スムージーダイエットで痩せたコツ大公開

スムージーは野菜や果物といったカロリー控えめでありながら、ビタミンや食物繊維など必要となる栄養素をたっぷりと摂取することができます。

ダイエットに取り入れることで痩せたという人が多数いるので、試す価値が高い方法です。

話題のスムージーダイエット基本のやり方

ダイエットで大切なのはカロリーを考えることで、消費が摂取を上回れば誰でも痩せることができます。しかしながら食欲というのは人間の三大欲求の一つであり、もっとも我慢するのが難しく、それゆえ厳しい食事制限で挫折してしまう人は多いです。

そこでおすすめが話題のスムージーダイエットで、基本は1食を置き換えるだけでよく、実際に行ってみると分かりますが、意外と満腹感があるので無理がなくなります。しかも体にとって必要な栄養素を摂取できるので、綺麗に痩せていくことができるのが特徴です。

美味しく飲んで、1日の摂取カロリーを減らすことでダイエットに繋がっていきます。無理をしないで済むので、食べることや甘いものが好きな人におすすめです。

1食置き換えるのが定番で効果的

スムージーダイエットの基本は1食置き換えとなり、朝食と夕食のどちらかにする人が多いです。一般的に朝のフルーツは金という言葉もありますし、寝る前にカロリーを控えめにしたいという考えもあります。

どちらでも間違いではなく、可能ならランチタイムに利用してもいいかもしれません。問題はスムージーを作るためにはミキサーが必要となってきて、作り立てをすぐに飲んだ方が酵素の摂取がしやすくなるのでおすすめです。

大切なのは続けられることで、自分にとってやりやすい方法を選べばよく、朝・昼・晩のどれでもいいですす、必ずその時間にしなければいけないということはありません。できやすい時間帯を見つけて、まずは試してください。

スムージー以外の食事は低カロリー高タンパク質に!

1食をスムージーに置き換えするダイエットを始める時に、それ以外の食事のとり方が大切になります。ポイントはヘルシーであること、低カロリーと高タンパク質を基本として考えると組み立てやすくなるはずです。

ダイエットは食事制限によってカロリーを減らすだけではなく、運動をして筋肉を付けることも重要になり、そのためには良質なたんぱく質が必要となります。

スムージーダイエットで置き換えをしている、カロリーを減らしているからといって他を高カロリーにしてしまうのは意味がなく、足りない栄養素を補うようにしていくと、痩せるだけではなく美容効果も出てくるのです。基本は和食がよく、ヘルシーさを心掛けるとメニューの組み立てがしやすくなります。

ただ飲むのではなく噛むと満腹感アップ

意外とボリュームたっぷりなスムージーですが、飲み物であり歯応えのなさがマイナス点となります。また満腹感を得るためには良く噛むことが必要になり、物足りなさを感じるかもしれません。しかしスムージーも飲むだけではなく、実は噛むことができるので試してください。

スムージーはジュースと異なり、食物繊維などが残っているので、噛むようにして飲むことを覚えると満腹感をアップさせることができます。

最初は難しいかもしれませんが、慣れることでスムーズにできるようになるので、噛むようにして飲むことを覚えると役立ちます。これはスムージーだけではなく、普段の食事にも活用できるので、噛むことを習慣化するとダイエットに効果的です。

食物繊維とビタミン豊富な葉物野菜を常備

スムージーダイエットは1食を置き換えることによってカロリーを減らす、その他にも食物繊維やビタミン類を摂取することが大切です。その他にも酵素を取り込むことによって消化や吸収、排出、代謝といった働きが活発化していくので、新鮮なスムージーを飲むことが大切です。

そのためフレッシュな野菜や果物を常備しておくとよく、体調を考えてレシピを作るとダイエットだけではなく、美容効果も出てくるので役立ってくれます。

そしてスムージーに役立つのは葉物野菜なので、旬の新鮮なものを常備しておくのがよく、慣れてきたら飲める分、使い切れる分量を用意しておくと便利です。毎日続けていくためには、簡単に作れる環境を作り出しておくことも必要になります。

