と作るのが基本なので、足りないたんぱく質は、他の通常食で補います。

でも豆乳入りのスムージー以外の食事で、納豆や豆腐をしっかりと食べるときには、スムージーの豆乳も、100mgくらいにするとか、調整をすると過剰摂取にはならないです。ほかの食事は好きに食べるなら、スムージーにしっかり豆乳を加えても大丈夫です。

イソフラボンには美肌効果が

イソフラボンには美肌効果がありますので、スムージーに加える豆乳は、大豆イソフラボンの栄養により、肌への弾力アップ、そして潤いの向上に役立ちます。豆乳には大豆イソフラボンが豊富であり、美肌作用を叶えることができますが、これにはエストロゲンが関わります。

ヒアルロン酸やコラーゲンの生成を活発にさせるのも、エストロゲンの役割であり、そのおかげで肌は艶のある滑らかな状態を保つことができます。足りないエストロゲンをイソフラボンで補うことで、肌は若々しい状態を保持しやすくなります。

大豆イソフラボンには、高い抗酸化作用もありますので、コラーゲンの分解に歯止めをかけてくれます。活性酸素の攻撃にも負けない、美しい肌のために、イソフラボンは大活躍をします。

女性には嬉しいバストアップも期待できる

女性には嬉しいバストアップも期待できるのは、豆乳が大豆出身の飲料であること、大豆イソフラボンの宝庫だからです。豊満なバストにはそれだけ脂肪細胞が多いということであり、バストアップはバストのための脂肪を多くつける必要があります。

その仕組みは乳腺が発達することで、同時に脂肪細胞も増えるので、乳腺を発達させることが大事です。乳腺を発達させるには、エストロゲンという女性ホルモンが必要であり、分泌量を多くさせる必要があります。

体内のエストロゲンを分泌させることにこだわらなくても、同じような働きをする、大豆イソフラボンを頼ることができます。大豆イソフラボンを十分に摂取すると、女性ホルモン分泌と同じ状態になるので、自然に乳腺の細胞は増えていき、バストアップにもつながります。

フルーツを加えれば無調整豆乳も無理なく飲める

フルーツを加えれば無調整豆乳も無理なく飲めるので、スムージーには無調整豆乳でも全く問題はないです。スーパーやコンビニでも豆乳は購入ができますが、初めて無調整豆乳を飲んだ時、飲みにくいと感じるのは自然なことです。

メーカーは飲みやすさを考慮していますので、調整豆乳として様々マアジのバリエーションを用意しています。バナナ豆乳や紅茶風味、黒ごま風味やイチゴ味の豆乳など、かなり甘さがあって飲みやすく、美味しいと感じます。

でもスムージーに使うなら、カロリーなども考えて、無調整豆乳が適しています。癖のある味わいなどは、スイートなフルーツを加えることで、スムージーにはナチュラルな甘みが出るので、気にはならなくなります。

大豆効果で美人度アップも叶えちゃおう

大豆効果で美人度アップも叶えることができるのが、スムージーに豆乳を加えた飲み方です。美しくなるためには基礎化粧品と、あらゆるコスメでメイクをするという手段だけではなく、栄養から綺麗になる方法も大事です。

栄養は体を作り肌を作り、その人の美しさを基本から助けてくれます。スムージーはそれに対して高い効果を発揮できますし、そこに大豆の栄養そのままが含まれる、豆乳が一緒に使われることで、大豆の持つ栄養が美容効果をもたらしてくれます。

女性ホルモンと似ている働きを、大豆イソフラボンはしてくれるので、ホルモンが整えば自然に美しさには磨きがかかります。女性らしいボディラインに、ピチピチとした肌、女性らしさを高めることができます。