スムージーの正しい飲み方でダイエット効果アップ

スムージーの正しい飲み方で、ダイエット効果をアップして、ダイエットのモチベーションも維持しやすい減量ができます。

厳しいルールに縛られなくても、冷やしすぎないスムージーを作り、フレッシュな状態で飲むようにしましょう。

最近話題!スムージーダイエットとは

最近話題のスムージーダイエットとは、葉物野菜や様々な野菜、水や豆乳などのドリンク、季節の好きな果実などを、カットしてミキサーにかけて飲む、置き換え式のダイエット方法です。

置き換えダイエットは昔から、様々な食材やドリンクが使われてきましたが、スムージーは健康的な食材ばかりを使います。たっぷりの野菜や果実を材料として使うことができますので、毎日大量のビタミンや食物繊維を摂取できます。

1日に1回が妥当な置き換えであり、ほかの2食に関しては好きなものを食べることが可能です。ストレスがほとんどないうえに、スムージーには果実が入ってスイートですし、カロリーが低いのでゆっくりと、着実に痩せていくことができます。

多くの芸能人やモデルも実践中

多くの芸能人やモデルも実践中なのがスムージーを飲むダイエットであり、美しい容姿を維持することを求められる彼らが、安心して取り組むことのできる方法でもあります。

一般人よりも芸能人が美しいのは、彼らが外見を売りにしている商売だからであり、コンディションを整えたり、美しい容姿を維持するのも仕事だからです。だからといって無理なダイエットで、健康を損なうことはプロとしては許されないことです。

健康を維持しながらダイエットを成功させて、さらに肌の状態まで良いものとするには、栄養を大事にする必要があります。モデルや芸能人は基本の食事を大事にしますので、スムージーの置き換えダイエットは、まだに彼らにとっての理想のダイエットスタイルです。

スムージーダイエットのメリット

スムージーダイエットのメリットはほかのダイエットにありがちな、栄養不足で健康を損なうことがないことです。パーフェクトに栄養が良いとまでは言いませんが、食べないハードなダイエットに比べたら、スムージーは健康的な食材ばかりが使われています。

食べなければ痩せると考えやすいですが、何も考えないで食べないと、栄養が足りなくなって貧血は起こしますし、集中力も落ちて仕事にならないです。肌は乾燥しやすくなって、吹き出物もできやすくなるのは、栄養が不足しているためです。

でもスムージーはダイエットの時にも、いつも以上にビタミンや酵素を得ることができます。おなかにも溜まりやすくて、カロリーは抑えられるので、順調な減量を期待できます。

ダイエットだけでなく美肌や健康にも

ダイエットだけでなく美肌や健康にも良いのが、いくつもの野菜や果実を好みで使うことのできるスムージーです。食事をスムージーに置き換えると、ダイエットは案外スムーズです。

痩せるために飲んでいたとしても、同時に肌の調子が良くなったり、体が軽くなったような感じにいなったり、思わぬラッキーな副産物を得ることになります。肌を美しくする魔法を叶えてくれるのは、スムージーが大量のビタミンやミネラルを含むためです。

それはスムージーの健康効果にも言えることであり、お通じまでよくなるのが、スムージーの素敵なところです。健康に関わる栄養をたくさん含んでいますし、お通じが良くなるのは、健康を維持する基本の良い改善になります。

目的別!スムージーにおススメの食材

目的別のスムージーに適している食材を知ると、自分の希望する結果に近づきやすくなります。疲れやすくて風邪をひきやすいという場合は、免疫力を高めるスムージーの食材が適しています。βカロテン含有量はトップである、ニンジンを皮ごと使うのは良い方法です。

カリウムや葉酸も含む、マンゴーも免疫力を高めますし、甘みが深いですから飲みやすくなります。便通を良くしたり、デトックスを目的とするスムージーならば、小松菜やほうれん草のグリーンの力を借りることです。

ほうれん草はスムージーの、代名詞的野菜ですし、カルシウム量なら小松菜のほうが上です。美肌目的のスムージーであれば、リコピン豊富なトマト、ビタミンC含有量の多いラズベリーも向いています。