初めは空腹感を感じにくい夕飯の置き換えがおすすめ

朝のフルーツは金という言葉があり、スムージーダイエットで朝食を置き換えにしている人がいますが、活動が活発になる中でエネルギー不足に陥ってしまうという人もいます。慣れてくれば満足感がありますが、初心者の場合は空腹感を感じにくい夕飯を置き換えすると続けやすいはずです。

夜は寝るだけなので、しっかりとスムージーを噛んで飲めば満腹感を得られますし、果物の糖分が気になる時には葉物野菜だけで作るのもいいかもしれません。また夜に食物繊維や酵素を摂取することによって、朝のお通じが良くなるという効果は嬉しいものです。

自分の体に不足している栄養素を補う内容のレシピにすると、ダイエットだけではなく美容効果も得られます。

色々な食材の組み合わせで飽きがこない工夫も

スムージーダイエットを行う時に困るのが味に飽きるということで、意外とボリュームはあり満腹感を得ることができるので、レシピに工夫することが求められます。

基本は野菜と果物の組み合わせで、水分に関してはミネラルウォーターをはじめ、豆乳や牛乳、アーモンドミルク、豆腐を加えることもあります。栄養バランスや味わいを考えて組み合わせることができるので、飽きずに続けていくことができるのです。

置き換えダイエットで挫折するのは飽きてしまうことですから、レシピ内容を変えることで工夫すると続けるのが難しくなくなります。栄養は大切ですが、飲んでいて美味しいと感じることも食事には必要となるので、味の組み合わせを工夫することが大切です。

暑い時期でも体を冷やしすぎない飲み方が大切

グリーンスムージーは野菜と果物、水分をベースにして作るものですから、基本的には冷たいものです。体に良い成分がたっぷりと入っているのが特徴ですが、体を冷やすのはあまりよくありません。

冷えというのは内臓の働きを悪くして、代謝を下げてしまうので、冬場はもちろん夏場もなるべく冷たいものを取らないようにした方がいいです。おすすめの飲み方は常温にすること、水分としてミネラルウォーターを加える時も冷蔵庫で冷やさないようにすると、飲んで体を冷やすことがなくなります。

代謝の働きが下がると、エネルギー消費が落ちてしまうのでダイエットに逆効果です。置き換えをしてカロリーを控えている時は、常温で飲むようにするのがおすすめになります。

手作りが面倒なときは市販の粉末タイプを活用する

スムージーはフレッシュな野菜や果物を使用することで、ビタミンや食物繊維といったものだけではなく、酵素をふんだんに摂取できるのが魅力です。しかし忙しい時、手作りが面倒な時は市販の粉末タイプを利用するのもいいかもしれません。

市販されている粉末グリーンスムージーがあり、液体に混ぜてシェイクすれば簡単にスムージーが作れるので便利です。スムージーダイエットで大切なのは毎日続けていくことで、面倒になった時には市販の粉末タイプを利用するのもよく、自分が行いやすい方法を見つけておくと役立ちます。

市販の粉末タイプにもさまざまなものがあるので、自分の体質に合わせたものを探しておくと効果が高いので、試してください。

日々の積み重ねで習慣化を目指そう

ダイエットの基本は続けることにあり、習慣化することが大切です。食事というのは毎日のことになるので、置き換えダイエットをしている場合は、可能な限り続けていくことが必要になってきます。最初は難しい、厳しいと思うかもしれませんが、習慣となるとそれほど苦痛を感じることがなくなるはずです。

ダイエットで大切なのは積み重ねていくこと、そのためスムージーのレシピを多数知り、味のバリエーションを付けることも必要になります。

習慣化すれば置き換えの辛さもなくなり、それが当然となるので気にならなくなります。ある程度続けていくと慣れてきて、そうなると無理といった気持ちもなくなるので、置き換えの食事も自然なものとなってくれます。