スムージーの飲み方にも注意

スムージーの飲み方にも注意したいのは、飲むべきタイミングがあるためです。好きなだけ食べてお腹いっぱいのところへ、思い出したかのようにスムージーを飲むのでは、本来の栄養の効果が十分に発揮はできないです。

スムージーは普段からは想像できないくらい、身体にうれしい栄養の塊ですから、空腹時にそれだけで飲むようにします。特に消化と吸収が最も良い、お腹も空っぽになっている、朝食の時に飲むと吸収が良くなります。

スムージーの消化には40分から1時間ほどの時間を有するので、すぐに食事をしないようにします。置き換えであれば次の食事まで待つこと、健康目的でスムージーを飲む方法なら、1時間以上してから食事をするようにします。

間違った飲み方にはこんな危険が

間違った飲み方にはこんな危険があることとして、冷たいスムージーをたくさん毎日飲んでいると、体が冷えやすくなります。健康のためやダイエットのために飲んでいるのに、冷やしすぎたドリンクを飲むと、内臓や腸内が冷えていきます。

それが毎日のこととなると、毎日冷えた野菜や水分が大量に入り込むので、いつの間にか体が冷えやすくなります。血行不良は人間にとって、様々な健康の不調をもたらしますし、栄養がいきわたらなければ、肌のコンディションも下がります。

腸内の働きもイマイチになりますし、ダイエットではじめた人などは、痩せにくい環境を整えることになります。基礎代謝が下がることで、脂肪名も得にくくなり、なかなか痩せないジレンマに悩まされやすいです。

体を冷やさないスムージーって?

体を冷やさないスムージーを飲むのであれば、ホットスムージーにして飲むとよいです。加熱してホットな状態ですから、寒い時期でも抵抗なくスムージーを飲むことができます。ミキサーにかけてから電子レンジで加熱をしても良いですし、白湯や温めた豆乳などを、カットした野菜や果物と一緒にミキサーにかけて作ることもできます。

温かい水分をミキサーに入れるときには、加熱しすぎないこと、ほのかな温かさで大丈夫です。冷蔵庫で冷やしすぎた食材を使うのではなく、スムージー作りの前には、少しだけ常温に材料を置いておくと、冷たすぎない野菜などを使うことができます。

体を冷やさない野菜を選ぶことも、体内を冷やさないスムージーの材料として助けとなります。

おすすめ簡単ホットスムージーレシピ

おすすめな簡単に作ることできる、ホットスムージーレシピであれば、体の内側からぽかぽかとします。夏場は良くても秋から冬、春には冷たいと飲みにくいものの、ホットだったらスムージーは飲みやすいです。

ほうれん草に豆乳にアボカドをミキサーで撹拌して、カップに入れて電子レンジで加熱したら、あっという間にホットのグリーンスムージーの完成です。シンプルに小松菜と豆乳で作る場合、カットした小松菜をレンジで加熱して、温めた豆乳と小松菜をミキサーに入れて、スイッチオンで出来上がりです。

ポカポカをアップするなら、ショウガを加えて温かさを高めます。ニンジンにショウガにミカンをミキサーに入れて、水を加えて電子レンジで加熱したら出来上がりです。

正しく飲んできれいにダイエットしよう

スムージーは正しく飲んで、きれいにダイエットに役立たせることです。おなかや二の腕の脂肪が気になり始めると、痩せないといけないという、心にも焦りが出てきます。そこで多くの人がやりがちなので、いきなり食べないという、激しいダイエットの手段です。

食べ過ぎて消費できない分が脂肪になるので、食べなければ痩せていきます。しかし単に食べないで減るのは、体内の水分と筋肉であり、栄養が不足をすると、肝心の脂肪は燃えず、肌荒れなども起こしやすくなります。

その点スムージーは十分な野菜と果物の栄養を補給できて、他の食事で不足をしている栄養を補うことができます。栄養が偏らないでカロリーは抑えることができるので、綺麗に痩せることができます。